古木は枯れ木なのか

b0355451_08585587.jpg
退職したばかりの頃は毎日よくジムに通ったり元気そうだったのにと・・
今は何んの目的もなく家でゴロゴロ、と娘さんが嘆く
嫁に行かない娘に嫌がられて説教されると60代後半に達したお父さんも嘆く
娘は毎日仕事が忙しいので鼻息が荒い
母親は役割を放棄して毎日外出している
洗濯機も触らないお父さんに母親の代わりに物を言う
娘はまだ言う
せめて尊敬出来たころの父親に戻ってほしい
それもまた母親の口真似だ・・

長い間仕事して退職してまだ元気な父親がやけにもならず
酒も飲めないので仕方なく家にいるだけだ
せめて家族でもあればすることもある
何もしないでゴロゴロしているのと、家にもいないのも同じことだ
仕事をしなくなった途端に枯れ木扱いだ
花が咲かない古木だ
娘さんには悪いが、ぐずぐずしてるのともあまり変わらない
若木と古木では古木の方が花がきれいなこともある
そうでない場合もあるが・・
花が咲かなくなったら急に尊敬できないのと言う
せめて尊敬出来たころの父親にもどってほしい・・と言うのは間違いである

新聞の人生相談に出ていた話題だ
女性が情緒的なことをいう場合は、情緒に深みがない場合が多いのは知っている
母親譲りでオヤジも可哀そうだね・・みんなこんなもんかね
気をつけやなアカンね
友人とそんな話をしていたら
そんなようなオヤジが、言うとこがないのでブログを始めたという友人の友人の話があった
あまりに小生に似たような話なので、ちょっとその後が言い辛かった
写真はだるま寺にて
鯵庵(4.16)

by ajiankyoto | 2017-04-16 09:09 | 翁草 | Comments(0)