2017年 04月 22日 ( 1 )

盗人の理

b0355451_17341896.jpg
泥棒が盗んだ金を元手に足を洗う
これは足を洗うことではない
盗人の理という

盗人に一番大事なのは"けじめ"である、
と雨引(あまびき)の文五郎は言って死んだ
小汚い盗人でも粋(いき)でなければならない
というのが彼の論理だ

いかに金に色がついてないからと言って
盗んだ金を貯めて、貯めた金で余生を送るなんて
泥棒の風上にも置けないという・・
テレビドラマ鬼平犯科帳の世界である
原作では矮躯・馬面で出てくる
かっこはそれほど良くないのがカッコいい

捕捉
雨引とは文五郎が常磐(ひたち)の国雨引観音のある村の生まれであるとしている
ちなみに雨引観音の雨引とは雨乞いの霊験あらたかな山号にちなんでいる
嵯峨天皇の雨乞いの写経が残されているようだ
鯵庵(4.22)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-22 09:00 | 翁草 | Comments(0)