b0355451_19414072.jpg

「がんもどき」は「雁擬き」と書くが、あまりしっくりこない
近畿地方では”ひろうす”と言うとあるが、これも同じである、インパクトがない
何んとしても語源の意味を説明したいようだが、何を聞いてもしっくりこない
嵯峨の釈迦堂近くの有名豆腐屋は観光の客も多い
店前で豆腐を手で食っていた食通も時々見られるが、それならがんもどきの方がいい
「油はいいのを使ってます」とちゃんと広告している
一つ200円(スーパーの倍ぐらい)ほどで買える、京都豆腐の″がんも″ならいい土産になるのと違ぃまっか
京都は粗食文化の町である、歴史的にも公家も武家も商家も庶人もずっと食事は粗末だった
精進料理も懐石料理も粗食文化である、その粗食の味を古い京都の人は知っていた

一方、実は日本全国、豆腐の国であった
そんな中で考え出されたものが、がんもどきでもある
豆腐に・・人参・牛蒡・木耳・かじめ・山芋・百合根・銀杏などが入っている
全て、主要食材である、それを油で揚げる、それをまた煮て食えばまさに一等賞である
粗食と言えば貧しいと思うのは貧しさしか知らない心である

粗食でいいんだと思えば、料理は工夫次第なのだ
そうして発展したのが料理文化なのだ
がんもどきは粗食の中でもぜいたく品であるのかもしれない
京都の人はだから”がんも”と言った方に愛着を感じている

豆腐やがんもどきを買いに嵯峨まで行く人はいない、町内の豆腐屋のが一番旨い
世の中”もどき”ばかりのこの世の中で裏切らない”もどき”が”がんもどき”である
がんもどきの”もどき”は謙遜語の”もどき”である、これがもどきの擬きたるゆえんである
と言うのが小生の論である
これとは反対に、選挙が終わっても世の中の"もどき"はまだ続く
鯵庵(10.22)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-10-22 09:58 | 京都の水 | Comments(0)

敗者の歴史


b0355451_19565706.jpg
昔、ある偉い人(官僚)の京都案内をしたことがある
観光地案内に加えて歴史の話をしたら・・
京都の歴史は中学校で習ったからいいと言われた・・
大学の受験勉強をちゃんとした人はさすがに京都の歴史くらいは今でもそらんじてると・・
観光と歴史は別のものだというガイドは要らなかったのだ
何故か悔しかった、けど・・あれからほぼ30年、やっぱり京都は彼の言うような京都になってきている

学校で習った歴史は、ほとんどが政治史、権力の推移をなぞってます
そういうことですので勝者の歴史、結果だけの世界
敗けたほうの歴史というものは埋没している
勝者の歴史はヒストリー、一方敗者の歴史はストーリー、物語という
hiがあるかないかと誰かが言っていた、これ受け売り

ただ、勝者の歴史は文字で残された
敗者は文字で残すことを許されなかった
語り継ぐことによってのみ許された、本来のそれが物語である
と小生は思っている

ただの物語であってもそこには表面の歴史に負けない理(ことわり)がある
理屈っぽいのも理(り)だけど、あなたに少しでも納得してもらえるのも理(り)
目が曇り耳が濁る世相にこそ、その理(り)というものが大事なのだ
そんなこと、東京の官僚やあの国の人たちに言って何になる?
人力車の兄ちゃんの解説の方が面白いって
そんな理屈っぽいガイド、今はなおさら無用である
鯵庵(9.27)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-27 13:55 | 京都の水 | Comments(2)

豆腐と油揚げ

b0355451_08385430.jpg

豆腐は日本に伝わって後、室町時代の後半に広まったものと思われる
江戸時代に入って凍り豆腐(高野豆腐)なども現れる
江戸時代豆腐屋は職人分類では豆腐師と呼ばれた
作り置きに向かないので、種々職人の中でも朝が早いのがこの仕事である
それだけでなく庶民の日常に欠かせない栄養源でもある
江戸では豆腐は統制価格であったともある

もちろん現代も日本中で欠かせない食材であるが、遠くまで食いに行くほどのものではない
日本全国美味しい豆腐が存在する
町内の豆腐屋さんの応援をする方が文化的だ
京の町でも豆腐屋が町に売りに出るのももちろん残っている
種々の豆腐料理が普及した、もちろんおからも油揚げも豆腐である
小生はは少し肉厚の油揚げを炙ったものが大好物である
がんもどきのことは以前にも書いた

湯葉やおからの料理も京・大坂で栄えた
豆腐類は精進料理には不可欠なものである
寺院だけでなく公家や武士も必要な栄養を確保するものであったが、やがて庶民にまで広がって行ったのが懐石料理であるといわれる
昔から京都の寺院の中には参拝者を宿坊に泊める、この時寺院料理が提供される
寺院と料理屋(仕出し屋)との結びつきは歴史が古く、そんな謂れが豆腐料理店となった
それがまた観光と結びついたのが現代の現状である
紅葉のシーズンに向けて湯豆腐屋が手ぐすねを引いている
湯豆腐は茶店の始まりでもあった

今は、家で食うのが一番である
余談ながら、京阪地区の豆腐屋は〝とーふー″のラッパは使わなかった、鐘である
が、その区別も滅びつつあるように思う
鯵庵(29.9.23改)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-23 13:55 | 京都の水 | Comments(0)

b0355451_21033304.jpg
地元新聞によると淀城址公園の地元(淀観光協会)が、外来種アカミミガメの駆除に乗り出したようだ
その心はというと、かって堀にあったハスの花を復活したいらしい
アカミミガメの食害が原因の一つだ
淀城は水城である
巨椋池の出口にあたりここから淀川となって大阪に下る
大阪へ下るその要の位置に当たる
秀吉の時代、巨椋池は伏見城の巨大な堀であり、その堀端に淀城が存在した

巨椋池には数十種の名のあるハスが咲いていたと言われ、その中でも「淀姫」と名づけられたハスがある
そのハスを淀城址公園に復活させたいという・・
巨椋池がほぼ干拓された姿しか知らない我々には、
淀城と淀城下が水面に浮かぶようにあったなどとは信じられないはずだ
それが、歴史というものの楽しみ方の一つである

アカミミガメは特定外来種である
繁殖力が強く、それゆえに影響が甚大である
以前、「寂しき淀城は今月また選挙」という題で不倫代議士が辞めた後のことを書いた
どこからか来た人が地元の期待を背負って代議士となる
しかもその妻もはるかなる東北の選挙区の代議士をしている
その中でたまに地元選挙区に帰ってくるのは不倫のためだという
何もせずに辞めてしまった
アカミミガメには悪いと思いつつ、このことをアカミミガメに例えたつもりだった

かっての水の都、淀・納所の街の水路は河川改修で水は動かないし吐けるところがない
日本中のハスが今、激減している中で、淀にハスの花の復活は嬉しいことだけど・・
ハスがアカミミガメを食うことはないのだから勝負はアカミミガメの方にある
だからまたぞろハスの下にアカミミガメがまた繁殖するのでは困る
代議士さんのことではないが、また同じようにはびこる
現に水の中は既に特定外来種ばかりになっている
鯵庵(6.7)

※6月11日の淀城に応援に行くつもりだ


[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-07 21:33 | 京都の水 | Comments(3)

湖岸の観覧車


b0355451_07463208.jpg
10数年前まで琵琶湖大橋の西側に巨大な観覧車が回ってたことを覚えている人も多いと思う
びわ湖タワーという遊園地の、「イーゴス108」という名前だった
108というのは高さのことで、出来上がった時は世界一の高さだったようだ
高さは変わっていないが営業運転を止めてからは久しい
平成25年に解体工事が始まって、今はベトナムの遊園地で動いているようだ
今は115メートルある?少し台を上げたようだ

日本遺産というものがあるのを知っているだろうか
世界遺産の日本版みたいなものである
文化庁が定めている
平成27年の4月に「琵琶湖とその水辺環境ー祈りと暮らしの水遺産ー」が認定された
観覧車が無くなってからしばらくしたタイミングで認定された

琵琶湖岸堅田の地は古くから琵琶湖の要の地である
私は堅田の地形が好きだ、内湖のある風景こそが遺産に相当すると思っているが
その内湖も住宅に挟まれてかろうじて存在している
住宅のためなら何でも出来る、という行政姿勢の結果だと言える
そんなことだからか??
堅田の浮御堂も堅田の港の木造灯台も
「琵琶湖とその水辺環境ー祈りと暮らしの水遺産ー」の構成に含まれていない

そのことは残念なことである?
残念なのは滋賀県か大津市かはたまた堅田で暮らす人か?観光客か?それは知らない
琵琶湖と一緒に栄え、琵琶湖の水と一緒に暮らしてきた人の歴史が消えてしまったのは事実である
琵琶湖漁業が盛んな堅田の港も港は立派だけど廃てられた漁船だらけである
山やお寺ばかりが景色ではない
ならば、あの観覧車が残っておれば・・・
ひょっとしたら堅田湖岸が滋賀県の日本遺産に含まれていたかもしれないと思ったりする
今回は少し古い写真を使いました
鯵庵(5.11)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-05-11 17:52 | 京都の水 | Comments(2)

琵琶湖のイサザを食う

b0355451_21082413.jpg
大津の長等商店街でイサザの佃煮を買ってきた
北陸地方などで踊り食いなどで食うイサザと言うと、春が旬のシロウオのこと、それとは違います、念のため・・
ついでながら坂本冬実の「能登はいらんかいね」に出てくるイサザもシロウオのことだと思う
イサザは琵琶湖固有のハゼの仲間、ウキゴリの兄弟にあたる、漢字で書けば魦と書く、5センチを超えるくらいのものだ
イサザは琵琶湖の深いところで獲れる、旬は冬である
京都錦の商店街でも川ごりと言って売っている
家庭料理としてはサイズから言って天ぷらか佃煮が一番旨いようだ
クックパッドにも滋賀県漁連がレシピをのせている

生態の不思議な魚でもあって、3月まだ水が冷たいうちに湖岸の浅瀬の石の下に巣を作る
他の魚たちの動きが活発になる前に産卵をすましてしまう
ほぼ1カ月で夫婦親子ともどもまた数十メートの深い湖底に戻って暮らす
だから、水温む今頃はもう湖底に戻っている頃である
イサザは昼は湖底にへばりついているが夜は水面近くまで泳ぎあがってきて食事をする
そんないかにも用心深い魚であるイサザではあるが、絶滅危惧種でもある
獲れたり獲れなかったりするらしいが、漁獲量はへってきているということだ
もちろん貪欲な外来種の餌食である可能性も大である

獲れなかったりすると心配して、獲れると獲れるだけ獲るのでは減ってくるような気がする
ボテジャコも釣れない琵琶湖も今は稚鮎だろうか鮎はかろうじて養殖で支えられている
イサザに限らない、フナだってウナギだって減ってきている
生態の不可思議なイサザは湖底に棲む魚だから飼うことも出来ないという
そこまで言うと、絶滅危惧種のイサザを味わうのは不謹慎かもしれないが、
この冬の残り最期のイサザも佃煮にまでなってしまったら食ってやることが供養かもしれない
琵琶湖の味は京都の味である
京都人は琵琶湖の恵みで暮らしていることをもっと自覚すべきである
京都生まれはほぼ琵琶湖の水で産湯を使ったのに・・

写真は
仁和寺御室桜の傍で手に入れた愛用の酒器、京焼の「馥郁窯」村上氏の作品、イサザには冷酒があうが、イサザを食うのは今年を最後とするつもりだ
※村上氏、アジサイの頃は三室戸寺の方で即売会をするといっていた

鯵庵(4.27)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-27 21:42 | 京都の水 | Comments(0)

b0355451_19533339.jpg

「がんもどき」は「雁擬き」と書くが、あまりしっくりこない
近畿地方では”ひろうす”と言うとあるが、これも同じである、インパクトがない
何んとしても語源の意味を説明したいようだが、何を聞いてもしっくりこない
嵯峨の釈迦堂近くの有名豆腐屋は観光の客も多い
店前で豆腐を手で食っていた食通も時々見られるが、それならがんもどきの方がいい
「油はいいのを使ってます」とちゃんと広告している
一つ200円(スーパーの倍ぐらい)ほどで買える、京都豆腐の″がんも″ならいい土産になるのと違ぃまっか
京都は粗食文化の町である、歴史的にも公家も武家も商家も庶人もずっと食事は粗末だった
精進料理も懐石料理も粗食文化である、その粗食の味を古い京都の人は知っていた

一方、実は日本全国、豆腐の国であった
そんな中で考え出されたものが、がんもどきでもある
豆腐に・・人参・牛蒡・木耳・かじめ・山芋・百合根・銀杏などが入っている
全て、主要食材である、それを油で揚げる、それをまた煮て食えばまさに一等賞である
粗食と言えば貧しいと思うのは貧しさしか知らない心である

粗食でいいんだと思えば、料理は工夫次第なのだ
そうして発展したのが料理文化なのだ
がんもどきは粗食の中でもぜいたく品であるのかもしれない
京都の人はだから”がんも”と言った方に愛着を感じている

豆腐やがんもどきを買いに嵯峨まで行く人はいない、町内の豆腐屋のが一番旨い
世の中”もどき”ばかりのこの世の中で裏切らない”もどき”が”がんもどき”である
がんもどきの”もどき”は謙遜語の”もどき”である、これがもどきの擬きたるゆえんである
と言うのが小生の論である
白露(今年は9月7日)の頃を境に小生の肴は、冷ややっこからがんもどきにかわる

写真はタマスダレ
鯵庵(28.9.8)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-09-08 07:58 | 京都の水 | Comments(2)

千本京極は映画の都

b0355451_22032364.jpg
日本の映画の歴史で、最初に映画館が出来たところといわれる
西陣のことである、が今の京都に西陣とつく行政上の地名はない
応仁の乱に由来するのはご存じの通りだ、と
歴史を学ぶと応仁の乱は日本の、ひいては京都の歴史の潮目だと分かる
西陣織りもその一つである
明治・大正と西陣織り工業の発展とともに千本通り界隈に数十件の映画館が立ち並んでいたということだ
日本の映画の父牧野省三はこのあたりを舞台に映画作りを始めたとも言われる
大正から昭和のはじめ京都の地で日本の映画界をリードしていた
尾上松の助や坂東妻三郎など・・
映画は京都だけでなく東京にも多くの映画制作会社が出来、それから娯楽の王者として日本全国何百何千の映画館が出来て、やがて潰れていったこととなる
昭和40年代から娯楽の推移により廃館が続き今残っているのは千本京極と言われたかっての繁華街で「千本日活」が唯一の名残である
この千本日活、成人向き映画専門にして、3本立て500円で一日映画を見ることが出来る(ただし、少し落ち着かない?)
大人には日活と言うだけでも懐かしいが、大げさに言えば映画発祥の都京都の遺産の一つである
この繁華街のもう一つの顔が遊郭〝五番町″でもある
西陣に近い方では上七軒もあるが、あそこは庶民には敷居が高い
一時、上七軒の出稼ぎ場でもあったとも言う
水上勉の「五番町夕霧楼」で聞いたことを思い出す人もいるだろう
1963年には映画にもなった、佐久間良子主演である
京都ではなく、残念ながら東映の東京撮影所の作品だ
主題は金閣寺炎上事件(1950)に関係がある
そんなことで驚いてはいけない
あの辺りは桓武天皇の平安京大内裏の中、大極殿の跡に位置している
そういう街の変化も応仁の乱が潮目になっているのがの京都である
そういうことを分かりやすく教えてくれる歴史家が小生は好きである
写真はクレマチス
鯵庵(5.17)



[PR]
by ajiankyoto | 2016-05-17 07:07 | 京都の水 | Comments(0)

火盗改め鬼平の京都

江戸で活躍の鬼平が20年ぶりで京都へ来る
当時、西町奉行に就任(1772)した父の赴任と従って足掛け2年を平蔵の家族も京で暮らした、という話である、
平蔵の父もその後の平蔵も徳川の実在の官僚だったからそこまでは史実とほぼ重なる

それから20年その父の墓参りにやってきたのは小説だけのことだろう
テレビは何度も再放送されている、「艶婦の毒」と言う題であった
艶婦とはお豊と言う西国をまたにかける盗賊団の引き込みで、若いころの平蔵に京都で出会った
”お前がおれば主もいらんし親もいらん”と言わしめた相手であるが、平蔵にとっては若い時の京都での大失敗である
女優山口果林がいい40女を演じている
何んとテレビ映画「鬼平犯科帳」平成6年(1994)約20年も前の作品だ
その女を幕府のお先手弓頭兼火盗改めに出世した鬼平が20年後の京都でまた見かけたて捕えた
女優が誰であろうと、小生なら昔のよしみで見逃してやる
鬼平は自分の若い頃と京女が憎かったに違いない
b0355451_07362582.jpg
鬼平年譜によれば京都で暮らした20年前の平蔵は結婚して息子辰三が出来ていた
父がも少し長く奉行を務めておれば、京都で暮らしてたかもしれないが、早々と父の役宅をたたんで江戸へ帰ってしまう
1年にも満たない京都暮らしであった
京都では大言だけを残した人であった
世は田沼政治の時代、28歳で長谷川家の当主となるが、無役の旗本、それからしばらくまた放蕩が始まるという、ところがやがて幕臣として頭角を現す
その上昇志向は大言壮語だけでなく三河以来と言う長谷川家の家柄によると研究者は言う
思えば地方都市京都では暮らせない人であったと思われる
明治になって都が東京に移るまで京都は都だったというのは京都人の意識的な勘違いである
鬼平の時代には既に古都だったのだから・・
写真は線香
鬼平の再放送ばかり見ている鯵庵(28.5.6)



[PR]
by ajiankyoto | 2016-05-06 07:41 | 京都の水 | Comments(0)

b0355451_07324787.jpg
嵐山に観光に来て、川しかないとがっかりした人がいる
新緑のこの季節は藤の花が見える山もあるやんかと反論しても意味がない
それがどうしたということになる
川しかないから船しかない
遊覧船の船頭さんが国内の観光の人には言うらしい
「お客さんが国の人でよかった、嵐山のいいとこを案内出来る・・外国のお客さんは話が出来ないから同じ船をやっても肩が凝る」と言うことだ
外国の人には黙って竿を扱っているだけらしい

ベンチャラなのか愚痴なのかわからないので、お返しで一番いいときはと聞いてみたら
やはり、夏の鵜飼の時だという答えが帰ってきた
「岐阜の長良川には負けるが大分の日田と並んでここは盛んだ」と話が弾んだ
我が国の三大鵜飼に入ろうという勢いだった
嵐山は千年も前から都人の最大の行楽地、鵜飼の歴史は記紀や万葉集にもある
観光資源としての鵜飼で今更虚勢を張らなくとも差し支えない

昔から嵐山は川に船を浮かべて遊ぶところなのだからそれでいい
季節の移り変わりを優雅に楽しむところだ、そのための船頭さんだ
丹波亀岡盆地の水はこの川一本で京都盆地に入る
その気になれば大堰川の由来やら、近頃の水害の謂れなどこの川だけでも講釈のネタはいくらでもある
人力車のお兄ちゃんもそうだがあまりごちゃごちゃの説明をしてくれなくともよい
その方が楽しめる、言葉の分からない外国の人の方が素直に楽しんでいるのかもしれない

富山に住む友人富山氏夫婦は久しぶりの嵐山観光を終えて、今京都駅前で小生夫婦と飲んでいる
・・でも日本語で会話出来たのはあの船頭さんだけだったと海外旅行みたいな話になった
外国人ばかりで嵐山も京都も肩が凝るという話だった
早々と小生の家で飲みなおすことになった
写真はボタンが咲いた
鯵庵(28.4.26)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-04-26 07:43 | 京都の水 | Comments(0)