カテゴリ:翁草( 30 )

検事とその妹

誰がそんなこと言ってるのか知らない
民主党が政権を担っていた時に言われた
民主党の最大の弱点は高学歴だということだ
それ以外のものを排除する精神構造しかもっていない
寄り合い所帯だから上手く行かないのではない
学歴偏重で何もかもうまくいかないのだ
b0355451_17410514.jpg
それはさておき、我が国で司法試験に合格するということは古き中国のあの公務員試験科挙と同じことなのだ
合格さえすれば支配階級になれる
今の日本にも司法試験合格者だけの言葉と世界があるのである
弁護士が政治家になって政治家を辞めても弁護士になる
政治が出来るのは司法試験合格者でなければならないと思ってる人たちの集団がいる

鯵庵は勝手に今、愛唱歌「検事とその妹」の歌を思いだしている
♫泣くな妹よ妹よ泣くな・・
♫泣けば幼い二人して故郷を捨てた甲斐がない・・
歯を食いしばってせめて兄だけでも世に出ていってほしい
でも、あれから数十年、その人たちの成れの果てを見ているようで寂しい

同じ司法試験合格でも、検事をしていた方が政治家に向いているらしい?
国家試験を通った弁護士が悪徳弁護士で金儲けする構造もおかしい
法律は自分たちのためにあると思って勉強してきた人ばかりでは困る
改めて、正しく生きる人のために仕事してもらうためには・・更新試験も必要?・・・弁護士がこの国を食ってしまう
鯵庵(9.26)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-10-26 09:13 | 翁草 | Comments(0)

b0355451_12130640.jpg
元弁護士が火薬に火をつける役までした
早く切れと世間が言ってくれてたのに・・
詐欺師に騙された、その後も続く
妻の代わりに謝ってるつもりです
つもりなのですが伝わらない
謝らない妻を守るのが男です、と勘違いしている
あの時謝らない妻を謝らせらせればも少し長続きしたかもしれないのに・・
と気付くには今回まだ少し時間がかかることになった

女を謝らせるような男になってはいけません
これが親の遺言だった?
それ字が違うのちゃう
女を誤らせない男にならなければなりません

謝るということは心をともなった礼儀であるはずだ
惻隠の情とは親が子を思う時の気持ちである
時に武士の情けとも言い、時に忖度とも言う
たとえご政道だって同じである・・
平たく言えば謝ってすむことがないわけではない
日本には謹慎という温かい言葉もある
それも礼儀の一つである
日本で長いこと暮らすイギリス老人が言っていた

始めは何のこと言ってるのか分からなかった
選挙も台風も一過、小生の話し相手が今日も公園に来た
日本語が上手だ、この頃分かりかけてきた
騎士道・武士道ともに廃れて、今や日本の婦人道も腐ると言っていた
鯵庵(10.23)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-10-23 21:32 | 翁草 | Comments(1)

b0355451_09493218.jpg
〇〇ブログは時々おかしくなる
原因は容量不足だと思う
せっかく見つけたブログに「イイネ」しようとしたら
「登録」してくれという
それはいいのだが汗をかいて登録が終わったらそのブログを見つける方法がない
やっと見つけて「イイネ」をと思ったら今度は「like」なっていつまでたっても反応しない
と、多くの人に苦情を言われている

abcさんも言っていた・・裏技を使って"プロフィール”に入っても同じこと
会社は分かっていないのか、分かってても改良しないのか
なんやかやで小生も、写真のサイズを小さくするプログラムを買ってきてやっている
小生思う、〇〇ブログはケチなんだよな
混んでると時間がかかりすぎる
小さな店に並ばせて喜んでいる店と同じ

運営会社はそんなこと知らないと言ってる?
自分のブログの状態(設定)を知らない人も多いぐらいだから
こっちのせいと思う人が多いので
不都合があっても白状しないのだろう
現にその内なおっている・・のだ
インターネットの世界でそれをするのは不都合だと思うよ
それじゃブログ文化は広がらないと思う
今更、よそへもいけない
どうすればいいのか何かいい方法を正直に教えてください
不都合事情をブログに書いている小生としては言わなければならない
これは”排除”されてもいいけど、他のは消さないでよ
鯵庵(10.11番外)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-10-10 19:55 | 翁草 | Comments(2)

諦め

b0355451_19135686.jpg
本当にどうしても叶えたい願いがあるならば
早い目に諦めることも手である
人生のどこかで何かを諦めることも必要なのだ
鯵庵(29.10.8)
※京都新聞の速報によれば2017年の時代祭は22日および順延の23日も含めて中止が決定しました(10.20)
※文章が長く読む気がしないという読者のアドバイスをちょっと実践してみました・・でも、これじゃあ日めくり松岡何んとかになってしまう

[PR]
by ajiankyoto | 2017-10-07 19:15 | 翁草

氷屋はどこへ

b0355451_20285440.jpg
明治以前にはなかったものだけれど、町内の店(商売)でなくなったものに氷屋がある
昭和30年代の町の暮らしには冷氷庫(れいひょうこ・本来の冷蔵庫である)があった
冷氷庫は木製にして2段になっていた
前面や扉には銅版をはってそれなりに豪華なもので玄関を入ったところにおいていた
玄関や土間におくのは理由がある
上段に氷、その冷気で下段の食品を冷やすのである
融けた氷は水になるからである
氷屋がリヤカーに乗せて運んできた氷の塊を1貫目(3.75㌔)から2貫目くらい
注文の大きさに大きなノコギリで切ってくれるわけである

その切れ味に夏を意識した

昭和40年代後半になると家庭にも電気冷蔵庫が流行り出した
三種の神器(さんしゅのじんぎ)と言われた
テレビ「サザエさん」に出てくる電気冷蔵庫は昭和50年代の製品のようだ
その時にはもう氷屋さんは急激に減っていた
電気冷蔵庫が氷を作れるようになって、冷凍庫が当たり前になり、ドアの数が増えて、どんどん機能的になって行った
30年代に何千件もあったようなあの時の氷屋さんはその後どこへ行ったのだろうか

素うどんの会
鯵庵(8.7)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-07 06:49 | 翁草 | Comments(3)

スイカの愚痴

b0355451_09175566.jpg
吾輩はスイカである・・?
「サザエさん」でタラちゃんが庭でスイカ割りをする場面があった
懐かしいと思う人がおったら、相当な年配だと思う
が、さりとてスイカを買おうと思うかどうか
今、スイカいくらするのか知っている
直販価格で10キロ未満のL寸で3000~4000円である、やはり高い
京都でも祇園祭が終わった頃がスイカの季節である、が、8月に入ったら少し安くなる

スイカ網って知ってないだろう?
それから一世代、今頃網に入れたスイカをぶら下げている人を見たことがない
家族でスイカを食うシチュエーションがなくなっているのだ
3000円も出せば保証付きのメロンもある
結局スイカは親しみより懐かしみが勝っている
小さなころにスイカを食わされた小生も、田舎で畑のスイカを食ってきた家内も、皆、実は美味しいスイカに当たってなかったのである
実はスイカは甘くて美味しいのだ
世の中にはこんなことは多い、本来の味を知らないままのことが多い

有名産地では必死になって美味しいスイカづくりをしている人がいっぱいいる、その人が悪いのではない
スイカを作ることは出来るけど、美味しいスイカを作るのは難しいのだ
昔から素人が作ったスイカなど美味しくないに決まってる
街へトラックで来て産地直販とかの感覚で、美味しくないスイカを何十年にわたって食わしてきた輩がいるのだ
今更ブランド化したとて切り身で色を見てからしか売れないものになった
美味しくないスイカの祟りなのである
熱中症予防にスイカは持ってこいであるのだが・・

その気になれば美味しいスイカを食えるようになった
ころには家族がなくなってしまった・・
今の家庭には井戸もなければ丸ごとのスイカを入れる冷蔵庫もないのである
それが結論である、いやいやスイカの愚痴である
写真はサマーセール
鯵庵(29.8.5改)残暑見舞い

[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-05 12:00 | 翁草 | Comments(0)

小銭入れが邪魔になる


b0355451_17450488.jpg
1円玉がポッケットにあると落ち着かない
時々小銭入れを使うとなおさら1円玉はちょっと邪魔だ
おかげで小銭を小銭入れに入れるのが身につかない
どれぐらいの小銭を持ち歩くのが自分にあっているかを考えたことがありますか

それも、カードの利用で減ってきた
小銭が一番必要な電話やバスや電車など今は小銭の方が使いにくい
小銭を減らすために小銭を使っている時がある
小銭入れを使うために小銭を使ってる人もいる
小銭は邪魔にならないときはあるが、小銭入れは常に邪魔である

立派な財布の中に、小銭が一杯の女性もいる
1円玉ばかりが増えることのないような使い方が必要だ
拙者も1円玉を使おうとしたら1円足らずにまた1円玉が増えた
もちろん1円玉をおろそかにした話ではない
1円を笑うものは1円に泣くと教えられてきた

だがそれは1円玉への愛着を言ったものではない
ともかく格言として説得力が落ちている
それでもキッチリ世の中は1円単位で動いている
1円玉を集めるビジネスがあたれば成功するだろうね
小銭に泣いてた人が小銭に笑うことになるかもしれない

小銭で一杯のバスの車掌のがま口が懐かしい
鯵庵(5.13)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-05-16 07:47 | 翁草 | Comments(0)


b0355451_08572723.jpg
犬を飼って犬と暮らしていると、犬を家族のように思ってしまう
犬が飼い主を家族のように思うからこそ犬もかわいくなるのは当然だ
そこまでは人ゆえの優しさだと言えるのだが・・
犬との関係と人との関係を見誤ってしまうことになる
飼い犬が死んだら哀しいが、人との哀しさには無関心になってしまう
重大な誤りを犯すこともある

訓練すれば犬は人に従ってくれるが、
人はいかに訓練しようともあなたに従ってくれない
そこには人の意思というものがある
待てと言われれば待っている間何もしないのが忠犬である
犬はある程度の状況判断は出来るがそれでも教えられたことしかできない
だから、間違いが少ないかもしれない
忠犬はいても名犬が少ない所以でもある

人間と犬との関係はそれでいいが・・
人間は忖度(そんたく)出来る動物である
かくして小生のブログにも流行語が入ってくることになる
・・ああいうのを忖度と言ってしまうと
・・忖度というのが、犬的行動に近いのではないかと思ってしまう

確かに犬でも主人のために・・と思うだろう
しかし、官僚という小役人は自分ためにだけ忖度の技を使うから
主人にとっても時に都合悪いことになる
忖度というのは人と人と中での重大な美徳である
その技(わざ)を自分のためだけに用いるから
稀代の教育者もどきに付け込まれ手を噛まれたりする

昔、存在したオオカミの群れにはそういうこと(忖度)もあったかもしれない
だが犬には必要のないものなのだ
惻隠(そくいん)の情や忖度(そんたく)は他人をおもんばかる人間同士の機微だったのに・・
愛犬家の中には犬の気持ちを忖度している
人間との関係と犬との関係を時に区別つかない人もいるようだ
鯵庵(5.14)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-05-14 20:18 | 翁草 | Comments(0)

人生の並木路

人生がもう終わったと思った人でも
そのことを語れるのは1割ほどである
9割の人は何も言わずにそのまま人生が終わってしまう

♪泣くな妹よ 妹よ泣くな
泣けば幼い 二人して
故郷を捨てた かいがない・・(S12)
「阪神タイガースの歌(六甲颪)」の佐藤惣之助の作詞である

それはさておき・・並木路なら道を間違うことが少なかったかもしれないね
鯵庵(5.8)
b0355451_17594622.jpg



[PR]
by ajiankyoto | 2017-05-08 07:57 | 翁草 | Comments(0)


b0355451_19532759.jpg
うちのばあさんがよく使う言葉に"おため"というのがある
平たく言えば贈り物やご祝儀をもらったときのお返しである
国語的には使いの者に駄賃を渡すことも言う
昔・・贈り物のお盆を返すときにその上に半紙を折って乗せてお礼の意味にした
これを"おため紙"というとある

お祝儀を持ってこられたら、まずその場で返すのが"おため"である
内祝いなどの返礼とは別のものである
駄賃以上の駄賃程度であるという
京の街中でもそれも少なくなってきた
形式的に残っているのは結婚祝いぐらいかもしれない
お祝いというのは事前に持参するのが礼である
その時に"とりあえずのお返し"が"おため"なのである、と説明されると分かりやすい
このあたりの話は結納品の店などで知ることが出来るこれを「おため返し」という

困っとことによく似た言葉に「おため倒(ごか)し」と言うのがある
この場合の"おため"も同じおためである
表面上は人のためになるように見せて実は自分の利益を図ることを言う
人々の律儀な暮らしとは反対側にあるようで・・実は日常はこちらが多い
世の中のことはほとんどがこちらである

人は自分のためにしか動かないし働かないのだ
それはいいのだが、今度は仕事だと言えば何でもする
代表的なのが営業マンだと言えば営業マンは怒るだろう
それが異質なのではない、経済活動というのはそう言うものなのだ
はっきりと会社のためにやっていると言った方がいい
自分のためだけにやっていると詐欺になってしまう
少なくともあなたの誠(まこと)度が分かるというものだ
"おため返し"がなくなった分まで"おため倒し"が増えている
しかし・・それでどうだということではない
こちらは自分で考えればいいのだ
写真はカブの花、地域野菜の代表である
ついでながらカブの種からもなたね油が取れるが今は利用されることはない
鯵庵(4.26)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-26 07:08 | 翁草 | Comments(0)