カテゴリ:おとこ編( 2 )

おとこ編②/桃太郎

b0355451_11241067.jpg
何が日本の少年たちの願いだったのだろうか

今と違うのは仲間と遊ぶことに飢えていたことだと思う
だから、次々に知恵が湧いて出てくるわけである
独り遊びでは、限界がある
そもそも独りではリーダーになれない
二人でも三人でもいい、三人寄れば一つの軍であると、三国志は語る
劉備を兄として三人の義兄弟の契りができる
艱難辛苦のはて劉備玄徳が蜀の国の皇帝になるまで三人の血盟は続く
悠久の中国を舞台に雄大な遊びの物語が完結したような印象を受ける

子供の頃、体は大きいが同じく〝あおっぱな″を垂れた餓鬼大将がいたが、それでも同じことである
遊ぶことを真剣に考えた結果、自ずとそのガキ大将にみなついていったのである
遊ぶという同じ目的の元に集合して、より楽しくするための仕掛けである
それがガキ仲間のリーダーだった
ついていったからとて不足はないし、工夫次第ではいつでもリーダーにはなれる・・わけである
それは、遊びだからでもある
小生は言う、その時に訓練しておかねばならなかった

三国志と比するのはおかしいけど、桃太郎はイヌ・サル・キジを連れている
明らかに親分・子分の間柄である
それは黍団子(きびだんご)を与えるということで、鬼退治は主人(?)桃太郎の目的である
見返りが黍団子とは限らない・・それは金銭であったり、出世であったり、たとえば庇護や保護であったり・・自分が必要とするものを得るために結んだ関係といえる
あるいは昔のやくざの関係かもしれない
イヌ・サル・キジにだって明らかに遊び以上の仕事感が存在する
実はこちらのほうが表社会でも裏社会でも、実生活の9割を占める関係だと拙者も思う
結局こちらのほうを大事にしなければほとんどの人が生きてゆけない

男社会ってアナゴみたい?
鯵庵(6.11)


by ajiankyoto | 2017-06-11 09:00 | おとこ編 | Comments(0)

おとこ編①/鞍馬天狗


b0355451_06403607.jpg
何が日本の少年たちの願いだったのだろうか

子供の頃の遊びは色々あった
単純だけど知恵はあった
遊びに対する知恵は結構鋭く独創性もまんざらではない
要は皆が貧しい時代だった
教育も満足ではなかったが、何より食べるものも豊かではなかった
青い塩辛い鼻汁を覚えてる?透明な水っぽい鼻水ではない
味のある“はな”なんです。

親が編んでくれた毛糸のセーター(そうです、毛糸は編むもんで、買うものではないのです)の袖が洟をこすり付けてテカテカだった
“あおっぱな”は栄養に問題があったなどという学者がいるが、学者でなくともそんなことわかってる
当時栄養に問題のない子など我々の近くにはいなかった。
話は横道にそれてばかりだけど、子供の遊びに関しては貧乏も栄養も関係ない
要は遊びにも飢えていた
後は知恵とリーダーの存在だった
上手く続けられるかどうかは分からないが、おとこ編と題して少し言わして・・

鞍馬天狗の映画を見たのは半世紀以上も前である
嵐寛寿郎(あらしかんじゅうろう)だった筈である
このイラストより色っぽかった
勤皇(きんのう)も佐幕(さばく)も分からなかった
鞍馬天狗もどちらの味方かよく分からなかった
大仏次郎(おさらぎじろう)の小説では覆面などしていないが、結構複雑な男だった
ただし、目元清し(めもとすずし)とある
幕末のあの時代にフェアーないい男にだけ味方する男だった
大仏次郎は〝そんな奴居るかぁ″を書きたかったのだと思っている
鯵庵(29.6.5)

by ajiankyoto | 2017-06-05 06:43 | おとこ編 | Comments(0)