人生の中では20歳ぐらいが一番暗いころだと思う
沈むまいと浮木(ふぼく)を求める
勉強には興味がないが就職には十分興味がある
就職活動が忙しいと勉強するのが面倒くさいのだろう
就職してしまうと今度は仕事するのが面倒くさいのだろう
企業に就職したらその日から心を売らなければならない
そんなことにはすぐに馴染めるのに、束縛と他人との付き合いは面倒くさいという
そんな中でもかろうじて10年も勤まれば、今度は慣れた仕事以外は面倒くさいと言う

それは彼の打算に過ぎない
そもそも人生の楽しさは齢とともに高まってくるものだ
30代に入れば概ねどちらかに舵(かじ)を切らねばならない
ただ、今やっとの思いで得たもの(例えば仕事)を犠牲にするのも、マイナスになるのも実は怖くなる、のが自然なのだ
だが、それも打算という

彼女・彼らにとってはこの10数年の成果から言えばコストパフォ-マンスは仕事(就職)が一番
庶民の嫌みを言えば・・お味噌なのだから・・
恋愛などその観点からいえば最悪なのらしい
ましてや結婚など生涯の不採算事項である
そう信じたら性欲すら抑えられるらしい
・・・でもしない訳ではない
両立が出来ることがはっきりしたら結婚もしたいし子供も欲しいという
そんな中で一番嫌なことは結婚に焦っているように見られることだと言う
だから、今は面倒くさいと言う
何のことはない・・恋愛も結婚もいつまでも"おみそ"を期待している

小生も言おう、年取るのが一番メンドクサイ
元に戻すのはもっとメンドクサイ
鯵庵(29.8.1)




[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-01 10:29 | おとこ編 | Comments(0)

b0355451_19425036.jpg
「本当にもてたいなら」という話のついでにもう一つ
男は自分が持っている身体的・生物学的優位をもっと理解するべきだというのがスーパー女史の話
〝優位を理解したときにいたわりの気持ちが出る人とあるいはいじめる気持ちになる人に分れる″という
その間はないという
自然にいたわりの気持ちを持てる人は極めて少なく、たとえ優しそうに見える男でも精々1割だというのが女史の論である
またそんな貴重な〝いたわりの気持ちを上手く理解できない女性が必ず増えてくるのが歴史″だという
だから結局"女をいじめる男”と″男を信用しない女”との組み合わせになる

その中でも女性が男性に感じる魅力は三つあるという・・腕力と、性力と、経済力だという
心の中で女性は腕力と経済力は人並ほどほどでいいと思っている
女性が幸せを感じえるのは唯一その男性の持つ"性力”だという
・・性力とは?
〝皆さんもうちょっと深く考えてください″と女史は言う
精力絶倫の精力は腕力の部であるが、確かに精力も性力に含まれる
男性と女性との性差という方が近い
その性差を感じさせる力だという
例えば乙女の頃に初恋の相手に感じたのが性力の初め?
異性に感じさせる生物的本能でありながら、
肉体が成熟するとともに動物的性欲(もしくわ行為)が勝ってしまう、その過程で、意識せずに捨てて来たものだという・・

小生思う・・腕力とか経済力とかでなくてよかった、それなら小生にも可能性がある
下世話に言うあれだね、″色男金と力は無きにけり・・” 
ひょっとしたら・・あるいは″失楽園”?
それは男性に言っているようであるが、キッチリ女性に対しての応援でもあるような気がする
女性はいつまでも乙女心の芯を持っている
ならば女性もせいぜい枯れないでほしい
相手の性力を感じられたら枯れかけた男の本性が思いだせるかも???
もてたいのは男の本能である
前段の”三つのチ”よりは女性の本音に近いかなと思った次第である
写真はそういうことでジョロウグモ
鯵庵(29.7.24)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-24 17:38 | おとこ編 | Comments(0)

本当にもてたいのなら

b0355451_07271971.jpg
鞍馬天狗は大仏次郎の幕末小説のヒーローである
劇画とインチキ大河ドラマになれた我々には少し少年ポイところがあるような気がするが、極めてリベラルな侍である
京都の映画は鞍馬天狗と他にも丹下左膳が爽快である
ともに目元清(すず)しき・・侍である
30~40代の男を見るときは目元を見ればわかるという例えでもある

異性、特に男は女にモテたいのは動物としての悲しい性
工夫はするがモテたことのないのも厳しい現実
モテない男がこの社会で男を張っていくのは〝しんどく″なったのではないかと思っている
芸能人か金持ちにしか男を感じられない女性にも困る
男性も女性も〝自分の人生″に興味を持たなくなっている
特に仕事を持っている男にとっては毎日が違う舞台だから・・
出来れば舞台の上の男も見てやって下さい、お姫様・・?
それより、まず、下手な芝居も出来ないようでは、早く舞台から降りた方がいいと言う人もいる

そこで、女性にモテる男性になるための講義を受けてきた
一に芝居気があること
その上で大事なのが「知」と「稚」と「痴」の三つのチという
知的であること、夢を持っていること、したたかなこと、「この三つの成分が適当に配分されると男の匂いを感じる」・・と言った女史がいる
確かに歴史小説の英雄的主人公は大体このセオリーにあっています
ブツブツ言いながら何もしない脂ぎった顔をした老人の反対だと思えばいい??
ごもっとも、しかし今更どちらにもなれそうにないのが小生
<
鞍馬天狗を思い出した
しかしいくら憧れていたとて今からでは鞍馬天狗は出来ない
残念ながら20年は遅かったですね、と慰められた
ともかく、自分を演じられないようではダメ
男は40代になるときが境目だね、それからもてるのが本当
子供のままではもてないよ、これからも男を磨くなら"三つのチ”試してみたら・・
写真はコガネグモ(※「昆虫エクスプローラー」で調べさせてもらいました)
鯵庵(29.7.23改)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-23 05:27 | おとこ編 | Comments(0)

妄想

b0355451_19594410.jpg

ねずみ男の不幸はねずみ男でない男を理解できなかったことだ
それが不幸だと最後まで分からなかったことが本当の不幸だった
男の99%はねずみ男と同じ性格である

妄想しているだけのことだったらただの怠け者
それを整理して自分のものに出来るようになれば人生にとって大きな宝物になるはずだ
だから、最初は妄想・・

一方、年寄にとっては、妄想も健康にはいい
ただ、薬が上手く合わなくて妄想が生じるのは悲劇だ
本人の罪ではないが、医学的には大きな治験を得られる
せめて幻覚や妄想を制御できる医学であってほしいと思ったりする


(それにしてもこのエキサイトブログ簡素でいいのだが、
システム設計が悪いのか容量が足らないのか
いつまでたっても何度改良しなおしても不都合だね・・)
とアンケートに応えました
最終不調だと言う仲間が多い、ストレスの少ないブログサイトがありましたら教えてください
鯵庵(7.18)

素うどんの会

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-19 06:00 | おとこ編 | Comments(0)


b0355451_21364175.jpg
「おとこ編③/おみそ」に続く
でも、よく考えて見れば給料もらいながらの見習い期間は〝おみそ″なんだよな
もっと言うと半人前の人間だって一人前の給料もらいながら皆と同じように仕事している
サラリーマン社会で給料以上に働くことは出来る
しかし給料分だけ働くことは難しい
それでも、ブツブツ言いながら多くが勤まるのは給料をもらっている緊張感なんだよな
働きにあわせて給料を変えるといったとたん実は緊張感がなくなってしまう
平均値を目標に働くくらいが一番楽しいと誰かが言っていた
ゲームに参加させてやることが何よりなんだとも
ゲームに参加したくない奴は最初から入れるべきではない
そんなことも言っていた
あなたはどう生きる?

今のサラリーマン社会、人事評価が絶対評価から相対評価に変わって、必ず順位をつけて〝味噌っかす″を指名しなければならないなどという
〝味噌っかす″に〝味噌っかす″と言ってしまえば〝おみそシステム″は不要である
仲間に入れないのだから
サラリーマンの年季があけた小生も首筋寒い
現代社会は必ずしも平等ではない。
それは分かっているのだけど・・仕事と遊びとは違うというけれど
遊びの工夫を仕事で活かすほうが上手くいくこともあるやろ
一緒に遊びたくない奴と一緒に仕事しているのが〝しんどいこと″なんだよな
そんな気づき方もあるのではないかと青っ洟(あおっぱな)の味を思い出しながら考えた

まだ続く
鯵庵(7.6)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-06 21:38 | おとこ編 | Comments(0)

b0355451_06233960.jpg
学校で習ったクラーク博士の〝ボーイズ、ビー、アンビシャス″は「少年よ、大志を抱け」と訳される
アンビシャスとは野心・野望を持つ状態を言う形容詞だ
少年よ成功のためには野心的であれ、と訳されたのでは後世に残らなかった?かも
だがクラーク博士の教えを受けなかった小生は博士の人柄も知らない
そんな私には後の訳のほうが、教訓としては少し具体的である
一般論ではあるが・・人生で成功したと思えることは得がたい経験である
そこには何かしら成功の秘訣がある筈であるが、自分のように上手くやれとはいいづらい
人を踏み台にして手柄を独り占めにしてなおリスクは会社に被ってもらって成功しました、と内心思っている人はたくさんいる
時々聞く〝皆様のお陰です″というのはむしろ正直な話であるとも言える

小生の世代は、子どものときから偉人伝を読んできた
偉人というのはもちろん世のため人のために、且つ傑出した人を言う
それは夢を持つだけでは駄目である
使命感に殉じる努力と精進のみならず、自分の幸運というものを作り出す能力がいる
それこそが野望である
〝恐れずにリスクをとろう″と言った現代の偉人がいる
それもノーベル賞をもらった人には正解だが・・
彼らの中でも、恐れずにリスクをとって成功する人は恐らく100人に1人もいないだろう
ほとんどの人がそれで失敗する
それがリスクというものであり、それこそが野望の果である

何度失敗してもくじけないでやる気持ちを持つためには希望も必要だがもっと必要なのは野望である
現代では大きな野望のみが小さなリスクに勝つというのが正しい
そんな時に現代の政治家を思い浮かべてはならない
大阪や東京の知事くらいはまだまだ野望の途中だ
たとえ総理大臣でも秘めた野望がばれたらおしまいになる
そんな下卑た例ばかりでは若い人への教訓にならないのが困ったことである
偉人伝は昔話になってしまったのか
男たちの時代は終わっているのだろうか?
"少女たちよ、成功のためには野心的であれ”
写真は達磨寺
鯵庵(29.6.28改)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-28 10:14 | おとこ編 | Comments(0)

おとこ編③/おみそ

蛇足ながら、そう思えば「リーダーシップ」という言葉も曖昧だ
時々事業に成功したカリスマ風経営者にリーダーシップが云々などというが
成功とはある意味では不遜にして強引な力技であり
強運を持ち合わせて始めて叶うものである
ガキ大将のリーダーとして仲間を楽しませてやる豊かな精神性とは少し距離があるような気がする
成功者がのカリスマ性は認めるが必ずしもいいリーダーだったとは限らない


国語辞典には載ってないが〝おみそシステム″という言葉がある
〝味噌っかす″ともいう
こちらは辞典に載っている
子供でもまだ半人前の子供を言う
鬼ごっこをして遊ぶとすると、その子を鬼にしないように遊ぶわけである
その子を鬼にしたのでは鬼ごっこが永遠に終わらない
誰もつかまらなくって鬼ごっこにならないわけである
それでも仲間には入れてやる
子供は仲間を拒まない、みんなが遊べるように考えるわけである
それを〝おみそシステム″という

大人の世界に置き換えることが出来ない
味噌っかすと言われて喜ぶ人はこの世の中には居ない
大人の世界では、本人に気づかせてはならないことの一つだ
が、本人が気づかなければならないことの一つでもある
子供の"おみそ"は、群れることや、つるむこととは違うのです
相手の立場を理解した関係なんです

男の子を育てるお母さん、ご主人ばかり見ていると分からないことが多いですね
余計なことを言いました
鯵庵(6.24)




[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-24 07:00 | おとこ編 | Comments(0)

おとこ編②/桃太郎

b0355451_11241067.jpg
何が日本の少年たちの願いだったのだろうか

今と違うのは仲間と遊ぶことに飢えていたことだと思う
だから、次々に知恵が湧いて出てくるわけである
独り遊びでは、限界がある
そもそも独りではリーダーになれない
二人でも三人でもいい、三人寄れば一つの軍であると、三国志は語る
劉備を兄として三人の義兄弟の契りができる
艱難辛苦のはて劉備玄徳が蜀の国の皇帝になるまで三人の血盟は続く
悠久の中国を舞台に雄大な遊びの物語が完結したような印象を受ける

子供の頃、体は大きいが同じく〝あおっぱな″を垂れた餓鬼大将がいたが、それでも同じことである
遊ぶことを真剣に考えた結果、自ずとそのガキ大将にみなついていったのである
遊ぶという同じ目的の元に集合して、より楽しくするための仕掛けである
それがガキ仲間のリーダーだった
ついていったからとて不足はないし、工夫次第ではいつでもリーダーにはなれる・・わけである
それは、遊びだからでもある
小生は言う、その時に訓練しておかねばならなかった

三国志と比するのはおかしいけど、桃太郎はイヌ・サル・キジを連れている
明らかに親分・子分の間柄である
それは黍団子(きびだんご)を与えるということで、鬼退治は主人(?)桃太郎の目的である
見返りが黍団子とは限らない・・それは金銭であったり、出世であったり、たとえば庇護や保護であったり・・自分が必要とするものを得るために結んだ関係といえる
あるいは昔のやくざの関係かもしれない
イヌ・サル・キジにだって明らかに遊び以上の仕事感が存在する
実はこちらのほうが表社会でも裏社会でも、実生活の9割を占める関係だと拙者も思う
結局こちらのほうを大事にしなければほとんどの人が生きてゆけない

男社会ってアナゴみたい?
鯵庵(6.11)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-11 09:00 | おとこ編 | Comments(0)

おとこ編①/鞍馬天狗


b0355451_06403607.jpg
何が日本の少年たちの願いだったのだろうか

子供の頃の遊びは色々あった
単純だけど知恵はあった
遊びに対する知恵は結構鋭く独創性もまんざらではない
要は皆が貧しい時代だった
教育も満足ではなかったが、何より食べるものも豊かではなかった
青い塩辛い鼻汁を覚えてる?透明な水っぽい鼻水ではない
味のある“はな”なんです。

親が編んでくれた毛糸のセーター(そうです、毛糸は編むもんで、買うものではないのです)の袖が洟をこすり付けてテカテカだった
“あおっぱな”は栄養に問題があったなどという学者がいるが、学者でなくともそんなことわかってる
当時栄養に問題のない子など我々の近くにはいなかった。
話は横道にそれてばかりだけど、子供の遊びに関しては貧乏も栄養も関係ない
要は遊びにも飢えていた
後は知恵とリーダーの存在だった
上手く続けられるかどうかは分からないが、おとこ編と題して少し言わして・・

鞍馬天狗の映画を見たのは半世紀以上も前である
嵐寛寿郎(あらしかんじゅうろう)だった筈である
このイラストより色っぽかった
勤皇(きんのう)も佐幕(さばく)も分からなかった
鞍馬天狗もどちらの味方かよく分からなかった
大仏次郎(おさらぎじろう)の小説では覆面などしていないが、結構複雑な男だった
ただし、目元清し(めもとすずし)とある
幕末のあの時代にフェアーないい男にだけ味方する男だった
大仏次郎は〝そんな奴居るかぁ″を書きたかったのだと思っている
鯵庵(29.6.5)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-05 06:43 | おとこ編 | Comments(0)

あおっぱな物語

b0355451_20130062.jpg
子供の頃の遊びは色々あった、単純だけど知恵はあった
皆が貧しい時代だった、教育も満足ではなかったが、何より食べるものも豊かではなかった
青い塩辛い鼻汁を覚えてる?透明な水っぽい鼻水ではない、味のある“はな”なんです
親が編んでくれた毛糸のセーターの袖がはなをこすり付けてテカテカだった
″あおっぱな”は栄養に問題があったなどという学者がいるが、学者でなくともそんなことわかってる
当時栄養に問題のない子など我々の近くにはいなかった

子供の遊びに関しては貧乏も栄養も関係ない
要は遊びにも飢えていた
後は知恵とリーダーの存在だった
今と違うのは仲間に飢えていた、独り遊びでは、限界がある
そもそも独りではリーダーになれない、三人寄れば一つの軍であると、三国志でも言っている
子供の頃、体は大きいが同じく〝あおっぱな″を垂れた餓鬼大将がいた
遊ぶことを真剣に考えた結果、自ずとそのガキ大将にみなついていったのである
遊ぶという同じ目的の元に集合して、より楽しくするための仕掛けである
それがガキ仲間のリーダーだった
ついていったからとて不足はないし、工夫次第ではいつでもリーダーにはなれる・・わけである
それは、遊びだからでもある。

蛇足ながら、そう思えば「リーダーシップ」という言葉も曖昧だ
時々事業に成功したカリスマ風経営者にリーダーシップが云々などというが・・
成功とは不遜にして強引な力技であり、かつ強運を持ち合わせて始めて叶うものであろう
リーダーとして仲間を楽しませてやる豊かな精神性とは少し方向が違う
カリスマ性は認めるが必ずしもいいリーダーだったとは限らない
あおっぱなガキ大将とは違うものだと思う
何処へ行った!!あおっぱなガキ大将!
我らの子の頃には間に合わなかった、せめて孫のためにも一度登場してくれないか!
写真はあおっぱな地蔵?
鯵庵(7.25)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-07-25 06:53 | おとこ編 | Comments(0)