そら豆スープもいける

b0355451_07593942.jpg
今年も沢山のそら豆を収穫できた
小生ではない、小生が何も手伝わない家内の菜園のことだ
スナップエンドウ・エンドウと続いてそら豆だ
いつもゆがいてビールのあてに食ってるばかりでは面白くないので、そら豆スープを注文した
我が家の定番メニューにないので例によってクックパッドからレシピを引っ張ってきた
そら豆のスープ、ベースはこれも採れたばかりのタマネギのバターいためである・・・この季節にこれは旨い
少し変えれば離乳食にも病人食にもなる
自分が美味しいと思わないのを子供に食わしてはいけない
ただし、ゆがいたそら豆をビールも飲まない孫娘に食えと言うのもおかしいだろう
そら豆スープなら爺さんにも合わせられるし孫娘にも合わせられる
美味しけば母親も勉強する気になるかもしれない
クックパッドを覗くと、そら豆スープだけで100件も載っている
創意・工夫型の女性(?)が沢山いるのに驚かされる、しかも、知性的である
このブログで「料理のレシピに企業秘密はない」と言うこともあながち間違いではない
まさに、そこからスタートなのだ
料理のほとんどが創作なのだから
創作料理なんて看板はたいてい嘘である、プロは創作を売りにしない
並ばされて高い金払ろてベンチャラまで言わんでも、あなたの奥さんが創意工夫の料理長
ただし、その気になってくれればだけど
味覚は仏の与えてくれたもの、料理は修行にもなる
無眼耳鼻舌身意(むーげんにーびーぜっしんにー)・・、舌は味を捕えて心へ運ぶ・・
一人者のあなたでもできる・・六根清浄、ボケ防止にもいいと思うよ
写真は自家製のそら豆、出来がまばらです
鯵庵(29.6.6改)


by ajiankyoto | 2017-06-06 19:56 | 野菜主義 | Comments(0)

b0355451_20251738.jpg
田舎でジャガイモの花が咲いている、
2~3月頃種芋を植え付けて5月の終わりごろ花が咲きだす
ジャガイモはナス目ナス科ナス属、そういえばナスの花に似ている
このあとしばらくすると青いミニトマトみたいな実をつけるらしい
残念ながら花が終わって2週間で収穫、掘りあげられてしまう

まさかジャガイモが実でなっていると思う人はいないと思う
地下茎のジャガイモを大きくするために花を摘んだ方がいい?
という家庭菜園型教訓風評に出くわす
答えは花を咲かせても芋の出来に影響するほどのことはないということだ
野菜としてのジャガイモの全ての遺伝子はイモによって引き継がれている
挿し木と同じクローンである
ジャガイモも食うだけの人には花の話はどうでもいい

一方でジャガイモの品種改良は花を咲かせて実をならせ種で行う
その結果現在の品種と花色が豊富になった
今、田舎を歩くとそういう楽しみがある
花は、アンデス山脈から何千年も続いてきた営みとも思える
ジャガイモを主食とする国もある
ただただの消費暮らしをしていると気付かない
ジャガイモの花は小さくも、美しい
それも嬉しい発見である

だからと言って、好きな彼女をジャガイモの花に例えてはいけない
〝何が言いたいの″と、詰め寄られること必至である
ジャガイモに土がついてることを知らない人もいるぐらいだし
ましてやジャガイモの花は花屋にも売っていない
売ってなければ本当に何にも知らないんだから・・
写真はジャガイモの花(品種は聞いていない)
鯵庵(28.5.23)


by ajiankyoto | 2016-05-23 06:08 | 野菜主義 | Comments(0)