都会の方が住みやすい?


b0355451_06045178.jpg
日本のツバメは日本国籍である
日本で生まれて日本で育った鳥なのだ
早ければサクラの満開前線に少し遅れるぐらいで故郷に帰ってくる
京都地方気象台は市内のツバメの初見日を今年は4月3日だったと観測結果を発表している
うちの里ではまだ去年の巣が空き家のままである
それからまず番になり巣作りをしてヒナを育てる

1年中鳥の写真を撮ってる人でもツバメは撮りにくい
ましてや、ツバメのことを研究している人も少ない
日本野鳥の会ほホームぺージによれば
2000年から10年位で営巣数が3分の1くらいになっている
10年ごとに3分の1を掛けていけば・・
ツバメの餌となる昆虫が少なくなったのが原因だという
そういえば赤とんぼ(アキアカネ)が見られない県が広がっているという話をしたことがある

それは日本の田んぼ作りの構造に深くかかわっている
水田に依存しているのがアキアカネでありツバメである
その里山でもミツバチが大量死しているというニュースがあった
そこにはネオニコチノイド系の農薬が深くかかわっているという話をよく聞く
昔、タバコの葉を水に浸してニコチノイドを抽出し殺虫剤としていた時代がある
戦後はDDTがそれに続いたが、今は使われない
ニコチンは毒性が強く長く農薬として開発されなかったが
これを改良して科学的に合成したのがネオニコチノイド系の成分である
現代の殺虫剤の主成分である
1990年頃から市場に出回った

困ったことに日本はこの農薬に対する認識が低い
昆虫(カメムシなど)には効くが、人(脊椎動物)には害が少ない、というのがその理由だ
が、その頃からミツバチの大量死など、昆虫の異変が続いていると警告する学者が多い
この農薬は水に溶けやすい
土壌から作物への浸透がよく、結果、水にも土壌にも含まれることになる
今は規制も緩いので、ネオニコチノイド製品が家庭菜園や道の駅の野菜にも多く使用されている
人体への害を警告している学者もいる

親が帰ってこなければヒナは死ぬ
そんなことがいっぱい起こっている?
昆虫の激減はトンボにとってもツバメにとっても痛い
昆虫類の激減した田舎ではツバメも生きていけないのだろう
都会の方が住みやすいのならそれは大いなる矛盾である
だが、それはツバメだけではない
写真はハボタンの花
鯵庵(4.24)



by ajiankyoto | 2017-04-24 07:59 | 都市 | Comments(0)

b0355451_08553267.jpg
「京都で生きる」で書いたMさん、ブログを始めてからしばらくたつ
小生も機会あるごとに目を通している
仕事や暮らしの日常の中に、街や人を見る女性の目が光っていて、参考になる
東京のサラリーマン男性と一緒になって子供と一緒に大阪転勤についてきて、おかげ(?)で大阪で離婚
両親のいる東京に帰るかと思いきや大阪の社宅を出るついでに京都で仕事を見つけた
今は、京都で大学生と高校生の子供二人を育てている
小学校から京都の私立に通っていた長女が気丈にも「お父さんがいなくとも京都でならやっていける」と言った
それなら自分も二人の子供と暮らしていけると思った、と言う

京都人になろうと思ったら思い切れたと言う、不思議な力を持った人だ
自然の黒髪もさることながら、きれいな標準語に周りの誰も気づかない
溶け込むように目立たない
もちろん旅行者みたいな東京育ちのアクも嫌味もない
教養の都で培った教養は腐らない?京都も昔はそんな香り高い人を育てていた町だったんだろうと思った
その一方で都の修羅場を引き受けてくれているのが東京である
元のご亭主はこちらでの仕事も上手く行かずに修羅場の東京へ帰って行った、ということらしい・・

街というのは人を受け入れてくれるところのことである
逆に言えば受け入れの下手なのが田舎だともいえる
人生の節目に住むところを選べるということはそう何度もあることではない
その中で都市の持っているイメージは重要だろう
ただ、自分に本当に自分にあうのだろうか、それは分からない

MさんとMさんの娘さんが京都を選んだのは、京都に通学していただけのことかもしれない
新しい暮らしの場所が必要だっただけのことのかもしれない
そんなときに、東京も大阪も、温かく受け入れてくれるいい街だ
しかし、同じ都市でも京都は京都の方から寄ってきてくれる街だ
街には、向こうから近づいてきてくれる街というのがある
というようなことが書いてあった
人は街をさまよっている
ただ、花を求めてさまよってるのではない
人生の転機にこそあいたいそんな街が沢山ある国が豊かなのだろう
鯵庵(4.8)



by ajiankyoto | 2017-04-08 08:23 | 都市 | Comments(0)

御香宮の水

b0355451_07055208.jpg

京都の地で唯一〝名水百選(環境省)″に上がっているのが、伏見の御香宮神社の「ご香水」
この御香宮は伏見の町の産土神(うぶすながみ)、古くから神功皇后(オキナガタラシヒメノミコト)を祀る
徳川体制になった時に伏見城から今の地に移る、本殿は家康の寄進によるとある
伏見は伏水とも書くくらいだから地下水に恵まれたところ
また、酒造りの町、さもあらんと納得できる
御香宮お参りの時に、一口飲ませてもらったが、その御香水の横の書きつけにこんなのがあった
『御香水を汲まれる皆様/水質維持の濾過機を設置しました、つきましては維持管理費のご協賛をお願いします・・』・・協賛金よりもお賽銭は必要だろう
この頃どこへ行っても何本もペットボトルを持った水汲みおっさんがいる
小生もおっさんながら杓で一口頂いたが、この看板に目が行ってから味が分らなくなった
環境省の名水百選は実は飲み水としての評価ではない
それでいいんだろうけど、伏見では困る
伏見には七名水ありとて、有名酒造会社は独自の井戸を守っている
桃山丘陵からの伏流水で御香水と同じ水脈であることを誇っているものもある
軟水~中硬水で美味しいミネラルウォーター状態、酒造りの命の水で、地元の人にも・・と言っている
そんなところは大ろ過機を据えているのだろうか
もちろん酒造りの安全のためには構わないけど
ただ、名水を濾過したら伏見の味ではなくなることを心配している
京都の名水井戸はほぼ枯れた、伏見は?
写真はハボタンの花
鯵庵(4.18)


by ajiankyoto | 2016-04-18 07:15 | 都市 | Comments(0)