b0355451_19445636.jpg
大津城は水城であった
本丸が水上に浮かぶようにあった
浜大津は今も大津の中心であるが、大津城の跡というのが正しく分かりやすい

関ヶ原の戦いは慶長5年(1600)年9月、この城は東軍についた
その時の城主は京極高次
西軍に囲まれた大津城はろう城した
が、高次は9月14日に降伏開城した
関ヶ原の戦いは9月15日である、勝敗はその日に決まった
西軍の大津城攻撃の大軍は関ヶ原には間に合わなかったことになった
関ヶ原の勝敗が決まって、家康は京極高次に小浜8万石を与えた
もちろん密約があった
ただ(ひょっとしたら)もう1日でも2日でも開城がおくれていれば・・近江一国の大名になっていたかもしれない

京極家は室町時代は数国の守護でもあった
北近江の守護でもあったが、が戦国期は既に浅井家に国を奪われていた
高次の母は浅井長政の姉であった
本能寺の変では明智方にあった
秀吉に許されて秀吉に仕えた
浅井長政の二女初(はつ)を正室に迎えた
もともと高次と初は従妹同士であった

豊臣家は長女茶々(淀)、東軍の家康の長男秀忠の正室は初の妹三女の江(ごう)であった
西軍とも東軍とも血縁や姻戚の間柄だったのだ
浅井三姉妹は浅井家の血と織田家の血を豊臣家と徳川家につないでいる
並んで京極家とも姉妹の間柄である
浅井長政の子や孫たちの戦いだったと見ることも可能だ
その中の京極高次である

京極家は若狭の小浜へ行き、大津城は廃城となった
南近江の領地支配は瀬田唐橋に近い膳所に城が新しく普請されることとなる
そのことにかかわらず琵琶湖大津の戦略的価値はそのまま引き継がれる
大津は京に隣して東海道の最大の宿場町になっていくのである

結局、浅井家の血は大阪(秀頼)と江戸(家光)へ別れ、15年後の大坂の陣の決着につながっていく
京極家は、四国丸亀藩6万石で明治を迎える事となる
関ヶ原の後のことは皆さんの知ってる通りである
鯵庵(9.3)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-03 08:11 | 都市 | Comments(0)

b0355451_08283917.jpg
(続)日本は土木国家である・・から続く

そんなことできるのは軍隊しかない?
だが、日本の自衛隊にそんなことさせることは出来ない
警察も消防もよく働く、一方人命救助が終わったら自衛隊は帰れと言われる
唯一危機管理の能力を持っているのに・・
後に残ったのは陸の孤島である
それからちまちまと災害復旧の調査をして、割り振りを決めて、設計をして見積もりをして、国の査定を受けて、予算措置をして、地元業者をよんで入札して、入札の調査をしてそれで契約する
そんなときの入札すら既定の平和ボケのままである
国も県も市も町も村も自分らの範囲で同じことをしている
でも、平和国家日本は土木で国土を守る土木国家なのである

日本は災害国である、少なくともそれに関しては十分な国力を持っている
自衛隊以外に自衛隊に匹敵する力を持っていて国土を守れるのはゼネコンだけである
長いこと民(みん)の中に国が培ってきたものである
今ゼネコンを働かすべきである
テレビで見れる範囲では地元の重機はいつも活躍しているように見える
しかし、(見る人が見れば)そんな時ですら空を切っている
人命救助に一番もどかしさを感じるときである
いい指揮者がいないからどうしたらいいのか分からない
それどころかテレビ局が行けないところこそ悲惨なのである
全てがそうだ、十分の一の能力も発揮できていない
被害は人命だけではない、作物被害の話にもなる
農協・漁協もこんな時こそ汗をかけ

日本には危機管理は育たないと言われる
少なくとも危機管理は平常心の訓練で出来るものではない
地元の土建屋しか相手にしたことのない地方の市長や町長に指揮を任せていては速やかな復旧は出来ない
いかな大都市でも同じことである
ともかく持ってるものを皆使うことだと皆が言うことだ
国土を守ることは国を守ることと同じなのだ・・
と思うことがあれから数年たった今も九州や各地でも同じことが起きてい
る鯵庵(29.8.9)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-09 08:25 | 都市 | Comments(0)

b0355451_20000346.jpg
雨乞いしてるうちはよかったけどいったん降りだすと死者が出る
畑に一雨欲しいと毎日言うてた当方(うち)のばあーさんがテレビを見ながら愚痴っている
皆、口々に何十年の人生で初めての雨だという
数年前の紀伊半島でも豪雨があった
あの辺り大台ヶ原は屋久島に次いで降雨量が多い、年間8000ミリも降った年があるくらいだ
その雨の多さになれた筈の紀伊半島南半分が孤立するほどの災害があった
一番先は人命救助であるのは当然であるが、それにしてもテレビを見ていてもどかしい思いをした
孤立した山麓の集落を救助することは難しい
空から海から救助に向かうのはいいが、結局は道がない、橋が落ちている
重機だとか大量の人員や資材、物資を送りこめない
救援はそのまま復旧なのだ

地域に入るための国道は2、3本しかない
それも山を越え川沿いに谷を跨ぎ延々と続く
例えば3方向からそれぞれ100台のトラックに人員と医者を乗せ大小の重機を乗せ、100台のダンプトラックと鋼材を積んだ100台のトレーラを従えて・・
国道と言ってもそれも通らない
だからこそ仮設の橋を架け、道を削りながら、場合によっては野営をしながら・・3方向から進むべきである
今回こそは道路や橋を戦場のように進む機動部隊を送るべきであると信じた
が、土砂で埋まった川にテレビカメラを据えて監視するだけである
日本は山国である、しかし、何のことはない、所詮紀伊半島は国土の軸の外であったと思わされた
(この項続く)
(29.8.8改)鯵庵




[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-08 15:25 | 都市 | Comments(0)


b0355451_10091671.jpg
蹴上の琵琶湖疎水にある田辺朔郎博士の銅像
20代の若き土木技師である。
土木技術は市民のための技術だということを身をもって実践した人である
技術者は偉人でなくともいいが恩人と言われる人になるのが市民文明に携わる技術者の使命である
土木工学のことをシビルエンジニァリングという
琵琶湖疎水の工事はこの牛車の通行を見ながらの工事だったのである

京都の恩人田辺博士には見えていたのではないか?
車両を安全に走らすには軌道が必要である
水力から電力を生む
土木工事は人力に頼らざるを得ないとしても、人を運ぶのに人力の時代は終わっている
まだ自動車はないわけである
鉄軌道である。
電車を走らすことにしたその発想の下地はこの車石文化(軌道文化)だったと言えばあなたはどう思いますか

この電気と言う動力のお陰で、京都は錆びない、滅びない古都(観光都市ではない、近代日本で最初の工業・商業都市)になり得たのである
彼だけではないとしても多くの恩人の一人である
多くの歴史を包含する重厚な地層を持つ京都の文化がある
その地層が地面にあらわに出てきて今の京都がある
そのことの恩人であるからだ

戦後に国際観光都市の仮面をかぶってしまったため
近代化都市として京都を語る機会が少なくなっている
都市のありかたを考えるのが政治と都市土木技術である
今年は明治150年、今も日本は土木国家の筈なのである

大津から京へ入る道のシリーズは一応今回で終える
鯵庵(8.4)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-04 07:13 | 都市 | Comments(1)

日本は土木国家である

b0355451_20155621.jpg
災害は忘れるまもなくやってくるという
しかし毎回いつでも初めてのことである
巨大な災害などが起こると平和理論で右往左往ばかりすることになる
それを、危機管理と言うが、起こらなければわからないのも災害である
想定外が危機管理とも言える

日常の警察力や消防力だけで対応できるものではないので、
自治体の要請に基づく自衛隊の災害派遣となる
自衛隊には必ず兵站(へいたん)部隊がいる、自前で完結できる力がある
物資の輸送が途切れたりしたとき行政組織の応援部隊は無力化する恐れがある
役に立つボランティアだけに機嫌よく働いてもらうための訓練が出来てる自治体はない
応援の医者だって食事も睡眠も出来なければ病気になる

災害復旧には三つの力がいると思う
一つは初期対応の専門家集団、ただ知事・市長だけでは心もとない
二つは警察・消防・保健・医療の機動力である、自衛隊はこれを手助けしていることになる
三つ目は土木力である
我が国は元来災害の多い国である、それでも国土の維持は民間の土木力に頼ってきた
九州は台風などの災害復旧に慣れた小さな業者が多いのは良い点だが、だがそれでは機械力も資材も足らない、一番足らないのが指揮力である
このところ十数年、政治と国民が公共事業とゼネコンを苛め抜いたためにゼネコンは動かない
ゼネコンを働かせることを提案できる代議士や首長は既に脛に傷を持っている
その間にゼネコンの技術も下請け関係もぎくしゃく錆び付きかけている

今はゼネコンも利益率の低い公共事業や自治体の仕事は見向きもしない
政府は今回も大規模な災害復旧補正予算を組んだ
しかし、危機管理も災害復旧も景気刺激もスピードが全てである
なのにまた、緊急な大規模復旧工事に着手出来るには数年かかると言われる
その足を引っ張っているのが発注者・契約者である行政そのものなのだ
人と技術と膨大な工事費の立て替えを出来るのは土木をになってきたゼネコンである
唯一、近代国家になってもずっと民間の中に培ってきた国力なのだ
ゼネコンの資金ではない、国土を守ることのできる土木の技こそなのだ

こんな時には国にも各地にも傑出した政治家が存在することを祈るだけなのだ
写真は眠れるカバ、しかし強大なパワーの持ち主である
鯵庵(29.8.2改)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-02 10:53 | 都市 | Comments(0)


b0355451_17541281.jpg
市役所本庁舎前の大きなヒマラヤスギが切られた
昨日仕事帰り見たら一本足らない
祇園祭の山鉾巡行の時にもこのあたりうろうろしていたが
その時は市役所の景観を作って堂々とあった
祭の終わるのを待っていたのだろうか
祇園祭はまだまだ続くが、誰も市役所前などに行かない
これを後の祭りというのだろうか
だけど市役所は市役所の建物は市民の財産だと言ってきたのではないか
庁舎の工事にこの前からかかっていたからその為だろうと思われるが
見る角度によっては寺町通り古い建物が丸見えだ
庁舎の立派さに負けず形も美しかったのに
旧庁舎の京都市役所の景観は残るみたいだと思っていたら
樹木のことまでは考えてなかったようだ
たしかに他にもヒマラヤスギの大木は沢山ある
区の誇りの木にまで指定されている大木の命と今回は中京の市民の気持ちが犠牲になったということか
そういうのは小生にこの木の魂の行く先の情報がないからでもある
今までの働きに値する第2の人生(働き)があるのかも
ひょっとしたら皆知っていたのだろうか
市役所の中にも誇りを作ろうという人と仕方なければ切ろうという人がいることが分かった
ここまでの大木になれば我らの人生にもかぶってくるところもある
実際は我々以上に、京都市役所の緑と命のシンボルであった
建築物の命だけ考える人には分からないかもしれない
京都市が「景観」を言う時はいつもちぐはぐだ
観光客と観光業者ばかりで市民の気持ちなど考えたことないって
一本で終わりだろうな・・???
隣の木も切るのだろうか???
鯵庵(7.26)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-26 09:00 | 都市 | Comments(0)


明治になって陸上の乗り物の文化が先進諸国から入ってきた
その最たるものが蒸気機関車である
蒸気機関は日本でも明治と言う時代を象徴する文化になる
一方、明治の和風文化は"人力車(じんりきしゃ)"と言う奇態(きたい)な乗り物を発明した
奇態というのは人が動力となって人を乗せて走ることである

こんな発想はヨーロッパやアメリカにもなく、これを見て欧米人は驚いたと言う
本来なら馬車である、が、まさに和風文化である
お抱え駕籠かきの延長である

明治維新は身分制度のご一新でもあった、人力車では揺り戻しでもある
明治も半ばになって学習院小学校の校長をしていた乃木希典が華族の子弟が人力車で学校に通うのを戒めたという

それよりもそれから百数十年たって、観光都市京都にまた人力車が走る
いっそ牛車にすればよかったのにと思ったりする
逆しまなことと、思っていたらテレビでもやっていた

特に苦情もないらしい
グローバルとかインバウンドとかゲストハウスなどなどカタカナで言い出すと奇態な業者が活躍しだす

京都も今、改めて文明開化の時代を迎えている

けったいな街に変貌しようとしている


人力車の原型も牛車にある?・・だが、軌道文化ではない

文明はエンジンというものを開発したのにと思う
それはさておき・・その当時の京都は人力車などに見向きもせず、軌道文化しかも、蒸気を越え一気に電力に走った
それは琵琶湖疏水の賜物であった
公共の事業というものはそういうものであった
そのころの文明というものは、政治家に科学者にもましてや庶民になどとてもやないけど見えるものではなかったのだ


この項続く
鰺庵(7.5)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-05 11:20 | 都市 | Comments(0)


b0355451_08462393.jpg
契約中の客に迷惑電話をかける神経が理解できない
家にも、めったにかかってこない小生の携帯にもよくかかってくる電話なのだ
光回線だ・・いつまでたっても客の拡大に明け暮れている
それは仕方ないが、すでに契約済みの人に新しいサービスを勧めているのだ

「既に契約してます」というと「契約者にお得なサービスのご案内をしている」という
「もうそれは結構です」というと、その「不要な理由はどういうことか」と聞き返してくる
(これは迷惑電話ではない、どこで何を聞いたか知らないが、こんないい話に乗らないあなたは馬鹿だ)と言いたげだ
こっちははっきり言って、(いかな大会社でもこれ以上の深い付き合いはしたくない)の一点なのだ
毎回こういうセールスに乗せられてここまできたが、結局乗り替えごとに損をしている
が、契約が長期間になればもっと損をする
日本を代表する大会社にしては、商売の王道から外れている

しかも、新しいサービスというのはマンション暮らしのサービのようだ
通信業の本業から離れてしまっている
たとえ、本当にいいサービスであっても通信会社の思惑は契約者の囲い込みだろう
また、新たな思惑違いのトラブルのネタになるだけだ
世間に苦情が広まらないうちに契約してしまいたいのが本音だろう
通信事業者の契約者に対する一番のサービスは値下げだろう
あれほどの店舗を抱えても多くの会社が空前の利益を上げているのだ
多くの家庭が家計の支出の内、通信費が税金を超えてしまっている
そのことの異常さが今の世の異常さなのだ

毎日休みなく電話をかけるのも仕事だろうけど・・
出来れば、最後まで恨み言も聞けるような仕事をするべきである
そうでなければ自分が何をしてるのか最後まで分からない
その時はまた新しいものを売りこんでいるってというのでは虚職である
通信業は虚業になってはいけない業種だ
ずっと昔の電電公社の民営化の痛いつけを国民が払っているようにも思えたりもする
鯵庵(6.29)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-29 19:00 | 都市 | Comments(2)

逢坂山の関跡の休憩所で見た車石の図を簡単にスケッチしました
一つの石は30センチ掛ける60セントほどで厚みも20センチ以上
これを車輪の幅に合うよう2列に並べたものである
別の文献によると軌道の幅は4尺5寸(136.3センチ)
溝は半円形に穿ったものや牛車の通行で自然に出来たものもあるらしい
石材の違いによる?
江戸時代中期これを大津から三条大橋まで約10キロ、5、6万個も敷き詰めたものである
b0355451_17051111.jpg
舗道は古代ギリシャやローマでも当然のように文明の象徴でもある
舗道の厚みは日本の現代の車道と同規模だも言われる
ある研究者によると、文明国でありながらわが国の江戸期は舗道の文化が発展しなかった
それは日本人は昔から牛や馬を去勢して使うのを好まなかった
馬は何とか調教によって使いこなせるが、力は強いが牛は使いにくかった
牛車の牛が大暴れするのを平安時代の昔から経験している
だから都市では馬や牛を使う交通手段は危険なものとして禁じられていたことによる、とある
乗り物は駕籠であり、荷物は大八車である
ほぼ人力に頼る交通文化だったといわれる
それが舗道(ペーブメント)が発達しなかった理由だということだ
この項続く
鯵庵(6.25)




[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-25 17:23 | 都市 | Comments(0)

京都のカラス

お巡りさんが何人も出てきている
子供達は通行止めだ
何んとカラスが通行人を襲った
その加害者がまだ電柱の上から下を見ている
真昼間の犯罪である
カラスは雑食で賢い
田舎でも都会でもはびこった
だが、人を襲うのは余り聞かなかった
鴨川近辺ではトビが弁当を狙って急降下してくる
カラスも周りにいる
が急降下の芸はないながら、賢いカラスがそれを真似たのかもしれない
立ち食い人種が増えてカラスが学習したのかもしれない
しかし、餌を襲うのと人を襲うのとではまるっきり違う

京都では今年はまともにツバメを見ていない
関係しているかもしれない
ツバメにとってはカラスはもともと天敵である
人間を恐れないカラスがいたらツバメも巣を守るすべはない
お巡りさんが今はカラスを見張っているが、武器はない
そこまで来たら、人がツバメを守ってやれなくなっているということだ

カラスだって人を恐れていた
悪いことをするとしても人の目を盗んでである
カラスもここで生きてるわけだから・・
人間社会のルールを守れる限りは許される場合もある
生存のための動物の進化は人間の比ではない
世代交代が進めば、やがて人を襲う遺伝子を持ったカラスがはびこるだろう
人の目を盗むのと人を襲うのには大きな隔たりがある
夕方遅くまで鳴いている声は不気味であるが・・
多くの人がその違いに気づくのにはまだ間があるかもしれない
カラスに限らず、必ずこんな風にした人間がいる
京都もやがてカラスの街になろうとしている?
鯵庵(6.20)







[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-20 06:33 | 都市 | Comments(0)