<   2016年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

黄檗山萬福寺・無常迅速

京都からこの頃外国人で混むJR奈良線に乗る
伏見稲荷が人気らしい、多くの人が降りる
幸運なことに黄檗(おうばく)まで行く人は少ない、黄檗には萬福寺がある
江戸時代に中国から来た隠元が開いた禅宗寺院である
建築だけでなく今も修行や読経には中国風を残しているといわれる
回廊に掲げられた大きな魚板が看板である、開ばんと言う(ばんの字は木偏に邦と言う字を書く)
その他にも数か所巡照板が下げられていた、これも寺での日常の合図に使う、
説明書きには朝夕起床・就寝の合図にこれを打って一山の僧が唱えるとある
謹んで大衆に白す
生死事大にして
無常は迅速なり
各々宜しく覚醒すべし
謹んで放逸する事勿れ

これが5行で書かれているので板の真ん中が窪んですり減っている
その字こそ「無常迅速」(うーじゃんしんそ)である
人生は短く、思いがけずに早くに死が訪れるかもしれない・・と言うことだろう
しかし、どうすればいいのだろうか
無常迅速、時、人を待たず・・と言うのも禅語にはある
早く言ってほしかったナァ、今になって、そう言われても小生も困っている
今日は、数十人の一団が作務衣を着せられ修行に取り組んでいた
黒い靴が下駄箱に並べられていた、会社の研修だろう、今なら真冬よりは楽かもしれない
萬福寺では修行僧は通路の真ん中を歩くことは出来ないと聞いた、両側をきちっと並んで歩く
真ん中や先頭を歩くことが出来なければ、
せめて、道を歩くときは人の邪魔をしないように教えてやってほしい、と思った
この内何人今日の道を歩いて行けるのだろうか?
セミの声も無常迅速と聞こえたら研修の成果あり?
もちろんこの時期研修中のサラリーマン諸君に応援している
写真は件の巡照板
鯵庵(7.31)
b0355451_08471783.jpg


by ajiankyoto | 2016-07-31 08:15 | Comments(2)

b0355451_17563370.jpg
京都の餃子が売りの中華屋でラーメンセットを頼むと、ラーメンに焼き飯と餃子がついてくる
焼き飯が来てラーメンが来る、しばらくして餃子が来ることが多い
調理時間の差だろう、だけど時たま餃子が先に来る
どちらにしても大した時間差がなければ味わえる

少し前にA市で「ラーメン餃子事件」というのがあった
餃子を先にと注文したのに、ラーメン食い終わるまで餃子が出てこない
ということで店に絡んで居座った、警察が出てくる騒動となった
やはりラーメンと餃子だけなら餃子が先だろうと小生も思う
当たり前なんだがラーメンは注文ごとに一杯ずつ作る
餃子の遅い〇〇では勢いがないが、作り置きはほどほどにしなければならない
この業界の常識としては同時に提供するのが本来であるとも言うが・・
だから定食と言わなくてセットと言うと友人が語っていたのを思い出した
そんな場合、餃子を先に頼んで頃合いを見てラーメンを頼むのが客の作法だとも言う
だから、餃子を先にと言ったと言うが、店は聞いてないという
おそらくこの店ではそういう注文には応じないつもりなんだろう
ビールを飲むような人は心得ているとも言う
大層に言えば順番にこだわるのもアイデンティティ?だと思う

餃子を焼くことはそう難しいことではないが、タイミングよく提供するにはそれなりの知恵がいる
この頃は若手が任されていたりする
注文の予見が出来ないし、出来ても勝手が出来ない
せかすとあわてて生焼けが来たりする
早めに仰山焼いて怒られた経験があるのだろう、注文がある程度揃うまで焼き始めない奴がいる
そんなことを見ると、餃子の管理は店長がするべきものだと思った
従業員としての心理を考えれば、これからも早くなることはない
この頃、餃子を頼むと「出来た順番にお出ししていいですか」とすかさず有無を言わさず断るようになっている
それは違うと思うのだが・・そもそも出来るんじゃなくて作るんじゃろが
店で出来ることは焼き加減とタイミングだけである
店長さん、私の店じゃないですよ、あなたの店ですよ
写真はオニユリと私
鯵庵(7.30)


by ajiankyoto | 2016-07-30 06:59 | Comments(0)

b0355451_19425036.jpg
「本当にもてたいなら」という話のついでにもう一つ
男は自分が持っている身体的・生物学的優位をもっと理解するべきだというのがスーパー女史の話
〝優位を理解したときにいたわりの気持ちが出る人とあるいはいじめる気持ちになる人に分れる″という
その間はないという
自然にいたわりの気持ちを持てる人は極めて少なく、たとえ優しそうに見える男でも精々1割だというのが女史の論である
またそんな貴重な〝いたわりの気持ちを上手く理解できない女性が必ず増えてくるのが歴史″だという
だから結局"女をいじめる男”と″男を信用しない女”との組み合わせになる

その中でも女性が男性に感じる魅力は三つあるという・・腕力と、性力と、経済力だという
心の中で女性は腕力と経済力は人並ほどほどでいいと思っている
女性が幸せを感じえるのは唯一その男性の持つ"性力”だという
・・性力とは?〝皆さんもうちょっと深く考えてください″と女史は言う
精力絶倫の精力は腕力の部であるが、確かに精力も性力に含まれる
男性と女性との性差という方が近い
その性差を感じさせる力だという
例えば乙女の頃に初恋の相手に感じたのが性力の初め?
異性に感じさせる生物的本能でありながら、
肉体が成熟するとともに動物的性欲(もしくわ行為)が勝ってしまう、その過程で、意識せずに捨てて来たものだという・・

小生思う・・腕力とか経済力とかと別のものというのが救いだね、それなら小生にも可能性がある
下世話に言うあれだね、″色男金と力は無きにけり・・” 
ひょっとしたら・・あるいは″失楽園”?
それは男性に言っているようであるが、キッチリ女性に対しての応援でもあるような気がする
女性はいつまでも乙女心の芯を持っている
ならば女性もせいぜい枯れないでほしい
女性の性力を感じられたら枯れかけた男の本性が思いだせるかも???
もてたいのは男の本能である
前段の”三つのチ”よりは女性の本音に近いかなと思った次第である

写真はそういうことでジョロウグモ
鯵庵(7.29)
本当にもてたいなら・・はここをクリック


by ajiankyoto | 2016-07-29 07:53 | Comments(0)

日本一稲荷社のご利益⑵

b0355451_06442478.jpg
この頃JR奈良線稲荷駅の混雑が異常である
何故かここ数年、外国人観光客の人気第一にあげられている伏見稲荷大社
何よりもご利益(ごりやくと読みます・・)がスーパーなのだと思う
しかも年中無休24時間営業、拝観料が要らないのサービス精神が人気の理由だと述べているものもある
そのせいかアジアの大国からの観光客も増えた
神仏混淆の歴史を持つ、神仏分離後官幣大社となる
もちろん全国稲荷神社の総本社でもある、お正月初詣でも京都一である

ただ、祭りの日でもない平日であってもここに降り立つと大変な喧騒の中に放り込まれる
外国人の家族連れが多い、何でも歩きながらの立ち食いだ
大きなカメラで記念写真の取り合いばかりである
未開の国に旅行(経験はないが)しているみたいだ
そこらじゅうが雑で不潔で騒がしくて、その上得意の我が物顔
世界を支配しようという大国の意気込みがぶつかっている
しかもそれに参道の食堂や出店などが一生懸命媚びを売っている
日本の神々はいつも門前の賑わいを微笑ましく思ってるはずだと思いつつも・・

日本の神は整然・清浄・静寂の中に存在する
神に姿はなく、我々に祈りがなくては見えない
精進あるものにのみ神のご加護がある
門前ではそんな言葉が虚しく感じられる
「なにゆうてんのん、”おこしやす”とゆうてるのはあんたの方やんか、キィー」(外国語をあの辺の言葉に訳しました)と言う声が聞こえてきそうだ
おこしやすと言うてるのは神様なのだろうか、参道の商売人なのだろうか、市長なのか、市民はまさか?・・誰が言ってるのかはっきりしてほしいと言いたくなる

ご利益安売りの神社が増えてきた、だが京都の祖霊の稲荷神社では市民はつらい
もともと言いなり神社だって??そんな失礼なこと小生は言わない
出入り自由で真夜中でもお参りできます、稲荷大社は稲荷山全体がご神体で特に心の広い神社です
それが裏目で・・その内、ポケモン何とかの騒ぎにも侵略されるでしょうね
外国人旅行者×ポケモンゲームの破壊力は想像を超えるでしょうね
見えないけれど神はいる、それを忘れると、その時はいつか神様も怒りそうで・・怖い
ご利益の大きさは神の力の大きさの筈ですから
″日本の神は怒らない″と学んできた人たちが今京都にたくさん来ている
異様な町京都です
京都に暮らしていて京都に暮らしていることが嫌になる一瞬です
写真は稲荷社
鯵庵(7.28)


by ajiankyoto | 2016-07-28 06:54 | Comments(0)

日本一稲荷社のご利益⑴

b0355451_20574256.jpg
京都から木津(~奈良)を結ぶ線をJR奈良線と言う
実は京都から稲荷(いなり)駅までは旧東海道線であった
東海道線が大正10年に現在のルートになるまで、稲荷駅から稲荷山の裾をぐるっと回って山科勧修寺(かんしゅうじ)方面へ出ていた
と言うことで「稲荷」駅は明治12年開業の歴史のある駅である
その目の前にあるのが京に都が来る前からある伏見稲荷である
鳥居前が大整備されて駅からそのまま上げっていける
駅が出来た当時は官幣大社稲荷神社であった、と言うことで駅名も稲荷と定められた

元山城盆地の大豪族秦(はた)氏の本拠地であった
平安京の時代になって、この地は京の東縁に連なり深草(ふかくさ)と呼ばれていた
「うずらの里」と言われていたとある
時代が下って明治・大正は深草村であったが、昭和6年に京都市に編入された
その時に元城下町伏見市と一緒になって伏見区と名乗った訳である
戦後になって、社名を伏見稲荷神社とした
既に伏見区だったから伏見を冠したが、深草の地にあった由緒からいえばどうしようもない寂しさがあるようである
今でも伏見区と言うと人口・広さともに全国有数の区であり、分区の話がいつも出る
仮に分区すればこの地が伏見を名乗ることはない
稲荷山は東山連峰の名峰である
京都と伏見とは別の歴史を持つ街であり、深草も伏見とは別の生い立ちの町なのである

とすれば、困るのは伏見稲荷である
これほど有名になった名前を変えるわけにはいかんやろうね
当時の東海道線が稲荷山をぐるっと回って山科に出ていたのは京都の地形を知ると納得出来るような気もする
深草の少将が小野小町を訪ねた伝説のルートであり、
自説ではあるが大石内蔵助が山科から伏見の町はずれ橦木町(しゅもくちょう)の遊所に通った街道といえば理解しやすいかもしれない
今は名神高速道路が通っている
国鉄開業当時の稲荷駅のランプ小屋が鉄道記念物で近代化産業遺産(H20)にも指定されている
もう一つ、この地がうずらの里と言われていたのを知れば
ここ門前の名物が″うずらの焼き鳥”であることも残していかなければならないかもしれない
(この項続く)
写真は義経号
鯵庵(7.27)


by ajiankyoto | 2016-07-27 07:43 | Comments(0)

本当にもてたいのなら

b0355451_07271971.jpg
鞍馬天狗は大仏次郎の幕末小説のヒーローである
劇画とインチキ大河ドラマになれた我々には少し少年ポイところがあるような気がするが、極めてリベラルな侍である
京都の映画は鞍馬天狗と他にも丹下左膳が爽快である
ともに目元清(すず)しき・・侍である
30~40代の男を見るときは目元を見ればわかるという例えでもある

異性、特に男は女にモテたいのは動物としての悲しい性
工夫はするがモテたことのないのも厳しい現実
モテない男がこの社会で男を張っていくのは〝しんどく″なったのではないかと思っている
芸能人か金持ちにしか男を感じられない女性にも困る
男性も女性も〝自分の人生″に興味を持たなくなっている
特に仕事を持っている男にとっては毎日が違う舞台だから・・
出来れば舞台の上の男も見てやって下さい、お姫様・・?
それより、まず、下手な芝居も出来ないようでは、早く舞台から降りた方がいいと言う人もいる

そこで、女性にモテる男性になるための講義を受けてきた
一に芝居気があること
その上で大事なのが「知」と「稚」と「痴」の三つのチという
「頭が悪いのはノー、賢いと言っても年寄じみた考えたかで生きている人もノー、いざというときに気弱なのもノー」・・逆に言えば、知的であること、夢を持っていること、したたかなこと、「この三つの成分が適当に配分されると男の匂いを感じる」・・と言った女史がいる
確かに歴史小説の英雄的主人公は大体このセオリーにあっています
ブツブツ言いながら何もしない脂ぎった顔をした老人の反対だと思えばいい??
ごもっとも、しかし今更どちらにもなれそうにないのが小生
鞍馬天狗を思い出した
しかしいくら憧れていたとて今からでは鞍馬天狗は出来ない
残念ながら20年は遅かったですね、と慰められた
ともかく、自分を演じられないようではダメ
男は40代になるときが境目だね、それからもてるのが本当
子供のままではもてないよ、これからも男を磨くなら"三つのチ”試してみたら・・
写真はコガネグモ(※「昆虫エクスプローラー」で調べさせてもらいました)
鯵庵(7.26)


by ajiankyoto | 2016-07-26 07:26 | Comments(0)

あおっぱな物語

b0355451_20130062.jpg
子供の頃の遊びは色々あった、単純だけど知恵はあった
皆が貧しい時代だった、教育も満足ではなかったが、何より食べるものも豊かではなかった
青い塩辛い鼻汁を覚えてる?透明な水っぽい鼻水ではない、味のある“はな”なんです
親が編んでくれた毛糸のセーターの袖がはなをこすり付けてテカテカだった
″あおっぱな”は栄養に問題があったなどという学者がいるが、学者でなくともそんなことわかってる
当時栄養に問題のない子など我々の近くにはいなかった

子供の遊びに関しては貧乏も栄養も関係ない
要は遊びにも飢えていた
後は知恵とリーダーの存在だった
今と違うのは仲間に飢えていた、独り遊びでは、限界がある
そもそも独りではリーダーになれない、三人寄れば一つの軍であると、三国志でも言っている
子供の頃、体は大きいが同じく〝あおっぱな″を垂れた餓鬼大将がいた
遊ぶことを真剣に考えた結果、自ずとそのガキ大将にみなついていったのである
遊ぶという同じ目的の元に集合して、より楽しくするための仕掛けである
それがガキ仲間のリーダーだった
ついていったからとて不足はないし、工夫次第ではいつでもリーダーにはなれる・・わけである
それは、遊びだからでもある。

蛇足ながら、そう思えば「リーダーシップ」という言葉も曖昧だ
時々事業に成功したカリスマ風経営者にリーダーシップが云々などというが・・
成功とは不遜にして強引な力技であり、かつ強運を持ち合わせて始めて叶うものであろう
リーダーとして仲間を楽しませてやる豊かな精神性とは少し方向が違う
カリスマ性は認めるが必ずしもいいリーダーだったとは限らない
あおっぱなガキ大将とは違うものだと思う
何処へ行った!!あおっぱなガキ大将!
我らの子の頃には間に合わなかった、せめて孫のためにも一度登場してくれないか!
写真はあおっぱな地蔵?
鯵庵(7.25)

by ajiankyoto | 2016-07-25 06:53 | Comments(0)

b0355451_18080376.jpg

庶民が立派な石の墓を持てるというのはそんなに古い話ではない
それなのに田舎の墓を打ち捨てて都会に新しい墓を建てだした
俄然霊園墓地(れいえんぼち)などが売れ出した
それは今でも続いている
墓参りはしたいが田舎に帰るのは嫌な人もいる
自分の代の墓が欲しいという人もいる
田舎から都市への人口の移動に伴ってのものである
新たな都市住民(移民)としての証(あかし)を求めているようでもある
墓のあるところが故郷だというのも分かる
しかしながら、これからの家の寿命は墓石の寿命に比べて短すぎる
成功の証にしても立派すぎる

ある墓地の宣伝で、〝自分のお墓のないことははかないことです″と言うのがあった
ジョークにしてはインパクトがある名文句だと思う
今、家の墓あり80%、が自分の墓無し15%、残り5%がその他・・らしい
変な100分率であるが・・小生の友人が言うのは間違いなくこの10~20年で〝その他″が5%から20%になるという
何故なら墓を持っている人もさることながら、これからは自分で自分の(死後の)形を決めることになってくると言うのがその根拠である
しかも、これから10・20年は団塊の世代の動向に左右される
これからは何々家の墓と墓名が書いてあるのが虚しくなる
〝自分の墓を守りしてくれる人がいないことの方が本当にはかない″ことだと言うのが、彼の話である。
彼とは、京都市内のお寺の副住職をしながら教団の本部にも詰めている
以前、互いに放課後、書道教室に通っていた時に長く机を並べた
今まだ副住職のままであるが卒塔婆も書くが、庭作りも上手になったと言っている
若手の僧侶たちにはこれからの葬儀と経営のあり方が一番の関心事であるのは当然だ
その彼も、檀家の変化について行けるか不安である、と言う
死に方は自分で決められないけど、自分の骨が納まる形を決めておく必要はある
それが終活の最初である、そうでなければそれまでの生き方も決まらない
自分の残された生き方を決めるのが終活だ
と言う
将来住職を継ぐまでの説教には使えそうな話やなぁとは言うておいた
墓もさることながら生きている人を大事にできる住職になれそうな気がする
写真はシオカラトンボ
鯵庵(7.24)
樹木葬①樹木葬もいいいのでは・・はここをクリック
樹木葬②樹木葬は京都ブランドがいい・・はここをクリック

by ajiankyoto | 2016-07-24 06:20 | Comments(0)

b0355451_07473993.jpg
往古、京都に都が出来たころ庶民の多くは自然葬(風葬)であった
現代は都市では人の屍(しかばね)は焼却しなければならない
従って、焼却してからの措置を埋葬(まいそう)と言う、埋葬は墓地でなくてはならない
今の自然葬(しぜんそう)と言えば散骨(さんこつ)のことを言うのが多い
墓地以外のところへの埋葬(散骨)することも、秩序的・衛生的であれば宗教的儀式として許される
ただし、遺骨を細かく砕くなどの配慮が必要である
何よりも、散骨には明確な動機がなければ後ろめたいことになる
そんなことから、自然葬としては散骨より樹木葬(じゅもくそう)が増えそうだ
お寺が墓地として許可を得る、墓石の代わりに樹木をシンボルとする、土中に埋葬するのだから、そのまま現代の法体系に合う方法でもある

小生の長男はいつもたむろしていた円山公園に隣する東大谷で、親鸞の廟の土の一部になった、その代わり毎日、全国から墓参りに来た人が息子の分も祈ってくれる
小生には樹木葬も今始まった話ではない
寺院で観光寺院としてやっていける寺院は少ない
土地を売ったり、幼稚園を経営したり、墓地や駐車場の経営をしている
田舎なら新たに納骨堂を立てて墓地のマンションと言うのもあるが、インターネットで墓参りが出来るなんてついつい世間と同じで無機化しすぎてしまう
それほどの土地も持たない寺院も樹木葬なら墓地の経営は出来る
樹木葬と言うのは合同墓地だから、庭の一角を整備すれば出来る
お寺の庭を墓地として樹木葬を進めていこうというのは有効な戦略だと思う
これからは大きな霊園を作って、石屋ばかりに儲けさせることはない
その気になればお寺そのものが経営出来る手法なのだ

本来は寺の経営の問題と捕らまえるものではない
しかし、各宗派の本山は京都に集中している
拝観謝絶しながらある寺院では既にペットの霊園を営んでいる
本山であってもそれぞれの塔頭寺院は独自の宗教経営をしていかなければならない
それでも合同墓地や樹木葬と言うことになれば新しい檀家(固定客)を持つことと同じである
しかも、拝観謝絶の寺院で(合同)法要に参加できるなら京都観光に優越感を感じることも出来る
それなら息子も娘も孫も来てくれるかもしれないと思えば自分の墓作りに希望が出る
なんたって京都(みやこ)ブランドは有利でもある
京都ブランドが現代の都市移民である世代の役に立つかもしれない言う訳である
写真はシオカラトンボ
鯵庵(7.23)(場合によっては続く)

by ajiankyoto | 2016-07-23 07:08 | Comments(0)

b0355451_11205289.jpg

墓守の仕事に興味を持ったのは、第3の仕事を求めての話であった
実はハローワークを通じて初めての面接だった、樹木葬の企画会社だった、面接の後すぐに丁寧に断られた、1年も前の話である
詮無いながらもそういうことにも勉強させていただいた
埋葬(納骨)の形は様々であるが、ここの遺骨はお寺の庭で手厚く祀られる
大きな石の墓標はないが、寺の中である、本物感?はある、
一番いいことに、墓の行く末(死後の姿)を容易に想像することが出来る
だから、自分用に生前に購入する人が増えている
墓参りもしてもらえない墓が、全国に何十万基とある
我らの世代の次の世代になれば先祖代々の墓はほぼ無縁仏状態になるかも
ならば、負担にならない墓でないと恨まれるということになる
年に何回かは厳かに法要も営んでくれるし、友の会もある
そうでなくとも新しい住人が増えてくることは事実だ
しかも京都の大本山の塔頭である、ブランド志向にも対応できるわけである
それはさておき、もし採用されておれば私の仕事は何だったのかと言うと、
運転手と墓掃除である
古風に言うと墓守(はかもり)だった
小生の自分ことは既に心に決めている
だから、自分の墓の守をしようと言うのではない
京都の寺院型の樹木葬は都市移民の我々の世代にとっていい落ち着きどころになるのではないかと思っている
どのような状態であっても、骨は自然のバクテリアのおかげで数十年で土と水となる
樹木の栄養となってもいいとさえ思えば、死後落ち着ける環境である
樹木の栄養になってもいいとさえ思えば、死ぬまで落ち着けることもある
小生も落ち着いて墓守をしていれば、いい罪滅ぼしになったのにと、今でも残念に思っている

写真はトンボ羽化する
鯵庵(7.22)

(この項続く)

樹木葬②樹木葬は京都ブランドがいい・・はここをクリック

樹木葬③墓があってもはかない・・はここをクリック



by ajiankyoto | 2016-07-22 07:35 | Comments(0)