このブログにふさわしくない点もありますが、
この世とあの世のことです
仏教用語では此岸(しがん)・彼岸(ひがん)と言うのでしょうか
この世のことも説明されないまま、あの世のこと言われても困りますが・・、
この世からあの世は私らには見えてません
この世があるようにあの世があるのではないということは私にもわかります
だが、あの世からこの世がどう見えているかということは分らない

もし、あの世からはこの世があって見たければ見えますよと言われたら、
あの世の私はその後の残した妻のことは別にしても、子や孫の姿は見たいと思います
出来れば家が残っていてほしいです
それは私が本当に凡人だからです
しかし、姿は見えても心は見えません
凡人にはこの世で見えなかったものが見えるはずがありません

仮にですが、あの世からこの世は見えていると教えられたら
私だけでなくこの世の人の生き方は大きく変わっていたと思います
だが先祖が見ているわけでもなし、恨みあるものが見ているわけでもない
しかも、見ているとしても何のシグナルも送って来ないなら同じことです
と、自分で自分にうそぶいてきました
自分が行き詰ってるのは天罰ではなくまさに自分がまねいたことなんです

仮に本当に死んだ父親の今の言葉を本当に聞けたら、

間違いなくその霊媒師には畏怖の念でのめり込みます
本当の父ならきっと生きてる時と違うことを言うと思います

だから先祖の霊だって何もしないなら恐れることはありません
今までどおり生地(ハギレ)のまま生きていけばいいのです
実はあの世から私を見ているのは先祖でもな怨念でもなく恨みでもなく仏の目です
それは自分の目かもしれません
あの世のことは知りません

この世は今もこれからも狂宴つづきです・・今はだから良くも悪くも救われているのです
鯵庵(10.30)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-30 17:43 | 後生 | Comments(0)

般若心経は観音が語る

観音とは〝観自在(かんじざい)菩薩″、観音(かんのん)菩薩、観世音(かんぜおん)菩薩など
唐の国の玄奘三蔵(げんじょうさんぞう・三蔵法師のこと)の訳以降、観自在菩薩との訳が定着しているとのこと
確かに「観自在」というのが観音さんがスーパーであるいわれである
この仏様はその人の苦難に応じて様々な姿に変化(へんげ)を行うと、三十三の化身をして人を救うという
真理は無色無形、観音は全て架空の姿でもあると言われる
だから見ることの出来ない人もおれば・・

見る人によって見え方も違うということなのだろう


b0355451_19533768.jpg

・・・世の中は個人のその人の悲嘆には構ってくれない

無情・無常にもそんなことにかかわらずどんどん時は移って流れていく

自分の人生もほとんどがその流れに乗って笑ったり楽しんだり暮らしたりしている
良いこともするし、苦もなすし悪もなす

これからなお病んだり老いたりするとともに、

拗ねて人に構ってはいられないもう一つの自分がある
罪はとどまらない

しかし、何も知らなくても「般若心経」ならば小生にも馴染みはある
観音さんが主人公でもあるし、何よりもお経の中で一番短いからかもしれない

短くても一番のお経であるのは、このお経は文学であるからだ
釈迦が修行中の自分が考えたことを、自分の弟子で智恵第一の舎利子(しゃりし)に分かりやすく繰り返し語っている
懐疑的な弟子に何度も何度も舎利子よ舎利子よ呼びかけながら・・

そう釈迦が我々に自分のことを語っているわけである
「空(くう)」という一つのことを語りたいため・・の構成である
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五薀皆空度一切苦厄・・・(かんじーざいぼーさーぎょうじんはんにゃーはーらーみーたーじー しょーけんごーうんかいくーどーいっさいくーやく)で始まる270余文字の文学
三蔵法師が中国語に訳したわけだけど、日本読みの音をたどって行けば何となく流れが分かるようにもなっている
音で感じるのもお経
説教なのに説教臭くない、釈迦のまだどこかで完成されない気持ちを表現している
究極の文学であるし、文学ゆえに救いである気がする・・・・

鯵庵(10.28)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-28 07:13 | Comments(0)

払えるしあわせか?

市役所に問い合わせたら
「年金以外の収入の市民税は年金から引くことは出来ません」ということだ
昨年まで収入があったから今年は市民税を払いに行かなければならない
痛いのは健康保険料で、これも去年の収入で決まる
払わなければならないものが先であることは変わりがない
年金で天引きしてくれない配慮に感謝して・・
自動引き落としもしないで毎月現金で払う苦しみを味わっている
年金が入ったら小生が月の生活費を年金口座から下して家内に渡して
家内がその中から同じ信用金庫に振り込みに行く

b0355451_19363005.jpg
見知った若い行員に声をかけられたという
家内「ともかく先に払ってしまわないと落ち着かない」
行員「自動引き落としに出来ますよ」次に「悠悠自適ですね」と言う
件の行員さん性懲りもなく投資信託を勧めてくれる
家内も精一杯「喜んで払いに来たわけじゃない」とジジィ並みに言うた
と言う
それじゃと言って生命保険も勧めてくれる
それでも金利の何倍もする粗品のタオルを貰って帰ってきた
若き担当の行員さん"苦しいといってもまだ預金あるやんか”と言いたそうな顔である
会社人間終わったばかりでちょっとぐらいの定期預金があるのは当たり前じゃ

十数万の車検の見積もりをしてくれた中古屋営業マンにも
もう買い替え時ですね、としつこく言われた
もう年金生活だと言ったら、ここでも「悠悠自適ですね」と言われた
他に言葉知らんのかいな
いや、ひょっとして市役所にも自動車屋にも「喜んで払いなさい」と思われているのだろう
そりゃ分かってるけど払わんでもええなら悠悠自適じゃ
なんとなくオレオレ詐欺が金持年寄りを狙う気持ちが分かってきた
あるところにはある・・鼠小僧気取りだ
盗賊なりにも掟がある「貧しきところからは奪わず」(鬼平犯科帳)だ
年金人間から取ったら盗っ人の掟に反するぞ、と言っておきたい
鯵庵(10.27)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-27 08:39 | Comments(0)

b0355451_07523853.jpg

京都の人は
相手の嫌がることは言わない
でも、言いたいことを言わないのでもないし
阿ることもしない
もちろん
数から言えばそうでない人の方が多い
そうなんだ
京都にも京都の人は少ない
そんなこと
全国どこでも同じなのだ
鯵庵(10.26)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-26 08:13 | Comments(0)

なぜ酒を飲む?

b0355451_08230520.jpg

なぜ酒を飲むのか?
酒などなかった方がいいと思うこともある
酒あっての楽しみもある
メタボ栄養指導では適量は日本酒1合と言われた
いいや、だから蒸留酒の焼酎にしている
家にいても昼は飲まないようにしたい
理屈を言いながら、困ったことにいまだ休肝日を設けられない

子供が酒を飲んだら似合わないし、恐いだろう
ならば、大人ならいいのだろうか?
子供は酔わないが大人は酔うことが出来るからだと思っている
ある小説家が言っていた
”大人になると酒を呑まなくては酔えないからだ”
小生の言いたいことを言ってくれる?
やはり、酔うというのは大人の特権で
”悲しいことに”そのためには酒がなくてはならないことなんだろう

だから、小生重大な決意をしている
酔えなくなったらやめることにしている
・・・
写真は秋のノコンギク、孫娘が摘んできてくれた
鯵庵(10.25)



[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-25 08:29 | Comments(0)

b0355451_07501754.jpg
サラリーマン諸君へ
定年までは辞めてやると言ってはいけない
退職までに家のローンは済ませておこう
それで退職金が残れば、まあ幸せな部類だ
そこまで行けばどんな仕事でも再任用にも応えよう
貴方がまだ現役なら、仕事のあるうちにいい物を買っておこう
これからは一生使うものばかり、買い替えが一番の無駄遣い
携帯電話が微妙だ、今使えない機能はこれからも使えない
機種変更は仕方ないとしても番号やメールアドレスは一生もん
会社の付き合いだと思わずに人にも付き合っていこう
その代わり退職後は同輩・後輩に期待してはいけない
昔の恨みを思い出されたら困るというものだ
会社人生依怙贔屓(えこひいき)、人の恨みも一生もん

大事なことを忘れてた
ここまでもったなら、絶対別れてはいけない
まとわりついてでも一緒にいよう
今の連れ合いが一生もん、死ぬまで大事にしてもらおう
乗り換え、買い替え高くつく
結局年金こそが一生もん
写真は光るレール、2本あってもどこまで行っても交わらない
鯵庵(10.23)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-23 17:52 | Comments(1)

番号をそのままで他社と契約するのを”乗り換え”というらしい
契約した時に「最低2年は使ってください、その分サービスします、その代わり途中で解約すると違約金が発生します」
ただし、2年後の一定の時期に限り解約には違約金は発生しません、これを2年縛りと言う
契約書には「違約金」ではなく「解約金」と書いてます
サービス条件付きの商取引としては常識の枠の中かもしれない
そこまではいいのだよ・・
2年も過ぎればサービスのノルマは果たしたと思っていると、実は2年後には自動継続しているわけである
同じ契約内容で契約を継続したことになっている、それが問題だ

携帯3社ともが2年拘束サービスの損害金として一律に解約金(9,500×1.08)を課してしているのは不自然である
しかも、解約月以外であれば短期であれ長期であれ損害が発生とするというのも不自然である
乗り換えならキャッシュうバックしますし、解約した方がお得ですよと解約金をキャンペーンのネタにするのも不思議な業界だ
解約金イコールキャッシュバックでは、傷つけながら互いに膏薬を塗りあってるようでもある
解約金の取り込み合戦をしているだけのことである、取り込みではなく配分だとも見える
京都には、消費者団体訴訟(NPO京都消費者契約ネットワーク)でずっと3社を訴えて闘ってきた経緯がある
残念ながら「契約」の壁は厚く高く最高裁で上告棄却されたままになっている

b0355451_07355376.jpg
何万円もする機械代を考えると乗り換えも躊躇する、販売する方は「実質0円」にしなければ乗ってこないだろうというのは当たり前だ
値引きやキャッシュバックやいろんな方法があるので「実質0円」という
が、3社とも表面上証拠が上がらないようにしている
総務省の指導は、「実質0円」の原資は通話料だから通話料が高止まりする原因だと言っているが、そこまで分かっているなら指導の方法もある筈だ
通話料には解約金の分配も含まれているはずだ

小生どうせ乗り換えるなら・・と3社以外のSIMカード方式に変えた
何のことはないが、3社が電波をまた貸ししている
20年前阪神淡路大震災の時に携帯電話の威力を知った
ポケベルから昇格してサラリーマンでも持てるようになってそれから勝手に一桁増えたけど番号は一生もので変わっていない
番号さえ変わらなければレガシー(?)は引き継げる
3社のメールアドレスの必要はない時代になっている
家計簿をつけている人は、家庭の通信費の額を足し算してみるといい
税金より多く払っている人もいるだろう
その原資を我々は何処に求めていくのだろう

競争原理が働かないなら電電公社に戻したら
一層のこと田舎の防災無線みたいに市営か町営にしたら・・
写真と本文は関係ない、単に小生のノスタルジーである
鯵庵(10.22)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-22 09:07 | Comments(0)


b0355451_17203199.jpg
時代祭の京都の女についてもう一人語りたい
江戸時代婦人列のことだ
この行列で受けるのは幕末14代将軍家茂に嫁いだ考明天皇の異母妹和宮とややこ踊りの出雲の阿国ぐらいである
歴史(政治史)を知る人にとっては知らない方が不思議な女たちだ

この列には往時の都の庶民が出演するのだから、地味である、簡単に言えば良く分からない
京都の人も知る人が少ないのが、お梶(かぢ)と孫の玉蘭(ぎょくらん)である
お梶というのは5代将軍綱吉の元禄の時代に祇園社(八坂神社)の南門近くに茶店を構えていた
恐らくぼちぼち流行り出したお茶屋であろうか、だが、少女の時から歌をよくやるとして名があった

梶も14、15才で江戸に下ったといわれる
旗本某家の養女になったと指摘する研究家もいる
ただ、嫁いだ先を離縁になり、京都に帰ってきてお茶屋の主に戻ったのではないか
お梶の歌才は際立っていた、全国から歌人や風流人がお梶の歌を訪ねてくる
お梶の出自は不明となっているが、先の研究者はお梶の父は公卿の正親町(おうぎまち)家と推測している
お梶の生活と歌の後ろ盾であった可能性がある
それぐらいの血筋と素養と手ほどきとがなければあれほどの才能は発揮できるはずがないと考えるのが自然である
独身の茶屋の主と言うこと自体が仮の姿だったのだろう
それは歌人としての仮の姿であったろうが、死ぬまで京でこの祇園で生き抜くという本物の京女の形が出来つつあるころの話でもある

今はお梶のことだけしか語る間がないが、そのお茶屋を継いだお梶の養女が百合である
百合は母に負けず歌をよくしたが、祇園に隠棲していた徳山某と一緒になり町を産んだ
徳山某が江戸の徳山家を継ぐことになり身を引いてその後一人で娘の町を育てた
町こそ稀代の貧乏画家池の大雅と一緒になった玉蘭(ぎょくらん)のことである
当時の三人の女の生き方を説くには歌や絵画やに知識不足である
女3代これだけの才女が続いたということがテーマである

ただ、それが、時代祭の行列にふさわしいかどうかが小生にもわからない
時代はイコール歴史ではないし、歴史はイコール政治史でもない
身分いやしきと言われた祇園の茶屋の主が皇女和宮と一緒に行列する違和感はどうしてもなくならない
この列の特色でもある、どうしても解説がいる
ひょっとしたら、お茶屋が建ち始めた祇園の界隈にもこれほどの文化人がおったことを言いたいのかもしれない
時代祭は市民奉仕である、もう少し市民に説明しなければ梶や玉蘭を演ずる人はどんな歩き方をしたらいいのだろうか?と戸惑う筈だ
見物する人は、艶やかな巴を探していると行き過ぎる、江戸時代の都の庶民お梶も見て欲しい
時代祭の行列は10月22日だ、あなたがどう楽しもうとあなたの勝手だ
写真はフジバカマ
鯵庵(28.10.20)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-20 07:41 | おなご編 | Comments(0)


b0355451_09083407.jpg
日本のカレーライスが美味しくなくなった
この頃は全国共通で〇〇屋が幅を利かしている
しゃぶしゃぶカレーで、まずい・・うすい・・味がない、そんな言葉が次々に浮かんでくる
冷凍のカツやメンチを揚げてるだけである
数十年前店を起こした経営者も何でこんなに大きくなったのか分からないと言う
食い物屋とはそんなもんだから、それはいいのだが、おかげで美味しいところが激減した

喫茶店のカレーライスも美味しかった(とこがある)
そば屋のカレーライスも美味しかった(とこがある)
大衆食堂のカレーライスも美味しかった(ところがある)
牛肉屋のカレーライスもあった
カツが美味しい店のカツカレーは美味しかった
昔のデパートの食堂も美味しかった、ハヤシも美味しいものだ

友人はらっきょを食いたくなったらカレーライスを食いたくなるという
しかし、トッピングばかりでらっきょも真っ赤な福神漬けもない
トッピングにしゃぶカレーをかけたらドンブリだ
そうか、だから牛丼屋でカレーライスがあるのか良く分かったと一人うなづく
例えば洋食屋と言ってる店の洋食と言うのは実は和食なのである
ご飯に合うということが和食の条件だ
だからカレーライスは和食であってほしい、ご飯を美味しく食うための料理である

やはりカレーライスは家で食うものだ
美味しいカレーライスが作れたら、それだけで料理の腕は自慢できる
ジャガイモがそのまま入っていても、人参が大きくてもいいではないか
肉だって所詮ダシである、ルーを入れる前の緊張感は愛情深い人の特技である
小生らの小学校家庭科実習では女子と一緒にカレーライスを作った
何故かグリーンピースを買うのが小生の役だった
何でエンドウ豆と言わないのだろうか
買い物係の小生、グリーンピースがどこに売ってるのか分からなかった
今でも子供にはグリーンピースを入れてやるみたいだ
子供や孫と一緒に美味しいカレーライスが家で食べられるのが家族だと思ってください
そうですよ、お母さん
写真はドングリ
鯵庵(10.19)




[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-19 08:26 | Comments(3)

私の林住期?

b0355451_07163083.jpg
林住期とは生きるための仕事からリタイアして、人生とは何かを思考する季節・・・と作家の五木寛之が「百寺巡礼」で書いている
さて、これからは趣味も楽しみたいがどれも中途半端だし、病気にはなりたくないが先のことは分からない
家族のことも同じで、心配の種は尽きないが、いまさら零に戻すことも出来ない
多くの人たちと同じように特別な幸運は望むべくも無いが、いつか帳尻があったら人生“可(よし)”とするか
という気分である
たしかに、過去に誇りたいものもある、しかし、思えば過ちも無いわけではない
いいことだけを思い出すのも楽しいかもしれないけれど、過去を美化していくことは、それも一つの老化現象だと思う
どんな鋭利な頭脳の持ち主も意識しなければ老人化は防げない
いい思い出だけを語るなら、いっそのこと何も語らない方がいい・・のではと思ってしまう
結局今までのもので誇るべきものは何もないが、それでも今までと同じように生きていかねばならない

仕事もないと落ち着かない、社会との付き合いである
何も出来ないが何もしないよりはマシだろう
勿論その程度のことで何か見返りを期待しているのでも無い
いつまでも出来るとは思わないし、もっと何かをするかもしれない
社会の邪魔はしないつもり・・
やらしてもらっている間は世の中への義理も感じるのだが・・
他人に分かってもらわなくとも差し支えはない

この件に関しては未完成につき、予告なく変更する場合があります
写真は柿紅葉
鯵庵(10.18)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-18 07:24 | 往生 | Comments(0)