日本一稲荷社のご利益⑵

b0355451_06442478.jpg
この頃JR奈良線稲荷駅の混雑が異常である
何故かここ数年、外国人観光客の人気第一にあげられている伏見稲荷大社
何よりもご利益(ごりやくと読みます・・)がスーパーなのだと思う
しかも年中無休24時間営業、拝観料が要らないのサービス精神が人気の理由だと述べているものもある
そのせいかアジアの大国からの観光客も増えた
神仏混淆の歴史を持つ、神仏分離後官幣大社となる
もちろん全国稲荷神社の総本社でもある、お正月初詣でも京都一である

ただ、祭りの日でもない平日であってもここに降り立つと大変な喧騒の中に放り込まれる
外国人の家族連れが多い、何でも歩きながらの立ち食いだ
大きなカメラで記念写真の取り合いばかりである
未開の国に旅行(経験はないが)しているみたいだ
そこらじゅうが雑で不潔で騒がしくて、その上得意の我が物顔
世界を支配しようという大国の意気込みがぶつかっている
しかもそれに参道の食堂や出店などが一生懸命媚びを売っている
日本の神々はいつも門前の賑わいを微笑ましく思ってるはずだと思いつつも・・

日本の神は整然・清浄・静寂の中に存在する
神に姿はなく、我々に祈りがなくては見えない
精進あるものにのみ神のご加護がある
門前ではそんな言葉が虚しく感じられる
「なにゆうてんのん、”おこしやす”とゆうてるのはあんたの方やんか、キィー」(外国語をあの辺の言葉に訳しました)と言う声が聞こえてきそうだ
おこしやすと言うてるのは神様なのだろうか、参道の商売人なのだろうか、市長なのか、市民はまさか?・・誰が言ってるのかはっきりしてほしいと言いたくなる

ご利益安売りの神社が増えてきた、だが京都の祖霊の稲荷神社では市民はつらい
もともと言いなり神社だって??そんな失礼なこと小生は言わない
出入り自由で真夜中でもお参りできます、稲荷大社は稲荷山全体がご神体で特に心の広い神社です
外国人旅行者の破壊力は想像を超えるでしょうね
見えないけれど神はいる、それを忘れると、その時はいつか神様も怒りそうで・・怖い
ご利益の大きさは神の力の大きさの筈ですから
″日本の神は怒らない″と学んできた人たちが今京都にたくさん来ている
異様な町京都です
京都に暮らしていて京都に暮らしていることが嫌になる一瞬です
写真は稲荷社
鯵庵(29.7.30改)




[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-30 16:43 | ご利益 | Comments(0)

日本一稲荷社のご利益⑴

b0355451_20574256.jpg
京都から木津(~奈良)を結ぶ線をJR奈良線と言う
実は京都から稲荷(いなり)駅までは旧東海道線であった
東海道線が大正10年に現在のルートになるまで、稲荷駅から稲荷山の裾をぐるっと回って山科勧修寺(かんしゅうじ)方面へ出ていた
と言うことで「稲荷」駅は明治12年開業の歴史のある駅である
その目の前にあるのが京に都が来る前からある伏見稲荷である
鳥居前が大整備されて駅からそのまま上げっていける
駅が出来た当時は官幣大社稲荷神社であった、と言うことで駅名も稲荷と定められた

元山城盆地の大豪族秦(はた)氏の本拠地であった
平安京の時代になって、この地は京の東縁に連なり深草(ふかくさ)と呼ばれていた
「うずらの里」と言われていたとある
時代が下って明治・大正は深草村であったが、昭和6年に京都市に編入された
その時に元城下町伏見市と一緒になって伏見区と名乗った訳である
戦後になって、社名を伏見稲荷神社とした
既に伏見区だったから伏見を冠したが、深草の地にあった由緒からいえばどうしようもない寂しさがあるようである
今でも伏見区と言うと人口・広さともに全国有数の区であり、分区の話がいつも出る
仮に分区すればこの地が伏見を名乗ることはない
稲荷山は東山連峰の名峰である
京都と伏見とは別の歴史を持つ街であり、深草も伏見とは別の生い立ちの町なのである

とすれば、困るのは伏見稲荷である
これほど有名になった名前を変えるわけにはいかんやろうね
当時の東海道線が稲荷山をぐるっと回って山科に出ていたのは京都の地形を知ると納得出来るような気もする
深草の少将が小野小町を訪ねた伝説のルートであり、
自説ではあるが大石内蔵助が山科から伏見の町はずれ橦木町(しゅもくちょう)の遊所に通った街道といえば理解しやすいかもしれない
今は名神高速道路が通っている
国鉄開業当時の稲荷駅のランプ小屋が鉄道記念物で近代化産業遺産(H20)にも指定されている
もう一つ、この地がうずらの里と言われていたのを知れば
ここ門前の名物が″うずらの焼き鳥”であることも残していかなければならないかもしれない
(この項続く)
写真は義経号
鯵庵(29.7.30改

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-29 20:23 | ご利益 | Comments(0)

幸せになりたい


b0355451_08462393.jpg
"自分らしく生きようとしているのに幸せになれないのはどうしてでしょうか"
こんな相談が載っていた
"自分らしく生きていられたら幸せじゃないですか"

こうやって、また嘘を教える人がいる
その通りでもあるが、彼女に理解できる筈がない
自分らしくと言ったって、ファッションのことを言ってるのかもしれないし・・
ひょっとしたらつけまつげのことかもしれないし・・
自分らしさとは自分のために生きることでもないのだよ
そもそも自分らしく生きるという川と幸せになる川とは違う川である
いくら下って行っても違う海に出てしまう

大人になって子供の幸せは求めても得られない
そのくせ子供の幸せが一杯あっても不幸という
分からなければ、自分らしくという幻想を止めることなんだ
優しい言葉でいいから・・特に大事な人には・・
自分らしく生きようとするから幸せになれないと教えてあげるというのが
大人の親切というものである
鯵庵(29.7.27)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-27 18:33 | おなご編 | Comments(0)


b0355451_17541281.jpg
市役所本庁舎前の大きなヒマラヤスギが切られた
昨日仕事帰り見たら一本足らない
祇園祭の山鉾巡行の時にもこのあたりうろうろしていたが
その時は市役所の景観を作って堂々とあった
祭の終わるのを待っていたのだろうか
祇園祭はまだまだ続くが、誰も市役所前などに行かない
これを後の祭りというのだろうか
だけど市役所は市役所の建物は市民の財産だと言ってきたのではないか
庁舎の工事にこの前からかかっていたからその為だろうと思われるが
見る角度によっては寺町通り古い建物が丸見えだ
庁舎の立派さに負けず形も美しかったのに
旧庁舎の京都市役所の景観は残るみたいだと思っていたら
樹木のことまでは考えてなかったようだ
たしかに他にもヒマラヤスギの大木は沢山ある
区の誇りの木にまで指定されている大木の命と今回は中京の市民の気持ちが犠牲になったということか
そういうのは小生にこの木の魂の行く先の情報がないからでもある
今までの働きに値する第2の人生(働き)があるのかも
ひょっとしたら皆知っていたのだろうか
市役所の中にも誇りを作ろうという人と仕方なければ切ろうという人がいることが分かった
ここまでの大木になれば我らの人生にもかぶってくるところもある
実際は我々以上に、京都市役所の緑と命のシンボルであった
建築物の命だけ考える人には分からないかもしれない
京都市が「景観」を言う時はいつもちぐはぐだ
観光客と観光業者ばかりで市民の気持ちなど考えたことないって
一本で終わりだろうな・・???
隣の木も切るのだろうか???
鯵庵(7.26)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-26 09:00 | 都市 | Comments(0)

b0355451_19425036.jpg
「本当にもてたいなら」という話のついでにもう一つ
男は自分が持っている身体的・生物学的優位をもっと理解するべきだというのがスーパー女史の話
〝優位を理解したときにいたわりの気持ちが出る人とあるいはいじめる気持ちになる人に分れる″という
その間はないという
自然にいたわりの気持ちを持てる人は極めて少なく、たとえ優しそうに見える男でも精々1割だというのが女史の論である
またそんな貴重な〝いたわりの気持ちを上手く理解できない女性が必ず増えてくるのが歴史″だという
だから結局"女をいじめる男”と″男を信用しない女”との組み合わせになる

その中でも女性が男性に感じる魅力は三つあるという・・腕力と、性力と、経済力だという
心の中で女性は腕力と経済力は人並ほどほどでいいと思っている
女性が幸せを感じえるのは唯一その男性の持つ"性力”だという
・・性力とは?
〝皆さんもうちょっと深く考えてください″と女史は言う
精力絶倫の精力は腕力の部であるが、確かに精力も性力に含まれる
男性と女性との性差という方が近い
その性差を感じさせる力だという
例えば乙女の頃に初恋の相手に感じたのが性力の初め?
異性に感じさせる生物的本能でありながら、
肉体が成熟するとともに動物的性欲(もしくわ行為)が勝ってしまう、その過程で、意識せずに捨てて来たものだという・・

小生思う・・腕力とか経済力とかでなくてよかった、それなら小生にも可能性がある
下世話に言うあれだね、″色男金と力は無きにけり・・” 
ひょっとしたら・・あるいは″失楽園”?
それは男性に言っているようであるが、キッチリ女性に対しての応援でもあるような気がする
女性はいつまでも乙女心の芯を持っている
ならば女性もせいぜい枯れないでほしい
相手の性力を感じられたら枯れかけた男の本性が思いだせるかも???
もてたいのは男の本能である
前段の”三つのチ”よりは女性の本音に近いかなと思った次第である
写真はそういうことでジョロウグモ
鯵庵(29.7.24)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-24 17:38 | おとこ編 | Comments(0)

本当にもてたいのなら

b0355451_07271971.jpg
鞍馬天狗は大仏次郎の幕末小説のヒーローである
劇画とインチキ大河ドラマになれた我々には少し少年ポイところがあるような気がするが、極めてリベラルな侍である
京都の映画は鞍馬天狗と他にも丹下左膳が爽快である
ともに目元清(すず)しき・・侍である
30~40代の男を見るときは目元を見ればわかるという例えでもある

異性、特に男は女にモテたいのは動物としての悲しい性
工夫はするがモテたことのないのも厳しい現実
モテない男がこの社会で男を張っていくのは〝しんどく″なったのではないかと思っている
芸能人か金持ちにしか男を感じられない女性にも困る
男性も女性も〝自分の人生″に興味を持たなくなっている
特に仕事を持っている男にとっては毎日が違う舞台だから・・
出来れば舞台の上の男も見てやって下さい、お姫様・・?
それより、まず、下手な芝居も出来ないようでは、早く舞台から降りた方がいいと言う人もいる

そこで、女性にモテる男性になるための講義を受けてきた
一に芝居気があること
その上で大事なのが「知」と「稚」と「痴」の三つのチという
知的であること、夢を持っていること、したたかなこと、「この三つの成分が適当に配分されると男の匂いを感じる」・・と言った女史がいる
確かに歴史小説の英雄的主人公は大体このセオリーにあっています
ブツブツ言いながら何もしない脂ぎった顔をした老人の反対だと思えばいい??
ごもっとも、しかし今更どちらにもなれそうにないのが小生

鞍馬天狗を思い出した
しかしいくら憧れていたとて今からでは鞍馬天狗は出来ない
残念ながら20年は遅かったですね、と慰められた
ともかく、自分を演じられないようではダメ
男は40代になるときが境目だね、それからもてるのが本当
子供のままではもてないよ、これからも男を磨くなら"三つのチ”試してみたら・・
写真はコガネグモ(※「昆虫エクスプローラー」で調べさせてもらいました)
鯵庵(29.7.23改)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-23 05:27 | おとこ編 | Comments(0)

マスオさんは男である

b0355451_07275842.jpg
町内のマンション住民の人には親子でマンションを持っている人がいる
同じマンションだったり、となりのマンションだったりする
祭の時にそんな話になりかかった
我ら路地の住人だって子や孫が近所にいる場合もある訳だからべつにおかしくない
そもそも子供に残してやれるものが古家一軒あるかないかだから

費用の出し方で、二世帯住宅ということもあり得るが、マンションの方が安くすむこともある
いや違うんだと役員をしているA氏が言う
娘の夫婦のためにマンションを買ってやれる人がいるんだと言い出した
もちろん恨みでも僻(ひがみ)みでない、暮らし方の問題だという
娘しか頼りにならないと決まった時の投資だという
何の投資?、自分の老後に対しての投資だという

そんな投資が必要なのか、あるいは有効なのだろうか
独立して生計を営んでいる限り、アニメ「サザエさん」のマスオさんとも少しだけ違う
娘が親の面倒を見るというのは打算とは違う
爺さん婆さんだって娘の孫の方が触りやすいというのも自然である
生命保険の受取人に娘の子(孫)を指定する
しかし、娘さんのご亭主はどう考えているのだろうか

A氏も小生も娘がいない
今更何を言っても仕方がないがたしかに娘がいないと孫がいないにもつながる
娘がいない不安に今襲われているわけである
息子も嫁も孫もおって何が不安であるのか
それは他人には分からないことである
という話になった訳である
7月24日は後祭(あとのまつりとも言う)
昔に戻して前祭と後祭にわけた先の長老の決断に敬意を表したい
鯵庵(7.21)





[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-21 07:00 | | Comments(0)

b0355451_08152209.jpg
一番暑い時に熱い話をする
近畿にいるとどうしてもお好み焼きというのが捨てがたい
子供の頃駄菓子屋でちょぼ焼きやらべた焼きやらを食った記憶がある
水で溶いたメリケン粉を鉄板の上で薄くのばしてこんにゃくとか紅しょうがねぎなどをを入れて焼く
どうもそれがべた焼きのルーツみたいな気がする
下手(べた)でも焼ける?要は子供のおやつだ、だが駄菓子屋のおばちゃんがわざわざ自分のために焼いてくれる
小さい子にはなかなか高価なもので、記憶では小遣い2日分ぐらいだった気がする
小生の外食始めだった

べた焼きは安土桃山時代にルーツがあるという、しかし誰にでも思いつくほど普遍的で、原型としては素朴すぎるものである、いずれにしろ入れる具によって分化、進化してきた
大阪では生地にキャベツを混ぜて焼くお好み焼き、関東ではもんじゃ焼き、広島では広島焼き、これは生地を薄く延ばした上にキャベツなどの具を乗せる
入れる具は豚肉、スジ肉、天かす、キムチ、魚介類など自然に進化発展してきているのも共通だ
京都で食うネギ焼きもべた焼き、キャベツの代わりにきざみ葱を入れる
京都は九条ネギの流通が盛んであるため結構好まれる
スジやこんにゃくなど素朴なの風味が、醤油によく合うのが特色である
余談ながら、大阪名物″イカ焼き”も京都の〝一銭洋食″のルーツもあのむかし食ったべた焼きである

ちょこっとウキペディアで見れば・・
ネギ焼きというのは大阪・十三のお好み焼き屋が始めた(?)ということで、この店のなんと登録商標になっているとのこと・・
そんなことで京都独特の味と言うのを遠慮した次第である
お好み焼きではどうも大阪に勝てそうにない、京都のお好み焼き屋世界も大阪型の店が増えてきている
そのせいか?お好み焼きにマヨネーズをかける人が多くなった
大阪はお好み焼きソースそのものが研究され美味しいはずなのにと、不思議に思う
料理は足せば足すほど美味しくなると信じるタイプの人だと思う
マヨネーズがけは、勢いのいい大阪の屋台でソースの味を補うために始まったという人がいるがどうだろうか
ただ、小生はお好み焼きにマヨネーズをかけない、店で”結構です”と言うとけげんな顔をされることもある

お好み焼きは庶民の外食のエースだ、どんどん進化するも仕方がない
しかし・・京都のネギ焼きは素朴な醤油の味が生きるべた焼きの遺産である
ネギ焼きでのマヨネーズかけ、せめて京都では流行らさないでほしいと願っている
ビールがまずくなる、と言うものだ
夏にはやるお好み焼き屋が本物に近い
写真はハスの花
鯵庵(7.20)


素うどんの会

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-20 09:31 | 大衆食堂 | Comments(0)

妄想

b0355451_19594410.jpg

ねずみ男の不幸はねずみ男でない男を理解できなかったことだ
それが不幸だと最後まで分からなかったことが本当の不幸だった
男の99%はねずみ男と同じ性格である

妄想しているだけのことだったらただの怠け者
それを整理して自分のものに出来るようになれば人生にとって大きな宝物になるはずだ
だから、最初は妄想・・

一方、年寄にとっては、妄想も健康にはいい
ただ、薬が上手く合わなくて妄想が生じるのは悲劇だ
本人の罪ではないが、医学的には大きな治験を得られる
せめて幻覚や妄想を制御できる医学であってほしいと思ったりする


(それにしてもこのエキサイトブログ簡素でいいのだが、
システム設計が悪いのか容量が足らないのか
いつまでたっても何度改良しなおしても不都合だね・・)
とアンケートに応えました
最終不調だと言う仲間が多い、ストレスの少ないブログサイトがありましたら教えてください
鯵庵(7.18)

素うどんの会

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-19 06:00 | おとこ編 | Comments(0)

墓の行方/樹木葬⑤

b0355451_08015189.jpg
あくまでも彼の研究の範囲ではあるが、
今、家に墓あり80%、が自分の墓無し15%、残り5%がその他・・らしい
その他には墓に興味がないということも含まれる、30%くらいはそうだという
合計したら125%になる変な100分率であるが・・
小生の友人が言うのは間違いなくこの10~20年で〝その他″が5%から30%になるという
何故なら墓を持っている人もさることながら、墓に興味のなかった人も参入して来る
これからは自分で自分の(死後の)形を決めることになってくると言うのがその根拠である
しかも、これから10年20年は団塊の世代の動向に左右される

これからは何々家の墓と墓名が書いてあるのが虚しくなる
〝自分の墓を守りしてくれる人がいないことの方が本当にはかない″ことだと言うのが、彼の話である
彼とは、京都市内のお寺の副住職をしながら教団関係の寺務所にも詰めている
若手の僧侶たちにはこれからの葬儀と経営のあり方が一番の関心事であるのは当然だ

"仏事とは本当は辛いことなのだ、もっと言えば心の痛みを伴うものなのだ、僧侶はそのことを前提に檀家と付き合う修業をしてきた"と親は(現住職)はいまでもそう言う、と言っていた
彼はしてみれば、それならなお、これからの檀家の変化について行けるか不安である、とも言う
自分の骨の行くへが見えることが大事だということらしい
そのためには今以上にしっかりお寺とつながっておくことは大事なことだと言うのが論である
言い換えれば・・・現況でも30%は浮動票で、「家に墓あり」の70%に食い込んできて・・・
今までの墓を引き続き守れる保守派が過半数を割り込むようになれば死活問題らしい
まるで選挙みたいな話である

"死に方は自分で決められないけど、自分の骨が納まる形を決めておく必要はある、そうでなければそれまでの生き方も決まらない、自分の残された生き方を決めるのが終活だ"と言う
それでも、将来住職を継ぐまでの説教には使えそうな話やなぁとは言うておいた
墓もさることながら今生きている人を大事にできる住職にはなれそうな気はする
鯵庵(7.17)

素うどんの会
この項、一応終わる




[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-17 17:02 | 後生 | Comments(0)