油掛地蔵と伏見の酒


松尾芭蕉が京都に寄ったのは江戸期の5代将軍綱吉の時代(貞享年間1685)のこと
俳諧で馴染みの西岸寺の住職であった上人との邂逅を果たした
この寺なり、俳諧集「野ざらし紀行」に記述がある
「我衣(わがきぬに)に ふしみの桃の しずくせよ」という句碑もここにある

伏見城も無き江戸期の伏見の街はこのあたりが中心だったと思われる
北は大手筋、南は伏見港、ここは油掛(あぶらかけ)通りと言われる
その京からの街道(竹田街道)の交差点に駿河屋という和菓子屋がある
明治・大正・・そこらが日本最初の営業電車・京電の終点だった
その隣が西岸寺だ、油掛け地蔵がある
大坂へ下る伏見港を目の前にして伏見最大の繁華街であったはずだ
伏見の町は江戸政権の誕生で直轄領として大坂に並ぶ最大の商業都市であった
伏見は桃山である
小生らは今でも伏見城のことを桃山城と呼ぶ
安土に継いだ時代は桃山時代である
それが、大阪へも行かず、京にも戻らず、江戸へ行ったのである

それでも京の洛中・洛外には数百軒の酒蔵があった
伏見は洛外でもあったが、この地そのものが渡来人秦氏の持っていた酒造りの技術がベースになっている
伏見の港は京の酒を大阪や江戸に積み出す港でもあった
特に江戸期は伏見港と豊富な地下水で酒造りが盛んになった・・とある
伏見城のあった山は桃山と呼ばれる
今は、桓武天皇と明治天皇、平安京ゆかりの帝の御陵でもある

小生、俳句も芭蕉も詳しくはないが・・話を芭蕉に戻す
「桃の滴(もものしずく)」という銘の酒がある
その名は先ほどの芭蕉の句によるという訳だ
伏見城が廃城になって後に桃の木を多く植えたから桃山というと書いてあるものがある
が、小生、後先が違うような気がする
むしろ、秀吉は桃の木の山に城を築いたのではないだろうか
それは、都を望む桃山の桓武帝の御陵であった
秀吉は桓武帝の御陵に重ねて自分の京都支配の城を築いた、というと個人的仮説を持っている
都から見て御陵の山は桃の山であったのではないだろうか・・
あわせて「桃の滴」はずーっと後に単に伏見の一酒造会社の銘柄に用いられたが
芭蕉が伏見へ来たのは晩春であった、桃の花盛りを目にしたのだろう
伏見は桃山からの地下水で酒造りをしている
季語は桃であり、時期は新酒の美味しいころである
伏見の酒のことを”桃の花のしずく”と詠んだのではないだろうか
という二つの個人的仮説(?)を信じている
鯵庵(2.19)

# by ajiankyoto | 2017-02-19 09:17 | Comments(0)

湯豆腐が好きな人



豆腐は日本に伝わって後、室町時代の後半に広まったものと思われる
以後、日本の豆腐は白く柔らかい食感が特徴である
「白壁」と書くと豆腐のことである
江戸時代に入って凍り豆腐(高野豆腐)なども現れる
なお種々の豆腐料理が普及した
もちろんおからも油揚げも豆腐である

湯葉やおからの料理も京・大坂で栄えた
豆腐類は精進料理には不可欠なものであり、寺院だけでなく公家や武士が必要な栄養を確保するためのものであった
が、やがて庶民に広がっていったのが懐石料理である
京都の寺院の中には参拝者を宿坊に泊める
この時寺院料理が提供される
寺院と料理屋(仕出し屋)との結びつきは歴史が古く、そんな謂れが観光と結びついたのが現代の現状である
その中で最もお手軽なのが〝冷やっこ″や〝湯豆腐″である
料理人がいなくとも食える湯豆腐ごときに・・・と言ってしまったのがその理由である
もちろん豆腐をけなしたのではない
湯豆腐は高い金を払って食うより家庭の方が似合うと言いたかった

全国の豆腐師さんが腕を競った豆腐の品評会がおととし京都であった
金賞をとったのは長野県松本の「悟郎のきぬ」、銀賞は千葉県の「菜の花豆腐のもめん」であった
日本一に輝いたのが一丁税込みで194円とのこと
第2回(去年)は熊本で行われたが、金賞は栃木県の「匠選極もめん豆腐」、福岡県の「絹ごし豆腐」それぞれ1丁200円・210円である
純に豆腐にこだわったのがそれが豆腐なんです
1丁200円で全知全能の日本一の豆腐が食えるのです
しかも全国都道府県、品評会参加のメンバーを見れば・・ほぼ差がありません
心配しなくとも賢い消費者はしっかり各地の美味しい豆腐を知っています

消費者の賢さが全国に通用する豆腐を1丁200円で抑え込んでいるのです
これはいいことです
京都の豆腐も同じです
京都の豆腐は美味しいですが・・特別なものではありません
湯豆腐屋の値段は豆腐の仕入れ値段とは関係なく決まっていると思って差し支えないようです
寒い中並ばされてまで湯豆腐ごときに高い金を取られないでください
料理は心と技です、飲食業の付加価値は無限です
ですが・・湯豆腐にして何ぼで出そうと勝手ではあるが・・
高ければ美味しいと思ってる自称グルメには向きませんよ
家で食べるなら、丸々楽しめるという理由です
旅行者の皆様に水を差すようですが・・
だから、湯豆腐は自分の郷(さと)の自分の家で楽しむものです
写真はタカラガイ、かぐや姫のコヤスガイのことでもある
鯵庵(2.17)



# by ajiankyoto | 2017-02-17 22:04 | Comments(2)


BSで「鬼平犯科帳」を見ている
八代目松本幸四郎である、初代の白鸚(はくおう)である
還暦まで91本の鬼平を演じた
東宝の作品である
池波正太郎はこの幸四郎をイメージにして小説を書いた
小太りの感じである
もう一人の小太りが木村忠吾である
古今亭志ん朝が演じている
うさぎ顔の女好き、うさ忠という鬼平にへばりついても憎まれぬ同心役である
小説やドラマの狂言回しの役どころである
古今亭志ん朝は珍しい落語名人だったが、このあたりのドラマ出演がいい滋養になったのだろう
息子に忠吾と名付けたとどこかに書いていた

仮にあなたならどんな役をやりたいかと聞かれればであるが
拙者は木村忠吾である
鬼平も盗人の親分も勤まる筈がないし、どう探しても、出来るとすればやはり忠吾しかないだろうね
だが、実際は役どころとしては一番難しいらしい
「気が弱いのに明るい」という性根を演じることは難しい
志ん朝はよく演じていたと思う
気が弱いことも明るいことも間違っても軽いことではない
どの役でも、命を懸けて生きている様を演じなければならない
下手すれば自分など端役すら勤まらないと思わせられる

鬼平犯科帳は歌舞伎でもなければ、劇画でもない
幸四郎も歌舞伎を演じているのではない
し、志ん朝も落語を語っているのではない
それが、ドラマなんだろう
人生の中で本当に演じられるものでないとドラマにはならないと思う

それから20年の後にその幸四郎の次男中村吉右衛門が鬼平犯科帳の人気を不動のものにした
それは、吉右衛門が鬼平の息子長谷川辰三を演じていたことにもよる
やせて尖った辰三であったが、いい親子の機微がドラマにも出ていた
歌舞伎ではないドラマだった
それはやはり幸四郎が息子吉右衛門を鬼平の役が出来る役者に育てたいと思ったのだと思う
残念ながら、小太りの名人志ん朝のうさ忠の後がいない
鯵郎(2.16)

# by ajiankyoto | 2017-02-16 08:27 | Comments(0)

看取り率?

b0355451_17261054.jpg
どこで死にたいかって?
そんなこと聞かんといてーや
病院が8割、自宅や老人施設が約2割である
自宅や施設で死にたいと希望している人は6~7割であるのに・・
国の統計である

現在の状況でこれぐらいだとすればあと10~20年後を予定している我らの時代はどうなっているのだろうか
不安になるのは当然である
国は何とか20年後には現在の2割を4割ぐらいに引き上げたいと目標を定めている
だがこれは場合によってはあきらめる他ないような数値だ
もう数年でやってくる団塊世代の後期高齢化
在宅医療体制や老々介護の実態がここ数年で解決できるとは思えない
何よりも余りに多くの老人に対して病床や介護人員の不足がやってくる
20年後なら達成できるかもしれないとしたら
・・それは団塊の波が行ってしまってからのことであろう

そんなことより、在宅での看取り経験が日本でなくなっていると専門家は指摘する
病院であろうと自宅であろうと老人用の施設であっても、家族があって初めて出来る相談である
これまでは"自宅や施設で"というのがキーであるが、これからは"家族の介護"がキーだろう
介護が出来なければ、病院が施設になり、自宅が施設になってくる
結局は施設で・・寂しくということになる
どこで死にたいかと言われても
既に住んでいるところの地域差の方が大きくて、結局は自分で選ぶことは出来ないのだ
統計結果はそんなことも示している

夫婦でこの問題を考えると
後になるか先になるか
それによって違ってくるのではないかと実感している
先に死にたいとは必ずしも思わないが・・、後になってしまえば多くのことをあきらめざるを得ない
自宅で看取られて死ねるなんて幸せは僥倖と言うに等しい
いずれにしても自分のことである
率とか割合ではない
地域差も他人のことも関係ない
はっきり言えば0か100かの世界である
看取り率は一度限りなく0に近づくと考えていた方がいい
鯵庵(2.14)

# by ajiankyoto | 2017-02-14 17:32 | Comments(0)

初夢艶福指数続編

b0355451_09415324.jpg
人口動態統計、国の統計である
昨年の結婚(初婚どうし)の平均年齢男性30.7歳、女性29.0歳と発表された
これを40年遡れば男性27歳、女性24歳である
明らかに晩婚化していることがわかる、と新聞にも書いている

だが、この数値は夫婦そろって初婚の場合である
初婚どうしは昨年の結婚の4分の3未満である
4組に1組はどちらかがもしくはどちらも再婚である
それを加えたら何歳になるのか・あるいは再婚の平均年齢は?
ネットで国の統計を覗いたのでは見つけられなかった

初婚の年齢差も縮まっている
正月に初夢艶福(えんぷく)指数(勝手な命名ですよ、お遊びです)というのを載せた
〔相手の年齢=自分の年齢÷2+X〕
で、このXが艶福指数であった
標準的には(少ない方が艶福度が高い)15だった
これを昨年の結婚年齢に当てはめると
29=30÷2+14となり
Xは14で15にニァリーイコールである
小生の式、艶福指数の式(30歳)があっていたことになる

自慢することはない
もともと初婚どうしに艶福は当たり前、小生の指数とは無関係である
歳の差があろうとなかろうと、艶福である
本来、再婚の場合を想定していたものなのである
男性も女性も再婚する勇気をもって下さいと言うものだ
ましては歳の差だってめでたいことですと言いたいわけである
国の統計だってもっと意思を持ってほしい
統計というものはもっと面白いものであってほしい
初婚どうしの平均年齢より再婚の平均年齢の方が国民(個人的)には役に立つような気がする
男性も女性も、再婚にも勇気をもって下さい
今日のブログはただそれだけのことである
鯵庵(2.13)



# by ajiankyoto | 2017-02-13 07:56 | Comments(0)

最初から嘘です



小生の一番最初の嘘は〝私は嘘はつきません″ということだった
だが誰もが最初につく嘘
〝嘘をつかないで生きていける人は一人もいない″というのは昔から不変の社会の定理です
嘘をついたらダメというのは幼児教育的には最大の願望
大きくなれば誰もがそれぞれ嘘つきになってしまうのが分っているためなのだ
ただ大人になっても〝嘘と知らないで生きて行ける人はいる″
自分につく嘘もある、闘うための嘘もある、嘘の方が罪が軽い時もある
最大の嘘は〝嘘を知らないで生きてる様″を装うこと
〝世の中は嘘のカタマリですと教えないのが″のが二番目につく嘘
嘘も方便とばかりは言わないが、嘘を含めてホンマです

嘘にも種類があります
表の話は大体が嘘です
偽装だけでは無い、宣伝したり飾ったりすることは嘘がなくては成り立たないということです
セレモニックなことは演出があってのことです
晴れ着も化粧も大きな偽装です
それほど溢れている分けです
その他にも小生のブログみたいに路地裏の嘘もあります
嘘には高級も低級もあります、天然も養殖もあります、良性も悪性もあります、長期型も短期型もあります、有毒も無毒もあります
そのラベルを偽ったら騙すことになります
騙すことと嘘とは違うと言う訳です
ラベルに騙されたとしたらあなたの失敗です
この話、全て一般論です

♪折れたタバコの吸い殻であなたの嘘が分かるのよ
男はタバコを折って嘘と教えているのですよ
そんなぐらいの嘘なら平左衛門です
絵は小生が初めて作ったプラモデルの雷電・当時30円もした、嘘との付き合いが始まった
鯵庵(2.11)

# by ajiankyoto | 2017-02-11 08:19 | Comments(0)


2月の始めの午(うま)の日は初午(うま)と言う
稲荷信仰ではこの日を大事にしている
初めて稲荷神が稲荷山に降りたのが旧暦2月の午の日(711)であった
古来から人々は神を恐れ敬ってきた
神の前では身を謹み、供物を捧げるものであった
祈りは神に対する詫びである
詫びながら恐る恐るお願いするものである
それが祈りというものである

稲荷神は宇迦御魂(うかのみたま)神を主体とする
古事記でスサノオノミコトの子とされている、伏見稲荷では女神としている
稲荷神は神仏習合の顕著な神で、かっての時代には荼枳尼天(だきにてん)と習合した
ダキニテンは狐に乗って現れる
稲荷神を狐とするのは大いなる民間信仰である
山城の値の稲荷山は山城の古代豪族秦氏の本拠地の氏神である
養蚕・農業の神である

初午は冬から春への季節の変わり目である
今年は2月12日が初午の日に当たる
元来は旧暦の2月の最初の午の日とされていたが・・それでは3月になってしまう
元来の繰り返しだが、元来は立春を過ぎて最初の午の日としていたという記述も多くある
この場合、新暦の2月になる訳である
このあたりの季節感としてはこちらの方があっているように思う・・安心した

農業神稲荷神の祭としては、農作業を始める前の祈りである
"あらかじめの豊作"をお願いするもので農家の実情に合う
天候不順が一番の禍いだからである
日本の信仰の春の行事はそういう性格を持っている
もちろん今は稲荷山の麓も都市化しており、稲荷神も開運の神、商売繁盛の神でもある
その上、グローバル化、外国人のお参りが一番多い神様でもある
世界中の人が稲荷神の福を競って奪いに来ているようにも見えてしまう
鯵庵(2.9)




# by ajiankyoto | 2017-02-09 08:35 | Comments(0)

生活設計に入門もならず

b0355451_20032307.jpg
生命保険会社は商売で色々な研究をしている
ただ、目的ははっきりしている
そんな時にも「生活設計」などと言う単語を使うのが特色だ
そもそも、生活は設計できるもんだろうかというのが素朴な疑問でる
ひどいのになると、65歳以降老後の資金は最低で3千万円いるというのもあった・・
ほとんど脅しである、何をか言わんである

そんな資金持ってる人が何割いるのだろうか
また、そんな暮らしはどんな暮らしなのだろうか
それでも、90歳には貯蓄は0になるという
小生の友人は定年後にファイナンシャルプランナーとかいう仕事を始めた
60歳からほぼ10年で3千万円ぐらいは稼ぐのが目的であると言っていた
年ん百万は稼ぎたいのだけれどと言っていたが、とても計画どりには行ってないようだ
ファイナンシャルプランナーが自分の生活設計も違算だったと笑っていた

小生もリーマンショック以来銀行との付き合いも距離を置いている
30年かけた死亡保険もやめた、もちろん保険金詐欺にも縁はない路地の住人にとっては今更設計のしようがない
子や孫に頼らなくとも何とか自分一人のゴールをめざせるとすればともかくは御の字である
我が国は立派な社会福祉国家だと今のところ認識している
怖いのは、制度の隙間に入ってしまうことである
そんなことがあるならなおさら設計のしようがないという方が当たっている

生活設計は若い時にすべきである
その第一が就職である
その第二が結婚である
誰も一人で生きていく設計をするはずがないし、
誰も自分が早く死ぬ設計をする人はいない
設計というのは作るものがあるからなのだ
何のために勉強してきたのだろうか・・と思ったときに設計が必要なのである
基礎だけでもしっかり設計すべきではある
生命保険会社や銀行などの言う生活設計はそれからのことだ
生活設計と人生設計と同じように思わせるところに特色がある
小生らはいつもつっかい棒の設計ばかりしている
鯵庵(2.7)

# by ajiankyoto | 2017-02-07 20:12 | Comments(0)



〝結い(ゆい)″という
小さな集落単位自治組織で共同作業などを行う相互の扶助組織を言う
厳密には、自分では出来ないことをなすのが目的
「結(けつ)」と言う字は結(むす)ぶ、結(ゆ)う、束ねる、約束する、という意味がある
以下どんこ氏のお母さんから聞いた話も含む
三十数年前にどんこ家の茅葺(かやぶき)の家の解体をした
本来はカヤを葺き替えるのだが、財力がなく解体となった
十数軒の家の男・女たちが手際よく働いてくれた
それが〝結い″である
もちろんこちらも何度も手伝いに行っている
昔は田植えだって多くの人力を必要としたが、トラクターや田植え機の普及で早くから、手助けは要らない
ここらではそれから茅葺の修理をすることもなかったのでどんこ家での解体がほぼ最後であった、という話

茅(かや)の葺(ふ)き替えは準備から入れたら何年もかかる
一世代で一回あるかなしだと言う
山に萱(かや)の場所もあったが今はそれもない
茅葺(かやぶき)は専門職人でないと出来ない作業になってしまっている
三十年前の人はもうほとんどいない
解体の段取りだって今は分かる人はいない
茅葺の上にトタンを巻いた家がまだあるので取り壊しの時には・・・と言うが、
恐らく業者に頼んでクレーンで綺麗にやってしまうことだろう
結いとは〝互いの約束″だけど、長い年月で約束を果たす機会がないと結いは存在しない
山里から沖縄まで我が国は「結い」の集落だった
結いは平等な組織だ

この頃は田んぼも減反も共同作業だ
出なけれは金をとられるし、一方男しか出来ない仕事は大きなトラクターで何人かでやってくれる
特産の黒豆作りの作業にも年寄りはもう参加出来ない
家族で食う2~3人分の米を受け取ったら共同作業の収支は限りなくゼロに近い、と言う
国の金を使って耕地整理した田んぼで農協の指導の下に固まって共同作業をしている
共同作業には必ずいいリーダーが必要だ
都市に近い農村は共同作業から農業法人(株式会社)に変わろうとしている
似てるようだけど、それは〝結い″とは別のものとどんこ氏も言う
立春が過ぎたら、ぼちぼちトラクターの整備が始まる
多くの農家はまだ何もすることはない
どんこ氏とは退職後田舎へ帰ったチームの仲間(友人)である
鯵庵(2.6)




# by ajiankyoto | 2017-02-06 08:33 | Comments(0)

耳のさわり

b0355451_08412530.jpg
陰口たたく人がいる
陰口は悦楽的である
ひどい人は今まで仲良くしていた人が居なくなるのを待って始める
自分が嫌われることはわかっても、ついはまりそうになる
いくつになってもである
いや、齢とともにそうなっていってるのかもしれない

陰口は嫌われますよと言ってくれる人もいない
だから嫌われもん同士の陰口は止まらない
毎日の退屈も、陰口仲間がおれば過ごせるかも
相手に聞こえないところで言うから楽しいのだ
聞こえたらどうしようと思う前に今が楽しいのだ
万が一には本音で言うて何が悪いと言うだろう
が、やはり自分の発言だとだけは知られたくない
陰口はやはり不毛な性根である

だが、陰口たたかれるのも、自分にとって最大の情報である
責任のない発言ゆえである
その効きめはなんとベンチャラの百倍
陰口が聞ける人間にもならなくては・・
自分の陰口は自分の滋養、それも修業
出来れば目の前で優しく言ってよ
それじゃ陰口にならないって、面白くもないって
男と女も老いも若きも
やはり人に嫌われたいなら、陰口たたくのが一番、効果てきめんである
鯵庵(2.4)




# by ajiankyoto | 2017-02-04 10:10 | Comments(0)