5段階の落ち着き


我々の時の小学校の通知簿は5段階評価だった
1クラスに50人(本当は60人だった)だったから・・
最高の5を貰えるものは3人くらいだった
4は12~13人くらいだと教えられた
3は20人で残りの15~16人が2の評価だった
教育的お情けで登校拒否しない限り1は2にしてくれていた
それでも相対評価である
3だったら親に怒られることはなかったが、4をもらえたら褒められた
4が複数あれば明らかに平均より上にいることの証明になった
個人的には音楽や体育や図工もいつも2だったけど・・大体それぐらいであった

あの時は勉強もしなかったし、その気はなかった
親がそれ以上言うこともなかった
あれから数十年、頑張るところは頑張った
思えば高校受験あたりから、競争を意識させられた
それからずっと競争ばかりだったが・・・
音楽や体育のないや世界へ進めば、複数の4で十分だった
自分らしくなどと・・才能にこだわらなかったのがよかったのだと思う

何度も何度もやってくるチョットした小さな競争に負けなければ・・
くじけて拗ねてしまわなければ、群の中の前の方で一緒に走ることが出来た
この数回の小さな試験の成果でそれから数十年過ごしてきた
その間は五段階評価では4だったと思っている

定年というゴールに入った時はもう順位は気にならなかった
それからの評価は3になった
3を目指しているともいえるし
小学校時の評価に戻ったとも言える
それが自分の本来・本当の実力だともいえる
結局、"おみそ"でさえなければ落ち着く評価だと思える
鯵庵(29.9.10)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-10 07:36 | おとこ編 | Comments(0)



人生の中では20歳ぐらいが一番暗いころだと思う
沈むまいと浮木(ふぼく)を求める
勉強には興味がないが就職には十分興味がある
就職活動が忙しいと勉強するのが面倒くさいのだろう
就職してしまうと今度は仕事するのが面倒くさいのだろう
企業に就職したらその日から心を売らなければならない
そんなことにはすぐに馴染めるのに、束縛と他人との付き合いは面倒くさいという
そんな中でもかろうじて10年も勤まれば、今度は慣れた仕事以外は面倒くさいと言う

それは彼の打算に過ぎない
そもそも人生の楽しさは齢とともに高まってくるものだ
30代に入れば概ねどちらかに舵(かじ)を切らねばならない
ただ、今やっとの思いで得たもの(例えば仕事)を犠牲にするのも、マイナスになるのも実は怖くなる、のが自然なのだ
だが、それも打算という

彼女・彼らにとってはこの10数年の成果から言えばコストパフォ-マンスは仕事(就職)が一番
庶民の嫌みを言えば・・お味噌なのだから・・
恋愛などその観点からいえば最悪なのらしい
ましてや結婚など生涯の不採算事項である
そう信じたら性欲すら抑えられるらしい
・・・でもしない訳ではない
両立が出来ることがはっきりしたら結婚もしたいし子供も欲しいという
そんな中で一番嫌なことは結婚に焦っているように見られることだと言う
だから、今は面倒くさいと言う
何のことはない・・恋愛も結婚もいつまでも"おみそ"を期待している

小生も言おう、年取るのが一番メンドクサイ
元に戻すのはもっとメンドクサイ
鯵庵(29.8.1)




[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-01 10:29 | おとこ編 | Comments(0)


b0355451_21364175.jpg
「おとこ編③/おみそ」に続く
でも、よく考えて見れば給料もらいながらの見習い期間は〝おみそ″なんだよな
もっと言うと半人前の人間だって一人前の給料もらいながら皆と同じように仕事している
サラリーマン社会で給料以上に働くことは出来る
しかし給料分だけ働くことは難しい
それでも、ブツブツ言いながら多くが勤まるのは給料をもらっている緊張感なんだよな
働きにあわせて給料を変えるといったとたん実は緊張感がなくなってしまう
平均値を目標に働くくらいが一番楽しいと誰かが言っていた
ゲームに参加させてやることが何よりなんだとも
ゲームに参加したくない奴は最初から入れるべきではない
そんなことも言っていた
あなたはどう生きる?

今のサラリーマン社会、人事評価が絶対評価から相対評価に変わって、必ず順位をつけて〝味噌っかす″を指名しなければならないなどという
〝味噌っかす″に〝味噌っかす″と言ってしまえば〝おみそシステム″は不要である
仲間に入れないのだから
サラリーマンの年季があけた小生も首筋寒い
現代社会は必ずしも平等ではない。
それは分かっているのだけど・・仕事と遊びとは違うというけれど
遊びの工夫を仕事で活かすほうが上手くいくこともあるやろ
一緒に遊びたくない奴と一緒に仕事しているのが〝しんどいこと″なんだよな
そんな気づき方もあるのではないかと青っ洟(あおっぱな)の味を思い出しながら考えた

まだ続く
鯵庵(7.6)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-06 21:38 | おとこ編 | Comments(0)

おとこ編③/おみそ

蛇足ながら、そう思えば「リーダーシップ」という言葉も曖昧だ
時々事業に成功したカリスマ風経営者にリーダーシップが云々などというが
成功とはある意味では不遜にして強引な力技であり
強運を持ち合わせて始めて叶うものである
ガキ大将のリーダーとして仲間を楽しませてやる豊かな精神性とは少し距離があるような気がする
成功者がのカリスマ性は認めるが必ずしもいいリーダーだったとは限らない


国語辞典には載ってないが〝おみそシステム″という言葉がある
〝味噌っかす″ともいう
こちらは辞典に載っている
子供でもまだ半人前の子供を言う
鬼ごっこをして遊ぶとすると、その子を鬼にしないように遊ぶわけである
その子を鬼にしたのでは鬼ごっこが永遠に終わらない
誰もつかまらなくって鬼ごっこにならないわけである
それでも仲間には入れてやる
子供は仲間を拒まない、みんなが遊べるように考えるわけである
それを〝おみそシステム″という

大人の世界に置き換えることが出来ない
味噌っかすと言われて喜ぶ人はこの世の中には居ない
大人の世界では、本人に気づかせてはならないことの一つだ
が、本人が気づかなければならないことの一つでもある
子供の"おみそ"は、群れることや、つるむこととは違うのです
相手の立場を理解した関係なんです

男の子を育てるお母さん、ご主人ばかり見ていると分からないことが多いですね
余計なことを言いました
鯵庵(6.24)




[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-24 07:00 | おとこ編 | Comments(0)