ゴルフが好きな大阪の友人が飲んで語る
秋は天気がよくて気持ちいい、「赤とんぼ」と一緒にプレイが出来て自然を満喫してきた
そんなこと言うぐらいだからスコアーは悪かったに決まっている
ただ”自然派ゴルファー”を自認してるだけのことはある
ただし、「それは赤とんぼと違うで!」と小生が突っ込んだわけである
それははるか南方で羽化し台風などによって飛んできた「ウスバキトンボ」
ウスバキトンボは進化したトンボで日本でも約1月で羽化する
日本へ来てからも世代を重ねているのだ
そうしながら日本列島をどんどん北上してちょうど秋になれば一番数が増える

赤とんぼイコール「アキアカネ」は秋になれば里に下りてきて田んぼや湿地に産卵する
卵が湿地の土の中で冬を越す、春になって孵化するヤゴは脱皮を繰り返し6月頃に羽化するが、羽化したらすぐに高い山に上って夏を越す
そして秋に交尾して産卵したら冬に死滅する、そんな一生を暮らす
赤とんぼが激減している、という
2000年頃から減りだして今は一時の1000分の1にまでになっている
赤とんぼを見れない地域が増えているのだ
赤とんぼは私たちの祖先が稲作を始める前から日本にいたトンボだけど
稲作とともに生息環境が増えて日本列島に広がっていった
日本は赤とんぼの国だった
しかし、稲作は続いていてもアキアカネが生きていけなくなっている

そもそも播州龍野の”夕焼け小焼けのあかとんぼ・・”(三木露風作詞)もウスバキトンボかもしれないといわれるぐらいなら
ウスバキトンボを赤とんぼといっても差し支えないのではないかと友人の反論である
ごもっともな話ではあるけれど
外国から日本に来た人が見分けがつかないからと言ってどっちでも同じでないかというの?
ウスバキトンボもアキアカネも冬になったら死滅してしまう
ウスバキトンボは南洋の方で暮らしていてまたやってくる
しかし、アキアカネは日本の水田や湿地で卵で暮らしている
日本の水田で子孫を保とうとするものと同じではないかというのは違う
しかも、我々が手を下して激減に追いやっているのである

それ以上のことを知らないのだから、話はそこまでである
もちろん彼と喧嘩した訳ではない
「それらしい景色にウスバキトンボさえおればいいじゃないか言うのは違う」と意見が一致した
b0355451_09343214.jpg
(大阪のカルチャーで話を聞かしていただいた井上先生の本、環境の多様性がトンボにとって自然だと教えられた)

多くの人が殺虫剤だらけのゴルフ場をウスバキトンボが飛び回るのが日本の自然だと感心している
日本の街や里の文化だけでなく、至るところでたった数十年前の自然すら激減しているのを見ないようにしている人が多くなった
鯵庵(11.4)

by ajiankyoto | 2016-11-04 08:04 | Comments(0)

b0355451_17140742.jpg
例によってJR奈良線稲荷駅の改札口は外国人ばかりである
何んとかその波を外れてランプ小屋の前を、石峰寺(せきほうじ)の方に向かう
それにしてもJRは国鉄時代の貴重な遺産(ランプ小屋)に無頓着だ、タバコの吸い殻が散乱する
住宅街の中を通って稲荷山の脇を上がっていく
石峰寺は京都の画人伊藤若冲(いとうじゃくちゅう・1800没)の墓がある寺である

寺の案内書によれば黄檗山萬福寺(※)の住職によって開かれたとある
「若冲の五百羅漢」が知られている
山の中に釈迦の誕生から入滅までを釈迦の教えにとともに数百の聖者たちの姿だ
若冲が絵をかいて、それを石工が彫ったということである
恐らく、人間臭い表情豊かな石仏群であったに違いない
木々や竹の隙間から光が入ればきっといい絵(写真)が取れそうな気がしたが、写真もスケッチも禁止であった
今はホトトギスが庭を飾っている
蚊に食われますよと若き住職さんが団扇を貸してくれた
今は、前には住宅が迫り来ててこの山の裏手は京都市立の深草霊園でもある

今年は若冲の生誕300年になるということもあって京都では若冲のブームである
京都市美術館でも若冲展をやっている
若冲はここで晩年10年ほどを暮らした
今も石峯寺は静かである
そもそもバスや車で入ってこれるところでないのが救いである
若冲に無縁な小生の勝手な話であるが、あるがままそのままこのままであってほしいと思う

外国人が日本の文化に憧れる 
お寺にも神社にも押し寄せてきている
隣接する伏見稲荷の参道や境内は外国人ばかりである
外国の方が多いので日本の方にはスミマセンね、と言うたら差別になるらしい
そう思うとなおさらあるがままそのままこのままそっとしてほしいと思う
人気画家ではあったけれど若冲は奇抜すぎる自分の絵が世間に評価されるには1000年かかるだろうと予言して85歳で没した
しかし、それから200年で歴史はいとも簡単に若冲に光を当てている

そのことを墓の中の若冲は知らないのである
喜んでいるとは限らない
そっとしておいてほしいというのはそういうことでもある
若冲が最後に選んだ五百羅漢とは仏陀の弟子である、インドから中国を経てはるばる日本に来た聖者である
思えば大勢の外国人でもある
日本の国はいつもそういう合理的矛盾を抱えている国だと思ってしまう
小生、芸術論を語っているつもりはない
写真は若冲の墓
鯵庵(10.17)


by ajiankyoto | 2016-10-17 06:28 | Comments(0)

b0355451_20580952.jpg
〝はやる″とは繁昌するという意味である
『はやらない店』というのは
一番の理由は、○よく休む、客のことを考えてない
二番目は○店や道具や店員が不潔である
三番目は○店員同士が仲が悪い
以降○責任者の心根が不遜である
○勢いがない
○商品に対する知識や愛着がない
○目先のことばかりを考えている
○店員の私語が多い
○愛想が悪い・・・・・
十番目はこれが極め付き
○味が悪い、価格が合わない
なるほど、さすがとも思える
外国人にばかりわさびをサービスするというのもあったけどそれは番外

それでは〝この逆がはやる店になるポイントですね″と聞いたら、
〝はやってる店のはやってる理由は分かりません"との答え
我が友人の経営コンサルタント、はやらない店を選んで良心的な仕事はしてるような気配は感じられたが、
それでは自分がはやらない気もした
”自分の商売はぼちぼち”の意味が何となく分かった
はやる理由は当の経営者にもわからないみたいです
外国人観光客相手の商売には商道は要らないみたいです
何故はやるのか分からないうちにはやらなくなるからです
はやる理由ははやらなくなるまでに気が付かないと危ないですよ

写真は何処で買ったか忘れたけれど、良心のへそ(仮題)
鯵庵(10.6)

by ajiankyoto | 2016-10-06 07:17 | Comments(0)

b0355451_09062495.jpg
もう観光地京都を見てしまって、見るとこがないと堂々と言う人が増えてしまった
京都嫌いは構わないのだけれど、市民にしてみれば見てしまったと言われるのはつらい
大したおもてなしも出来ないけどそれじゃうち(我が家)へ泊まってくださいと言いたくなる(言いたくなるだけ)
見るところがないというけど、見るべきところは何処だったのでしょうね

京都はすでに観光客の数には不自由していません
でも、それだけではやっていけないのがビジネスです
鉄道だってホテルだってレストランだって土産物屋だってそうなんです
失礼ながら観光寺院だってそれが経営の上で効果的なことを知ったわけです
業者が用意してくれるものは言い換えればそれは多数という名の客が教えた答えなんです
京都の観光業者の気質は京都に来る人(もちろん京都の人も含めてです)の一番多い期待を反映したものだと思います

実は業者も学んでいるのです
特に観光業というのは、結局は一番多い悩みを探してその答えを用意するのを業とするものです
読みが当たれば商売が成り立つわけです、毎年その繰り返しで学習した結果なんです
そんな京都が嫌いだという人も増えてきました
この頃やっと旅人の大多数が実は個性的な少数派だとわかってきました
それでも、市役所も観光業者も犬が羊を追うように群れを見てるわけです

そこが落とし穴なんです
観光業は観光客それぞれの期待には永遠に応えられない業種なのです
割り切れない一人一人の割り切りを合算して加重平均したものしか用意してくれないのです
″皆が行きたくて誰もいないところ”を観光業者に探してもらうなんてものは大きな矛盾です
が、結局はあなたの思いとはミスマッチの結果に終わります
それはもはや旅ではありません
人生でも同じようなやってませんか、そっちは精神科の問題ですけど
店や業者は割り切れない多数の一見さんを相手にそれで商売が出来るのですが
市長や市民までが群ばかり見て浮かれてしまっては気付けないことになります
写真は杖と壺、壺が大きくて杖立てに使えない
鯵庵(8.22)


by ajiankyoto | 2016-08-22 07:41 | Comments(2)

b0355451_07324787.jpg
嵐山に観光に来て、川しかないとがっかりした人がいる
新緑のこの季節は藤の花が見える山もあるやんかと反論しても意味がない
それがどうしたということになる
川しかないから船しかない
遊覧船の船頭さんが国内の観光の人には言うらしい
「お客さんが国の人でよかった、嵐山のいいとこを案内出来る・・外国のお客さんは話が出来ないから同じ船をやっても肩が凝る」と言うことだ
外国の人には黙って竿を扱っているだけらしい
ベンチャラなのか愚痴なのかわからないので、お返しで一番いいときはと聞いてみたら
やはり、夏の鵜飼の時だという答えが帰ってきた
「岐阜の長良川には負けるが大分の日田と並んでここは盛んだ」と話が弾んだ
我が国の三大鵜飼に入ろうという勢いだった
嵐山は千年も前から都人の最大の行楽地、鵜飼の歴史は記紀や万葉集にもある
観光資源としての鵜飼で今更虚勢を張らなくとも差し支えない
昔から嵐山は川に船を浮かべて遊ぶところなのだからそれでいい
季節の移り変わりを優雅に楽しむところだ、そのための船頭さんだ
丹波亀岡盆地の水はこの川一本で京都盆地に入る
その気になれば大堰川の由来やら、近頃の水害の謂れなどこの川だけでも講釈のネタはいくらでもある
人力車のお兄ちゃんもそうだがあまりごちゃごちゃの説明をしてくれなくともよい
その方が楽しめる、言葉の分からない外国の人の方が素直に楽しんでいるのかもしれない
富山に住む友人富山氏夫婦は久しぶりの嵐山観光を終えて、今京都駅前で小生夫婦と飲んでいる
・・でも日本語で会話出来たのはあの船頭さんだけだったと海外旅行みたいな話になった
外国人ばかりで嵐山も京都も肩が凝るという話だった
早々と小生の家で飲みなおすことになった
写真はボタンが咲いた
鯵庵(4.26)


by ajiankyoto | 2016-04-26 07:43 | Comments(0)