桜の葉か桜餅の葉か

b0355451_11514151.jpg
年中あるのだが、この時期になるとつい手が出てしまう
桜餅である
桜の葉を塩漬けにした風味が特長である
実はこの餅も関東風(長命寺もち)と近畿風(道明寺もち)という区別がある
こちらのものは道明寺粉というのを使う
水に浸したモチ米を干して、荒く砕いたものを用いるのが特徴である

しかも、形が違うのも面白い
京都では桜の葉の香りを大事にする
このサクラの葉の塩漬けはオオシマザクラの葉を用いることが多い
新鮮な葉をその日のうちに塩漬けにする
静岡県のある町が環境省の「かおり風景百選」にこの時の香りと風景が選ばれている
もちろんそういう産業として成り立っている程の需要がある

京都のそれぞれの店の桜餅の葉がどこからきているかは知らない
かなりの高級品だから葉っぱくらいいいものを使ってるはずだと感じている
嵐山の渡月橋のたもとに桜餅の茶店がある
ここの桜餅は他の店の桜餅とまた違っている
真っ白な道明寺餅を大きな桜の葉2枚で上下をくるんである
小生はこの桜餅が鄙(ひな)びていて好みである
他に餡でくるんだものもあるが、いずれにしろ桜の風味が一杯である

このサクラの葉の香りはクマリンである
「春に桜湯を飲む」でも述べた
塩漬けにして作り出される自然の香り成分である
桜餅の香りはこのクマリンである
嵐山は京都の観光地として余りに有名である
山と川しか眺めるものがないのにシーズンになれば京都の人は近づけない程の人が来る
観光地として何でもある、が
ひょっとしたら嵐山らしいというのはこの桜餅だけかもしれないと思ったりする
写真は友人かいこ氏と写経に行った大覚寺
鯵庵(4.11)

※「春に桜湯を飲む」の記事中、灯油にクマリンを添加してるわけを読者から尋ねられた・・クマリンはある紫外線に照らすと蛍光反応がある。揮発油は油種によって税金が違う。灯油にクマリンを1ppm程度添加していると、灯油を混ぜた軽油などを識別できる。脱税防止が目的・・ということです(鯵庵)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-11 12:00 | 翁草 | Comments(2)

春に桜湯を飲む


b0355451_08265554.jpg
"桜湯"で検索したら全国の銭湯が出てきた
欲しかったテーマは桜の塩漬けである
大体は五分咲きくらいの八重桜の花を梅酢と塩で漬ける
検索の結果、クックパッドにも作り方が載っていた
"お湯を注いで簡単出来上がり"と載っていたのには驚いたが、
もちろん桜湯のための桜の塩漬けの作り方も載っていた
上手に作ればお湯を注いだ時に花がきれいに開く・・

花が咲かなければ出来ないのだが、
京都の有名漬物店では春の前から店に並ぶ
それならお湯を注ぐだけでいい、簡単すぎる料理(?)だ
飲むのも簡単でいい、作法がある訳ではない
桜餅の桜の葉と同じで塩漬けにすることによって香りが出る
その天然の成分がクマリンである

かすかな香りを楽しむものである
クマリンは老化防止に結構な効能があるようだ
あなたはもう間に合わないかもしれないが、
お見合いや結納の時にはお茶に変えて用いる
老化防止に効くというなら、もっと早く飲んでおくのだった
が、これは飲みすぎは毒
クマリンには蛍光反応があることから税別のため灯油にも添加しているらしいのは驚く

今年は、せめて・・八重桜が咲いたら作ってみますか
梅干しの梅酢があればなお自分の家の味が楽しめますよ
花を二度見る方法だと思えば楽しめる
写真は大阪の造幣局桜の通り抜け(今年は11日から)
鯵庵(4.10)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-10 08:29 | 翁草 | Comments(0)