b0355451_07572319.jpg

鬼平犯科帳、BSでずっと再放送をしている
平成元年7月に始った第4代目の鬼平役吉右衛門シリーズがいい、その「五月闇」は非業に密偵の伊三次が死ぬ
小生が師事(?)するカルチャーのスーパー講師(女性)が好きなのが鬼平の密偵伊三次
小説「鬼平犯科帳」の主人公は鬼と言われただけのことがあって盗賊にもモテる
小生も小説の密偵の中で作者が力を入れている伊三次(いさじ)という男が好きだ
伊三次には泥棒としての業と男としての業が合わせ描かれている

伊三次は捨て子である、小説によれば伊勢の関宿の宿場女(女郎)たちに育てられた
10才で油屋に奉公にあがるが・・・、それしか生きていく道がなく、捨て子の素性でやがて悪の道に入る
悪の道は仕方がないことながら、それゆえの業を持っている
伊三次の20代は盗賊の配下だった
29歳のときに盗賊の女房と逃げる、その女を殺す
その後鬼平に拾われ、密偵を勤める

役宅の長屋で寝起きする、きびきびとした動きが出来る一方、地面を這いながらで一人で生きてきた男を描いている
人が好きではあるが人とは〝つるまない″男である
あるいはそのときそのときを生きていくことに精一杯であるが、変体が下手な男である・・が、生き抜ける力は持っていたと思う
〝希みもないが死ぬ度胸もない″伊三次である
鬼平の登場人物の中で同じく密偵おまさと並んで人気のあるキャラクターでもある
テレビでは最新版では平成元年から俳優三浦浩一が演じている
鬼平は無頼派であっても高級官吏である旗本、作者は主人公の男としての這いつくばってる男の業の部分を伊三次に置き換えて書いているように思う

しかし、伊三次の素性は泥棒である、過去に人も殺した
それでいて一分の隙もなく密偵として働く二つの面を持っている
いかに鬼平に拾われようともどうしようもないというものを作者は描いている
伊三次にとってはもう一つ密偵としての業を増やしただけのことだからだ
岡場所のおよねと一緒になったらどうかと鬼平に言われ、泥棒としての過去を捨てようと思いかけた時に昔の業によって昔女房を盗ったその盗賊に殺される
実は伊三次を殺したのは作者である
昔の業を逃れられない密偵の男を書きたかったからである、と
小説連載中、伊三次の死は作者にも重くのしかかっていたという
その鬼平に多くの女性ファンがいたのは嬉しいことだ
女性ファンは伊三次が好きみたいだなと思った
もちろん男性ファンはおまさ(梶芽衣子)の次におよね(池波志乃)が好きである
それにしても役者も我らと同じように齢をとってきた
最初の放映で伊三次が死んだのは平成7年である
それから20年、鬼平シリーズはとことん再放送で楽しむのが面白い
写真はカナヘビ
鯵庵(28.8.31)
「火盗改め鬼平の京都」ほここをクリック


[PR]
by ajiankyoto | 2017-10-02 18:32 | おとこ編 | Comments(0)

b0355451_20104823.jpg
三条カルチャーで室町芸能史の講座を持つスーパー講師が講座の最初にいつも言う

覇権が京都を去って、もう400年
安土桃山時代は京都の最後の花だった
天下を分けた関ヶ原(1600)は、徳川の覇権を固め江戸を都にした
新しい権威を打ち立てていくには自分の地盤のある関東の方がいい
大坂夏の陣(1615)から20年、参勤交代の制度(1635)は徳川の覇権がゆるぎないことと、
江戸が都ですよと日本全国に教えたことになる
それから300年、庶民は京都が都であるということも都があったということも知らなかった
かって都のあったという意味では、その時京都は奈良と同じく古都となった
古都というのは首都でなくなったという意味である
でも、それが今の京都の原型なのだ
応仁の乱の後の京都が今の京都の原型なのだ
京都は平安絵巻ではないのだ
また、わびさびの都市ではないのだ
戦国時代に日本にただ一つだけの都市機能を有した町だった
結局そのまま哀愁のある一地方都市になったのだ

古都というのは生きてる都市でもあるに続く
鯵庵(9.29)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-29 20:16 | 都市 | Comments(0)

酒の飲める女は器量よし

b0355451_20001239.jpg
今宮神社のあぶり餅の項で登場願ったスーパー講師の続きである
女史は「鬼平犯科帳」と「あぶり餅」が好きだと言ったが、もう一つ好きなのが京都の日本酒である
ちょい昔、地酒ブームがおこって、日本中のお酒が見直された
美味しい地酒は美味しいし、美味しくない地酒は美味しくない
こんな簡単な理屈があんたらにはわからへんのという
いい酒を造るのはいい材料といい技術者が必要なのはわかるやろ
それさえあれば何でもできるのとちゃうで・・
水も空気も歴史もが材料や
そやけどいい水と空気さえあれば美味しい酒ができるという誤解が地酒ブームを引き起こした
と女史は言う

御所の堺町御門を下ったところに「キンシ正宗」の「堀野記念館」というのがある
スーパー講師に案内されて京都市中の酒造りの歴史を一緒に見学してきた
約240年前天明元年(1781)ここで松屋久兵衛が蔵を開いた
その時の蔵と店と井戸が残っていてそれが今は記念館になっている
酒蔵は厚さ50センチの土壁て出来ていたため当時のものが残された
また、ここの水「桃の井」は往年の名水である
今も飲むことができるということで水を飲みに行った
この付近に御所の前に何十軒もあったのだという
隣は豪商白木屋だった

試飲させてもらいながら、240~250年前と言うと・・・、と得意の講釈が始まった
鬼平こと長谷川平蔵が京都西町奉行であった父や家族と1年足らずを京都で暮らした頃だ
ちょうど池田や伊丹の京都の美味しい透き通った酒が江戸でもやっと飲めるようになったころだ
まだ江戸には田沼政治が続いていた、江戸へ帰って父の蓄えを費やして放蕩している頃には上方のいい酒を飲んでいた筈だ
それでいて田沼に見いだされ、出世していく
それからも酒を飲みながら仕事が勤まったのは清酒ゆえだということだ
庶民が飲む濁り酒では仕事も寿命も持たない、清酒はびっくりするほど切れのいい酒だったのだ
都市には酒が必要である、中でも清酒は都市文化を支えるものである
朝廷の文化にも、町衆の文化にも、それよりもっと歓楽街や遊郭は酒の文化である
酒の質によって歓楽街にも上下があった
酒の悪い遊郭は没落した、花街という京都に残った遊郭は京都の酒が支えてきたのである

清酒が出来たゆえ女性も酒を楽しむことができるようになったという
京都の女はよく酒を飲む、確かに清酒ならいい女にも似あう
男と女を取り持つものになり得たのである
水商売で酒を飲まなければならない人は飲めない仕草を売りにする
スーパー講師のように自分の力で酒を飲める人に意外と京女を感じる
大胆にして上品、楚々として情が濃い、そのくせキレがいい
酒の飲み方でその人の生き方が分かるという法則は女性にも適用されるようだ
写真は誰?キンシ正宗のポスター女優である・・鰺庵(9.28)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-28 10:17 | 女紋 | Comments(0)

本当にもてたいのなら

b0355451_07271971.jpg
鞍馬天狗は大仏次郎の幕末小説のヒーローである
劇画とインチキ大河ドラマになれた我々には少し少年ポイところがあるような気がするが、極めてリベラルな侍である
京都の映画は鞍馬天狗と他にも丹下左膳が爽快である
ともに目元清(すず)しき・・侍である
30~40代の男を見るときは目元を見ればわかるという例えでもある

異性、特に男は女にモテたいのは動物としての悲しい性
工夫はするがモテたことのないのも厳しい現実
モテない男がこの社会で男を張っていくのは〝しんどく″なったのではないかと思っている
芸能人か金持ちにしか男を感じられない女性にも困る
男性も女性も〝自分の人生″に興味を持たなくなっている
特に仕事を持っている男にとっては毎日が違う舞台だから・・
出来れば舞台の上の男も見てやって下さい、お姫様・・?
それより、まず、下手な芝居も出来ないようでは、早く舞台から降りた方がいいと言う人もいる

そこで、女性にモテる男性になるための講義を受けてきた
一に芝居気があること
その上で大事なのが「知」と「稚」と「痴」の三つのチという
知的であること、夢を持っていること、したたかなこと、「この三つの成分が適当に配分されると男の匂いを感じる」・・と言った女史がいる
確かに歴史小説の英雄的主人公は大体このセオリーにあっています
ブツブツ言いながら何もしない脂ぎった顔をした老人の反対だと思えばいい??
ごもっとも、しかし今更どちらにもなれそうにないのが小生

鞍馬天狗を思い出した
しかしいくら憧れていたとて今からでは鞍馬天狗は出来ない
残念ながら20年は遅かったですね、と慰められた
ともかく、自分を演じられないようではダメ
男は40代になるときが境目だね、それからもてるのが本当
子供のままではもてないよ、これからも男を磨くなら"三つのチ”試してみたら・・
写真はコガネグモ(※「昆虫エクスプローラー」で調べさせてもらいました)
鯵庵(29.7.23改)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-23 05:27 | おとこ編 | Comments(0)

上手なタバコのやめ方

b0355451_11291959.jpg
困ったことに女性の体は男性に比して何百倍も複雑に出来ている
精密機器と同じである
バランスを崩しやすいし故障しやすい
そこに持ってきて特にタバコはホルモンの分泌に大きな影響を与える
妊娠中だけでも禁煙する必要はある

女盛りの50代女性に、妊娠や授乳期の禁煙を説いたとしも意味はない?
精密機器でありながらも、もうそれほどの精密さは必要がなくなっている?
以前にも出演していただいたタバコをなかなかやめられない”今を生きる50代京都の女史”のことである
人に迷惑をかけない暮らし方は出来るかもしれない
タバコの有害論は色々あるけれど女性の美容には極めて有害だ
口の中が不潔になる、まず歯が悪くなる
歯が抜け始めるまでにやめなければやがてそれが命取りになる
清潔は熟女の命ですよと小生は女史を脅かしている
熟女と言えど、まだ精密機械であることに変わりはない

女性は概ね男性より喫煙歴が短い
禁煙外来へ行ったら恥ずかしがらずに長い目に申告した方がいい
健康保険が適用されて、禁煙治療の飲み薬が処方されたら概ねやめられる
飲み薬が出来た、チャンピックスという
脳がニコチンを感じないようにしてしまう薬である
途中でタバコを吸っても美味しくない
一応3か月は薬は飲まなければならない
タバコを持ち歩いても、ほぼ、一週間で手が出なくなる

やめたくないならやめといたらいい
小生も医者に言われた、もう一生タバコを吸わない人間になってもいいな
タバコという人生の小道具に頼らない自分が想像できたらやめられる
それはそれで覚悟のいることなのだから・・
カッコよく長く生きることは所詮難しい
やめられるということを知っておればいい
と、精一杯のアドバイスをしている
鯵庵(12.13)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-12-13 17:00 | 翁草 | Comments(3)

b0355451_19482065.jpg

思えば、昔は仕事中にタバコを吸えたし・・、
カッコのつけ方次第では悪ぶる(煙に巻く)のに丁度いい小道具であった
悪人に他人への迷惑を説くのは、説得力がない気もするが
人に悪いのなら自分にも悪いかもしれないと思いだしてやめた訳である
”くさい きたない カッコ悪い”と女性と子供が嫌な顔をしているステッカーを見かける
このステッカー、何故か西日本に多いらしい

小生遅ればせながらではあるが、こんなステッカーより先にはやめた
吸い続けていたら、身内にもあんな顔をされるのだろうな

逆に女性の喫煙率がのびているともいわれる
今を生きる50代の京の女性がいる
タバコがやめられないという
気づかいは十分できるし、エチケットも守れる
決して迷惑をかけたり、不快感を与えたりしない件(くだんの)の彼女、小生は汚いとも思わない
論理的な考察の出来る珍しい女性だから、敢えて言えば自分で欠点を作っているのかもしれない
それぐらいの悪ぐらいはある方がいい
ことが終わってのタバコは男女の差はないと歌謡曲にもある

現代には50代は間違いなく女盛りであるが、一方間違いなく美貌の曲がり角である


”くさい きたない カッコ悪い”という標語には恣意的な脅し文句が入っている

確かにタバコいは匂いはある、確かにヤニや吸い殻は汚い、しかし、カッコ悪いとは限らない
カッコ悪いというのが個人の感想なら、”カッコいい”と言うのも個人の感想だと主張してもいい

タバコを吸うのがカッコ悪いというのは根拠が薄い

もともとこのステッカーがカッコ悪いじいさんを描いてるのは卑怯だと言う

カッコ悪いじいさんだからカッコ悪いのだ

言い換えれば、カッコよくタバコを吸える人がいてもいい

タバコが仮に悪であっても、悪が全てカッコ悪いというのはヒステリックな論理である

他人の健康に害をなすことはもっと世の中に多くある
自分にとっては仕事が健康に一番悪いのは昔からだし、男女の差はない
だがしかし、仮に1箱千円にもなるとさすがにコストが合わない
その時は、やっぱり健康のために生きる、と件(くだん)の女史も言う

不思議なことだが、タバコに関して語るときは皆論理的でなくなる

それとタバコ産業が未練たらしいのは別の話だ

タバコのやめ方というつもりで書きだしたのだが・・それはまた次回以降で

鯵庵(11.1)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-11-01 07:38 | 翁草 | Comments(0)

普通陽性にこだわる

b0355451_16213943.jpg

「酒の飲める女は器量よし」の三条カルチャーのスーパー講師の話の続きである
明るい性格はいいことだろう
陰と陽は半面性を持っている
陽性には「複合陽性」と「単純陽性」がある
明るいだけでは価値がない
努めて明るくするのも意味がない
私は「普通陽性」と言い、それにこだわるとスーパー講師M女史は言う

毎日暮らしているときには感じないが、京都の人はほぼ誤解の中で生きている
昔、都だった(あるいは国際観光文化都市)ことを自慢しているといわれる
京都人なら「そうどすな」と言えと言われる
京都の市民はそんな言葉は使わない
花柳界なら言うかもしれない
「そやね」と言ったら大阪弁やと言われたと、女史は語る
その女史、東山界隈散策で試しに人力車に乗ると
全国を回って来たという精悍真黒な車屋の兄さんに
お客さんはどこからですか?と聞かれたので
”いけず”のつもりで「東京どす」と答えた
「遠くの人で良かった、京都を案内しますね、京都の人はこの辺のことよく知っていて、その上裏表があって嫌いなんです」と
どっちが”いけず”や
その上教えてくれたのはNHK大河ドラマの寄せ集めやったけど
とても歴史ではなく、〔パロディ×漫談÷パロディ〕で面白かったと
ただし、お客は一見(いちげん)さんに限られるやろ

明るさにも暗さにも段階があり方向がある
こんな坂の多い街を大人二人も乗せて自分の足でベンチャラ言いながら走り回ることは客の3倍以上の体力と人格がいる
そんな立派な人が自分の個性は一つも見せず、明るくぺちゃくちゃ喋るのも悪いことではない
そんな明るさを「複合陽性」と言うみたいだ
でも、京都にはすこし静かな話好きの車屋さんでないと似合わないと注文をつけてきたという
やっぱり私は"いけず”な女になってしまう、と講師が語る
いけずついでに
「"皆が京都に憧れていると京都の人は皆思ってる”ということが、世間の誤解のはじまりだ」と言うのだが???
鯵庵(10.11)




[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-11 08:25 | 女紋 | Comments(0)