b0355451_16261776.jpg
昨年急死した友達がFACEBOOKに出てきた
「今日は〇〇さんの誕生日です、誕生日のメッセージを送りましょう・・」
おせっかいなFACEBOOKは知っているが、やはりなかなかにおせっかいである
つい、ポチッと送りそうになる
見て見れば去年の更新以降そのままである

小生もホームページもある
ブログもある
FACEBOOKもLINEもある
しかもいくつかは有料でもある

ひょっとしたら彼はFACEBOOKを消さなかったのかもしれない
あるいはそういうことが出来る人が周りにいなかったのかもしれない
FACEBOOKは別にしてもホームページなど消すのは管理者しかできない
果たして死期を知ったからと言って適切にそんなことできるのだろうか

FACEBOOK友達も、彼が死んだことも知らない人の方が多い
それでいいのかもしれない
証(あかし)なのだろうか、人玉(ひとだま)なのだろうか
拙者は?どうするつもりなのだろうか
確かに急に考えがまとまらない
鯵庵(4.20)




[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-20 06:05 | 翁草 | Comments(0)

b0355451_20034375.jpg
クレジットの明細を見て使ってないウィルスソフトの請求に気づいた
購入の覚えがない、今までこんなことはなかった、で、クレジット会社と購入先に問い合わせた
丁寧に対応してくれた、が、5年前にパソコン買ったときソフトのCDも一緒に買った
その時にインターネットで、メールアドレスとともに自動継続に登録していた
ウィルスソフト、今は別のものを入れている、メールアドレスも変わっている
ソフト会社は今回、期限が切れたためにメールで連絡したが返信がないので延長契約に同意したということで手続きをしたという
商品購入でNOと言わなければYESとみなすというのはおかしな話だ
クーリングオフには応じると言うが、そもそも商品の案内も届いてないのに
更新の契約は解除に応じますということになった
来月以降、クレジット会社を通じて返金できるようにするというので
つい、いつになく文句を言わずにありがとうとオペレーターの女の子に言ってしまった
携帯電話会社もこの手をよく使う
こちらが何も言わなければ自動継続だ
契約には期限があるが、自動継続にすればほぼ無期限と同じになる
互いに、手間が省ける思っていた
だが、毎回最初と同じ契約をしていることになって、会社にとって都合がいい仕組みになってたりする
ソフト会社も携帯電話会社も契約期間はもともと自分の都合で勝手に決めている
2年前より10年前、10年前より20年前の契約者が不利になる仕組みなのだ
閑話休題
確かに今は命も自動延長なのだが・・
縁起の悪い話で申し訳ないが
この広い世の中、持ち主は幽霊だけど自動継続でせっせと金だけ引き落とされてるなんて話がないわけではない
このウェブ関係の世界も、クレジットでないと支払が出来ないのが多い
内緒の携帯番号ぐらいはともかくとして、内緒の金融取引や内緒の銀行口座など気を付けた方がいいのでは
持ち主が急に幽霊になっても携帯電話は生きてるし、パソコンにはそのことが分からないのだ
例えば、このブログ、がんばって500編位は目標にしている
途中で倒れたら、誰にも何にも分からず・・やがて本当のデジタルゴミになってしまうのだろうね
それは構わないけど、しかし小生が幽霊でも毎月クレジットで銀行口座があるうち引かれていくのだろうね、パソコンはまだ働いている
パソコンの中だけのデジタル遺産と言うらしい・・
1年も更新がなかったら自動で自動延長タイムリミットでせめて無料コースに変えてゴミ箱に入れて欲しい
冗談じゃなくてそんなシステム考えてよ
年寄りは何はともあれ身辺整理が大事と言う話です
鯵庵(6.2)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-06-02 07:57 | Comments(3)