パソコン出来ますか?



パソコン出来ますか?と問われたのが辛い
答えの難しい問いだ
大体のことを言えば小生らの世代が会社などでパソコンに慣らされた最初の世代だ
その前にワープロというものもあった
古い世代にはワープロ活用世代と言った方が分かりやすいかもしれない
定年前にはデスクの上のパソコンで様々な事務処理を行った
例えば、パソコンを触れますかと問われたのなら、触っていますと答えることが出来る
だから、出来ますかと問われたら、出来るんだけれど・・・?
困っているわけである

小生はと言えば・・
ワードやエクセルだって使っているけれど正しく使っているとは限らない
写真の取り込みも印刷も出来るけど画像の処理まではぼつぼつである
しかし、ホームページは自分で作れる、HTMLやCSSも小学生程度は習った
ただ、そんなこと人にも言えないし今回の役に立たない
いずれにしたって誰もが自分の出来ることだけが出来るのある
答えを迷っていると・・
誰にでも出来るようになってますので心配は要りませんと言う
それぐらいなら出来ると言ってもいい、だから、出来ますかという問いに戸惑う訳である
シルバー(シルバー人材センター)での話である

パソコンで処理しなければならないならやるしかないだろうけど、
システムは(どうせ)いつも未熟なものである
周りを見渡せば余りにも技量の差が大きすぎる
資格は要らないけど、しなければいけないことは範囲は限られる
だから、それに対しては皆、同じスタートだ
理屈と体、理屈より体、この二つで付き合っていくしかない
パソコンという同僚なのだと思うしかない

暫くたって、今度は「もう慣れましたか?」と問われる
「人には慣れました」と答えるようにしている
その中に、パソコンも入っているのである
ビルもキーボードに見える?
鯵庵(3.9)



by ajiankyoto | 2017-03-08 17:21 | Comments(2)

b0355451_22051143.jpg
大阪の友人の悩みの相談を受けている
何かと言えばさる7月に彼のパソコンが10(ウィンドーズ10)に勝手にアップグレードしてしまったことだ
10は究極のプログラムらしいが、果たしてどうだろうか、急ぎすぎてアップグレードは混乱の課題が残されているのではないか
①遅くなった②起動しない③DVDドライブが使えない④ソフトが動かない
などなど知る人は知るであるが、誰でも何かの不具合が生じている
どうも他のものをほったらかしでOSだけが独走してるように思う
相性が大事だと思う
その辺りの不満は「ウィンドーズ10は試供品か」という題で遠慮なくブログにも書いた
(「ウインドーズ10は試供品なのか?」はここをクリック)

1万円近く払ったウィルスソフトがアップグレードに対抗しなかったのはウィルスソフトの限界を感じさせられた?
が、無償アップグレードのキャンペーンが終わってもはや1か月以上になる
小生のパソコンも勝手に動き出して10にアップしたが、今はこの際10に慣れる方を選んだ方がいいのではないかと思って10のままにしている
知識のある人はすぐに自分で戻すことも出来た筈
業者に頼んで解決してもらった人もいるが、日にちと費用がかかりすぎる
彼(老人仲間)の場合も以前のメールソフトが機能しなくてずっと困っていた
が、困ったことに、その時彼の場合はもう一つ冠動脈にステントを入れる入院が重なっていた
我ら初期老人もパソコンなくしては一日も暮らせないようになっている
ストレスはある程度慣れているつもりだが今回は心臓に響く
7月下旬、彼は買い替える決心をしたうえで阪大病院に入院した
もちろん暫くステント手術を終えて無事帰ってきたのである
すぐに彼は量販店へ行って、滑り込みでウィンドーズ8.1のパソコンを購入した
も一度やり直しであるが、ステントともども快調であると言ってきた

8.1から10にグレードアップした小生のウインドーズは「システムの復元」が出来ない
10から8.1に買い替えた彼のウィンドーズは「システムの復元」が今までと同じように容易にできる
3年はこれで行く、そのころには間違いなく10も大人になっているだろう
それから10に入れ替えると言う
ステント手術を乗り越えて経験が一つ増えたのだろう
OSのバージョンアップというのはなんだろう?簡単になるのと逆に難しくなっていく、小生にはそんな思いだけが残った

人生は時と一緒に流れている
もちろん元へ戻ることはできない
過去の好きな時点に戻すことが人間にも出来るなら失敗のない人生を歩めそうだ
しかし、それは悪魔の論理だ
人間には悪魔の論理であるが、コンピューターにとっては魔法の論理である、それがウィンドーズが持っている「システムの復元」というプログラムなのだ
コンピューターの進化の中でこのシステムを考えて組み込んでくれているウインドーズさんは偉いと思う、だが少なくとも彼は老人にはあまり優しくないということが良く分かった
※「システムの復元」についての説明は省略しております、そのため分かりにくいことをお許しください
写真は「元に戻れない」
鯵庵(9.3)


by ajiankyoto | 2016-09-03 09:50 | Comments(2)

b0355451_21350746.jpg
苦情が寄せられているようだ
ウィンド-ズ10のことである
もちろんウィンドーズは何かといいソフトで、世間を圧巻している、嫌が応でも使わざるを得ない
今回のウィンド-ズ10へのアップグレードの件である
今まで人を並ばしていたような企業が無料でと言うからそこに胡散臭さをずっと感じていた
今までの経験から胡散臭いのはずっと逃げていたら、それがしばらく後に勝手に動き出した
ついにNO・NO・NOと言い続けけなければ勝手に動いてしまうようなことまでやるのは何の意味ががあるのだろうか
それがトラブルの原因である
しかも10にアップグレードしたとたん、1~2年は戻ってしまった感がする、せっかく覚えたのがなくなってる
今までそれでもパソコンの買い替えごとに生まれ変わって勉強してきた
なんぼご推薦でも内容が分からないものはただでもいらん
小生の印象では、一番の問題は日本語変換のストレスが3倍になった
こんなことなんでするのだろうか、本社の指示なんだろうか?
使い易さと言うのは確実性である
漢字変換で骨身に沁みてるはずの(日本の)会社がなぜ今回ほど急ぐのだろうか
どんなことがあってもパソコンごとに2、3万円ほどのソフト代を当然のようにとっている会社がである
分かった、試供品だから無料だったのだ
試供品だと言ってほしかったが、困ったことに小生のパソコンは試供品を飲んでしまった
元に戻す方法も分からないような私(いつもやったら小生であるが自信がない表現をした)たちみたいなシャカリキについてきてるユーザーのこと考えて欲しいね
使い方は皆違う、あなたがまだ感じてなかったら忘れてください
このブログの題を今のようにしたのは嫌みであるが、会社は喜んでいるだろう
結局、どうせこの道しかないのだから・・・・
写真はヒラタアブ、1センチに満たない
鯵庵(6.14)


by ajiankyoto | 2016-06-14 06:35 | Comments(2)