b0355451_07020341.jpg
暦の話の前提にもう一度解説が入るのでご辛抱願いたい
ただ、これだけ知っていれば後のことはたいてい理解できる
太陽暦の19年は6939.6・・・日、月の満ち欠けのサイクルで235にあたる
29.53・・×235で6939.6・・で同じ
235ヶ月は19年+7ヶ月であるので太陽暦の19年に7度(約2.7年に1度)閏月を入れればほぼ解消できると言うことになる
これは、紀元前433年にメトンというギリシャの数学者が発見していたものである
これが旧暦の閏月である

2012年に閏3月があり約2年半後の2014年9月に閏9月が入った
そのまた約2年半後の今年2017年の5月に閏5月が続く
太陽暦の今年6月24日は旧暦であれば閏5月1日でもう一度5月が続く
だから今年(平成29年)は夏が来るのが遅くて長いと言うわけではない
そういう人が必ず本を書いているから注意が必要である
むしろ旧暦の季節感が余りにもズレて来たのを一気に修正していることなのだ

旧暦での暮らしとはどんなものだろうか
そんなズレに悩んでいたと思う
日々を暮らす人
月を暮らす人
年を暮らす人さまざまだったのだと思う
天候は摩訶不思議な現象だったろう
二十四節気が言われている限り地球が太陽をぐるっと回っていたことは知っていただろう
暦は共通語である
季節は人それぞれの言葉の感じ方でよかった
俳句のように静かに暦と季節の両方を見ていたものもある
それでなくともたしかに旧暦での季節感を楽しんでいたような気がする
鯵庵(6.16)

by ajiankyoto | 2017-06-16 07:07 | | Comments(0)

b0355451_16431309.jpg
「日本の暦(2)」に続く
むしろ旧暦時代に太陽暦を学んでいた天文家は占い師以上の仕事が出来た
日食の日を間違ったということで改暦になるぐらいだ
二十四節気もそうである
太陽が一番南下する冬至の日を基準に1年を時間的に24等分したものが二十四節気であり、太陽の位置(地球の傾き)を示すものでもある
二十四節気の1年は太陽暦の1年そのものである

ただ旧暦で言えばは毎年違う日になる
旧暦をたたえるために「二十四節気は旧暦の賜物、旧暦は季節感があっていい・・」などと言い出す
確かに二十四節気(立春・雨水・啓蟄・春分・・・・)は旧暦時代からある
それこそが旧暦が太陽太陰暦と言われる所以である
当初から太陽暦のみであれば、二十四節気は不要だった
月日だけで行けば旧暦では季節感が毎年ずれるから、二十四節気を使って季節感を補っているわけである
そんなものだからなおさら二十四節気(太陽暦)が必要だった
太陰太陽暦(旧暦)を太陽暦で暮らす工夫だったのだから当たり前のことなのだけど・・

この項続く
鯵庵(3.22)




by ajiankyoto | 2017-03-22 09:24 | Comments(0)

b0355451_07481102.jpg
「日本の暦」から続く

暦は科学であり、正しく知ることが生活を楽しむことにつながる
太陽暦は太陽に対する地球の傾きが基本、だから季節を反映できる
旧暦は残念ながら季節や天候を表すのに不都合な暦なのである
が旧暦も、ん千年の科学です
旧暦も太陽を見ている、正しい暦である
それゆえに便利な面もあったのは当然
庶民がいちいち宇宙の真理を知らなくとも暮らせるようにするのが暦である
迷信も一緒に書いてあるのが暦である
だからこそ暦は絶対の権力者のなせるもので、科学そのものでなければならないものだ


ただ占い師でもないのに時々旧暦を引っ張り出してくる人がいる
暦で天候予測は出来ない
が、小生が読んだ本もいきなり「天候不順は閏月(うるうつき)で説明がつく」と始まって、一気に幻滅した
今年は閏月が入るので夏が長いとか、旧暦を知れば3か月予報よりも先が見通せて商売に活かせるなんて話が何となくまかり通ったりする
もう一度言う、1年は365日を基準にする
ただし、400年に97回の閏年(366日)を置く
そうすると400年間の1年は平均365.2425日に極めて近いことが分かる

太陽太陰暦も同じことなのである
19年に7回の閏月を入れながらいつもこの太陽暦に合わせて補正をしているのが太陽太陰暦なのである
ほんわかとした暮らしに旧暦の知識があることは意味のあることだけど・・
旧暦活用の啓蒙を目指すとする一部の本は季節や天候が旧暦なら素直に表せるというどうしようもない勘違いに基づいている
暦には旧暦も載ってはいる
その程度に活用すればいい・・
今日は春分の日だ
春分・秋分に限り「彼岸」という哲学が入ってくる
(この項続く)
鯵庵(3.20)

by ajiankyoto | 2017-03-20 06:00 | Comments(1)

b0355451_08331128.jpg
山地の畑の近くにのカラスビシャクという雑草植物がある
サトイモ科ハンゲ属になる、蛇が長い舌を出してこちらを見ているような形が珍しい
実は薬草である、名前を半夏(ハンゲ)と言う
二十四節気夏至(げし)の末候(七十二候)に〝半夏(はんげ)生ず″というのがこれである
また、暦の雑節の一つに半夏生(はんげしょう)と言うのがある、夏至(6月21日)から11日目を言う
そういうことで七十二候の〝半夏生ず″と雑節〝半夏生″はほぼ同一日となる、今年(2016)は7月2日にあたる
ややこしいことに、一方ハンゲショウ(半夏生)と言う植物がある
こちらはドクダミ科の多年草、日の当たる湿地を好む
特色は葉の表面が真っ白に変化することである、
ドクダミに似た匂いもするが生薬としては用いない
花は穂のような花序、夏至を過ぎる頃から花をつけ葉の表面が白くなる
ということで、ハンゲショウ(半夏生または半化粧)として名が通ることになった
この時期、建仁寺の塔頭や嵯峨の大覚寺でも見ることが出来る
大岩街道を山科に入ったところに、勧修寺が山裾にある
お寺の名前は〝かじゅうじ″と言っていた
小生はバイクで走って見に行く
真言宗の本山の一つであるが、静かなお寺である
青いアジサイと供にお堂の前によく似合う
その半夏生の株や睡蓮の株を分けてくれたりした
そのせいかここへ行くと、少し仏に近づいた気がするから不思議だ
写真は2~3年前に勧修寺でもらった我が家のハンゲショウ
鯵庵(6.23)


by ajiankyoto | 2016-06-23 06:33 | | Comments(0)