明治になって陸上の乗り物の文化が先進諸国から入ってきた
その最たるものが蒸気機関車である
蒸気機関は日本でも明治と言う時代を象徴する文化になる
一方、明治の和風文化は"人力車(じんりきしゃ)"と言う奇態(きたい)な乗り物を発明した
奇態というのは人が動力となって人を乗せて走ることである

こんな発想はヨーロッパやアメリカにもなく、これを見て欧米人は驚いたと言う
本来なら馬車である、が、まさに和風文化である
お抱え駕籠かきの延長である

明治維新は身分制度のご一新でもあった、人力車では揺り戻しでもある
明治も半ばになって学習院小学校の校長をしていた乃木希典が華族の子弟が人力車で学校に通うのを戒めたという

それよりもそれから百数十年たって、観光都市京都にまた人力車が走る
いっそ牛車にすればよかったのにと思ったりする
逆しまなことと、思っていたらテレビでもやっていた

特に苦情もないらしい
グローバルとかインバウンドとかゲストハウスなどなどカタカナで言い出すと奇態な業者が活躍しだす

京都も今、改めて文明開化の時代を迎えている

けったいな街に変貌しようとしている


人力車の原型も牛車にある?・・だが、軌道文化ではない

文明はエンジンというものを開発したのにと思う
それはさておき・・その当時の京都は人力車などに見向きもせず、軌道文化しかも、蒸気を越え一気に電力に走った
それは琵琶湖疏水の賜物であった
公共の事業というものはそういうものであった
そのころの文明というものは、政治家に科学者にもましてや庶民になどとてもやないけど見えるものではなかったのだ


この項続く
鰺庵(7.5)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-05 11:20 | 都市 | Comments(0)

何でも聞いてください

b0355451_12362146.jpg
ボランティアで子供たちに環境のことを教えるいわゆる出前講座を担当したことがある
「何を聞いてもいいよ」と言ったら、「一番困った質問ってどんなん」という質問があった
答えられなくって「今みたいな用意してない質問」と答えた
専門用語を使わずに簡単に言うのはそのことを覚える以上に難しい
相手の知識レベルを図らなければならない
先生から、そのことはまだ○年生には教えていませんと、専門的なダメがとんできたりする・・
先生だって分からないこともあるが、ともかく子供たちには嘘を教えてはいけない
どの世界でも期待している質問が飛び出せばあたりである

「何んでも聞いてください」と言う声を傍らで聞いたことがある
若い二人女性の観光客をを乗せた人力車の兄さんだった
ご苦労なことであるが、何でも聞いてくださいとまで言うには・・
少々おこがましいのではないかとと思った
でも京都クイズみたいに何でも答えるというのではないのだそうだ
相手に合わせて答えることが大事だそうな
それが上手な人が人気があるようだ

初めて京都に暮らして、アルバイトで人力車を引く
もちろん京都のことも歴史のことも、旅の雑誌も勉強するが
同じように女性週刊誌のネタも勉強するらしい
お客さんである彼女らに分かり易い話に変えなければならない
硬派はNHKの大河ドラマの本一冊で大抵はクリアーできるという
それが京都土産である

実は喜んでいるお客さんの方が値踏みされているのである
そんな土産でいいならお安いことである
旅というのは学ぶことであった、筈である
昔は命かけてするものであった
今時、大層な土産は要らんようだ
いい土産を持ってかえってください
京都はあなたの旅の舞台装置です

京都には沢山のカモが飛んでくる・・
鯵庵(12.26)




[PR]
by ajiankyoto | 2016-12-26 12:00 | Comments(0)

普通陽性にこだわる

b0355451_16213943.jpg

「酒の飲める女は器量よし」の三条カルチャーのスーパー講師の話の続きである
明るい性格はいいことだろう
陰と陽は半面性を持っている
陽性には「複合陽性」と「単純陽性」がある
明るいだけでは価値がない
努めて明るくするのも意味がない
私は「普通陽性」と言い、それにこだわるとスーパー講師M女史は言う

毎日暮らしているときには感じないが、京都の人はほぼ誤解の中で生きている
昔、都だった(あるいは国際観光文化都市)ことを自慢しているといわれる
京都人なら「そうどすな」と言えと言われる
京都の市民はそんな言葉は使わない
花柳界なら言うかもしれない
「そやね」と言ったら大阪弁やと言われたと、女史は語る
その女史、東山界隈散策で試しに人力車に乗ると
全国を回って来たという精悍真黒な車屋の兄さんに
お客さんはどこからですか?と聞かれたので
”いけず”のつもりで「東京どす」と答えた
「遠くの人で良かった、京都を案内しますね、京都の人はこの辺のことよく知っていて、その上裏表があって嫌いなんです」と
どっちが”いけず”や
その上教えてくれたのはNHK大河ドラマの寄せ集めやったけど
とても歴史ではなく、〔パロディ×漫談÷パロディ〕で面白かったと
ただし、お客は一見(いちげん)さんに限られるやろ

明るさにも暗さにも段階があり方向がある
こんな坂の多い街を大人二人も乗せて自分の足でベンチャラ言いながら走り回ることは客の3倍以上の体力と人格がいる
そんな立派な人が自分の個性は一つも見せず、明るくぺちゃくちゃ喋るのも悪いことではない
そんな明るさを「複合陽性」と言うみたいだ
でも、京都にはすこし静かな話好きの車屋さんでないと似合わないと注文をつけてきたという
やっぱり私は"いけず”な女になってしまう、と講師が語る
いけずついでに
「"皆が京都に憧れていると京都の人は皆思ってる”ということが、世間の誤解のはじまりだ」と言うのだが???
鯵庵(10.11)




[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-11 08:25 | 女紋 | Comments(0)

思ったほどのことはない

b0355451_05453505.jpg
みんなが知っていることでないと自慢はできないが、
みんなが知っていることでは自慢にならない
"何でも京都が一番やと思ってるから、自慢してない様でみんな自慢になっている、道を聞いただけでも京都自慢の押し売りに会う、京都の人はそこを上手く使う”と感心してくれた大阪の友人がいた
京都という名前がメガトン級だから、知識のおすそ分けと言って教えてやろうとするのだろうか
旅の目的も色々あるはず、観光客ばかりではないのに勉強が足らなかったら嫌われるとも・・
一昔前サラリーマン時代、東京の本社の人を案内したことがある
世界遺産と言うブランドものにしか興味がなかった
しかし、こちらがガイドとしての勉強不足を謙遜したとたん、「案内してくれるぐらいのことなら中学校で習ったわ」と変な慰めにあった
やっぱり、東京でいい大学を出ている人は違う
確かに教科書に載っている仏像を見て、教科書どおりや感心してる修学旅行生もいる
京都が中学校の教科書のままならどこ行ってもわび(詫び)・さび(錆び)になる
件の本社の人、そのくせ夜に飯を食ったら芸者か舞妓が来るもんやと思ってる
どこに行っても何を食っても結局は銀座以下だと慰められた
こっちは自前やで、本社から来るなら経費も持って来いと言いたくなった
「京都は生きてる町」やでと反論すると、ついに″遺産で生きてる町″だと揶揄された
もう京都だけには行かないという人も多い
外国人ばっかしやし、やかましいし、不親切やし、何でも高いし、観光都市でも何でもないやんか
その上、テレビとも本とも違うし思ったほどのことはない、と言う結果になる
だからこそ、おもてなしのついでにちょこっと教えてやろうとするとまた嫌がられる
どこまで行っても結果の見えてる話なんだ
写真は二ホンアマガエル
路地住人鯵庵(6.4)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-06-04 05:46 | Comments(4)