老人化が始まる日

小生の親父は今年で100年になる
親父が70歳の頃、小生が40歳ぐらいの時である
親父がパーキンソン病を宣告された
その時まで意識していなかった親の老後を感じた
一気に我が家族も老人化に巻き込まれたという気がした
82歳で亡くなった、今日は親父の命日だ

誰かが言っていた
老人化と我々が言う場合には3っつのパターンがあると
一つ、自分が年とること
二つ、連れ合いが年とること
そして三つ、親が年とること
親が年をとった時に老人化のすべの課題が身近になってくる

あれから30年、一世代進んで今度は私が老人になった
当時老人化はまだ家族にとっての問題だった
その間にゴールドプラン(1989年)や公的介護保険制度(1997年)がスタートした
今は、社会全体での問題となりつつある
それは子供や家族に頼らなくてもやっていける
本人の心がけ次第の老後となったというわけなのだ
ところがである、いずれ老人のための施設にも限りある
ピークに合わせた施設整備は必ず過剰なものとしてあとに負債が残る
老人世代がヘルパー世代より人口が多いということになれば
結局は家庭での自力介護に戻らなければならなくなっているようだ

戻るべき家庭があればいいが、配偶者すでになく・・子供とはなにかと疎遠では・・
自分の老人化を子や孫の老人化にすることが出来ない
いずれどこかの大部屋で一人寂しく生きていくしかなくなってしまう
もうそれは始まっている
マイホーム主義の我らの世代だった
それが最後の矜持かもしれないが・・
それがマイホーム主義のつけ払いだと気付くのはこれからだと思う
鯵庵(9.16)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-16 17:42 | 往生 | Comments(0)

スイカの愚痴

b0355451_09175566.jpg
吾輩はスイカである・・?
「サザエさん」でタラちゃんが庭でスイカ割りをする場面があった
懐かしいと思う人がおったら、相当な年配だと思う
が、さりとてスイカを買おうと思うかどうか
今、スイカいくらするのか知っている
直販価格で10キロ未満のL寸で3000~4000円である、やはり高い
京都でも祇園祭が終わった頃がスイカの季節である、が、8月に入ったら少し安くなる

スイカ網って知ってないだろう?
それから一世代、今頃網に入れたスイカをぶら下げている人を見たことがない
家族でスイカを食うシチュエーションがなくなっているのだ
3000円も出せば保証付きのメロンもある
結局スイカは親しみより懐かしみが勝っている
小さなころにスイカを食わされた小生も、田舎で畑のスイカを食ってきた家内も、皆、実は美味しいスイカに当たってなかったのである
実はスイカは甘くて美味しいのだ
世の中にはこんなことは多い、本来の味を知らないままのことが多い

有名産地では必死になって美味しいスイカづくりをしている人がいっぱいいる、その人が悪いのではない
スイカを作ることは出来るけど、美味しいスイカを作るのは難しいのだ
昔から素人が作ったスイカなど美味しくないに決まってる
街へトラックで来て産地直販とかの感覚で、美味しくないスイカを何十年にわたって食わしてきた輩がいるのだ
今更ブランド化したとて切り身で色を見てからしか売れないものになった
美味しくないスイカの祟りなのである
熱中症予防にスイカは持ってこいであるのだが・・

その気になれば美味しいスイカを食えるようになった
ころには家族がなくなってしまった・・
今の家庭には井戸もなければ丸ごとのスイカを入れる冷蔵庫もないのである
それが結論である、いやいやスイカの愚痴である
写真はサマーセール
鯵庵(29.8.5改)残暑見舞い

[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-05 12:00 | 翁草 | Comments(0)

b0355451_07472124.jpg
本山なら宿坊(ホテル)を経営出来る
塔頭寺院ならそれなりに墓地の守や幼稚園経営でやっていける
観光寺院でなければ経営も出来ない
とすれば、俗世間に自ら近づいて入っていかなければ生き残れないことになる
どこが悪いのだと開き直らなくてもいい
宗教を広めるには俗化する宿命は避けられない

由緒や祈りも現在進行形ならお寺の生活も現在進行形なのである
・・と言えど、軒を連ねて俗なものが並んでいる街が京都である
ただの民家となすべきではないと
もともと寺は檀家があって、大檀家が国や豪族であれば公務員然と暮らすことが出来た
だから、堕落したとも言える
他人のために祈ることを忘れた
廃仏毀釈の憂き目にあった
肉食妻帯は以前からだとしても、家族を養っていかねばならなくなったら、俗そのものなのだ
それから150年、一度緩めたものが締まることのないのが世の常のことである

さりとて時代を戻せたとしても同じこと
今時、人より犬が好きなボンさんもいる
ぼんさんって近所の人、普通の人、俗な人・・
京都ではそれでも何百年とそれで付き合ってきた
それが「坊んさんが屁をこいた」である
ボンサンガヘヲコイタ、ボンサンガヘヲコイタ・・・・
子供達も肌で知っているし、親も止めることはない
それを見てボンさんがにっこりしているというのが本当の京都ともいえる

我が家のタヌキも目が霞んできた
鯵庵(6.14)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-14 18:37 | ご利益 | Comments(0)

b0355451_19374374.jpg
「だるまさんがころんだ」・・知っていると思う
が、京都・大阪の子供達は「ボンさんがへをこいた」が強い
鬼ごっこなどで十の数を数える文句である
お姫さんでも糞もすれば屁もこく訳だから、坊主(ボンさん)が屁をこくぐらい何でもない
そんな恐れ多いこと・・と思う人は京都にはいない
京都は各宗派の本山が並んでいる
門跡寺院は京都だからこそであり、その他の寺も由緒を書くことでは負けない
観光寺院であってもなくても寺には住職がいる
ずっと昔、明治5年に太政官布告が出た
「自今僧侶の肉食妻帯蓄髪勝手たるべし」とある
が、そもそもこんな布告を出さなければならないほど僧侶の日常は俗化していたとされる

800年前の親鸞ほどの人間がいる訳でなし・・
しかし、この布告によって一層仏教戒律は骨を抜かれた
出家も在家も全く同じことになってしまった
ボンさんに家族が出来て家族のためにお寺を経営し財産を守る
財産を子に継いでいく・・というならお店(おたな)と同じだ
大きさから言えば商売人以上の経営センスが必要だろう
それはそれでいいのだが、お寺が修行の場でなくなった

息子は本山系の大学でさえあれば入学も卒業も出来る
娘を幼稚園からキリスト教系の私学に入れてよその親と同じレベルで教育を語ったりする
ちょこっと楽屋裏(がくやうら)をのぞき見すれば、高級車があったり、その横に子供の三輪車がおいてあったりする
家族があればなまめかしい洗濯物も干さねばならない
このお寺の跡継ぎのお嫁さんは宗教家と一緒になったという認識がない
現世は多様である・・ご住職にとってはこれも修行かもしれない

それにしても廃仏毀釈、時々廃仏稀釈になってるので注意
(後編に続く)
鯵庵(6.12)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-13 06:37 | ご利益 | Comments(0)

b0355451_10081290.jpg
「市民たより」に認知症の記事があった
”10年後には65才以上の5人に1人は認知症になると予想されています”とあった
話が始まる
物忘れや散歩で道に迷ったりしただけで、娘が病院に行こうと言いだした
「普通に生活できているのにそんな筈はない」とつい怒鳴ってしまった
病院へ行けばやはり認知症だった、と言う話である

ついでに怒りやすいのもアルツハイマー型認知症の初期症状だとある
「年取ったら誰でも簡単に認知症になるんだから、家族に早く見つけてもらいや」
それだけでいいという気がするのだが、

もう一度同じことを言うが
10年後には65才以上の5人に1人は認知症になると予想されています”というフレーズの根拠が書いてない
5人に1人なら病気として未だかって経験したことのない高率と言える
何故10年後なのか、今55才の人も5人に1人と言うことか?
そもそも、認知症を患う率が5人に1人なのか?
・・・分からなくなってきた
統計と言うものを装っているキャッチフレーズは市民はいただけない
認知症が増えるのは独身が増えてるからではないかと思ったりする
いやいや長生きする人の割合が増えているだけのことではないのだろうか
それなら、(生きている限り)年齢とともに発症率(もしくわ発見率)が高くなりますというだけのことだろう

早期発見が認知症の治癒につながるなら市の健康診断でやってほしい
ひょっとしたら、これから認知症の診断ができるお医者さんを増やしていきますということなのかもしれない
それならそれでいい、その方が大事だ
それほど多い病気なのにしっかり検診出来る専門医は限られる
老人性と病気とは違うはずだ
いくらありふれた病気でも誤診では年寄りは浮かばれない
この頃まるっきりテレビが面白ろなくなった、などとぶったら認知症を疑われるかもしれない

それでも、すぐに病院へ行こうと言うてくれるような家族がいるのは幸せだ
特に、市民たよりに出てくる気の利いた娘がいればなあ
やっぱり娘だけやなー・・うちの”かかあ”や”あの嫁”では無理やなーと思った人の方が多い気がした
小生のことではないので念のため
写真は新緑、いきいきしてたのは全て昔のことです
鯵庵(5.19)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-05-19 21:05 | 健康保険 | Comments(2)

がんこ氏の場合⑷


b0355451_08310947.jpg
ブログにふさわしくない話を続けます
人間の想像力には大きな限界がある
立派な子がおってもおらなくても同じことなのだ
も一度話をがんこ氏に戻すと・・自分で決められるものは自分で決められるうちに自分で決めたいと言っていた
壮年期の息子さん家族に自分の最後を相談することは無理だろう
人間の想像力には大きな限界がある
明日起こるかもしれないというだけで、考えたくもないことを考えることは出来ない
思いついたことをそう簡単に口に出すことは出来ない
ましてや奥さん(息子さんにとっては母親)のことも考えなくてはならない立場に追いやった
子供なら自分のことは自分でやれたらそれで十分なんだけど、自分だってやっと自分が見えてきた
自分の死に方は自分で考えるしかない、と言うのが結論だ

親子が別に暮らすことには慣れている
そんな世代でもあった
でも、夫婦が別に暮らすことは今まで考えたことがなかった
結局は奥さんは家を失った
哀しいかな、自分の死のことをゆだねることは出来ない
とりあえずは自分の葬儀ではあるが、がんこ氏にはこだわりはない
遺言(ゆいごん・法律的には〝いごん″と読む、嫌だね)など書く気はさらさらない
財産は死ぬまでに使ってしまうつもりだが、長生きすれば足らないかもしれない
たとえ借金でも相続は発生する、その多くは事務手続きである
それでもめるならもめればいい、そう思うことにした

子供が大人になるまでの親の義務は当然であるが、成人すればそれからも解放される
子供の立場で言えばその逆もまた当然でもある
自分らもそう思ってきた
家の単位は二人、一人では単位に満たない
家を失ったのはがんこ氏も同じことだった
淋しくはあるが、それが一人で暮らすということだと小生も思う
心配してもしなくとも、ほとんどの人がそこへ行くことになる
この項続く・・・
鯵庵(5.13)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-05-13 08:32 | 健康保険 | Comments(0)

がんこ氏の場合⑶

b0355451_17382992.jpg
ブログにふさわしくない話を続けます

がんこ氏は言う
わが国の救急体制と脳の外科医に助けられた
救急病院の外科医は激務だ
入院していた時によくわかった
少しの差であっち側へ転んでいたかもしれない、と思うとぞっとする
それは当直医の差でもある
その怖さが改めて襲ってくるという

わが国で、タイミングよく高度な外科手術や先進医療を受けられる人はどれほどいるのだろうか
医療が高度すぎて、あまりに多くの費用がいる
たとえば保険をしっかりかけておくことはできる
しかし、それだけではダメである
具合悪くなればすぐに有名病院に雲隠れ入院できる政治家以上の力がいる
しかもである、そんな悠長な話ではない
なんぼ救急体制が整っても、なんぼ名医にコネがあっても、倒れた時に家族がそばにいなければ・・と言うこともある
一人で暮らすリスクは限りなく大きい

愚痴っているのではない
日本の医療の水準と日本の健康保険の制度は、もうすでに享受している
現にがんこ氏自身が命拾いをした
ハッキリ言うと普通の人間にはこれ以上の幸運を求められないのではないか
テレビで見た有名外科医の活躍を見てそう思う
日本の名医はこちらがいくら調べても向こうから寄って来てくれないし、来られてもこちらにそれだけの経済力はない
恐らく迷うばかりである

だからこそ平等に得られる医療行為を越えれば自分の力のみで生き延びていくことが大事なのだと
高い志を持っている日本一の医者にかかれば場合によっては治るかもしれない・・という我欲を捨てなければならない
それは不老長寿のような秦の始皇帝的な永遠の欲に近い
仙人にもなれない我々は世の中が平等ではないと知ることが出来るくらいの人生経験はある
だからこそ平均的寿命が絶対的多数の人生なんだと悟らされるという
今は素人間で生き抜かなければならない人ばかりに囲まれていると、がんこ氏は言うのである
あなたはどう感じますか?

この項続く
鯵庵(5.9)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-05-09 04:00 | 健康保険 | Comments(0)

b0355451_21162365.jpg
ありえないことの例えである
磯野家の脇をがっちり固めているマスオさんが・・
ひょんなことから里へ帰ることになった
もちろん仮定の話である
磯野家は福岡から来た
フグ田家は大阪である
一度も舅や嫁の前で大阪弁も語らなかったマスオさんが??
ついに「里へ帰らせてもらいます」と言った
たとえそうでなかっても、大阪転勤もあり得る訳である
も一度言うが仮定の話である

サザエはどうするのだろうか
大阪へタラオをつれてついて行ける女ではない
タラオはまだ小さい、それでも単身赴任ならあり得るかもしれない
サザエは言うだろう、せめて福岡ならついていくかも
小生の昔の会社では大阪支社勤務になるくらいなら、九州もしくは北海道まで行った方がましだという
ましてや京都などと言ったら、もう、帰り道が遠すぎる、という
送別会では「はよ帰ってこい」と皆が言う送られたものも最後まで大阪弁を通すものだから意外と早く帰れる
もう一つは、悲しいかな奥さんがもたないだから、結局早い目に引き上げてくることになる

家庭がもたなければ仕事する意味がない
波平さんはマスオさんと絶対喧嘩しない
何十年たっても喧嘩したのを見たことがない
それはマスオさんの覚悟である
サザエの覚悟だとみている人がいるがいるが、それは違う
「サザエさん」でマスオさんが主役だといった意味がそこにある
本当に世の中はマスオさんみたいな人が主役である

仕事で失敗でもしたら、いつか「里(大阪)へ帰ります」と言い出すドラマを期待している
マスオさんだって、いつか噴火するというのは当たり前だと思うのだが
東芝がスポンサーを止める時が始まりである
鯵庵(3.5)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-03-05 21:25 | Comments(0)

看取り率?

b0355451_17261054.jpg
どこで死にたいかって?
そんなこと聞かんといてーや
病院が8割、自宅や老人施設が約2割である
自宅や施設で死にたいと希望している人は6~7割であるのに・・
国の統計である

現在の状況でこれぐらいだとすればあと10~20年後を予定している我らの時代はどうなっているのだろうか
不安になるのは当然である
国は何とか20年後には現在の2割を4割ぐらいに引き上げたいと目標を定めている
だがこれは場合によってはあきらめる他ないような数値だ
もう数年でやってくる団塊世代の後期高齢化
在宅医療体制や老々介護の実態がここ数年で解決できるとは思えない
何よりも余りに多くの老人に対して病床や介護人員の不足がやってくる
20年後なら達成できるかもしれないとしたら
・・それは団塊の波が行ってしまってからのことであろう

そんなことより、在宅での看取り経験が日本でなくなっていると専門家は指摘する
病院であろうと自宅であろうと老人用の施設であっても、家族があって初めて出来る相談である
これまでは"自宅や施設で"というのがキーであるが、これからは"家族の介護"がキーだろう
介護が出来なければ、病院が施設になり、自宅が施設になってくる
結局は施設で・・寂しくということになる
どこで死にたいかと言われても
既に住んでいるところの地域差の方が大きくて、結局は自分で選ぶことは出来ないのだ
統計結果はそんなことも示している

夫婦でこの問題を考えると
後になるか先になるか
それによって違ってくるのではないかと実感している
先に死にたいとは必ずしも思わないが・・、後になってしまえば多くのことをあきらめざるを得ない
自宅で看取られて死ねるなんて幸せは僥倖と言うに等しい
いずれにしても自分のことである
率とか割合ではない
地域差も他人のことも関係ない
はっきり言えば0か100かの世界である
看取り率は一度限りなく0に近づくと考えていた方がいい
鯵庵(29.2.14)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-02-14 17:32 | 往生 | Comments(0)

家族は大きい方がいい

b0355451_07150663.jpg
新しい家族を作ろうとした我ら世代は結局は家族を壊してしまったのではないだろうか
家族は本来の最小単位だが
家族は最大の群れだった
家族が皆一緒に暮らせることが一番の幸せである
原始の時代からの本能の一つだろう
だが実際はそうでなかったこともまた多い
社会生活を行うにつれ家族の単位は小さくなっていく

人間に仕事の歴史はもはや3千年になる
家族を守っていくのは男の仕事だった
守るために戦う為に仕方なく離れ離れになったことの大きな不安も
やがて繰り返し学習で克服できる社会になってきた
人間という動物にはそれが一番の苦労だったのに
家族は肉体の痛みを共有するものだ
しかし離れたとたんに痛みは半減する

我ら家族に助けられなかった世代は家族として助ける方法を学習していない
家族を壊す仕組みばかりを作ってしまってために
今度は家族を離れたゆえに生きていけない多くの人たちを作ってしまった
家族の単位は限りなく小さくなってやがて個になっていく
ふがいなく、なさけなく・・
まだ小さい方が暮らしやすかったと誤解している
社会は家族の代わりはしてくれない
しかしもう、戻ることはないだろう
鯵庵(1.5)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-01-05 07:15 | Comments(0)