統計というものは右・左に山があって真ん中がへこんでいても平均値というものがある
60歳で定年を迎えて夫婦二人が死ぬまで(いわゆる老後)どれだけの金が要るだろうかという話題だ
将来の平均余命を勘案してかつ平均して夫婦で30年間暮らすという仮定だ
月の消費支出は2人で月25万円(60才以上の平均的生活)
年に300万円、30年間で300×30年で9000万円にもなる
夫婦の年金は月に20万円、30年間の年金額は7200万円になる
月に5万円は不足するわけだから、90までも生きてしまえば不足額が1800万円になる
b0355451_11393856.jpg
もちろんいくら平均だと言って、各家庭が月に5万円ずつ借金しているわけでない
この1800万円をどうして埋めるかというとサラリーマンでも幸せな人は退職金がある
企業年金も少しは上乗せできるかもしれない・・
しかしこれはもらった人の話である
すでに統計に何の意味もないのが分かってもらえるだろうか
もしもまだ統計を大事にするなら国民は60歳からまだ1800万円近くの収入を得なければ平均も維持できないことになる

退職金どころか、実際は年金額が10万円に満たない人も多い
いい仕事があって働ける人もいるし
そうかと思えば働きたくても働けない人もいる
仮にハローワークの紹介パートなら月に100時間も働いて9万円ほどである
その計算では約200か月働いてやっと1800万円・・
60歳から76とか77歳まで働いてやっとの世界なのだ
子供からの仕送りがある人ないこともないだろう、その他にも不動産を活用するとか、究極は自分に掛ける生命保険もある
一人一人の気持ちではせめて平均までは行きたいと思うだろう

それにしてもただ二人で生きていく(老後)だけで9000万円も支出しなければならないという方に改めて驚く
そんなところに世間の業者が群がってくるのがこれからの図式だろう
(この項続く)
鯵庵

[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-18 09:24 | 往生 | Comments(0)

終活アドバイザー


お盆のちょっと前のことである、いつものことながら暇つぶしにテレビを見ていた
お盆に家族が寄る機会を互いに大事にして・・就活をしておけというのだ
一は預金のありかと額(遺産のこと)
二は誰が介護をするかということ
三は葬儀の仕方のこと、あえて追加すれば誰まで呼べばいいかということ
自分の仕舞いを子供たちと決めておくことこそトラブルを防ぐ方法だとのたまう訳である
うっとおしいものを見てしまった

そもそもお盆にしか会えないのは家族ではない
こんな話に土俵も行司もない
昔は何かとオジキが出てきてくれて欲に突っ張った奴を叱りながら納めてくれたものだが今時の欲張りはこんな時にも理屈を言って人の話を聞かない
せめて人の話を聞けるならそもそも問題が起きない

子供に預金の話をあからさまに出来る親は今は1割もいないだろう
そんなことをする人は生きてる間に地獄を見る
介護のことを子供や嫁にあらかじめ頼んだとて何の保証もない
それどころかなんやかんや言って前金取られる
葬儀に誰を呼ぶかなんて言ったって、そもそも思惑がずれている
来てほしい人は来てくれないことになる
子供にとっては連絡先もわからなければかえって免罪符になる

誰かが言っていた、今の年寄りは隠居さんではないのである
そもそも、相続とは正に子供らに譲らなかったもののことである
親も子もそれぞれ別々の世帯でまるっきり違う家計を営んでいるのである
たまたま法律は家族や家庭に入ってこない
自分の持っているもので施設でも入ってくれ
そうでなければずっと入院してほしい
そうでなければ元気な時に死んでほしい
そこまで言われれば親としては幸福の部である
隠居どころか息子の扶養家族になるわけにはいかん

自分の仕舞いを自分流に出来たとしたら僥倖だろう
それよりも先に老後破産だってあり得る訳である
僅かな年金を頼りに大人になっても離れない大人子供が沢山いるらしい
さっきの話はそんな人の話ではないかという
ボケてしまいたいという人が多い
なおさら、就活アドバイザーに言われるとけったくそが悪い
やりたい人にやれるのは生命保険だけらしい
生命保険はボケる前に入っとくべきだというのはいいアドバイスだった
やはりスポンサーに保険会社が入っていた
現世(うつしよ)は一人旅である
五山の送り火を遠く眺めながら思ったことである
鯵庵(8.17)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-17 09:00 | 後生 | Comments(4)

初夢艶福指数続編

b0355451_09415324.jpg
人口動態統計、国の統計である
昨年の結婚(初婚どうし)の平均年齢男性30.7歳、女性29.0歳と発表された
これを40年遡れば男性27歳、女性24歳である
明らかに晩婚化していることがわかる、と新聞にも書いている

だが、この数値は夫婦そろって初婚の場合である
初婚どうしは昨年の結婚の4分の3未満である
4組に1組はどちらかがもしくはどちらも再婚である
それを加えたら何歳になるのか・あるいは再婚の平均年齢は?
ネットで国の統計を覗いたのでは見つけられなかった

初婚の年齢差も縮まっている
正月に初夢艶福(えんぷく)指数(勝手な命名ですよ、お遊びです)というのを載せた
〔相手の年齢=自分の年齢÷2+X〕
で、このXが艶福指数であった
標準的には(少ない方が艶福度が高い)15だった
これを昨年の結婚年齢に当てはめると
29=30÷2+14となり
Xは14で15にニァリーイコールである
小生の式、艶福指数の式(30歳)があっていたことになる

自慢することはない
もともと初婚どうしに艶福は当たり前、小生の指数とは無関係である
歳の差があろうとなかろうと、艶福である
本来、再婚の場合を想定していたものなのである
男性も女性も再婚する勇気をもって下さいと言うものだ
ましては歳の差だってめでたいことですと言いたいわけである
国の統計だってもっと意思を持ってほしい
統計というものはもっと面白いものであってほしい
初婚どうしの平均年齢より再婚の平均年齢の方が国民(個人的)には役に立つような気がする
男性も女性も、再婚にも勇気をもって下さい
今日のブログはただそれだけのことである
鯵庵(2.13)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-02-13 07:56 | Comments(0)

b0355451_16352099.jpg
相手の年令=自分の年令÷2+7(式-1)

(ここから後編)

55歳で10歳下の再婚相手を得た友人は今、幸せである
彼の艶福指数は22.5ということになる
一般人ならそれでも艶福(えんぷく)の部に入る
奥さん55歳で孫を持つ立場になったわけである
45歳で年上の彼と一緒になって10年かかって落ち着いた
娘さんは今35歳になっている
家族という単位はすべからく女性が核である
主婦という言葉はその全てを表現している
憧れる値打ちのある言葉である
長い人生の半ばで孫が出来て、自分の娘や孫のように思える
その今、家族の操縦桿は彼女が握っているのである

前編に戻る・・夢とは言えど50歳で18歳の歳の差は(式-1)は一般人には現実的ではない
目が覚めて改めて彼の年賀状を斜めに見ながら式を補正した
相手の年令=(自分の年令÷2+15)(式-2)にした
これなら20歳で相手の年令25歳、歳の差マイナス5歳
30歳なら30歳、歳の差0歳
40歳なら35歳、歳の差5歳
50歳なら40歳、歳の差10歳
60歳なら45歳、歳の差15歳
男性に当てはめると20歳代には年上の女性に憧れる現実にも整合する
男勝手の理想的(標準的)艶福指数は15くらいにあるのではないか

夢の話でこんなとこで不吉にして真面目なことを言ってはいけないけれど
このくらいの歳の差あれば・・、世の女性も、夫の遺産(ほぼ年金のこと)で残った人生を少し長く楽しめるかもしれない
男がいくら強がっても妻を守ってやれるのは自分が生きているときだけである
年金はいくらもらえても子供には残せない・・のだから妻の座は大きい
番(つがい)になってしまえばなんぼ年月が経っても年の差は変わることはない
やはり再婚だけにしか使えそうにない式だ
それなら最初の式(式-1)は何か?
これはギリギリ話の通じる(遊べる)歳の差ということにしたい

既婚者女性読者の声が怖い、鯵庵さん何を言ってるの?
ごもっともです、だから初夢なんです
もちろん小生にも「再婚」も「艶福」も無関係な単語である
しかも、小生のデーターは昭和の時代のものです
ただ・・・女性の人生は長い、人生を二度楽しめるかもしれない
一度や二度の失敗でくじけることはない、と言ってるつもりなのだ
そう思っていただければ、平成時代にも使える?
写真は貴船菊(秋明菊)、種は風で散るだけ
鯵庵(1.7)




[PR]
by ajiankyoto | 2017-01-07 19:09 | Comments(0)

b0355451_20573547.jpg
10年ほど前に同級生の友人が再婚した
その時ちょっとした披露宴に呼んでもらった
その彼らからいつもながら年賀状が来ている
今年は娘さんに孫が出来たとあった
だから、再婚した奥さんもおばあちゃんになったわけだ
孫の面倒を見てもらうなら15年前に亡くなった奥さんも悋気(りんき)は辛抱してくれるか

正月だからと、昼酒をいただいて昼寝した
夢を見たから、初夢になるかもしれない
自分が再婚する夢である
届をするのに相手の年令を算式で書けと役所が言うのだ
3っつ違いだと家内が横から言う
そんなおかしいことはない
家内と再婚する筈がない、それなら初夢ではなく悪夢になる

夢の中で作った式である
相手の年令=自分の年令÷2+7(式-1)
でどうだと言った
仮に40歳なら相手は27歳以上、年の差13歳である
50歳なら相手は32歳、年の差18歳である
60歳なら相手は37歳、年の差23歳である
70歳なら相手は42歳、年の差28歳である
となる

年の差婚というのが言われたときがある、許される年の差とみてもいい
14歳の時に同じ歳の女性に恋をして(標準的初恋・・歳の差0歳)
人生まあ作戦とまではいかないがそれなり成功で50歳で若い後妻を貰うとして(歳の差18歳)
それを直線で引いただけである
この式の7というのが再婚艶福指数(小生が勝手に名付けた)なのである
歳の差はあくまでも人生を共にできる可能性の中での最大値である
分かり易く言えば財産のある芸能人のならこれぐらいのものだろう
これ以上では親子が逆転する
と夢の中で区役所の窓口の閻魔さんみたいな顔をした人に説明している
この数字が小さい程艶福(えんぷく≒スケベー)でもある
も一度ことわっておくが夢の話である

(後篇に続く)
鯵庵(1.6)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-01-06 15:56 | Comments(0)

b0355451_07501754.jpg
サラリーマン諸君へ
定年までは辞めてやると言ってはいけない
退職までに家のローンは済ませておこう
それで退職金が残れば、まあ幸せな部類だ
そこまで行けばどんな仕事でも再任用にも応えよう
貴方がまだ現役なら、仕事のあるうちにいい物を買っておこう
これからは一生使うものばかり、買い替えが一番の無駄遣い
携帯電話が微妙だ、今使えない機能はこれからも使えない
機種変更は仕方ないとしても番号やメールアドレスは一生もん
会社の付き合いだと思わずに人にも付き合っていこう
その代わり退職後は同輩・後輩に期待してはいけない
昔の恨みを思い出されたら困るというものだ
会社人生依怙贔屓(えこひいき)、人の恨みも一生もん

大事なことを忘れてた
ここまでもったなら、絶対別れてはいけない
まとわりついてでも一緒にいよう
今の連れ合いが一生もん、死ぬまで大事にしてもらおう
乗り換え、買い替え高くつく
結局年金こそが一生もん
写真は光るレール、2本あってもどこまで行っても交わらない
鯵庵(10.23)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-23 17:52 | Comments(1)