またまだ、研修中です

b0355451_10024099.jpg
4月に入って巷でも人の異動が感じられる
アルバイトが変わったとか、今まだ研修中だとか
どちらかというと先のある話が多い
小生のパート先でも同じである
春は春である、もっともなことである

それにしても若い人が朝早くから夜遅くまで働いている
それほど賃金が高いとは思えない
若い時の貧しさなんて・・そんなものなんともない
我々だって若いころは、、、と続きそうだ
しかし、それは違うと思うし、やめておこうと思う

人は苦しさに耐えなければならない時期はある
それは仕方がないだろう
辛抱ってなんともない、自分の力で将来を切り開いて行け!!!
そうなんだけど
それは成功して初めて言えることである

小生この頃思う
彼ら彼女らは何度チャンスを失ったのだろうか
成功した人の話が教訓になるのは自分が成功した後である
成功とは人を最低賃金で使う経営者になることだろうか
その反対側で若者たちが現実の厳しさと挫折を味わっている
新卒採用でなければ浮かび上がることすらできない社会になっている

先に希望がなくても頑張らなければならない人にとってはきっと空しい春なんだろうと思う
せめてそんな若い人たちの気持ちを救ってやれる経営者は出てこないのだろうか
早くに人生を諦めなければならない人生なら哀しすぎる
まるで時代が逆戻りしているような気がする
鯵庵(4.13)

by ajiankyoto | 2017-04-13 12:00 | ハロー・ワーク | Comments(0)

b0355451_20543036.jpg
求人用の〝年齢不問″には泣かされる。これが初期老人には痛い
仕事は時間をかけてこそ覚えらるもんだから若い人の方がいいのは決まってる
〝年齢不問″の順番は年寄りからか若い人からか?!などと言われれば困る
ハローワークには若い人がもっと多い、若い人の職を奪ってまでという気はさらさらない
パートの〝年齢不問は年齢不問″ということではないのか、と突っ込んでみたが、やはり違うらしい
それなのに、傍から見ててもその年齢不問に応募しなければならない若い人の方の苦しさの方が辛い

雇う方にはそれなりの理屈はある
若い人をパートで採用したいのに、「法律で年齢制限は禁止されてます」と指導される
だから「年齢不問」ということにしなければ求人できない
法律は必ずしも親切でないのは分かっていたつもりだが・・
「新卒以外は年齢不問」では若い人も浮かばれない
どちらも、履歴書の年令だけで決まってしまう
小生、今までそんなことも知らなかった
ハローワークに行くたびに、そんなことも知らない〝幸せな人だったんですね″と言われてる気がした
ハローワーク12回戦に挑戦、結局1年が過ぎた
銀行が金を借りてくれる人しか見てないようにハローワークは求人の方に目が行っている?
それなら雇用の指導もしっかりしてほしい
政府の統計で有効求人倍率が1.3まで超えて求職より求人の方が多くなったと言う
しかし、ほとんどが派遣と最低賃金になってしまった
しかも、求人数には未だ大きな膨らまし粉が効いている
相手にするのが失業者なのだから・・失業者就職率みたいな統計が必要だ
掘り出し物狙いの世界になってしまっている

勝手な思いで70歳までは働くべきと思っている
やっと拾ってくれた先は履歴書も見てくれなかった
年齢も経験も性別すら要らなかった代わりに人格も要らなかった
応募した3人が採用されたが3人ともが10日も勤めきれなかった
みんなはどうしたのだろう?
仕事探しををあきらめる人が増えてる

求人倍率が増えることを行政関係者は自慢している
実態と逆の統計結果が進んでいく、そうでなかったらいいのだけど
仕事にあたった人もあたらなかった人も自分の仕事を得られない
その中で65歳を超えている小生は遅ればせながらシルバー人材センターに登録に行った
シルバーのライバルもまたシルバーだろうけれど・・
同じ戦場に出てもライバルを互いに労(いた)わることのできる戦士であるのが救いである
写真はホウズキ、実もしぼんでしまった
鯵庵(1.12)





by ajiankyoto | 2017-01-13 19:24 | Comments(2)

モノクロの世界?

b0355451_09014904.jpg
若い人にとってハローワークでの職探しはそもそもが崖っぷちかも?
ここでの「職探しと言うのは1にも2にもマッチングが大事なのでは?」とある相談員に若くない小生が自分の意見を言ったら、有能そうな相談員彼女から「職探しはタイミングの問題です」と頭の上の方から答えが帰ってきた
「それじゃ私でも相談員になれる」と言いたかったが、相談員は私の年齢のことを言ってるのかもしれないと思った
毎日何十人の人の職探しに付き合っている相談員にとって、どちらかと言うとパートやアルバイトの世話は不本意(面倒)かもしれない

たまたま同じハローワークの紹介状を持って1週間、彼と一緒に仕事した
休憩もさせてもらえなくとも何とか頑張らな、と言っていた
もともと最低時間給で週に5日以上働いて、交通費もくれず健康保険も掛けてくれずでは上手く雇用されても所詮親に食わしてもらってる境遇から抜け出せるというものではない
それもしくじって、家に帰って親にどう報告するのだろうか
ハローワークは何度でも、また二股でも三股でも紹介してくれる
ただし、「贅沢言うてたら仕事ないで」と言わんばかりである、結局志望を決めるのは本人である、何度も行けばいつも上目遣いになってしまう
二股・三股といったって一度採用されれば無縁だ
どれほどいい話だって渡る船はない

私たちが上目遣いで相談員に話をするようにせめて求人側もそうあってくれたらと思う
それなら求人側も働く環境を少しは整えてくれるかもしれない、そうすれば相談員もマッチングの方に気持ちを傾けてくれるかもしれない
求職者が二度とハローワークに来なければタイミングだということも叶わない
小生は言いたいのだ、色のある世界ではブラック企業もあり得るだろう、しかしこんな白と黒のモノクロの世界では明るいか暗いかだけである

一週間一緒に辞めた帰りに、年長小生だから、せめてそこらでビールでもやるかと言ったら、酒は飲めないという
誘ってくれたのは嬉しいけど母親が待っているといって帰った
健康保険料も親に出してもらっている、と言っていた
小生の方せめては毎月の健康保険料くらいは稼ぎたいと思っている
彼の親は小生の同年配であるはずだ
親に食わせてもらっているうちはいいけれど、親を食って生きていくようなことにならなければいいのにと思った

新卒者ですら最初の就職で座礁すると、二度と広い海には戻れない、と言う
時間給810円(※平成27年度京都府の最低賃金807円)でいいと言ってるのだから、彼に出来る仕事を与えてやれる世間はないのだろうか
本当に年寄りが彼らの仕事を奪っているのだろうか
年齢不問の言葉を聞くたびにそれからも思う
写真はホタルブクロも終わる
こんな話聞いてくれてありがとう
鯵庵(28.6.28)








by ajiankyoto | 2016-06-28 07:42 | Comments(0)