b0355451_08462393.jpg
契約中の客に迷惑電話をかける神経が理解できない
家にも、めったにかかってこない小生の携帯にもよくかかってくる電話なのだ
光回線だ・・いつまでたっても客の拡大に明け暮れている
それは仕方ないが、すでに契約済みの人に新しいサービスを勧めているのだ

「既に契約してます」というと「契約者にお得なサービスのご案内をしている」という
「もうそれは結構です」というと、その「不要な理由はどういうことか」と聞き返してくる
(これは迷惑電話ではない、どこで何を聞いたか知らないが、こんないい話に乗らないあなたは馬鹿だ)と言いたげだ
こっちははっきり言って、(いかな大会社でもこれ以上の深い付き合いはしたくない)の一点なのだ
毎回こういうセールスに乗せられてここまできたが、結局乗り替えごとに損をしている
が、契約が長期間になればもっと損をする
日本を代表する大会社にしては、商売の王道から外れている

しかも、新しいサービスというのはマンション暮らしのサービのようだ
通信業の本業から離れてしまっている
たとえ、本当にいいサービスであっても通信会社の思惑は契約者の囲い込みだろう
また、新たな思惑違いのトラブルのネタになるだけだ
世間に苦情が広まらないうちに契約してしまいたいのが本音だろう
通信事業者の契約者に対する一番のサービスは値下げだろう
あれほどの店舗を抱えても多くの会社が空前の利益を上げているのだ
多くの家庭が家計の支出の内、通信費が税金を超えてしまっている
そのことの異常さが今の世の異常さなのだ

毎日休みなく電話をかけるのも仕事だろうけど・・
出来れば、最後まで恨み言も聞けるような仕事をするべきである
そうでなければ自分が何をしてるのか最後まで分からない
その時はまた新しいものを売りこんでいるってというのでは虚職である
通信業は虚業になってはいけない業種だ
ずっと昔の電電公社の民営化の痛いつけを国民が払っているようにも思えたりもする
鯵庵(6.29)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-29 19:00 | 都市 | Comments(2)

必要でない客

b0355451_20393439.jpg
今回の事例は、電話が故障した、電話はつながるがこちらの音声が電波にのらない
滑稽なのである、もしもし・もしもし・もしもし・もしもしなのである
こっちは聞こえているのに相手には無言電話状態になった、あり得ない、ことである
それでなくとも携帯電話の故障に至っては誰にもわかってもらえない
今回は明らかに製品としての欠陥であった

この前の店員はすごかった、ちょっと教えて欲しいと言ったとたん
「兎に角、先に言わせて下さい」と啖呵を切られた
やくざ映画でも仁義きってるのを遮ったら喧嘩になる
とにかく行き間違えば女子店員にクレーマー扱いされる
携帯電話会社が、携帯電話関係が一番クレームが多いと自ら構えている
「一定の条件のもとでこういう事態になる、その一定条件が不明なんだけど・・」
などと言ってたのでは、そんなことに対応できる店員はほとんどいない
その実、操作・設定では苦情の9割の人が、実は自分で変なとこ触っているのである
だから、年寄りはまず先入観の犠牲になる
今回は電話機能の問題なのだから・・店員が試すことが出来たので互いに助かった
近代パソコンの時代になって一番の問題は「再現性」なのだ
そんなこと起こる筈がないことだから毎回きちっと起こってこそ初めて信じてもらえる

携帯電話が火を噴いてもそんな客は長い間クレーマー扱いされたはずである
客でない客はいないはずだ、しかし、時に人を困らせるという客もいる
若き女子店員にとって自分の親以上の年令の人間はそもそも〝必要でない客″である
大きな声を出せば強面の男性店員がすかさず出てくるのは昔からだ
誰でも一つ言い間違えばクレーマー扱いされる、そう、元々必要のない客なのだ
携帯電話会社は今構造的なクレーム対策に悩まされている
が、自ら必要な客と必要でない客とを分けようとしていることに原因がある

”ガラケイ”オンリーの時は使い方も親切に教えてくれた、全てが必要な客だったのだ
携帯電話会社が日本のGDPを引き上げてもいるらしいが、国民の喜びの声は聞けない
テレビコマーシャルを見ればわかる?金が余り過ぎている
スマートフォンになりSIM方式になりで年寄に親切な携帯電話の店舗の時代は終わっている
それは節度がないということなのだが、それは言わない方がいいのかもしれない
それでは、昔の民営化が間違いの始まりだったことになる
ひと言言い忘れた、所定の機能を提供出来ないときは解約金をもらうのはこちらでなければならないのではないだろうか
写真は信州の友人から届いたリンゴ、リンゴはこちらが表である
鯵庵(12.9)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-12-09 09:30 | Comments(1)

b0355451_07501754.jpg
サラリーマン諸君へ
定年までは辞めてやると言ってはいけない
退職までに家のローンは済ませておこう
それで退職金が残れば、まあ幸せな部類だ
そこまで行けばどんな仕事でも再任用にも応えよう
貴方がまだ現役なら、仕事のあるうちにいい物を買っておこう
これからは一生使うものばかり、買い替えが一番の無駄遣い
携帯電話が微妙だ、今使えない機能はこれからも使えない
機種変更は仕方ないとしても番号やメールアドレスは一生もん
会社の付き合いだと思わずに人にも付き合っていこう
その代わり退職後は同輩・後輩に期待してはいけない
昔の恨みを思い出されたら困るというものだ
会社人生依怙贔屓(えこひいき)、人の恨みも一生もん

大事なことを忘れてた
ここまでもったなら、絶対別れてはいけない
まとわりついてでも一緒にいよう
今の連れ合いが一生もん、死ぬまで大事にしてもらおう
乗り換え、買い替え高くつく
結局年金こそが一生もん
写真は光るレール、2本あってもどこまで行っても交わらない
鯵庵(10.23)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-23 17:52 | Comments(1)

番号をそのままで他社と契約するのを”乗り換え”というらしい
契約した時に「最低2年は使ってください、その分サービスします、その代わり途中で解約すると違約金が発生します」
ただし、2年後の一定の時期に限り解約には違約金は発生しません、これを2年縛りと言う
契約書には「違約金」ではなく「解約金」と書いてます
サービス条件付きの商取引としては常識の枠の中かもしれない
そこまではいいのだよ・・
2年も過ぎればサービスのノルマは果たしたと思っていると、実は2年後には自動継続しているわけである
同じ契約内容で契約を継続したことになっている、それが問題だ

携帯3社ともが2年拘束サービスの損害金として一律に解約金(9,500×1.08)を課してしているのは不自然である
しかも、解約月以外であれば短期であれ長期であれ損害が発生とするというのも不自然である
乗り換えならキャッシュうバックしますし、解約した方がお得ですよと解約金をキャンペーンのネタにするのも不思議な業界だ
解約金イコールキャッシュバックでは、傷つけながら互いに膏薬を塗りあってるようでもある
解約金の取り込み合戦をしているだけのことである、取り込みではなく配分だとも見える
京都には、消費者団体訴訟(NPO京都消費者契約ネットワーク)でずっと3社を訴えて闘ってきた経緯がある
残念ながら「契約」の壁は厚く高く最高裁で上告棄却されたままになっている

b0355451_07355376.jpg
何万円もする機械代を考えると乗り換えも躊躇する、販売する方は「実質0円」にしなければ乗ってこないだろうというのは当たり前だ
値引きやキャッシュバックやいろんな方法があるので「実質0円」という
が、3社とも表面上証拠が上がらないようにしている
総務省の指導は、「実質0円」の原資は通話料だから通話料が高止まりする原因だと言っているが、そこまで分かっているなら指導の方法もある筈だ
通話料には解約金の分配も含まれているはずだ

小生どうせ乗り換えるなら・・と3社以外のSIMカード方式に変えた
何のことはないが、3社が電波をまた貸ししている
20年前阪神淡路大震災の時に携帯電話の威力を知った
ポケベルから昇格してサラリーマンでも持てるようになってそれから勝手に一桁増えたけど番号は一生もので変わっていない
番号さえ変わらなければレガシー(?)は引き継げる
3社のメールアドレスの必要はない時代になっている
家計簿をつけている人は、家庭の通信費の額を足し算してみるといい
税金より多く払っている人もいるだろう
その原資を我々は何処に求めていくのだろう

競争原理が働かないなら電電公社に戻したら
一層のこと田舎の防災無線みたいに市営か町営にしたら・・
写真と本文は関係ない、単に小生のノスタルジーである
鯵庵(10.22)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-22 09:07 | Comments(0)

ジジィのためのLINE

b0355451_06572343.jpg

シイタケの春子を送ってくれる友人と京都で飲んだ
「〝移住″田舎暮らしは持て余す時間との闘い、悠々自適(ゆうゆうじてき)とか晴耕雨読(せいこううどく)などというけれど、悠々自適は本当に退屈だ。〝読″などすぐに飽きた。まだ畑は1年のサイクルであるので3年はもつ。自分が育った田舎に帰って、なお田舎暮らしに慣れるのに年数がかかるというのは予想外のことだった。」
というのが氏の本音

晴耕雨読の〝耕″だって、夏野菜も梅雨の雨で腐ってしまうこともある
虫を追いながら作った野菜もキュウリもナスビもトマトもピーマンも上手く行けば困るほど出来る
折角の農薬節約の栽培、お裾分けに宅急便を活用しても、一時は毎日野菜ばかりの生活になってしまう
〝慣れるのに時間がかかる割に、飽きるのが早い″というのが田舎暮らしだと・・少々ぼやいている
ゴルフとか釣りとか散歩とか一杯あるのではと言えばすかさず答えが帰ってきた
都会に生活していて都会の人の道楽になっても田舎では似合わないと言う
サラリーマン生活からの精神的落差を感じなくなるには数年かかるのではないか

田舎にないのは飲み屋、都会でも田舎でも同じなのがテレビだ
晴れても雨でも朝からニュースショウ見ていれば隠遁生活にもならない
テレビこそ晴耕雨読だとすれば都会も田舎も同じことだという結論に達した訳である
隠棲するのが理想だと言っていたのに・・喋る相手がいないのが一番辛いという
小生もこれからはジジィのメール交換が流行ると思う
ジジィだってパソコンもメールも出来る時代だ

遅ればせながら小生のスマートホンにもLINEが入った
きちっとやれば面倒やろうけど、ごそごそやっていたら・・
件の友達が突然゛なんや?”言うて送ってきた
”どないなってんねん”と送り返したら、”「友達」自動にしてあるからや”と返信してくれた
それはそれでええけど、アドレス帳筒抜けやなー
しかも全国津々浦々だ
なんや先にやってたのかいな、そやね、孫とのメールはこれやないと??という話
大人がLINEを使うのは気はずかしかったけど気楽やね
この際、LINEもジジ・ババ専用版を開発したらどうですか
若返った分・・年寄同士がつながったらオレオレ詐欺の防止にも役立つかも??
写真は田舎のよろずや、閉店してもう20年
鯵庵(10.14)
「シイタケの春子」はここをクリック




[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-14 07:48 | Comments(2)

青春からずっと忘れ物


b0355451_09581126.jpg
この頃家を出る時の忘れ物が多くなった
二度も取りに帰ったこともある
忘れ物をしないようにと思うと、他のものを忘れたりする
財布や携帯電話や鍵など忘れなければ何とかその日は過ぎる
それと忘れ物に気づかなければその日は過ぎる
忘れ物でも帰ってくるまで気付かなかったらそれは要らなかったものに近いのだが・・
と言うことでリュックにしたら、リュックが一杯になってしまった
それでも今までも忘れ物ばかり
忘れ物があると思って家を出るようにしている
♪青春は忘れ物、過ぎてから気がつく・・と言う歌があった
長い人生ならもっとあっても不思議ではない
余韻も足跡も残せないかもしれない人生、取りに帰ってくるほどのものはないか
写真は青春の忘れ物
鯵庵(28.7.18)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-07-18 06:51 | 翁草 | Comments(0)

b0355451_20034375.jpg
クレジットの明細を見て使ってないウィルスソフトの請求に気づいた
購入の覚えがない、今までこんなことはなかった、で、クレジット会社と購入先に問い合わせた
丁寧に対応してくれた、が、5年前にパソコン買ったときソフトのCDも一緒に買った
その時にインターネットで、メールアドレスとともに自動継続に登録していた
ウィルスソフト、今は別のものを入れている、メールアドレスも変わっている
ソフト会社は今回、期限が切れたためにメールで連絡したが返信がないので延長契約に同意したということで手続きをしたという
商品購入でNOと言わなければYESとみなすというのはおかしな話だ
クーリングオフには応じると言うが、そもそも商品の案内も届いてないのに
更新の契約は解除に応じますということになった
来月以降、クレジット会社を通じて返金できるようにするというので
つい、いつになく文句を言わずにありがとうとオペレーターの女の子に言ってしまった
携帯電話会社もこの手をよく使う
こちらが何も言わなければ自動継続だ
契約には期限があるが、自動継続にすればほぼ無期限と同じになる
互いに、手間が省ける思っていた
だが、毎回最初と同じ契約をしていることになって、会社にとって都合がいい仕組みになってたりする
ソフト会社も携帯電話会社も契約期間はもともと自分の都合で勝手に決めている
2年前より10年前、10年前より20年前の契約者が不利になる仕組みなのだ
閑話休題
確かに今は命も自動延長なのだが・・
縁起の悪い話で申し訳ないが
この広い世の中、持ち主は幽霊だけど自動継続でせっせと金だけ引き落とされてるなんて話がないわけではない
このウェブ関係の世界も、クレジットでないと支払が出来ないのが多い
内緒の携帯番号ぐらいはともかくとして、内緒の金融取引や内緒の銀行口座など気を付けた方がいいのでは
持ち主が急に幽霊になっても携帯電話は生きてるし、パソコンにはそのことが分からないのだ
例えば、このブログ、がんばって500編位は目標にしている
途中で倒れたら、誰にも何にも分からず・・やがて本当のデジタルゴミになってしまうのだろうね
それは構わないけど、しかし小生が幽霊でも毎月クレジットで銀行口座があるうち引かれていくのだろうね、パソコンはまだ働いている
パソコンの中だけのデジタル遺産と言うらしい・・
1年も更新がなかったら自動で自動延長タイムリミットでせめて無料コースに変えてゴミ箱に入れて欲しい
冗談じゃなくてそんなシステム考えてよ
年寄りは何はともあれ身辺整理が大事と言う話です
鯵庵(6.2)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-06-02 07:57 | Comments(3)