b0355451_21033304.jpg
地元新聞によると淀城址公園の地元(淀観光協会)が、外来種アカミミガメの駆除に乗り出したようだ
その心はというと、かって堀にあったハスの花を復活したいらしい
アカミミガメの食害が原因の一つだ
淀城は水城である
巨椋池の出口にあたりここから淀川となって大阪に下る
大阪へ下るその要の位置に当たる
秀吉の時代、巨椋池は伏見城の巨大な堀であり、その堀端に淀城が存在した

巨椋池には数十種の名のあるハスが咲いていたと言われ、その中でも「淀姫」と名づけられたハスがある
そのハスを淀城址公園に復活させたいという・・
巨椋池がほぼ干拓された姿しか知らない我々には、
淀城と淀城下が水面に浮かぶようにあったなどとは信じられないはずだ
それが、歴史というものの楽しみ方の一つである

アカミミガメは特定外来種である
繁殖力が強く、それゆえに影響が甚大である
以前、「寂しき淀城は今月また選挙」という題で不倫代議士が辞めた後のことを書いた
どこからか来た人が地元の期待を背負って代議士となる
しかもその妻もはるかなる東北の選挙区の代議士をしている
その中でたまに地元選挙区に帰ってくるのは不倫のためだという
何もせずに辞めてしまった
アカミミガメには悪いと思いつつ、このことをアカミミガメに例えたつもりだった

かっての水の都、淀・納所の街の水路は河川改修で水は動かないし吐けるところがない
日本中のハスが今、激減している中で、淀にハスの花の復活は嬉しいことだけど・・
ハスがアカミミガメを食うことはないのだから勝負はアカミミガメの方にある
だからまたぞろハスの下にアカミミガメがまた繁殖するのでは困る
代議士さんのことではないが、また同じようにはびこる
現に水の中は既に特定外来種ばかりになっている
鯵庵(6.7)

※6月11日の淀城に応援に行くつもりだ


[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-07 21:33 | 京都の水 | Comments(3)

b0355451_10124282.jpg
この頃晩酌のテレビのニュースにつっこみを入れると、
家内の一つ覚えで「家でゆわんと東京行ってゆうてき」と言われる
朝から晩までワイドショーばかり見ていて、好みのコメンテーターの話はうんうんというて聴いているくせに、である
世の中というもんは、テレビで分かるぐらいの話じゃない
表もあれば裏もあるが、裏にはももっと裏がある、裏がひっくりかえって表になったり、違うものになったりする
たまたま、見えてるのが本の背表紙みたいなもの
いかにももっともらしい話は所詮眉唾やし、何も勉強してないコメンテーターに辛口など期待できるはずがない
そもそもがワイドショーそのものが茶番の延長なんやでと要らざる反論をしてみた
毎日が日曜日になって夫婦?の会話がテレビを間においてしか無いようなことになるのに、亭主がコメンテーター以下の扱いでは、まったく先が思いやられると嘆息してしているところである
日本全国、東京でしかものが言えないなんてことが本当なら、結局、物が言えるのは代議士だけということになってしまう
長岡天神にツツジを見に言ってたら選挙カーが通った
なんと乙訓寺のボタンまで追いかけてきた
東京で物を言う人を一人変えるのにまた選挙らしい
花に口があったら「そんなこと東京へ行ってゆうてこい」と言いそうだ
写真はキリシマツツジ
鯵庵(28.4.22)



[PR]
by ajiankyoto | 2016-04-22 10:14 | 翁草 | Comments(0)

寂しき淀城


京都の鳥羽口から鴨川の堤の上の旧京阪街道(千本通)を下ると納所(のうそ)に達する
そこには豊臣の時代、淀君の淀城があった
徳川体制に入って新しく今の地に巨大な城を築いたそれが淀城である
淀城は巨椋池の出口、淀川を堀にして浮かぶように立っていた
街道は城に入らなければそのまま橋本・枚方・大坂に下っていく

淀城址は京阪電車からよく見えた、元の淀駅は淀城の堀を削って埋めてあった
荒れた城は今も名残の堀と石垣を残している
小生、もう二昔も前だがこの城に隣する病院に入院していたことがある
病院は大きくなっているようだが、町を久しぶりに見るといっそう寂しくなっている
山城の国で唯一の10万石大名の城下町が、
明治になって一時淀川水運の町になりやがて競馬場の町になっていった
巨椋池(おぐらいけ)の一部が競馬場になり、今度は京阪電車が高架になって駅が少しずれた
競馬場で働く町の人もいるが、馬券の客も駅から直通だし、関わりは納所の中の広大な駐車場だけである
駅前商店街もやっと静かになったとも言えるがもう取り戻すものがなくなっている

維新の直前、戊辰戦争の時淀城主稲葉氏は江戸幕府の筆頭老中だった
何故か城を守る家臣たちは、形勢の悪い幕府軍を城には入れなかった
この町には戊辰の時の戦死者の碑が競馬場と一緒にある
勝ち馬に乗るというのは競馬場には縁起のいい話かもしれないが
この時の混乱の時の歴史的逸話が、淀の町の将来を暗示するような結果になっていることが小生には今も信じられない

これだけの資源がありながら、発展しないのは京都市に編入されたからかもしれないと、入院した時には考えていた
他に、選挙区のせいもあるかもしれない
どこから来たのか知らない代議士が淀の城のことも勉強する間もなく急に不倫でやめたりしてる
いつの間にか水中は特定外来種ばかりになっている
写真は淀城の堀にのさばる外来種のアカミミガメ
鯵庵(28.4.5)
※29年6月にやっと地元の人たちで駆除が行われるようだ・・
b0355451_21033304.jpg

[PR]
by ajiankyoto | 2016-04-10 17:40 | 京都の水 | Comments(2)