b0355451_21265596.jpg
薄幸の役を演じる女優さんがいる
女優さんだから役にふさわしい雰囲気が必要だ
ドラマとしては美人でなくてはならない
女優が本当に薄幸かどうかは別の問題であることは当然である
美人であるのに薄幸であることがドラマである

ふてぶてしく生きている人が不運なことになったとしてもそれを薄幸とは言わない
それは欲張りである
不運なことは認めてもらえても世間の同情を得られることは少ない
多くの人が知るとおり美人と「幸せ度」は"ほぼ"正比例する
不運である美人を世間はほっておかない
苦情があるかもしれないが、歴史的に証明されている定理の一つである

「強くなければ女でない」というテーマで先に言ったことだけど
やはり女の敵は女なのだ
美人でないのに幸せだと女性に嫌われる
自分より不幸になってくれる同性が多いほど幸せなのである
美人は美人であるだけで元来幸せなのである
それ以上にまだ幸せがついてくるとある女史は嘆いていた
もちろん自虐的な冗談なのだけど、ここで一緒に笑っては誤解される
そんなことでくじけていては女を張っていけないというのが正しい

女性に幸せをやれる男性が男だろう
そういう男に会えたらそれは幸せだろう
幼き時から可愛いと言われ、自分は美人側だと信じて来た人は
美人は美人であるだけで幸せであるという都合のいい定理だけにはまってしまって
男を見る目が養われないという反対の宿命を負っている
美人も幸せも定義できないものだから結局ドラマのような話でないと理解できないことになる
世の中の定理には全て裏が用意されているのである
鯵庵(3.25)

by ajiankyoto | 2017-03-25 12:00 | Comments(0)

強くなければ女でない

化粧せんでもええ人も化粧する
化粧したらええ人も化粧する
化粧しても仕方ない人も化粧する
みんなが化粧したら
化粧で順位は変わらない
化粧せんでもええと思う人からやめてやらんとね
でも化粧の下は仮面だって・・

b0355451_20330616.jpg
女性の敵は女性
長い間男の敵は男だったのだから当たり前だ
女性がが男性を敵として戦うなら
先ず女を倒してからでないと危ないよ
女性は強くなければ生き残れない
写真はただのデコポン
鯵庵(3.15


by ajiankyoto | 2017-03-15 07:48 | Comments(0)

花見小路に思う


b0355451_21544275.jpg
京都の祇園花見小路、旅行者で一杯である
小生も一度くらいは祇園で飲みたいと思う
もちろんお茶屋へ上がって芸者を侍らすのでない限り金さえ払えばいくらでも飲める
この頃の舞妓や若い芸者はお座敷でも上手く会話が出来ないで私語ばかりだと
さる大物評論家の先生がおっしゃっていた
そんな現場に小生が立ち入ることはないが、ある意味で貴重な証言である
旅行者でも「夫婦子供連れで歩くのはやめときなはれ」と言うてやりたい

花街(かがい)は京都の中で他の京都と違うのは不倫が許される街である
「不倫は文化」云々を言った芸能人もいるらしい
浮気は病気である
そんなものでも文化などと言いきれるのはいかな京都でも限られた花街だけである

夜の世界はスマートに金を払って遊ぶところである
お茶屋や料亭に来る芸者はそのための接待の専門職スペシャリストだ
金さえもらえばどこへでも行くというのでもないらしいが
それなら、観光客に舞妓や芸妓の技を見せるものではない
置屋もお茶屋もその生活の場と仕事の場
昼も夜もあれほどの勢いで観光客に歩かれ、店の中を覗かれたのでは
何かと不倫には不便なことである

幕末ならともかく
こんな京都で小股の切れ上がった芸妓衆の高度な接待技術が役に立つような商用などあるのだろうか
言っておくが今の花街は遊郭ではない
もちろん遊女や花魁(おいらん)などいない
でも花街の夜の闇は不倫である、そのための街なのだ
芸者が勝手にお客をとることは出来ない
お茶屋を通さなければ世間の眼にさらされる
それが世間の不倫になる

不倫は不義ではない
花街でも、お茶屋のお世話にならなければ素人ということになる
芸者を連れて昼間にホテルにしけ込んだのでは花街のルールに反する
花街の・・などと言うから分かりにくいのだ
大阪ではそれを現代用語で店外デートと言う
不倫の町でも店外デートはご法度なのだ
祇園で遊ぶ人こそそもそも不倫に金はケチりなはんなや
鯵庵(2.27)





by ajiankyoto | 2017-02-27 17:16 | Comments(0)

初夢艶福指数続編

b0355451_09415324.jpg
人口動態統計、国の統計である
昨年の結婚(初婚どうし)の平均年齢男性30.7歳、女性29.0歳と発表された
これを40年遡れば男性27歳、女性24歳である
明らかに晩婚化していることがわかる、と新聞にも書いている

だが、この数値は夫婦そろって初婚の場合である
初婚どうしは昨年の結婚の4分の3未満である
4組に1組はどちらかがもしくはどちらも再婚である
それを加えたら何歳になるのか・あるいは再婚の平均年齢は?
ネットで国の統計を覗いたのでは見つけられなかった

初婚の年齢差も縮まっている
正月に初夢艶福(えんぷく)指数(勝手な命名ですよ、お遊びです)というのを載せた
〔相手の年齢=自分の年齢÷2+X〕
で、このXが艶福指数であった
標準的には(少ない方が艶福度が高い)15だった
これを昨年の結婚年齢に当てはめると
29=30÷2+14となり
Xは14で15にニァリーイコールである
小生の式、艶福指数の式(30歳)があっていたことになる

自慢することはない
もともと初婚どうしに艶福は当たり前、小生の指数とは無関係である
歳の差があろうとなかろうと、艶福である
本来、再婚の場合を想定していたものなのである
男性も女性も再婚する勇気をもって下さいと言うものだ
ましては歳の差だってめでたいことですと言いたいわけである
国の統計だってもっと意思を持ってほしい
統計というものはもっと面白いものであってほしい
初婚どうしの平均年齢より再婚の平均年齢の方が国民(個人的)には役に立つような気がする
男性も女性も、再婚にも勇気をもって下さい
今日のブログはただそれだけのことである
鯵庵(2.13)



by ajiankyoto | 2017-02-13 07:56 | Comments(0)

大丈夫ですよ

大丈夫ですよ
だから携帯とったんです
そっちこそ大丈夫ですか
いつもメールで言うてくるのに
電話をくれるなんて
b0355451_20394778.jpg

♪お久しぶりね こんな真夜中に
♪あなたから電話をくれるなんて
♪おかしいくらい 真面目な声で
♪あたしに迫るから 眠気も冷めた

鯵庵(2.2)

by ajiankyoto | 2017-02-01 20:45 | Comments(0)

愛を手に入れる方法

b0355451_14270406.jpg

愛を手に入れる方法はない?
キレイになることだと思う
キレイになる方法が間違っていると愛を手に入れることはできない
幸せなのか不幸なのか、思い方次第だがやはり不幸は不幸である
キレイにも幸せにも循環というものがある
循環に乗らなければいつまでも幸運や愛を手に入れられないのだ
愛は売っていないがキレイになる方法は売っているのだ
それを宝石だとか化粧だとかと思うと、本物が手に入らないのだ

親からの愛で子供時代を過ごしてきた
青年期になって急に男として女として値踏みされる世界に放り込まれる
愛を得るために何が大事なのかを学習していないのだ
愛は売っていない、そのことに戸惑うのである

キレイになる方法はいろいろあるが
男は自分を洗うことだ
女は自分を磨くことだ
いずれも少し時間がかかる
年をとるとともにキレイになることが出来たとしたら
必ず愛を与えることが出来る

いい人と付き合いたまえ
上手くすれば愛を得ることもある
愛とはそれほどのものだ
急ぐことはないが
方向は間違ってはいけない
鯵庵(1.15)





by ajiankyoto | 2017-01-15 12:20 | Comments(0)

b0355451_16352099.jpg
相手の年令=自分の年令÷2+7(式-1)

(ここから後編)

55歳で10歳下の再婚相手を得た友人は今、幸せである
彼の艶福指数は22.5ということになる
一般人ならそれでも艶福(えんぷく)の部に入る
奥さん55歳で孫を持つ立場になったわけである
45歳で年上の彼と一緒になって10年かかって落ち着いた
娘さんは今35歳になっている
家族という単位はすべからく女性が核である
主婦という言葉はその全てを表現している
憧れる値打ちのある言葉である
長い人生の半ばで孫が出来て、自分の娘や孫のように思える
その今、家族の操縦桿は彼女が握っているのである

前編に戻る・・夢とは言えど50歳で18歳の歳の差は(式-1)は一般人には現実的ではない
目が覚めて改めて彼の年賀状を斜めに見ながら式を補正した
相手の年令=(自分の年令÷2+15)(式-2)にした
これなら20歳で相手の年令25歳、歳の差マイナス5歳
30歳なら30歳、歳の差0歳
40歳なら35歳、歳の差5歳
50歳なら40歳、歳の差10歳
60歳なら45歳、歳の差15歳
男性に当てはめると20歳代には年上の女性に憧れる現実にも整合する
男勝手の理想的(標準的)艶福指数は15くらいにあるのではないか

夢の話でこんなとこで不吉にして真面目なことを言ってはいけないけれど
このくらいの歳の差あれば・・、世の女性も、夫の遺産(ほぼ年金のこと)で残った人生を少し長く楽しめるかもしれない
男がいくら強がっても妻を守ってやれるのは自分が生きているときだけである
年金はいくらもらえても子供には残せない・・のだから妻の座は大きい
番(つがい)になってしまえばなんぼ年月が経っても年の差は変わることはない
やはり再婚だけにしか使えそうにない式だ
それなら最初の式(式-1)は何か?
これはギリギリ話の通じる(遊べる)歳の差ということにしたい

既婚者女性読者の声が怖い、鯵庵さん何を言ってるの?
ごもっともです、だから初夢なんです
もちろん小生にも「再婚」も「艶福」も無関係な単語である
しかも、小生のデーターは昭和の時代のものです
ただ・・・女性の人生は長い、人生を二度楽しめるかもしれない
一度や二度の失敗でくじけることはない、と言ってるつもりなのだ
そう思っていただければ、平成時代にも使える?
写真は貴船菊(秋明菊)、種は風で散るだけ
鯵庵(1.7)




by ajiankyoto | 2017-01-07 19:09 | Comments(0)

b0355451_20573547.jpg
10年ほど前に同級生の友人が再婚した
その時ちょっとした披露宴に呼んでもらった
その彼らからいつもながら年賀状が来ている
今年は娘さんに孫が出来たとあった
だから、再婚した奥さんもおばあちゃんになったわけだ
孫の面倒を見てもらうなら15年前に亡くなった奥さんも悋気(りんき)は辛抱してくれるか

正月だからと、昼酒をいただいて昼寝した
夢を見たから、初夢になるかもしれない
自分が再婚する夢である
届をするのに相手の年令を算式で書けと役所が言うのだ
3っつ違いだと家内が横から言う
そんなおかしいことはない
家内と再婚する筈がない、それなら初夢ではなく悪夢になる

夢の中で作った式である
相手の年令=自分の年令÷2+7(式-1)
でどうだと言った
仮に40歳なら相手は27歳以上、年の差13歳である
50歳なら相手は32歳、年の差18歳である
60歳なら相手は37歳、年の差23歳である
70歳なら相手は42歳、年の差28歳である
となる

年の差婚というのが言われたときがある、許される年の差とみてもいい
14歳の時に同じ歳の女性に恋をして(標準的初恋・・歳の差0歳)
人生まあ作戦とまではいかないがそれなり成功で50歳で若い後妻を貰うとして(歳の差18歳)
それを直線で引いただけである
この式の7というのが再婚艶福指数(小生が勝手に名付けた)なのである
歳の差はあくまでも人生を共にできる可能性の中での最大値である
分かり易く言えば財産のある芸能人のならこれぐらいのものだろう
これ以上では親子が逆転する
と夢の中で区役所の窓口の閻魔さんみたいな顔をした人に説明している
この数字が小さい程艶福(えんぷく≒スケベー)でもある
も一度ことわっておくが夢の話である

(後篇に続く)
鯵庵(1.6)



by ajiankyoto | 2017-01-06 15:56 | Comments(0)


b0355451_11274390.jpg
余り会話には使われないが曖昧宿(あいまいやど)という言葉がある
表向きは茶屋や料理屋を装い娼婦を置いて客を取らせる店をいうとある
宿の一種だけど、浮世茶屋とか矢場とか置屋とか貸座敷とか言うイメージだ
旅行者の宿泊が主目的ではない、要は都合があって偽装した宿、ホテルだ
また、男女が逢引するための場所だから、偽装が必要な宿と言った方が分かりやすい
追及されたからと言って「偽装と言われても仕方ない」などと謝る必要はない
偽装は客のためにしているので偽装していることが分らないと入りにくい


昔は連れ込みホテルなどと言ったが、それでは偽装にならない
現代用語で言えは、フッションホテルだ
ひと時潰れかけたがこの頃街角にかたまってあるのが繁盛している
侘しさも後ろめたさもカバーしてくれるように偽装している
風俗店も無店舗型でないと許可を貰えないということで??共存共栄しているらしい
曖昧が売りだから夫婦でも入れます
その代り困ったことに外国人旅行者が家族で泊まったりする

二軒茶屋と言う言葉が昔からあって・・
デパートやパチンコ屋ですら二軒並んでいるところが商売になるらしい
ましてやお茶屋やフッションホテルはなお更である
ひっそりでは商売にならない
温泉マークとか逆さクラゲといったのを覚えている人も多いはず
それが今はファッション、この場合のファッションは風俗ということである
風俗とは本来庶民の暮らしそのものを言っていたのに・・


旧都である京都で生まれ、徳川体制の新都である江戸で発展した

もちろんこういうことはすぐに全国に広がる
時代劇では水茶屋とか出会い茶屋とかと言ったりする
その形が発展したのが花街であるが、色事は花街の専売特許ではない
男と女が生きていくことに遠慮は要らないが、今でも仮装は必要である

逆に有名高級ホテルこそ偽装している?そんな意見もある
だから、偽装の必要な金持ちや政治家や歌舞伎役者ら有名人はそちらを使うわけである
読者諸兄はどっち派?

写真は京都府立植物園にて
鯵庵(9.27)


by ajiankyoto | 2016-09-29 11:42 | Comments(0)

b0355451_20580570.jpg
時々昼食にお世話になるのだが・・牛丼は別にしてもここのかつ丼がまずい
昼からちょっと勝負の時は縁起を担いでかつ丼を食ってきた
これじゃ胸につかえて縁起担ぎにもならない
今になってやっと気付いた
かつ丼は2段ステップ、トンカツを上手に作れない調理人にかつ丼を作らすのは無理というもの
その上、炊飯器のメシも美味しく炊けない、実際は3段ステップ
そのくせすぐに結果が出る
メシ屋は論理的かつ科学的なんだよな
メシ屋は現場主義が一番だと言いたい

大学の街京都のさる大学の学部で言い継がれてきたことがある
飯の旨い下宿屋が当たったらそこの娘は絶対貰えと・・!
親の手伝いをしている娘(マドンナ)でなければならない
嗅覚・味覚がきちっとしていることは女の五感が発達していると考えていい(※これは本当なんです)
学生の好きなコロッケやカツが上手く出来れば、下宿屋の娘が一流大学生に一番近い!
本当にそれを果たして大出世した京都の女史がいる、そんな夫ならノーベル賞にも近づける
ノーベル賞は京都だというのはコロッケが美味しかったから?これ本当なんだよ
下宿屋って何、いつの話??そんな昔ばなし教授だって知らない!・・とのお叱りが聞こえる

難しいことではない、商店街の店先で揚げているカツやコロッケ買いに走ったらいい
ついでに近所のおばさん雇って炊飯器で飯を炊きに来てもらったらどうだろうか
美味しいかつ丼やになるよ、メシ屋は自慢できるものだけにしてほしい
すでにコンビニに負けてるよ
特許も、味の試験もないのが料理の世界、料理の世界は工夫と発明の世界だ
名もなきおばちゃんが調理師免許にも負けない料理人であるのがこの世界の特長である
そうかと言って、あの下宿屋の娘みたいなマドンナがアルバイトに来てることはほぼない

学生アルバイトばかりの牛丼屋は美味いものを食わしたろという気がないことが分かった
やっぱりメニューは牛丼だけにしたら・・
牛丼だけなら廃棄処分になった冷凍の横流しカツを食わされる危険は少ないとは思うけれど・・
一方それほどの量を廃棄処分したりするメシ屋こそ、もはやメシ屋稼業ではないと思う
写真はコスモス
鯵庵(9.24)

by ajiankyoto | 2016-09-24 21:40 | Comments(0)