b0355451_17563854.jpg
織女(しょくじょ)星、七夕の主役は織姫あるいは織女である、中国の神話的伝説の姫神である
天文や星座に詳しい人なら、こと座の中で最も明るいのが織女星ベガである、と言うだろう
牽牛星のわし座のアルタイルと白鳥座のデネブ、ともに明るい星で「夏の大三角」と言う
この頃は小学校の教科書にも載っているらしいので覚えのため記した

7月7日は5節句の一つである、奈良時代から宮中行事であったり神事であったりしたが、近世は7月15日のお盆の行事と関連したものであったと言う
が、明治の太陽暦採用に以来お盆の行事が7月15日の”月遅れ”8月15日に定着したために、新暦(太陽暦)の7月7日では間が空きすぎて関連性を言うことが出来なくなった
七夕の神事は7月6日の夜から行われる
天頂の星が一番きれいなのは7日の夜中1時ごろである
天の川を挟んで伝説の世界へ導いてくれる
ただし、7月は梅雨の時期でもあるし、晴れても星座は地平線から低く見えにくいのだ
8月に入れば梅雨も明けて、かつ高くよく見えるようになってくる

旧暦の7月7日であれば月齢6日の上弦の月でほぼ深夜には西に片付く、明るさもほどほど星座を見るのに邪魔にならない
その意味では旧暦で、星を見るなら・そういう訳であるが
それが今更そうもいかんと言う
5月に閏月が入ったこともある
今年は何と8月29日で世間のお盆の行事も・夏休みも終わってしまう頃となる
星の勉強にはいいタイミングながら・・もはや月が出番を待っている
イベントとして季節感に合わないという商売などがある

有名な仙台の七夕は月遅れ8月7日に定着している
立秋である、しかも、満月の日に重なることも覚悟の上である
織姫もどちらにしても座り心地がよくないと言っている
俳句の季節感では七夕は秋の季語となっている
出囃子は鳴っているが・・いつ出たらいいのでしょうかと聞いている
梅雨の合間だったり、立秋の前だったり後だったり・・(幽霊ではないが)・・せめて夏なのか秋なのか?
写真は北野天満宮にて(日・月・星の神様である北野の七夕祭は8月上旬に行われる)
鯵庵(29.7.4改)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-04 06:00 | | Comments(2)

桃の節句は月遅れ

b0355451_09562044.jpg
家内の里の90ん才のばあさんが草餅(くさもち)を送ってきてくれた
今年は3歳の曾孫のためにである
だが、残念ながらここにはいない
幼稚園の入園祝の交々と一緒にこちらから宅急便で送った
3月3日の上巳の節句を里ではを月遅れで行う
清明(せいめい)の頃である・・桃が咲くのがちょうどそのころで、ヨモギもツクシも摘むのに丁度いい
しかも、主役の子供たちは春休みの最中である
4月3日の節句は田舎では「草餅の節句」とも言われるぐらい草餅がつきものである

草餅は昔はハハコグサだったとあるが、今はほぼヨモギである
ヨモギは薬草の山伊吹山で有名である
漢方の生薬であるし、もぐさの材料でもあるということで、色だけでなく、邪気を払うために餅にも入れた
草餅もいろんな食べ方がある
子供にあんころ餅、大人は焼いてお湯につけてきな粉をまぶして食うというのもあった
里のばあさんはまだ餡を炊ける

街中にある丹波屋でもいつでも草餅も売っている、結構うまい
京都桂橋のたもとの有名和菓子屋のよもぎあんころは、やわらかいよもぎ餅を粒餡で包んでいる
こうすると高級和菓子になるから不思議だ
高級感が一杯になると餅をついたことのない世代がいつも行列している
それはそれでいい・・

自然のものと一緒に暮らすのは鄙(ひな)の暮らしである
ヨモギを摘んで、臼で餅を搗くこと自体が邪気を払うのである
都市では何でも得られる
食生活が豊かになってきたのはいいとしても、食い物に祈りを託すことは出来なくなってきた
子供に節句のよもぎ餅を食わしてやろうという気持ちは我々の世代が壊してしまったのかもしれない
子供にも大人にも一番おいしいのは愛と祈りをつき込んだ餅に限る・・筈だ
鯵庵(4.2)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-02 08:59 | | Comments(0)

b0355451_09081026.jpg
上巳の節句の大事件と言えば、安政7年(1860)江戸城桜田門外で起こった桜田門外の変
旧暦3月3日上巳の節句の総登城の日だった
ただ、この日はグレゴリオ暦(太陽暦)では3月24日にあたる
東京では異常な大雪だったようだ
その異常さが近江彦根藩15代の名君井伊大老の油断の原因だったかもしれない

江戸時代なって幕府が定めた節日は1月1日と八朔(8月1日)と五節句である
五節句は1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)である
幕府の年中行事として極めて重大な日であり、御三家、諸大名の総登城の日でもある
上巳の節句は、それほど重かった
徳川家と幕藩体制を祝う日である
だからこそ、明治6年には廃止された

徳川幕府だけでなく日本の歴史が大きく方向展開するきっかけになった日である
彦根藩邸は桜田門から3~400名メートルの距離である
ここに最大の不覚がある
大老は政治家であって武芸者ではない
10分程の戦いで大老自身は武ばって戦うことなく、また逃げ込むことなく首を取られた
家来たちが守れなかっとしたら仕方がない
それが政治家たる最後の所以である
幕府を守るということの難しさを表現したことになる
近江半国を所領する徳川家の重臣であり幕府の大黒柱であった井伊家の幕末の凋落がそこから始まった
14代将軍家茂の時代、明治維新までの8年前のこと

ついでながら言えば、大昔、NHKで「花の生涯」(舟橋聖一原作)をやっていた
井伊直弼役は2代目尾上松緑だった
8代目松本幸四郎の弟だ
今も何か井伊家のドラマをやっているらしいが・・
歴史的考察については”フィクションだと割り切って見て欲しい”とNHKは開き直っている
文学やフィクションとの区別がわかる人が少なくなってきている時代にはふさわしくないコメントだ
テレビは単に娯楽であることは承知しているが、商業上の視線で過少化して見ることは歴史の価値をマイナスにしてしまう

も一つ、ついでながら言えば、この年アメリカではリンカーンがアメリカの16代の大統領に当選した年でもある
ただ、数年の後、奴隷を開放し南北戦争に勝利したリンカーン大統領も凶弾に倒れた
ちょうど世界が現代に向かって動き出したころのことである
鯵庵(2.25)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-02-25 07:31 | Comments(0)

上巳(じょうし)の節句


上巳の節句というのはもともと旧暦3月の最初の巳(み)の日
後、重三(ちょうさん・・三が重なる日)として3月3日に
奈良時代・平安時代ともけがれを除くため人形(ひとがた)を川に流すことから、
後に人形(にんぎょう)の祭りに進化していった
曲水の宴の原型にもなった

江戸時代中期から裕福な庶民(商業人)の財力はやがて頂点に達し、
財を誇りつつ公家の優雅をまねた趣向で家族の厄除けを祈念する行事となり、
女性信仰の雛祭り昇華していった
と言うのが・・定説

庶民にとって女子のご利益を祈念する気持ちの表れが自然に定着したと考えるのが人情の論理
端午の節句(5月5日)と対をなして、子供・家族・社会の平安を願う気持ちで続いている
旧暦の3月3日は今の4月初旬になることが多いが、今年は3月30日になる、ソメイヨシノが開花する時期になる
桃には少し早いかもしれないけれど・・それでも春爛漫である
そんなことから桃の節句と言われるようになった
結局、新暦の3月初めに桃が花が自然に咲くことはない

3月のひな祭りの桃の花を用意するためには大きな温室がいる
しかも、切り花用の樹形に育てなければならない
どんなに上手く栽培しても切り花の桃の花に実を成らすことは出来ない
花としての桃である、桃にとっても花だけの人生(?)である
だからこそ、桃の花は邪気を払う
3月の桃は、そんな花だと思って見てやらねばならない
鯵庵(2.21)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-02-21 17:36 | Comments(0)