今でも錯覚していることがある
実は、カラー写真はカラー専用のカメラで写すものだと言うことである
なんのことかわからない読者の方もおられるだろう
カラーフィルムを使うためにはカラー用のカメラを買わなければならないと思っていたことである
もちろん誤解である

今思えばおかしな話だけど・・、当時、カラー専用レンズなどと言ってしきりに宣伝していたからだ
かって映画は“総天然色”(初めから終りまでカラーだという意味)をうたっていたし、
雑誌のカラーグラビアは珍しく、全て有名女優をモデルの有名写真家の高価な作品であった
カメラについて言えば、カラー写真用の“レンズの切れ”が必要だと言ってたような気がする
白黒ではバレないけど、カラーになったらその切れの悪さが色調に出てくるというような意味だったんだろうか?
ある意味カラーフィルムやレンズの性能が格段に上がる時期だったのかもしれない
b0355451_07433762.jpg
今日テレビを見ているあなたが、テレビはこれほど綺麗なものと“錯覚”してるのと同じことである
少し遡ればカラーだってブラウン管で十分に滲んでいたのをほとんどの人が知っている
デジタル放送も慣れたけど、時代が少し以前に戻ればすべて錯覚である
もっと遡れば・・
テレビのカラーはカラーの放送があってなおカラーテレビを買わなければ見られなかったのだから、
しかも、テレビはカラー用のカメラでなかったらカラー放送はなかったはず
カラーフイルムだけではカラーにならない、カメラもそんなものと思っていたのは無理もない・・??

白黒というのは光の明るさ強さのみに感応している不完全品なのだ
人間の目は、ピントも絞りも自動だが、なおその上に明るさも色彩も同時に感じられる
白黒の目を持つ人はいない
写真が単に記録するだけではなく、趣味の王様になれたのはこの不自然な不完全な白黒ゆえだったのだ
そう光の芸術なのだ
今となっては白黒だったことが錯覚だったのだろう
白黒で説得力のある写真はもう昔の写真でしか見られなくなったと思ってることが錯覚なのだろうか?
時代だけが教えてくれているのかもしれない
木村伊兵衛展に行ってきたのだ
鯵庵(10.8)




[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-08 17:55 | Comments(0)

オリンパスの最後の名機

小生のオリンパスのカメラがついに壊れた
オリンパスの名誉のために言っておくが小生がコンクリートの土間に落とした、それでフイルムの巻き戻し上げが出来なくなった
直らないこともないが、どこかぞんざいに扱っていた自分に気づき戒めとする
デジタルではない、オリンパス最初(で最後)の名機OM-1なのだ、もう40年になる
一眼レフは面倒だったが、面倒ついでに完全にマニュアルでなければならない
それからのカメラの推移を見てもそれは言える
カメラもレンズもマニュアルの名機だけが今も生きている
フィルムも進歩もしたけれど、結局ポジフィルムに限られた
写真にメリハリが出るが、それだけの慎重さは今のデジカメで味あえない緊張感がある
何台かカメラが増えてからは、OM-1は90㎜マクロレンズをつけて愛用してきた
花一つ、地面に寝て息を止めてシャッターを押すのも写真技術の一つだ
が、それだけで上手く取れるものではない

b0355451_07581882.jpg

カメラ会社があれから沢山潰れた
オリンパスも堅実な会社だと思われていたが数年前に不祥事で揺らいだ
カメラ業界は高級デジタル一眼レフ戦線で今しのぎを削っている
カメラが変わってきているのではない、写真が変わってきているのである
OM-1のように男でも女でも、20代にも60代にも大人にこそ似合う・・そんなカメラを作れる会社はない
これから先、二度と40年・50年も使えるカメラが出てくることはないだろう

写真は活躍していた頃のOM-1、花はヒガンバナ
「鵜の目/鵜の目鷹の目」はここをクリック

「鷹の目/鵜の目鷹の目」はここをクリック

鯵庵(9.27)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-09-27 08:15 | Comments(2)

鷹の目/鵜の目鷹の目

カメラは2台入れてほしい
組み合わせの例である①フィルムカメラとデジカメ②ポジフィルムとネガフイルム③標準とマクロ③標準と望遠④クラシックカメラと新型⑤一眼レフとコンパクトカメラ⑥単焦点と高倍率ズーム⑦ストロボ、つきやナシやなどなど、あなたの都合と、その日の都合でスタイルを決めるのがいい
一眼レフを買って、ボディ1台に必要なレンズを買い足していくというのは昔からの王道だけれど、いいレンズは高いし、重い
その内ミラーレス一眼を買ったりしているのが実態だ
一眼レフに高倍率ズームをつけてレンズ一本ですまそうと言うなら一眼レフを購入した値打ちはない
いつもながらカメラが一台では不自由なので、“二台を組み合わせて自分の写真スタイルを作る”というのが小生の昔からのスタイルであった
b0355451_07082937.jpg

今日のカメラ取材行、きっちり目標があればそれでいい
が、そうでなければ家を出る前に今日の被写体を考えよということだ
それがスタート、本日の成果はここで決まる
旅・スポーツ・恋人・孫・女・自然・花・昆虫・街角・社会・ブログ・祭りや行事・・・などなど、あるが今日の切り口というか、あなたの今日の“目”をあらかじめ選ぶべきである
カメラは本来の単純な道具であって欲しかった
我々側も誤解しているかもしれないけどメーカーはもっと誤解している
誰にでも写真が撮れるようにと研究し開発したメーカーに敬意は払うけど、個性のないカメラばっかし作って写真好きの楽しみを半減させたのもメーカーだと思う
現にその結果メーカーも半減してしまった
オールマイティであってはいけない、せめてシンプルにあって欲しい
だから片側に強いシンプルなカメラを2台でというのが小生の論なのである
5台持ってる人は2台づつ使ってやろう
また、今は1台しか持ってない人も次の1台を買うときの選ぶ楽しみが残っている

例えて言うと今日の私の眼は右目が90ミリマクロ、左目が単焦点35ミリということ・・なんだ
明日は別の目で行こう
人間の眼は優秀すぎる
カメラは究極の道具である、道具として愚直であって欲しい
カメラを持っている人は極端に増えたけど写真を愛する人は極端に減った
オールマイティというのはアマチュアカメラマン自身が意識して排除すべきであると思うのだけど・・
イラストは愛器ペンタックスLX(60年記念の旭光学は今はない)
鯵庵(9.7)
「鵜の目/鵜の目鷹の目」はここをクリック

[PR]
by ajiankyoto | 2016-09-07 07:09 | Comments(0)

鵜の目/鵜の目鷹の目

b0355451_21300032.jpg
趣味とはいえ写真をする人はたとえ会社に行く時でも常にカメラを潜ませておくべきである
今はカバンの中に入る優秀なデジカメがいっぱい出ているわけだから問題はない
電池寿命も延びたし記録カードの容量も昔の比ではない
今の小型のコンパクトデジカメ一台で往時の一眼レフカメラにレンズ三本くらいを持って歩いているほどのことは軽くある、ポケットに入る大きさのもので十分である

取材行の時も同じようなものである
いずれにしたって荷物は軽い方がいいし、、、三脚は本当は持って行きたいが、都会や観光地では使用できない所が多く極めて扱いにくい
通常はストロボまでは要らない
もしもプロのカメラマンなら愛用ジープに器材専用の荷台を設けて持って行かねば悔いを残すようなこともあるかも知れないが、アマチュアはむしろ戦場カメラマン張りに軽めの装備で行動できるところを開拓する方が合理的である

カメラかばんやリュックの大きさが証(あかし)になる時代は過ぎた
昔もそうだった
自分のカメラスタイルを通していくためには一周も二周もしてこなければならない
カメラは250年の技術なのである
もう何周も回っている
デジカメも今ほぼ一周目の第3コーナーにかかっている

道具は使うものである
せめて・・
長く培ってきた写真感性はコンパクトなデジカメでも発揮されることを実証しなければならないし、自ら信じることだ
まず心構えとしてはカメラを忘れてはいけない
カメラ個人的感想編、鵜の目である
イラストはキャノンG1(平成12年、使えるデジカメが始まったがバッテリーが持たなかった、SDカードが数十メガで8000円ほどした)
(鷹の目に続く)
鯵庵(9.5)
「ピンボケの原因は老化だったのか」はここをクリック
「オリンパスの最後の名機」ほここをクリック

[PR]
by ajiankyoto | 2016-09-05 07:22 | Comments(4)