人気ブログランキング |

追われる羊

追われる羊_b0355451_08241170.jpg

国鉄の新快速電車としてデビューした117系
改造して寝台急行「銀河」としてデビューした
庶民も乗れる観光列車らしいのはいいことだ
敬老の日と秋分の日を揃えて4連休が終わった
GOTOの後押しで全国一斉行楽週間になったような賑わいだ
コロナは何処へ行ったん?という子供の声が正直だ
ここ数年、無いようなような賑わいだ、と土産者店の主が笑いを隠さない
京都で観光にかかわることは市の経済を支えている自負さえ持っている
コロナ以前には肩で風を切っていた
そんな時、観光業は思考停止の経済活動だと誰かの論文?にあった
観光でくくってしまうと
文化も芸術も歴史も旅人の生き方さえ型にはめてしまう
この連休も敬老精神も彼岸も関係なく、ただただ動くことに目的がある
役所も業者も何も難しいことを考える必要もない、ただただ煽るだけでいい
そこで止まってしまうのだ、あとは数だけ??
昔に比べて団体旅行は減った
しかし、国民自体が自ら団体さんなのだ
ムクドリは隣にいる鳥と同じ行動をする
それが大きな怪物のような動きをする
私は羊の群れだと表現する
離れようとすると犬が追ってくる
それが思考停止する一瞬だと思う
見方によればすぐに第3波がやってくる
羊も犬も犬の飼い主もそれを知っているのかもしれない
それが思考停止の遠因かもしれない
粒つぶした塩辛さが残る・・・
鯵庵(2.9.23)

# by ajiankyoto | 2020-09-23 15:41 | 不要不急 | Comments(0)

世間虚仮(せけんこけ)

世間虚仮(せけんこけ)_a0383665_10432596.jpg
今、京都で「聖地をたずねて」展が開かれている
室町時代に始った西国三十三所の発生を追っている
三十三所は六観音(七種の観音)を本尊としている観音の霊場である
その第一が最も南に存在する青岸渡寺である
この仏は如意輪観音である
この写仏(絵)は日本画家丸山岩根画伯の画集から写した
実物ははるかに大きいが私のものはそれを本(実際はハガキ2枚分)の大きさに省略・縮小している
仏を人間臭く描けているからだ
私が写仏(模写)を始めるきっかけになったのが、この京都・大阪に縁のある丸山岩根氏(1999年没)の画集を古本屋で手に入れてからだ
鯵庵(2.9.1)
新切流はがき絵(写仏編)もどうぞ

<閑話休題>
聖徳太子の言葉「世間虚仮唯佛是真」(せけんこけゆうぶつぜしん)と読む
飛鳥と言われる時代に世間という言葉が生々しい
今も世間であるコロナが横行しているのも世間である、まさに世間と世界が同じ意味になってしまってる
科学がこれほど進んだと言いながら疫病が蔓延する政治矛盾に直面している
その一方で、太子が政治の基本に置いた宗教が無力化してしまっている
聖徳太子や聖武天皇の時代に戻ることがいいのでもない
戻るって、どこまで戻る
まさか江戸時代に戻って鎖国するそんなわけにはいかんし
ちょうど終戦後の昭和の後半ぐらいがいいのではないか
慶応・明治・大正・昭和・平成・令和と仮に生き続けている人がいたら、
戦後皆、否応なく新しい生活を始めた、世界観や階級や宗教という価値がいっぺんにひっくり返ってしまった・・ときにまで戻るべきではないかと、言う人もいる
そんなことはあり得ないし・・・しかし、祈り、それが巡礼の心である、と私も思う

# by ajiankyoto | 2020-09-01 20:39 | 閑話休題 | Comments(0)

ハイボール

ハイボール_b0355451_01110682.jpg

たまたまNHKの夜中の放送を聞いていたら
互いに大御所と先生と呼び合う人が
自分のあれを”奥さん””奥さん”と連発する
お笑い芸人の若手ならそれも仕方ないとは思うけれど
しっかりしているような老人が・・それはないだろうと思う
この人たちやはり気づいていないと思う
だから芸人として成功して有名になれたのかもしれない
NHKのベテランアナウンサーはどう思ってるのかちょっと聞いてみたい気もする
読者の皆様でも鯵庵が何を言ってるのか分からない人がいるかもしれない
”配偶者に奥さんと言われる女にはなりたくない”と小股ないい女は言う

結局は興醒め(きょうざめ)・・眠れなくなってしまった
冷蔵庫からトリスのハイボールの缶を出してきた
「トリス」というのも分からないだろ
うね
この絵からの連想「男性自身」と言ったらもっと分からないだろう
分からなくてもいいんだよ・・

昔、貧乏人(個人的表現です、20代の頃)はスナックでジンやトリスのハイボールを飲んでなおジュークボックスの100円をケチっていた
え??ジュークボックスも知らないって???
どうでもいいや・・それからカラオケになってしまってどこも一緒になった
京都や大阪の場末のスナックが原点に戻ったら客が増えると思ったりした
もちろん今日の話ではない
挿絵にある1946年・・敗戦の1年後まだ日本が独立してない時なんだよ
庶民がトリスを楽しめるようになったのはそれからずっと後のことだよ
みんなが何もかもが新しい生活だった、が、贅沢は行きつくところを知らない
明日は昨日とは違うことも分からないだろうね
いずれにしろ夜中の話だ
睡眠不足でも朝が来る
鯵庵(2.5.18)


コロナで何をしてるって?
マスクで腹が立って・・そんな世相を書くのが面倒になって暫く別のところで絵を描いている
約1か月更新していません・・それでもいつもいつもここへ来てくれる人には感謝しています
中には私の健康を気にしてくれる人もいる
ここまで読んでいただけたら、ついでにこちらにも遊びに来てください
ご招待いたします
上のリッチリンクが機能しないときは下「後の祭り」をクリックしてください
「後の祭り」
鯵庵(2.6.22)

# by ajiankyoto | 2020-05-18 01:28 | ゲソ番は足元を見る | Comments(0)

新しい生活?

新しい生活?_b0355451_16203198.jpg

”あの日”に戻れない
あんな脆弱な社会に戻る必要はない
同じ形に戻ることは絶対にない
一度決心したこと、それでやっていけたのならそこから再出発するのがいい
新しい生活様式などと政府に言うてもらわなくていい
年寄りでもいつで新しい生活を試みている
正しく言えば今回は向きを変えなくては・・
政治も出直すからと言うべきである
それでもこれからしばらく元へもどそうという輩と闘わなければならない

子供科学相談である
アサガオは夜の時間の長さを図って花を咲かせる時刻を決める
アサガオは朝になってから咲くのではない、暗いうちにすでに花を開いているのだ
鯵庵(2.5.10)

# by ajiankyoto | 2020-05-10 15:51 | 不要不急 | Comments(0)

町家弁当

町家弁当_b0355451_21551229.jpg

なかなか予約が取れないというのが売りの居酒屋が、
この前から道端まで出てきてテークアウトを始めた
花見弁当でもあるまいし、2000円もする
それでも‶原価割れ“だと書いてある
借家で人件費込みの原価だとすればそうかもしれない
そもそもテークアウトになれば町家ブランドは不要である
そらそうだ・・消費税とウーバーに頼んだら飲み代並みだ
今は辛抱かもしれないのは店もだろう
ただ、その内テークアウもやめるだろうと我々は噂している

私の友人はかってその店での飲み会予約を頼んで、無下に断わられた経験がある
そんな店のテークアウト、たとえ安くても買ってやるものかと言っている
私はもともと町家を売りにしたような割高の店に関わりがないが、
敢えて言えば、そんな店にも国や市の助成金が出ることに内心腹立たしく思っている
こんな時期どう生き残ればいいのか?いや、生き残った後にどう生きるかだろう、と思う
あおられた観光行政に乗って咲いた花は、もう同じ花は咲かせられない
地元や市民を相手にしなかった店が京都にはわんさとある
鯵庵(2.2.7)

# by ajiankyoto | 2020-05-07 09:04 | 不要不急 | Comments(0)

今年のこいのぼり

今年のこいのぼり_b0355451_18081250.jpg

それにしてもブログの世界は不要不急の見本みたいなもの
文学でもないし、娯楽でもないし、さりとて情報でもない
発信も中途半端で、言いたいこともはっきりしない
生活に役に立つ訳でもない、書き手も読者も互いに知識不足だ
パソコンがなければそれも出来ない

世間ではパソコンを使って仕事している人がいる
大学もパソコンで授業しているつもりになっている
何のことないパソコンを使ってできるものだったのか
それなら鯵庵と同じだ

不要不急と言われて仕事や生活のほとんどが不要不急である
しかし、不要不急のものでないと憩いにならない
祈りの心を失ったのでは再生はない
今年はこいのぼりも少ない
鯵庵(2.5.5)

# by ajiankyoto | 2020-05-05 18:18 | 不要不急 | Comments(0)

検品

検品_b0355451_07272953.jpg


たかだか〇〇〇一つというけれど
そら下請け任せでもいいよ
海外の工場で作ってもいいよ
ただ自分の名前で売るときは必ず検品をするものだ

なんと以前から技術立国日本の企業は
人件費を惜しんで検品をしなくなった
検品をしないことが分かったら
下請けも検品しないのは当たり前ともいえる

検品しなければならないなら採算が合わないって
そんなこと本気で言うの?
緊急時を飯の種の業者を監視しなければならない
どの会社も学ばない人がどんどん偉くなってこの国を動かしている

ばれなければ何でもする
あちらの国の人は日本人をそう見ている
これからどんどんばれるだろう
それでいい・・・


ドンドン公表してほしい
鯵庵(2.4.23)

# by ajiankyoto | 2020-04-23 07:41 | ゲソ番は足元を見る | Comments(0)

麒麟が行った


麒麟が行った_b0355451_07553444.jpg
「麒麟が来る」が始まったと思ったらコロナが来た
美濃の侍だった明智光秀は信長のもとで出世して
近江坂本、丹波亀山(亀岡)、同じく福知山などの領地を治めた
時代の変わり目にふさわしく、領地経営というものに長けていた
だが、光秀は不遇の人である
もう数十年も早ければ主殺しも世の常だったろう
天正というのは下剋上が信長によって収斂されてきた時代のことである
光秀の関わりのある各地の宣伝が始まっていた
そんな時に、コロナ騒ぎである

光秀は有能な官吏で信長政権の京都奉行も勤めていた
京都行政に長けていたが、こともあろうに京都で信長を討った
それなのに京都勢力を味方につけることが出来なかった
その歴史的事実の方が大きい
光秀の心理は謎ではあるが、解けない謎でもあるし
さして、改めて解く必要のない謎である
光秀のなしたことはその結果は重大である
歴史が意図的に動いた一つの大きな事例である
大河ドラマの種がつきて、陰性の人をドラマの主人公にたてた
どう考えてもだ、光秀を麒麟に例えるのは余りにも無理がある

小生には何の発言権もないが・・またがちがちのファンには申し訳ないが・・
ここのところ速やかに中止するのがいいと思う
何がって・・今年の大河ドラマである
国民にここしばらく緊張感が必要な時にこの大河ドラマはあまりにも向かない
光秀研究は国民の気持ちを明るくしない
NHKにも大河ドラマにも向かないテーマだった

NHKは所帯が大きいのだろうね
報道と娯楽は人事交流もないのだろうね
それぞれに仕事を与えてそれぞれが自分のために仕事をする
空気が読めない組織になる
大河ドラマを呼んできて、町おこしが成功するとすぐに味をしめる
だから、地元の町ではこんな時でもそのことに必死で働いている人がいる
緊張時の行政は人の気持ちを収斂させる必要がある
霊獣「麒麟」はいいとしても「光秀」では具合がよくない
テーマと出演者をそっくり入れ替えるなら面白い仕事ができるかもしれない
それぐらいの力がないといつか緊急時の報道に説得力がなくなる気がする
鯵庵(2.4.19)

# by ajiankyoto | 2020-04-19 07:56 | ゲソ番は足元を見る | Comments(1)

幽霊の正体が見えない?

幽霊の正体が見えない?_b0355451_09584885.jpg
自宅のヒマにケーブルテレビでホラー映画を見た
新型コロナの流行もホラーかもしれない
幽霊が見える人と見えない人
幽霊を見た人と見てない人
信じる人と信じない人
そんな幽霊でも皆が見たら怖くなくなる
だがしかし、幽霊の正体が分からなければまた怖くなる
ただの映画の話

疫病は幽霊よりもはるかに怖い・・
今日は牛頭天王に出てもらいました
鯵庵(2.4.15)

# by ajiankyoto | 2020-04-15 10:01 | ゲソ番は足元を見る | Comments(0)

次は自分の番だ(疫病)

次は自分の番だ(疫病)_b0355451_09013314.jpg
都市の歴史は疫病との闘いだったのだろうね
道端に転がった死体からも街の人にどんどん伝染していく
今とどこが違うかと言えば医術と火葬なんだ
病院が道端になるのを医療崩壊という
だがまだ、今は、医療という神を持っている

あの時出かけなかったらと思わなければならないことになるし・・
医療だって自分にご利益が回ってこないこともある
医療が十分でなかった時代だったら人は祟りを信じただろう
今でも何が祟ってるのか考えてみてもいいと思う
鯵庵(2.4.13)

# by ajiankyoto | 2020-04-13 09:07 | 次は自分の番だ | Comments(0)