b0355451_13593802.jpg
京都の地の人は″おしょうらい(お招霊)”さんと発音のする人が多い
いかに招いた霊であっても所詮一緒に長い間暮らすことは叶わない
16日にはまたあの世に送り返す訳であり、それを精霊送り(しょうりょうおくり)と言う
今は音頭の声が聞こえなくなったけど盆踊りも精霊送りでもある
お供えと一緒に川に流したり、松明の火で現世の穢れを清める行事が行われる
各家庭・各町内やお寺や墓地でも精霊送りの行事が行われる
大量に供物を川に流す精霊流しは問題がありとのことで、代わりに京都市ではお供えの処分もしてくれる
それを大がかりにしたのがおそらく室町時代にはあったとされる「送り火」である
送り火が見えるところでは、も一度各家庭のご精霊さんもまとめて送ってもらえる
その上、旅の人も参加できる観光にも都合のいい送り火である

今は京都のお盆の観光は「五山の送り火」が代表する形になった
午後8時に東山銀閣寺の上の如意が岳の大文字が点火される
「妙法」「船形」「左大文字」続いて、一番西の奥嵯峨野の「鳥居形」が点火されるのが8時20分ごろになる
そのころはもう最初の大文字は消えかかっている
小生が初めて送り火を見たのは、親に手を引かれ田舎から京都駅に帰ってきた列車の中だった
東海道線はその時まだ蒸気機関車だった、列車が鴨川鉄橋を渡るころだったかな
眠たいのに起こされたように記憶している
京都駅のあの辺りからも大文字は見えたように思う
ただ、大文字が見えるのはいつも一瞬なのだ

昔(旧暦の頃)の送り火は天気がよければ必ず満月とセットである
山の陰の黒と群青の空の色は明らかに違う
月と大文字と精霊流しの灯りを一緒に見ることのできた昔の人の感慨は想像できない
月遅れで行われるお盆の行事では毎年8月16日の月齢は変わる
この時間に東山に上手く月がかかることの方が珍しくなった
それでも、鴨川堤防から見る大文字は絵になりやすい
今出川橋や丸太町橋あたりまで行けばよく見えるかもしれないが
わざわざ出かけていく大人は少ない
実は燃えているのは15分にも満たないからだ

この一瞬の静寂ゆえに、俗っぽい京都のお盆もこの日だけは侘しさを感じさせられる
五山の火を全て楽しめるのは難しいが、それでも数十分だ
テレビ中継ではそれぞれの火床の周りの人が映し出される
その人たちにとっては行(ぎょう)なんだと思う
そうなんだ、それもまた精霊を送る送り火なんだと思わされる
全ての火が消えてしまって京都のお盆が終わる
地上には現に生きている人だけのまた迷い多き生活が始まる
これで盆が終わるのかと思いきや、京都の夏は24日の地蔵盆に向けての準備がはじまる
鯵庵(30.8.15②)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-08-15 07:00 | 地蔵菩薩 | Comments(0)

老いる前の老後

b0355451_08300081.jpg
少し前”老後の暮らし方に結婚がある”と言ってある女性作家が結婚した
"60代になると老後しかない"と言ってるようではあるが、逆にまだ"現役"だと言ってるようでもある
ただし、この場合の老後とは明確に定義されたものではなく、"やがて来る"と言う意味に近い

誰でも老いる限り老いて後の老後は必ずやってくるわけである
老後は多様である
それよりも貧富の差の方が気になる
人によっては若い時のままであり
人によっては転落している
他人から見ればシルバー一色に見えるかもしれないが、赤や黄や青やもっと多色である

60代になって初婚だとすれば最初から枯れるわけにはいかない
ゆったりとした老後を得るためには老後への蓄えの一つとして結婚もある
老後という言葉を使える人はそれだけでも仕合せである
老いるということを語れるということである
老人化の過程を一つの人生と考えることが出来ているということだろう
老後が人生の暇つぶしだったり時間つぶしだったら人生が不甲斐ないことになってしまう
と、思いませんか
鯵庵(30.8.12②)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-08-12 08:36 | 大人の恋 | Comments(2)

老人化が始まる日


b0355451_08015342.jpg
小生の親父は今年で101年になる
親父が70歳の頃、小生が40歳ぐらいの時である
親父がパーキンソン病を宣告された
その時まで意識していなかった親の老後を感じた
一気に我が家族も老人化に巻き込まれたという気がした
82歳で亡くなった・・それから20回近くお盆を迎えている

誰かが言っていた
老人化と我々が言う場合には3っつのパターンがあると
一つ、自分が年とること
二つ、連れ合いが年とること
そして三つ、親が年とること
親が年をとった時に老人化のすべの課題が身近になってくる

あれから30年、一世代進んで今度は私が老人になった
当時老人化はまだ家族にとっての問題だった
その間にゴールドプラン(1989年)や公的介護保険制度(1997年)がスタートした
今は、社会全体での問題となりつつある
それは子供や家族に頼らなくてもやっていける
本人の心がけ次第の老後となったというわけなのだ
ところがである、いずれ老人のための施設にも限りある
ピークに合わせた施設整備は必ず過剰なものとしてあとに負債が残る
老人世代がヘルパー世代より人口が多いということになれば
結局は家庭での自力介護に戻らなければならなくなっているようだ

戻るべき家庭があればいいが、配偶者すでになく・・子供とはなにかと疎遠では・・
自分の老人化を子や孫の老人化にすることが出来ない
いずれどこかの大部屋で一人寂しく生きていくしかなくなってしまう
もうその道へ向かって歩いている
マイホーム主義の我らの世代だった
それが最後の矜持かもしれないが・・
それがマイホーム主義のつけ払いだと気付くのはこれからだと思う
鯵庵(30.8.11②)



[PR]
# by ajiankyoto | 2018-08-11 08:02 | 家族 | Comments(0)


b0355451_19491202.jpg
千本閻魔(えんま)堂は高野山真言宗の寺、千本鞍馬口を少し下る
京都の3大葬送の地・蓮台野(れんだいの)の入り口にある、ことになる
近くまで行けば商店街の裏から迎え鐘の音が聞こえてくる
ここへきてお盆に精霊を迎えるには、まず水塔婆を買う、水塔婆に迎えたい精霊の名前を書いてもらう、線香で煙で水塔婆を清める、地蔵の池に水塔婆を流す、その後に迎え鐘を水塔婆の数だけ鳴らすという順番らしい
わざわざ迎えに来るのは迎えたい精霊があるからである・・

水塔婆に戒名を書いてもらって、で1枚当たりX円
大体は5、6枚持っている人が多く、一家族あたり5×X円になる
千本通に入り口が面している、日常のお寺の収入源は月極駐車場のようだ
この時ばかりは庵主さん家族と檀家の皆さんが総出だ
が、どうしても地元の町工場的な印象を受ける
市バスの206号系統ルートは見るとこの多い黄金ルートと呼ばれる
が、東山通りを走るときと違ってここ千本通は観光客が少ない
そのせいかもしれない
でも西陣の景気が支えた時期もあったかもしれない
都はるみが遊びに来て若き庵主さんと一緒に写真に写っている
それでもお寺はこの7日から10日の期間は迎え鐘の音を数えながら景気判断を出来る

亡くなった人の初めてのお盆は初盆(はつぼん)とか新盆(にいぼん)とか言う
出来るだけ親族皆が寄って灯りをともしお供えをして故人を偲ぶのが優しい過ごし方だ
しかし、密やかに一人してお参りしたい人もいるだろう
新盆なら大きな閻魔大王の前で特別に祈祷もしてもらえる
亡き人と自分のために太鼓を打ちながら大きな声で般若心経も唱えてくれる
閻魔大王が身近に感じられる瞬間だ

小生は心ばかしのお賽銭だけで紛れて迎え鐘2つだけつかしていただいた
それでも音色に遜色はなかった
当たり前のことだけど地域の人たちにとって千本えんま堂は年中、千本えんま堂だ
観光という大波が来なかったとしたら京都ってこんな町だなと思わされる
そこらじゅうに地蔵さんや閻魔大王がいて、思うときはいつでも亡き人と一緒に暮らしている
家族があった・・
その代わり京都の庶民の盆の始まりはあくまでも俗っぽいのが特徴だ
鯵庵(30.8.8)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-08-08 19:54 | 地蔵菩薩 | Comments(0)

餓鬼は地獄にいる
閻魔王界は多くの餓鬼を抱えている
餓鬼は餓えた状態にある
人間の糞便や屍など不浄のものを食う
人から施されたものなら食うことができる
人は死してまた地獄でも六道を輪廻する
六道とは天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道の六つをいう
その内、畜生道・餓鬼道・地獄道を三悪趣といい、その一つである

貪欲な物惜しみの心で人に施しをしなかったもの
私利私欲で他人の財産をだまし取ったものなどなどが餓鬼であり餓鬼道に落ちるという
仏教ではそのように説くが、現世民間では餓えや行き倒れで死亡した人間の死霊を恐れて言う
先祖だけではなく無縁の精霊に飲食を施すことにある
元来、盂蘭盆会(うらぼんえ)の主となる法会である
だから、厳密に言えば先祖供養とは別のものでもある
餓鬼というのは現世においても全くありふれたものである
翻れば自分もまた貪欲な物惜しみの餓鬼である
特に平安時代の仏教は富める者の独占物である
地獄からの救済について明らかにしていない
やがて六観音が当てられ、最後は阿弥陀如来による救済に結びついていく
市井の聖、空也上人はこの地上での餓鬼の姿を目の当たりにし救済を続けた
六道の辻には都の最大の葬送地鳥辺野が広がっている
毎日運ばれてくる屍はここに捨てられる
その姿が既に地獄であり、当時の人にとって地獄は見えるものだったのかもしれない
この場で無阿弥陀仏という念仏を説きながら、現実に屍の処理をした空也への信仰は仏教が庶民のためのものとなる第一歩だった
972年ここで死んだ
地獄の存在を知らしめた源信の『往生要集』が成る10数年も前のことである

六道珍皇寺にほぼ隣接して空也上人にゆかりの六波羅蜜寺がある
この寺も初めは観音信仰として建てられたがやがて地蔵信仰の寺としての説話を多く残している
やがて鎌倉時代以降は阿弥陀信仰と並んで地蔵信仰が盛んになる
人間は死して地獄に堕ちるが、地蔵菩薩によって救済される、という
地蔵菩薩は地獄にも現れるスーパーな仏である所以である

お盆だけでなくまた地獄に行く前に地蔵菩薩のお世話にならなければならない人の方が多い
施餓鬼こそが日本の宗教の到達点なのかもしれない
・・・と思えば施餓鬼である
鯵庵(30.8.7)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-08-07 07:56 | 地蔵菩薩 | Comments(0)

・・そう思えば水子供養も気になる
広く考えれば地球上の子供達の数万倍の水子がいると説く坊さんがいる
そう言われなくとも、特に男性は水子供養と言われて無関係を装うことは出来ない
この世のことで全てのことをなかったことには出来ないのだ
このままの形で許してもらえるならこの際許されたい
と思わされたとて仕方がない
水子地蔵もお参りくださいと坊さんに勧められることになる
青春時代からずっと・・胸に棘さすことばかり・・
知ってしまえば、やはり悪いのは自分であると思う・・
b0355451_07361264.jpg
閻魔大王は複雑な神様で、この世でもなしあの世でもなし、冥界(めいかい)を支配する
それでいて、地獄からでも救い上げてくれるという地蔵菩薩の化身ともされる
そんな時にすがれるのは閻魔大王か、それ以上に地獄にも顔の効く地蔵菩薩なのである
宗教は哲学を俗化したものとも言える
哲学だけでは多くの人を救えない
俗っぽくても仕方がないのだ
佛というものはどんな姿にでもなるスーパーな存在でなければならないし、
何にもまして何万・何千と言うお寺とお寺の家族も養わなければならないのだから
それがお盆の了解事項なのだ

余談ながら、この閻魔さんの縁日は1月16日と7月16日
今はほぼ死語になりつつあるが、この日は「藪入り」とも言う
お盆の7月16日は昔は嫁や奉公人が実家へ帰ることが許される日
閻魔さんありがとうと心に言いながら奉公にあがった少年・少女が日頃の辛さを忘れて親の顔を見に行ったのもお盆の過ごし方である
それも閻魔さんの功徳である
庶民には佛も俗っぽいほど好かれるような気がする
鯵庵(30.8.5)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-08-05 11:22 | 地蔵菩薩 | Comments(0)

b0355451_08254235.jpg
田舎にある親の墓を何とか自分の近くに持って来たい、という人がいる
ところが墓を移転(※改葬)するということは結構大変なことである
それでなくとも、自分が田舎を捨てて親戚も疎遠となれば田舎へ帰るのは墓参りと言えど辛いことである
先祖の墓と自宅との距離が問題になる
国の調査では出生地に住み続けてるいる人の割合は2割以下に減少している
もうこれ以上に下がらないかもしれないが、その大きな原因が都市移住と人口減少である
その残りの7割・8割の人の中で新しい墓を持つことがここ数十年続いてきた
墓地を分譲(土地は所有しない)する形の霊園が今までの主流であった
今でも条件のいい霊園墓地の競争率は高いけど、一方でそこでも無縁仏が増えている

評論家は都市移住の問題より今は未婚化の方が影響しているという
人間、子が出来て孫が出来てやっと先祖のことに思いが至る訳である
でも残念ながらその子に墓参りする姿を見せていない
生きてるうちに自分の墓を作ったって同じである、自分の墓に参るのを子供に見せても感動はないだろう
が、石の墓を持てる限りは生きた記念碑が欲しいというのが信仰になっている
ある人は、京都人とは「京都の街中に墓がある人だけが京都人」だという論を言う
それじゃ早いか遅いかだけで・・田舎とと同じことになる

毎年お盆には西大谷や東大谷の墓地の墓参りの姿が放送される
お盆の風物詩としての映像である
墓の数は山を登るように壮観だがもう限界でもある
せせこましいのも京都では風情ではあるが
改めて石の墓を持つ身分になるには人生がはかなすぎるのとちゃうか
と、墓の入り口の六地蔵が言う
人口の流入によってむしろ田舎の文化が都市にまで及ぶこともある
自分の墓を守してくれるのは自分の子供達だという一番大きな信念が崩れつつある
いずれ魂は気化して、残るのは土と水だ、都会の人はもともと都会が墓場だ
都というのはそう言うものなのだ
鯵庵(30.8.4)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-08-04 07:32 | 地蔵菩薩 | Comments(0)


b0355451_09494777.jpg
東大谷(大谷祖廟)は宗祖親鸞の御廟である
我が家は親父も息子もここに納骨した
親鸞の御廟は木々の茂る小山である、形から言えば樹木葬である
現代の遺骨というのは実は灰なのである
間違いなくやがて土になり水になり最後には気化するものだ
それでもこの大谷一体にはこの地で荼毘にふされた親鸞上人の気が残されている
倶会一処とはそのことだと小生は思っている

ここ京都では部分収骨なのだ
部分収骨とは火葬場の骨上げの際、のどぼとけや歯骨などの一部の骨だけを拾って収骨することを言う
従って小さめの骨壺(9~15センチ)で足りることになる
西日本は概ねこの部分収骨のかたちである
毎日毎日納骨の人が全国から来る
時々、立派な箱に入った大きい骨壺を持ってくる人を見る
骨壺の大きさは貴賤の区別ではない
それは収骨の習慣の差なのだ

中部地方から関東・東北地方は全部収骨が習慣である
遺灰の全てを骨壺に詰めることになる
焼却場に残すことが出来ない
骨壺が大きくなるわけである
それはあくまでも習慣というものである、遺骨信仰に変わりはない
ただ、関東方面の意識の強い人が京都の火葬場までついていくとそういうカルチャーショックを受けることはある
もちろん残った灰(残骨灰)は火葬場でにおいて措置(処分と供養)されることになる
大きな骨壺を見ると"あー関東方面の人だなー"と思ってしまう

厳密に言うと火葬の場合は遺灰である
そこまでしなければ衛生的でない
今は手元に置いたまま暮らす人もいるようだ
そう思えば骨壺にも様々なデザインがあるのも納得できる
少しお金をかけたいと思う人もいるだろう
小さな墓に大きな骨壺は都合が悪い
あるいはまた散骨するときはなお形を崩して粉にしなければ許可されない
どちらもやがて土と水になる
遺骨より骨壺の方が寿命が長い
仏になれは気体になる
どちらも最後に残るのは骨壺の方である
鯵庵(30.8.2)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-08-02 18:00 | 地蔵菩薩 | Comments(0)

b0355451_20023591.jpg
京都の盆は五条通の陶器まつりで始まる
陶器祭りから北へ少し歩くと六原に至り六波羅蜜寺の前を通って以前に書いた幽霊飴の店から松原通りに出る
あの世とこの世の境にあるのが六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)である
生きることと死ぬことを繰り返すのが輪廻転生(りんねてんしょう)
その流転(るてん)する道が六道(ろくどう)
現実には生きることと死ぬことの分岐点でもある
都を出て鳥辺野(とりべの)へ向かう道筋に置き換えこのあたりを六道の辻という
都の住人は遺骸をここまで運ばれてきて来て、あるものは土に埋められ
あるいは打ち捨てられて貴賤にかかわらずいずれも土と水に戻っていく
これから先は野辺(のべ)の地、冥土(めいど)、冥界(めいかい)である
この松原通(昔の五条通だった)からこの葬送の地への入り口にある寺である

お盆とは、盂蘭盆会(うらぼんえ)のこと、仏事である
先祖の霊や新しくなくなった人の精霊が帰ってくると言うので、送ったところまで迎えに来るわけである
それが迎え鐘である、たいてい8月の7日に始って10日まで、その間地獄に届けと鐘を打つ(引く)人で縁日のように賑わう
何のことはない、陶器祭りもその日に合わせて行われている
五条坂は清水焼の窯元が多く、陶器祭りは全国の個性的な窯元数百店が両側に並ぶ
京阪五条から五条坂大谷本廟の前まで・・そういうことで、拙者も毎年客になり往復約1キロ汗をふきふきあるく
もちろん実用品しか見ない
ここで買った陶器には精霊がついてくると言う人もいる

日本人は陶器が好きだ、焼き物の美しさは造形美である、造形ゆえに壊れやすい
実用品の陶器なら10年も割れることなく使えたらそれでいいだろう
と言うのは、結婚9年が陶器婚式(とうきこんしき)で20年は磁器婚式(じきこんしき)と言うようだ
20年を陶器婚式ともいう場合もある
陶器や磁器にとって一番怖いのは夫婦喧嘩である
が、仕舞っておってもしょうがない、せいぜいすり減るまで使って割れたら仕方がない
その時は新しいものを買いにまた五条坂へ来ればいい
その時新しい精霊も一緒に持ってかえればいい

磁器婚式くらいなら二度出来る人もいるだろう
どっちみち最後は新しい陶器(骨壺)にお世話にならなくてはならない
お盆の話題である
ホウズキの色がつきだした

南の空に大接近中の火星を見ることができる
鯵庵(30.7.31)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-07-31 20:03 | 地蔵菩薩 | Comments(0)

遺骸の処理方法は風葬・水葬あるいは土葬とか火葬とかがある
まず最初は風葬だった
この鳥辺野は平安京の葬送の地であった
都が出来た頃は都の中に死骸を放置することは出来ない
鴨の河原を渡ってここまでくる間に河原に放置された遺体も多かったろう
鳥辺野まで来ると水に浸かることがないのでそのまま放置したり埋めたりしたのだろう
ここまで持ってくれば自然の動物や鳥やバクテリアが有機物を処理してくれる
都の穢れに対する措置であった
遺骸や遺骨に対する執着はなかった
鳥辺野、音羽川渓谷の上に立つのは清水寺であった
都が出来る前からその地獄のような様をずっと見ているのは清水の観音であった
b0355451_12284936.jpg
人の死骸を焼いて灰(骨)にするにはどれだけの時間がいるのだろう
何よりもその労力と燃料だけでも相当な量になるのだろう
やがて、仏教の影響を受けた火葬が行われることとなる
が、しかしそれはあくまでも限られた人であったはずだ
仏教思想によるものでもある
宗教に本来宗派はない

現代の京都市民の100%が火葬にされる
京都市の中央斎場はこの清水寺の少し南、阿弥陀が峰の山科側にある
この斎場の焼却炉の形式はロストル式(火格子の意味)を採用している
この炉は火葬時間が短く済み(50-90分)、連続火葬(5回転/日)が可能である
全国的にはこれと違って台車式焼却炉が主流であるようだが・・
京都市は全国に極めて少なくなったのを踏まえてこのロストル式焼却炉を続けていくということだ
現代の火葬というのも実は極めて高度な技(わざ)に支えられている
火葬の歴史ももともと平安の都の時代からここではじまっったものである
都自慢の一つになり得るものなのだ・・
鯵庵(30.7.29)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-07-29 12:32 | 地蔵菩薩 | Comments(0)