ハローワークの春は遠い

今日はハローワークへ、街中にあるので便利だ
こちらは3カ月ぶり、ハローワークも2軍登録ゆえしばらく間があいた
前回は1カ月待たされて、面接日の通知かと思ったら門前払い「貴殿のご期待に沿えません」の一言で履歴書が送り返されてきた
すぐに行くと苦情を言いに行ったようなのでしばらく心のリハビリ
いつもは検索端末の前にはオッサン高齢者がたくさんいるのに、
今日はやけに女性が目立った、それもやや若い気がする


建前が年令不問、男女不問なんだけど、実は・・実はの世界である
半年以上通えば、それも承知の上での話であるが
それじゃいつまでたっても1軍に上がれない
今日の女性たちも、ひょっとしたら男女不問の建前に泣かされてヒットが打てないのかもしれない
3月半ばのハローワーク就職戦線は残り福とは言い難い??
春一番も、桃の節句も過ぎた

隣の女性が言っていたのが聞こえた
「遅かったのかもしれない」(そう・・いつもなんだ)
カッコ内は小生が勝手に忖度(そんたく)したアラフォーのため息である
気がついたらバスは出ていた?あっち向きのバスにも、こっち向きのバスにも乗り遅れてしまった?
30代・40代女性のため息はなまめかしい
ハローワークと結婚相談所では「遅れた」というのは禁句である

相談員さん、せいぜいそう思わせないように声をかけてやってほしい
「まだ、大丈夫、気付くのが遅れた訳じゃない」と
なんとか手伝ってやりたいが、2軍(60才代半ば)の小生が声をかけては慰めにならない
まだ折り返し前、何もかも間に合わない訳でないし
「節句を過ぎても桃は咲く」
写真は桃の花
鯵庵(28.3.17)


b0355451_17101863.jpg

[PR]
by ajiankyoto | 2016-03-17 08:20 | ハロー・ワーク | Comments(0)