娘の絵馬を見つけた(娘の書いた絵馬を見たい⑵)

b0355451_06113229.jpg
5代将軍綱吉の母桂昌院にあやかって今宮神社に娘の"玉の輿"を祈願した絵馬のことを前に書いた
その娘らしき絵馬を発見した
”この人と結婚したいと思える一途でかっこよくて経済面もよくて最高の男性と付き合って結婚してとても幸せな家庭を作りたいです。その人に出会って付き合うのは1年以内にお願いします!!○○○子”
母子ともども欲どおしいが、まだ娘は期限を切っているあたりが神社の都合を心得ている
神社のお札の有効期限は1年である・・絵馬も同じだろう
ただ、神様は苦笑いで済ませてくれそうだ
どうせ何回も期限切れになる
今日も神前で結婚式があった
貸衣装と写真館がセットだから、白無垢の角隠しをしていた
神さんの祝福を受けるためには、結婚しても夫を信頼し自分らしく生きなさい、これからやってくる多くの不満と不幸を力いっぱい乗り切ってください
実は、小生が後ろから柏手して直接端的に神様(大己貴命・おおなむちのみこと/大国主神のことである)にお願いしておいた
絵馬を順に見ていくと、おそらくであるが・・年齢とともに絵馬の願いも変わってると推察される
絵馬を書いてる人の中にも・・”私、結婚出来ないのでなく結婚しないのです”という人も実はたくさんいるのではないかと人生経験豊富な写真仲間のA氏は言う
そんなテレビドラマもあるようだ
A氏は前々から女優中谷美紀は日本一の美人だと言っていた
日本一の美人が例えドラマでも”私、結婚出来ないのでなく結婚しないのです”と言ったのではその他の人が言いづらくなるのではないかと言うのが小生の論である
結婚を焦っているように見られるのが一番嫌なことだというのが結婚しない第一の理由だと言ってる評論家がいる
小生は思う、結婚は怖いという予感が当たっているのだろう
神様は評論家ではない、どんな人の気持ちも聞いてくれるだろう
出来ればせめてハローワークなみに紹介状を書いてやってほしい
写真はクレマチス、自慢のショッキングピンクである
鯵庵(28.5.21②)


[PR]
by ajiankyoto | 2018-05-21 08:47 | おなご編 | Comments(0)