ボケてるけど認知症には間がある?

b0355451_20520705.jpg

家の中に1円玉が増えると認知症の疑いがあると・・という話をする人の話を前にした
日常生活の中にそれらしき症状が現れるものだから、家族の早期発見が大事なことは確かである
件の講師も、80歳前半の人(もちろん生存者)の大体5人に1人だと言っていた
それでも年齢が上がれば割合は進むことになる
他の手引き書でも、認知症の発症は80才以降の年齢で急に上昇し95才以上までなると大体5人に4人にもなる
深刻な数字である
もちろん、認知症と言っても色々な種類があり、どこまでのことを言ってるのか分からない場合もある
現実に、アルツハイマー型の認知症は認知症全体の半分に過ぎない
その他のものについてはあなたも名前も知らないというのが現実だろう
早期に適切な診断がなされないと適切な対処が出来ないのは当たり前である
気になることの一つに、医療体制の都市と田舎の差である
また、治療法が少ないこともこの病気への理解を浅はかなものにしているのではないか
そんな正確な知識は家族にだって求めるのはほぼ無理である
認知症のことも知りたいし語りたいのも事実だが、この件については明らかに経験不足である
ともかく、こんな深刻なこと、風評だけはやめようと思う
この講師の話で納得できたことも沢山ある
ボケと認知症の最大の違い
認知症の人の最大の特長は「自分に不利なことは一切認めない」ということだった
この言葉が今、小生の中で尾を引いている
本当にただのボケだったらいいのだが・・
余禄だが、講師の話は時節柄テレビで見た東京の政治家のことを予見していたような気もしてる
一気に病気が進んでるが、そちらの方ははたしてどういう診断が下るのだろうか?
写真は愛宕念仏寺の羅漢、ボケないぞと祈っている
鯵庵(6.8)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-06-08 08:16 | 健康保険 | Comments(0)