悩んでくれたら商売になる

髪のことで悩んでいる人が多くなってきた
悩まないとダメですよと脅迫的に言われるからだ
それは、〝かつらや人工増毛の産業″がテレビコマーシャルを始めたころから顕著になってきた、と言う
要はそれなりの答えが用意できるようになったから

それまでは大して気にもしなかったのが、繰り返し言われると、
それが偉大なる欠点であるように周りの常識が変わってしまった
かつらであることが分からないように出来ます・・あなたの悩みを解決出来ます・・と
これがQアンドAを最大限に応用した広告手法の一つだ
AのためのQを作る
悩ませれば悩ますほど、Qは重くなってくる

メタボというのもそう言うことかもしれない
病気は治さないといかんけど
生活習慣も早めに改善する必要はあるけれど
ウェスト85センチの定めはいかがなものか
薬もありだが、スポーツジムもある
ウオーキングも自転車も乗馬も部屋の中で出来る
そんな環境や道具が用意されている
結局、サプリメントを飲む生活習慣が一つ増えた
おかげでみなが命を削って細身の体を求めていく

女性だって美しい体もやがて熟(う)れていくのは当たり前なのだ
同じように・・?
肌は潤いを失い髪は薄くなっていく
それなのに結婚する前につけたかつらは嫁の前でも外せないって・・?
そういう脅迫観念に陥ってしまう
そんな話は他にも一杯、商業主義にかかればあなたの個性はいつでも欠点に変る
鯵庵(1.25)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-01-25 12:00 | 偽装 | Comments(0)