人生初めてのパートの思い出


b0355451_21013040.jpg
刻んだ野菜は昔からスーパーでも・飲食店にも需要があった
特にネギは近頃のラーメンブームで需要が一気に伸びている
キザミネギは年間を通じて重要がある
キザミネギは九条ネギに限る?と信じている人が多い

「クジョウネギ」というのは青ネギの品種名でもある
ややこしいことに青ネギの品種は他にもあるが区別がつきにくい
京都は京野菜というイメージブランドを使ってなお九条ネギというブランドを取り込んだ
京都府内産であれば九条ネギというブランド使用してもいいようだ
逆に他府県産あるいは中国産のネギを使用して九条ネギと名乗ったら摘発される
現実に平成29年に九条ネギの本場京都市内の業者が捕まった
そんなこともあって今はラーメン専門店のキザミネギも「九条ネギ」とは言っていない
ほとんどは「国内産ネギ」と表現している

京都市内近郊のネギ農家もキザミネギの設備などを入れれば一気に御殿が建つという噂である
豪壮な御殿からスレートぶきのネギ工場に出勤するのが農業だとは思えない
そこまで行けば地面にはいつくばってもうネギなど作らなくていいからだ
が、それはさておきキザミネギは工場で加工される
傷んだところやキザミに適さないところは取り除いて、清浄な水で洗って機械で刻むわけである
だから1年中生産されなければならない
高く売れる九条ネギを刻んでわざわざ(安く)売る必要などないのは誰にでもわかる
そこに、御殿の建つ仕組みがあるのかもしれない・・キザミネギの怪はもっと続くだろう

ハローワークで農業関係に従事したいと言ったら、キザミネギ工場を紹介された
たまたま3人が一日差で行って、3人とも一週間後に違う理由で辞めさせられ、辞めた
「うちはみんなシャカリキの働くねん、休みなんかいらんわ」それが都市近郊農業の信条かもしれない
それならそれでも地域に必要な職場かもしれない
今は京都でネギさえ扱えればいくらでも融資してもらえる鼻息が荒い産業だ
何んといっても京都の九条ネギのブランド力はすごい
それに比べてハローワークのブランド力が低下しているのかもしれない、と思った
小生はそれきりハローワークに行くことはなかった
65過ぎたおっさんが20代の青年のように仕事の夢が叶えなかったとは言わない
世話してくれたハローワークの人にわだかまりはない
めげずに勤めて欲しい
2年前の過去の思い出として書いてるだけですから
鯵庵(30.5.15)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-05-15 10:00 | ハロー・ワーク | Comments(0)