葬式のレール⑵孤独死

b0355451_16432846.jpg
同じ死でも辛いことの第一は"孤独死”だろう
例えば、賃貸し住宅で独り暮らし、誰にも看取られることなく亡くなる例は年々増加している
統計では65才が境目だ、65才以上の人はこのパターンに入る
近親者や隣近所の人との付き合いが減っているのは都市だけもない
何故、"賃貸し住宅"かと言うと、そういうことでしか統計値が得られていないのである
我が国はそういう事態(独り暮らし)に至ったことに極めて冷淡である
そう言っている間に、金を持ったままあるいは施設や病院でも"孤独死"する事例がたくさん顕われてくるだろう
いつまでも個人の経済的問題(貧困)だと考えている
それが冷淡だということだろう
鯵庵(30.11.5)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-11-05 17:16 | 地蔵菩薩 | Comments(0)