2018年 01月 31日 ( 2 )

地獄に仏は医師のこと?

b0355451_08175989.jpg
人は病気になって始めて自分が生きていることを知るという
早く大人になりたいという成長の峠を超えれば
進むたびに下っていくのが生きることだろう
年をとるということは嬉しいことではない
年取れば病気になるということも受け入れざるを得ない
人の最後の治療に家族の同意が必要という医師がいる
本当は患者本人の同意を求めることなのだ
・・がいつかそうなったともいう

自分で決められなくなるのも老人の宿命だろう
仕方がないと思えば、悲しいこことではないのかもしれない
しかし、悔しいことだろうと思う
生きていることの悔しさだ
小生の母は自分の最後は自分で決めると言っている
息子になんぞに決められてたまるかと言ってるように聞こえる
人間最後の幸せは地蔵菩薩のようないい医師に当たることだという
生き死にを金で買うことが出来ると思う人にはわからない

これからの世にそんな出来た医者がおる筈はない
小生は間に合わないかもしれない
探してはいるが・・
この世で地蔵菩薩に出会えるかどうか分からない
地獄で地蔵菩薩を見失わないことの方が大事なことだ
鯵庵(30.1.31)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-01-31 08:22 | 往生 | Comments(1)

地獄の仏か矢田地蔵

b0355451_21284607.jpg
京都寺町の矢田地蔵で白い蝋燭に火をつける
こんなかすかな火で煩悩や罪が燃えるものではないだろう
人間一生の間になす悪行はどれほどの数になるのだろうか
そうでなくとも善を成したつもりが自分の意に反して地獄に堕ちる人も多い
地獄の裁きは自分の意識したことない悪行をも裁くことであろう
この世と違って閻魔の裁きは公平であるということである
それが本当の地獄の救いである

この寺の縁起などによれば・・
実母を殺す・・悪の報いで地獄に堕ちたが・・・
地獄に地蔵がおり、地蔵菩薩に懺悔して地獄から救い出された
昔、高僧が地獄で生身の地蔵に会って見てきたその姿が矢田地蔵である
矢田地蔵の信仰は地獄に仏の話である
親を見殺しにするなら殺したと同じである

この寺の名は矢田寺である、奈良の矢田寺と同じである
地蔵は菩薩の中でももっともスーパーな仏である
無限の空間の中どこにでも存在する
しかし、地獄の淵に生身でいてくれるとしたら他の仏とは違う
地蔵は亡者の身代わりに地獄の責め苦を受けてくれてるのだからなおさらだ
この炎は、地獄の灼熱でなくも悪行にも見えるし病気にも見える
その点寺町商店街の喧騒の中でそう目立たなくてお参りが出来る

自分が生きている限りどうせ大小何らかの罪を成しているものである
真理の目を持つ閻魔や地蔵を騙せるものではない
怖ければ早い目に地獄の地蔵菩薩と縁を結んでおこうというのだ
さりとて、今のうちの懺悔したからとて救われるものではない
閻魔の裁きが下ってからである
ということは一度地獄に行ってからのこととなる・・
小生だけではない・・みなさん
鯵庵(30.1.29)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-01-31 07:17 | 地蔵菩薩 | Comments(0)