ここまで書いて、お歯黒と暦の話をまとめようとしていたら・・また新しい事件が起こった
明治5年のお歯黒改革(前)に続く


そう、舞鶴の巡業相撲のことだ、相撲の伝統のことだ
相撲ファンが相撲のことを決めればいいので小生はコメントしない
本来危機管理の問題だ
しかし、その話題の中に・・
「相撲の神様は女の神様で、女が土俵に上がると嫉妬する」というくだりが気になる
仮説ではあるが、それが伝統の謂れだと説明したい人がいるようだ
たとえ神様でも女は嫉妬深いということだ
そんな話確かに昔、山の神は女神だから、
トンネル工事には女を入れたらアカン(落盤する)ということでも聞いたことがある

人間が持っている煩悩の第一が嫉妬心である
世の中の風習は男の嫉妬深さが底にあることが多い
平たく言えば女は女に嫉妬するが、男は女にも嫉妬する
だからむしろどちらかと言うと男の方が・・??
いずれにしろ神様にまで当てはめるの二重にトンチンカンな話だ
単純に力を競う男の職場だという方がまだましだ

王政復古から5年目のこの時に明治政府は大改暦を行った
明治5年12月2日(旧暦)の次の日を明治6年1月1日(グレゴリオ暦)とした
お歯黒問題も相撲に婦人の見学を許したのも、どちらもこれと時を同じにすることだった
明治天皇の皇后(昭憲皇太后)は率先してお歯黒をやめただけでなく
また皇后として初めて洋装をしたともある
その後のことを知っている我々はその聡明さをも知ることが出来る
皇后の旧名は一条美子、もちろん高貴なる姫君ではあるが京都の女性でもあった
明治天皇とともに幕末動乱の京都で生まれ育った人であった
そのことを書きたかった

相撲のことが入ったため少し長くなった
鯵庵(30.4.7)


[PR]
by ajiankyoto | 2018-04-08 20:12 | 女紋 | Comments(0)

b0355451_09080082.jpg
近世の女性の風習に「かねつけ(鉄漿)」がある、お歯黒のことである
謂れは色々あるが、
明治の初め、あの福沢諭吉が本に書いた
「既婚の女性が眉を剃り落としお歯黒を染めるのは奇異な風習だ」
一方、「眉をつけ白い歯をむき出した女など化け物だと」いう反論を書いた人もいた
その翌年、明治天皇の皇后が率先してお歯黒をおやめになった
一人前の女の証しというのだけど多くの女性があえてお歯黒をつけるのを遅らせていたのも事実らしい
そうなればどうせ明治以降の新生活習慣の中で消滅しただろうと思われる
本(和歌森太郎)に書いてある

一方その同じ項に相撲のことが書いてあった
相撲は元神事だった、土俵は神聖であると
江戸時代になって勧進相撲(興行)で木戸銭をとっていた時代ですら
女性は接近させるべきでないというのが相撲だった
女性は不浄性を含む・・?ということらしい
だが、お歯黒論争と同じ年、旧暦明治5年11月(12月に改暦した)から初日以外は本場所への女性の入場を許したとある
その後確かに約150年相撲は変化がなかったことになる

小生も思う
お歯黒をやめたとしても相撲の見学を婦人に許したとして何にも堕落した訳でもない
堕落などと言うことは逆に謂われなきことにこだわることにあるのだろう
そんなことですぐに何かが無くなってしまうほどのものだと白状しているに過ぎない

(実は、ここらで上手く結論しようと思っていたのが続編がある・・この項続く)
鯵庵(30.4.7)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-04-08 13:35 | 女紋 | Comments(0)

二足歩行が美人を作る

b0355451_08305902.jpg
美人は出来るだけ飾らない方がいいと思う
体の線がいいことが第一だ、
特に臀部の形は神様のサマである
二足直立歩行は、美しい線形を描いてる、それ自体が美である
胸は乙女の如く腰は母の如しであってほしい
神の様に微笑んで欲しい、少なくとも美人は嫌な顔をしないで欲しい
悪態は顔が歪むよ
ついでに、沢山は喋らない方がいいと思うけど、喋れない馬鹿だと困る
短い目のフレーズでため息のような台詞を吐いて欲しい
標準語でないほうがいいな


美人などと言われるより、喋りたいと言われるなら、それも願うところ
その時は話の脈絡が途切れない範囲で大いに語って欲しい
美人の言葉は玉のようだと言われる所以を知りたい
特に二人きりの世界では艶々しく語って欲しい
男への恨みでも、介護のことでも、老後の夢のことだって構わない
貴女のことで私しか知らないことが出来たら、それが嬉しい

そんな時は神様でないほうがいいな
私にしか語ったことがないことを語るときは合図をして欲しい
茶々を入れずに黙って聞くことにする
そうすれば私は貴女に嫌われなくてすむ
好もしい美人には好かれたい・・
という、夢を見た

鯵庵(30.3.28)



[PR]
by ajiankyoto | 2018-03-28 19:44 | 女紋 | Comments(0)

鬼龍院花子が好きな男

b0355451_21001720.jpg

小生の伯父が東大阪の生駒山の麓、往生院を下ったところに住んでいて・・片肌くらいにモンモンがあった
が、その趣味はヤマガラとメジロだ
特にいつも朝早くからカスミ網とおとりメジロを持って山を登って行く
そんな時、時に遊びにいってる10歳の少年小生は小さな懐中電灯を持ってついていくが、何も手伝う訳ではない

地元の鋳物工場で働いていた伯父はその時まだ40代ぎりぎりの小生の実の叔母を後妻にしていた
伯母や連れ子を大事にするように血もつながらない甥っ子の小生を大事にしてくれた
実は伯母も当時では鉄火肌だった
こんなことをいつも思う・・
「鬼龍院花子の生涯」って映画があるけれど主役夏目雅子が鬼龍院花子ではないことを知っている人は意外と少ない
鬼龍院花子は鬼龍院の妾の出来の悪い娘の方なのだ
伯母はどちらかというと鬼龍院家のその花子の方だった
その伯母を拾ってくれたのがその伯父だった
野心のない昭和の香具師(やし)だったが、戦後は1から100まで優しかったようだ

メジロを獲って可愛がって、調子がよければ人にやって、上手く行けば人に売るんだが・・
家の中が鳥かごだらけだったし、その毎日は練り餌の味を吟味し、時に泣き声がよければニンマリするらしい
その伯父もいつまでも元気なわけでない
小生が大人になってしばらくの頃に病気で亡くなった
伯父は小生をメジロ獲りの跡継ぎにしてみたいようだったが、そうはいかなかった
すでにカスミ網はご法度であった、もちろん時代も変わっていた

戦前昭和のモンモンを消す訳にいかんかったけど堅気に一度だって絡んだことのない人だった
親に勝手に家を早くに捨てたそのか細い鉄火の伯母と連れ子の娘を混乱の時代一人で面倒見てくれた
ついでに小生も・・なのだ
仮にだけど一番愛してたのがメジロだったとしても・・それを小生に皆くれるというのだ・・?
もらっても困るけど・・それは究極の男性論理だと思う

そのメジロ好きの男の味を知ってるのは結局もう75になるいとこ姉と小生だけになってしまった
可愛がってくれた叔母のことは忘れない
伯父が恥ずかしそうに見せてくれたモンモンの柄は忘れたけれど
カスミ網を隠して背負って後ろの小生を見ながら山を登っていく後ろ姿は忘れられない
明治45年の生まれだったから、今年は仮に生きていたって105才になる
当たり前だけど・・伯母の好きなそんな男もいなくなった
花子のような出来の悪さが可愛くなってくる
小生もその叔母の血を引いているような気がしてきた
鯵庵(30.2.7)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-02-07 09:07 | 女紋 | Comments(0)

酒の飲める女は器量よし

b0355451_20001239.jpg
今宮神社のあぶり餅の項で登場願ったスーパー講師の続きである
女史は「鬼平犯科帳」と「あぶり餅」が好きだと言ったが、もう一つ好きなのが京都の日本酒である
ちょい昔、地酒ブームがおこって、日本中のお酒が見直された
美味しい地酒は美味しいし、美味しくない地酒は美味しくない
こんな簡単な理屈があんたらにはわからへんのという
いい酒を造るのはいい材料といい技術者が必要なのはわかるやろ
それさえあれば何でもできるのとちゃうで・・
水も空気も歴史もが材料や
そやけどいい水と空気さえあれば美味しい酒ができるという誤解が地酒ブームを引き起こした
と女史は言う

御所の堺町御門を下ったところに「キンシ正宗」の「堀野記念館」というのがある
スーパー講師に案内されて京都市中の酒造りの歴史を一緒に見学してきた
約240年前天明元年(1781)ここで松屋久兵衛が蔵を開いた
その時の蔵と店と井戸が残っていてそれが今は記念館になっている
酒蔵は厚さ50センチの土壁て出来ていたため当時のものが残された
また、ここの水「桃の井」は往年の名水である
今も飲むことができるということで水を飲みに行った
この付近に御所の前に何十軒もあったのだという
隣は豪商白木屋だった

試飲させてもらいながら、240~250年前と言うと・・・、と得意の講釈が始まった
鬼平こと長谷川平蔵が京都西町奉行であった父や家族と1年足らずを京都で暮らした頃だ
ちょうど池田や伊丹の京都の美味しい透き通った酒が江戸でもやっと飲めるようになったころだ
まだ江戸には田沼政治が続いていた、江戸へ帰って父の蓄えを費やして放蕩している頃には上方のいい酒を飲んでいた筈だ
それでいて田沼に見いだされ、出世していく
それからも酒を飲みながら仕事が勤まったのは清酒ゆえだということだ
庶民が飲む濁り酒では仕事も寿命も持たない、清酒はびっくりするほど切れのいい酒だったのだ
都市には酒が必要である、中でも清酒は都市文化を支えるものである
朝廷の文化にも、町衆の文化にも、それよりもっと歓楽街や遊郭は酒の文化である
酒の質によって歓楽街にも上下があった
酒の悪い遊郭は没落した、花街という京都に残った遊郭は京都の酒が支えてきたのである

清酒が出来たゆえ女性も酒を楽しむことができるようになったという
京都の女はよく酒を飲む、確かに清酒ならいい女にも似あう
男と女を取り持つものになり得たのである
水商売で酒を飲まなければならない人は飲めない仕草を売りにする
スーパー講師のように自分の力で酒を飲める人に意外と京女を感じる
大胆にして上品、楚々として情が濃い、そのくせキレがいい
酒の飲み方でその人の生き方が分かるという法則は女性にも適用されるようだ
写真は誰?キンシ正宗のポスター女優である・・鰺庵(9.28)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-28 10:17 | 女紋 | Comments(0)

b0355451_09320168.jpg
女は蝶、完全変態
男はトンボ、不完全変態です、幼虫からそのまんま大人になった
その所為かどうかは知らないが、男は思い切りが悪い
いつまでたっても少年だ、大人にもなりきれない、変身も下手だ
それに比べてサナギの時期を乗り越えた女性は思い切りがよい
また、思い切りの良い女性は美しい、だからこそ女性は美しいと言える

例え話ですので許していただきたい
蝶にもトンボにもオスもおればメスもいる、人間ほどあやふやではないと言われそうな気がする
サナギにならなくてもいいものもいるなら何故サナギになるのだろうか??
それはやはり変体の大きさが違うと言うことだろう
幼虫は栄養を吸収するための消火器のお化け、これをイモムシと言う
ある日幼虫から突然サナギ化するが・・
サナギは先に外形が出来るが中はどろどろの状態らしい、それが、中で固まって必要な臓器が新たに作られると言うことだ
サナギを経たあとは子孫を残すための大人の体に劇的に変身するわけである
成長すると言うより変体するというほうがふさわしい
だから変体としてはサナギになるほうが完全変態と言われるわけである

余談ながら、蝶はそれでもまだ不完全な面もある。
裸のままサナギになるが、蛾は繭を作ってその中でサナギになる、これが本当の完全変態だと言われる
それはさておき、アゲハチョウはミカンやサンショ(ミカン科)の木に卵を産む
幼虫は新芽を食い尽くしてある日突然いなくなる
変体が目的である、別のところでサナギになる不思議な習性を持っている
人もイモムシと言われるほども可愛くないが、貪欲に栄養と知識を吸収した結果は、華麗である
蝶としての運命に逆らうことなく華麗な生き様をしているように思わせられる
いろんなことを合わせて考えてもやはり女性を例えるなら、蝶それもアゲハチョウに例えるのが分かりやすく正しいとも思っている
人の生き方はいかな蝶よりも波乱に富んだものだと思う
その波乱のたびごとに成長していく様を期待して述べているのである
蝶は一度きりのサナギだけど、女性は度(たび)ごとにサナギになればいい
それが人の完全変態の目的である
その反対が男です・・

成人の晴れ着や京都へ来てレンタル着物を着せてもらって変身したなど思っている変態(変体)しない女性のことを言ってるのではありません
変態しなければ女性は肉食のまま・・
余分ながら念のために・・
写真はカマキリ(肉食しかしない女性に例えたりする)
鯵庵(29.8.27改)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-08-27 08:56 | 女紋 | Comments(0)

女三代の家

b0355451_14312853.jpg

子供は社会が育てるもの
男性は最後に社会に育てられなければ社会に入っていけない、社会と家を守るのが目的
女性もそうなんだけど、女性の甲斐性は女性が育てるのがいいというのが、小生の意見
男性社会で女性が苦労するという話の理不尽さは理解できるが、
今まだ同じ土俵での話、男を目標にするのは目標が低すぎる

蟻や蜂の社会生活は君臨するのも戦うのもメスの役割
社会の仕組みを子孫に教え伝えていくのはメスの仕事

今時・・人間のオスにも出来ることまであえてすることはない
だからというわけではないが娘の教育は母親が担うべき
娘は子分や友達ではない

人を育て子供を育てるということは自分を越える女にすること


男類と女類があるとしたら男類は所詮戦うことしかしない

親とも子とも戦うのが男類だ

自分を超えるものにすることは女類である母親しかできないのだ

だから母親を越える女が二代も続くと家も栄える・・・

女三代、女の道を大事にすべし
鰺庵(5.25)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-05-24 16:32 | 女紋 | Comments(0)

女紋が似合う女

b0355451_06353189.jpg
その家で定められたもの、これを定紋という
家によっては裏紋とか替紋といってもう一つ二つ持つ家もある
この他にあるのが女紋、家の紋ではなくあくまでも女性が個人で持ち、個人で引き継いでいくもの
女系の名残りかもしれない
このような風習は京都・大坂あるいは近畿地方だけともいう
由緒のありそうな家系育ちの女性にはお持ちの方も多いかもしれない
婚姻の時は実家の家紋であっても構わない
むしろ案内状などではこちらを使う、家の紋だからだが、それでは結婚後は使えないし自分の子にも譲れない
貸衣装の女性の礼服では五三の桐やツタの紋章などで女紋を代用したりしている

何処の家でも家紋があるだけでなく、日本はデザイン性でも奥深い文化を持っているといえる
わが国は長い封建文化により家を継ぐものとして男系で相続していく、その象徴が姓と家紋である
一方、実生活では女系の意識も根強いものがある
娘が嫁に行くときは女紋を持っていくというのが個人のプライドである
祖母の母から祖母に渡り娘である母にも渡りして、今は妹が継いでいる筈だ
が、妹に女子が生まれなかったのでこの筋はそこで終わることになる
姓は継がなかったけど代わりに血とプライドを継いでいるのが女紋である

無くても困らないしものなのだが・・ならば、
貧富にかかわらず・・何処にいても自立できる誇り高き女性なら是非とも定めておくことをお勧めする
あくまでも一個の女性が家と別に持つものだからだ
無ければ作ればいい
重々しくなく自分の好みでのデザインを選べばいい
既成のものから決めても差し支えない
これなら別れても別れなくとも自分の紋であるわけ
ぜいたくを言えば文箱や化粧小物に自分の紋を入れてもらえばいい
将来同じように嫁に行く娘に同じ紋を持っていかせればいい
ひょっとしたら最後は母娘のつながりだけしか信じられないかもしれない

女紋を持てば浮世の風は冷たくも、背筋が伸びてきりきりしゃんと生きていけると信じているからである
女性個人の誇りでもある、が
そのためには女はいつも親を超える女にならなければならない
家が滅びれば家紋は役に立たない、女は女紋を抱いて死ねるって?
それは分かったけどいらぬお節介だって・・鯵庵(5.1)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-05-01 07:00 | 女紋 | Comments(0)

b0355451_08031004.jpg
京都の街中の小さな商店街で魚屋をしている淀屋(仮称)さん夫婦
朝早くから中央市場での買い出しに始る
もちろん三枚にも下ろしてもくれるし刺身もある
ある時から唯一の従業員が辞めて、そのかわり奥さんが店に出ることになった
しぶしぶのところもあったが土地柄奥さんの方が受けがいい
おかみさんぶりで商いも上手い
そのうちお客さんの希望を聞いて魚を煮たり焼いたり、ウナギもアユも仕入れてきたり
ちょっとしたことは仕出し屋みたいに適宜やってくれることようになった
正月前など大忙し、場所柄もあるがそんなこんなで他の店をよそ目に今も繁盛している

魚屋は新鮮さが命、そればかりで商売していたおやっさんの時代は利幅が薄い
おかみさんが加わってから、売り物が増えて客が増えてロスが少なくなった
それだけで商売が上手く行くとは限らないが、おやっさんはますますいい魚を選んで買ってこれるようになった
刺し身の活きがいい、直前にさばいて、しかも欲しい時にバイクで配達してくれる
あそこの魚はいいという評価を落とさなくて続けられたわけである
おやっさんは、活きのいい品物を提供したいという論理、おかみさんはみんなに喜んでもらえるものを提供したいという論理

あくまでも商売の上ではあるが、おやっさんの論理は良いものと悪いものを区別したい男性原理
一方おかみさんは何でも受け入れることのできる女性原理、だが、その特徴はおやっさんの論理を抱擁しているところにある
許容力の論理と言ってもいいのではないか
男性だから男性原理、女性だから女性原理という訳ではない
世の中はまま反対のこともある。

たとえば、おやっさんがそのまま続けていたら・・
イイものはいいダメなものはダメという論理を持ちこたえられなくなった時
結局はあそこの魚は鮮度が落ちたなあ・・と言われるようになったかもしれない
鮮度と美味しさは比例するとも限らない、料理人並みの理屈を言うのは魚屋の堕落だ
女性原理のまねをしても上手く行くということでもない
ならば、ということで・・そこはおかみさんの仕事
だからと言っておかみさんが仕切っているのでもない
淀屋はおやっさんとおかみさんがいて成り立つ訳である

そういえばいかにも無難な結論・・?
実は包容力だけでなく知恵や力のない論理は女性原理でもないのである
今回はそれを言いたかった
鯵庵(29.4.5)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-06 08:00 | 女紋 | Comments(0)

b0355451_22325595.jpg
自分を嫌いになるという精神構造は若い時にはよくありました
そういうことも自己愛が裏に潜んでいたのかもしれません
人生のスタートは実はナルシズムだという話を聞いたことがあります
日本語の水仙は水辺に咲く仙人という中国の名前のままです
ニホンスイセンは新春早々に簡素にして気高い香りの花を咲かせます
それでいて実は有毒植物です
特に球根(鱗茎・りんけい)には人が死に至る毒を持っています
この項の表題は有名な一休和尚の漢詩の題になった一節です
スイセンの香りに似ていると例えられます
ナルシズム、自己愛というものはこの香りと全身に毒を持っているところから来たのではないかとも思ったりします
ギリシャ神話では少年の神であった
現実にはナルシズムは世の女性の方ではないかと思う

多くの園芸品種のあるスイセンは多くの香りが存在するが、スイセンの香りは相当に幅広い
その中でスッキリした甘さのニホンスイセンの香りはヒヤシンスやジャスミンやロウバイなどの類似の成分が含まれる
が最近の研究では特徴的な成分には抗酸化作用、メラニン生成抑制作用の他にストレス軽減効果や催眠効果もあるという
催眠効果は古くから知られていたが、線香や香水だけでなく化粧品材料としても利用されているわけである
ニホンスイセンは空気のまだ冷たい時期に群生して咲く
香りに敏感な人は冷気の中に感じることのできるかすかな霊気かもしれない
何のこともない
一休宗純が言っていたのはそういうスイセンの持つ催眠効果だったのかもしれない
ナルシズムで片づけてしまえるものではないのは明らかだ
鯵庵(3.24)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-03-24 08:16 | 女紋 | Comments(0)