文明の最初は天体観測と暦である
それは世界史が証明していることである
わが国でも天武天皇の時代(674)に「占星台」というのが記録にある
時代が下って、平安期には加茂氏の弟子の安倍晴明(あべのせいめい)が活躍する
晴明以降安倍氏が天文と陰陽道で朝廷に仕える
安倍氏は室町期に土御門と名乗る一流が江戸期を通じて陰陽頭として続く

一方江戸時代には幕府の天文方の研究が進み、幕末時には世界に比する天文知識を蓄えていた
当時の暦は太陰太陽暦の最新型「天保暦」であった
天保暦で1年を365.242..日と計算しており太陽暦より誤差が少ないとも言われる
江戸幕府崩壊の時、幕府天文台方は瓦解
朝廷側の陰陽頭の土御門家は暦に関しての権勢を戻す
が、明治政府は陰陽頭土御門氏の説によらず、
明治5年12月2日の次の日をグレゴリオ暦(太陽暦)の1月1日と改める改暦を行った
その後陰陽寮という役所も廃止

日々の暮らしにはカレンダーが必要である
江戸では江戸暦(えどごよみ)、京都では京暦(きょうごのみ)という庶民向けの刷り物が売り出された
各地にもあった、いわゆるカレンダーである
京暦には大経師暦(だいきょうじごよみ)と院御経師暦(いんみきょうじごよみ・菊沢家)の2種があった
その大経師暦の版元(はんもと)が大経師(だいきょうじ)浜岡家であった
大経師というのは元来表具師であるが、朝廷から暦の発行の特権を与えられた御用商人である
11月初めに翌年の暦を発売したという
江戸時代の暦はこういう形で頒布されていた

実は大経師家はその後、幕府によって取り潰しになった
その発端となったのが、「おさん・茂兵衛事件」である
鯵庵(30.2.14)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-02-14 07:38 | | Comments(0)

暦の場外


昔、ちょっと珍しいことに出くわしたことがある
印刷カレンダーで六曜に誤りがあった
六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口のこと)が七曜(日・月・・・・)のように単純に順番で来るものとして印刷したものだから、新年になってすぐに分かった
そのころには使えないカレンダーをお客筋が使ってくれている
黙っておくわけにもいかず、営業で配ったものを回収するのに大恥をかいた
「今のところ実害はないけど・・お宅らしい・・」と散々嫌みを言われた
「六曜には流派があります」と最初に無茶な言い訳したカレンダー会社はもっと大変だったらしい

例えば今年3月16日(旧暦1月29日)は大安であるが、3月17日(旧暦2月1日)は友引である
大安の後、2つ飛んで友引となっている
旧暦1月は必ず先勝から始まり2月は必ず友引から始まる・・
1日(ついたち)でスタートするという六曜のルールを知らなかったそれだけのことである
暦ではないが、昔からの暦屋のサービスだ
明らかな迷信に過ぎないので政府が禁じたことすらある・・が、
流行り出して多くのカレンダーが採用している
サービスやおまけだったら何でもいいのではない

占いと暦は親せきみたいなところがある
だが、占いでもないのにこれが暦信仰に一役買って結構はやっているという例でもある
紛れ込ましたいかにも暦っぽいのがこの六曜である
どうでもいい人にはどうでもいい
が、本物の暦でないことは知っておこう
人のマネするにしてももっと勉強せな、アカンがな
「世の中には"本もの"と"似たもの"と"偽もの"がある」・・のでいつもご注意願いますというのが今回の鯵庵のサービスです
鯵庵(30.2.6)



[PR]
by ajiankyoto | 2018-02-06 07:00 | | Comments(0)

b0355451_09160773.jpg
文明がある限り暦というものは必要
今の文明人は印刷されたカレンダーを見ているだけでほぼ十分な仕組みになっている
その基礎になっている日本の暦は国立天文台が定めている
今年も2月1日に官報で翌年(平成31年)の暦が発表された

〝国民の祝日″〝日曜表″〝二十四節気や雑節″
〝月の朔望″〝日の出・日の入り″〝日食・月食″などなど・・・・
これを「暦要項(れきようこう)」という
これで来年のカレンダーが出来るわけである
テレビやラジオのアナウンスの原稿もこれだ
"国民の祝日(国民の休日ではない)"は15日ある
「国民の祝日に関する法律」第2条に定める祝日のことだ
ご心配なく第3条に振替休日等休日も定めている

もちろんであるが太陽や地球の動きには変わりないのである
ただ、平成31年は・・祝日は現在時点の法律に基づいているという注釈がついている
いつもの年より祝日が一つ少ない
12月23日の天皇誕生日がない
そもそも・・・元号が変わることなども気になっているのだろう

突然のことであれば言い訳できるかもしれないが、
あらかじめ決まっていることなら落ち度なく進めなければならないというプレッシャーが
役所にもカレンダー屋にもかかるわけである
けど、ともかくカレンダー会社はこれを根拠に作業を始める
売り出すまでに一部修正が出るかも?
祝日はただ減らすだけは祝日の意義に反する
赤い日が増える可能性がある訳である
来年に限りこの話はまだ続くかもしれない・・

ここまで書いたとき、少し昔の話を思い出したのでそちらを書く
次回、アップします
写真は信州のミニりんご
鯵庵(30.2.5)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-02-05 09:20 | | Comments(1)

正月と立春


b0355451_10275968.jpg
太陽暦では一番寒い時期に向かって正月が来る
冬至が過ぎた途端に正月である
日本人の潜在的暦では正月と立春が重なるのがちょうどいい
正月を「新春」ということに抵抗は感じてないのに春の気配が無くても平気なのは少し不思議である
それなら太陰暦(旧暦)の方がいいかというと必ずしもそうではない
農耕生活は旧暦の方がいいと今でもいう人がいるがそれはむしろ嗜虐的な発想である

正月は立春から始まるようにしたいのだが・・
立春が含まれる月を1月に定めたのでは、正月そのものが幅が大きすぎる
だから旧暦では立春のほぼ15日の後の雨水が含まれる月を1月としてその朔日を正月とした
雨水は太陽暦では2月19日ごろに当たるので
旧暦の月の真ん中に雨水が来れば、それより15日先の立春が1月の初めに限りなく近づくのである
少なくとも半月ほどの幅でしか動かないことになる

平成30年の立春は2月4日、雨水は19日である
これは太陽と地球の関係だけで決まるものである
その時、月はどこにいるかというと
1月31日に皆既月食の大満月があったぐらいだから
(その月の月が)新月になるのが2月16日(太陽暦)である
あの時の月は12月15日の満月だったのだ
だから、太陽暦の2月16日が旧暦の1月1日、正月なのである
しかし、月の満ち欠けで決めた旧暦の朔日である
1日ではあるが立春とは違う

ただ、立春と正月は相思相愛の間柄である
そういうことだから、約30年に一度は立春が朔日になる
それを縁起を担いで朔旦立春(さくたんりっしゅん)という
平成4年(1992)がそうだった、次はなんと2038年になる
旧暦ながら節分が大晦日で立春が元旦となる・・が
なかなかこない・・
太陽暦(日本)では、春は3月~5月に区分される
が、間違いなく3月に立春が来ることはない
この微妙なずレを楽しむというのが暦の文学である
写真はセツブンソウ(今年はまだ咲いてない)
鯵庵(30.2.3②)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-02-03 19:42 | | Comments(1)

b0355451_21332495.jpg
旧暦で暮らしていてルールを知っていれば面白くもない話だったのが、
旧暦のルールを持ってきているのでミステリアスな感じになった
これが明治の半ばになって急に流行り出した
それが六曜である
ありがたみの無かった話が急にありがたくなってきたという話である
が何故か今はこれが一番モテている
というわけ・・
メリハリなのかもしれないし、言いかえれば占いの要素かもしれない
暦も文化なのだが、占いも文化だという人が多い

旧暦では今日が何日か知れば月の明るさや潮の大きさは分かる
が、六曜では目安になることは何もない
いい日悪い日は順番に来るというだけのこと
冠婚葬祭に上手く絡んだせいか・・流行っている

言えば暦としての思想がない、紛れ込んだ三流品である
今となってはもちろんあなたが担ぐか担がないかは自由です
担ぐのはいいとしてもともかくも担がれないように
節分というのは大晦日なのだ
それを恵方巻の日と言ってるのとよく似たことなのだ
続けばいつか滑稽だと思わなくなって来る
いい暦はいい文化の元に出来る
日々の暮らしということは本当は日々の祈りなのだ

宮崎から本物"たまたま"が届いた
鯵庵(30.2.3)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-02-03 07:00 | | Comments(0)

b0355451_17563854.jpg
織女(しょくじょ)星、七夕の主役は織姫あるいは織女である、中国の神話的伝説の姫神である
天文や星座に詳しい人なら、こと座の中で最も明るいのが織女星ベガである、と言うだろう
牽牛星のわし座のアルタイルと白鳥座のデネブ、ともに明るい星で「夏の大三角」と言う
この頃は小学校の教科書にも載っているらしいので覚えのため記した

7月7日は5節句の一つである、奈良時代から宮中行事であったり神事であったりしたが、近世は7月15日のお盆の行事と関連したものであったと言う
が、明治の太陽暦採用に以来お盆の行事が7月15日の”月遅れ”8月15日に定着したために、新暦(太陽暦)の7月7日では間が空きすぎて関連性を言うことが出来なくなった
七夕の神事は7月6日の夜から行われる
天頂の星が一番きれいなのは7日の夜中1時ごろである
天の川を挟んで伝説の世界へ導いてくれる
ただし、7月は梅雨の時期でもあるし、晴れても星座は地平線から低く見えにくいのだ
8月に入れば梅雨も明けて、かつ高くよく見えるようになってくる

旧暦の7月7日であれば月齢6日の上弦の月でほぼ深夜には西に片付く、明るさもほどほど星座を見るのに邪魔にならない
その意味では旧暦で、星を見るなら・そういう訳であるが
それが今更そうもいかんと言う
5月に閏月が入ったこともある
今年は何と8月29日で世間のお盆の行事も・夏休みも終わってしまう頃となる
星の勉強にはいいタイミングながら・・もはや月が出番を待っている
イベントとして季節感に合わないという商売などがある

有名な仙台の七夕は月遅れ8月7日に定着している
立秋である、しかも、満月の日に重なることも覚悟の上である
織姫もどちらにしても座り心地がよくないと言っている
俳句の季節感では七夕は秋の季語となっている
出囃子は鳴っているが・・いつ出たらいいのでしょうかと聞いている
梅雨の合間だったり、立秋の前だったり後だったり・・(幽霊ではないが)・・せめて夏なのか秋なのか?
写真は北野天満宮にて(日・月・星の神様である北野の七夕祭は8月上旬に行われる)
鯵庵(29.7.4改)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-04 06:00 | | Comments(2)

b0355451_19501123.jpg
7月の2日は半夏生(はんげしょう)である
太陽黄経がちょうど100度の瞬間、の日を言う
国立天文台の「暦要項」にも堂々と載る雑節(ざっせつ)の一つである
季節の移り変わりを知るための暦日である
夏至を過ぎて概ね11日、・・田植えも終わって暫くの頃である
梅雨の最末期で実は毒気の多い時期で、それぞれの地方でそれなりの風習が残っている

昨年のブログでは勧修寺のハンゲショウのことを書いた
困ったことにこの時期が見ごろである
今年は小生の生活の中に半夏(ハンゲ)が入ってきた
体調が悪いわけではないが、何故か舌の付け根に口内炎・舌炎が出来る
口内炎は辛い、しかも舌の付け根に出来ると痛いしうっとおしい
口内炎は診療科目がはっきりしていないが今年は歯科で処方してもらった

やっと処方されたのが
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)なのである
瀉心とはみぞおちあたりのつかえをとることを言う
この場合の半夏(ハンゲ)とは勧修寺のハンゲショウではなく・・
畑の雑草としてよく見られるカラスビシャクの地中の球茎を乾燥させたものである
半夏の他に黄芩(おうごん)や黄連(おうれん)などなど調合されたものである
もちろん製剤されたものは健康保険が適用される
が、ちょっとの期間飲んだとて効き目の分からない話である

飼い猫が口内炎でやせてしまったという話を聞いたことがある
人間の口内炎の特効薬はない
このあたりになると日本の医学も結構アバウトだなと思う
ただ、国立天文台の暦で言うのはこの生薬になる半夏のことなのである
誤解なく・・と言いながらいつもこの時期この話題が好きである
タイミングがここまであえば、季節感を語る限りどちらでもいいことかもしれない
鯵庵(7.1)


[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-01 07:00 | | Comments(4)

b0355451_07020341.jpg
暦の話の前提にもう一度解説が入るのでご辛抱願いたい
ただ、これだけ知っていれば後のことはたいてい理解できる
太陽暦の19年は6939.6・・・日、月の満ち欠けのサイクルで235にあたる
29.53・・×235で6939.6・・で同じ
235ヶ月は19年+7ヶ月であるので太陽暦の19年に7度(約2.7年に1度)閏月を入れればほぼ解消できると言うことになる
これは、紀元前433年にメトンというギリシャの数学者が発見していたものである
これが旧暦の閏月である

2012年に閏3月があり約2年半後の2014年9月に閏9月が入った
そのまた約2年半後の今年2017年の5月に閏5月が続く
太陽暦の今年6月24日は旧暦であれば閏5月1日でもう一度5月が続く
だから今年(平成29年)は夏が来るのが遅くて長いと言うわけではない
そういう人が必ず本を書いているから注意が必要である
むしろ旧暦の季節感が余りにもズレて来たのを一気に修正していることなのだ

旧暦での暮らしとはどんなものだろうか
そんなズレに悩んでいたと思う
日々を暮らす人
月を暮らす人
年を暮らす人さまざまだったのだと思う
天候は摩訶不思議な現象だったろう
二十四節気が言われている限り地球が太陽をぐるっと回っていたことは知っていただろう
暦は共通語である
季節は人それぞれの言葉の感じ方でよかった
俳句のように静かに暦と季節の両方を見ていたものもある
それでなくともたしかに旧暦での季節感を楽しんでいたような気がする
鯵庵(6.16)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-16 07:07 | | Comments(0)

桃の節句は月遅れ

b0355451_09562044.jpg
家内の里の90ん才のばあさんが草餅(くさもち)を送ってきてくれた
今年は3歳の曾孫のためにである
だが、残念ながらここにはいない
幼稚園の入園祝の交々と一緒にこちらから宅急便で送った
3月3日の上巳の節句を里ではを月遅れで行う
清明(せいめい)の頃である・・桃が咲くのがちょうどそのころで、ヨモギもツクシも摘むのに丁度いい
しかも、主役の子供たちは春休みの最中である
4月3日の節句は田舎では「草餅の節句」とも言われるぐらい草餅がつきものである

草餅は昔はハハコグサだったとあるが、今はほぼヨモギである
ヨモギは薬草の山伊吹山で有名である
漢方の生薬であるし、もぐさの材料でもあるということで、色だけでなく、邪気を払うために餅にも入れた
草餅もいろんな食べ方がある
子供にあんころ餅、大人は焼いてお湯につけてきな粉をまぶして食うというのもあった
里のばあさんはまだ餡を炊ける

街中にある丹波屋でもいつでも草餅も売っている、結構うまい
京都桂橋のたもとの有名和菓子屋のよもぎあんころは、やわらかいよもぎ餅を粒餡で包んでいる
こうすると高級和菓子になるから不思議だ
高級感が一杯になると餅をついたことのない世代がいつも行列している
それはそれでいい・・

自然のものと一緒に暮らすのは鄙(ひな)の暮らしである
ヨモギを摘んで、臼で餅を搗くこと自体が邪気を払うのである
都市では何でも得られる
食生活が豊かになってきたのはいいとしても、食い物に祈りを託すことは出来なくなってきた
子供に節句のよもぎ餅を食わしてやろうという気持ちは我々の世代が壊してしまったのかもしれない
子供にも大人にも一番おいしいのは愛と祈りをつき込んだ餅に限る・・筈だ
鯵庵(4.2)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-02 08:59 | | Comments(0)

b0355451_16431309.jpg
「日本の暦(2)」に続く
むしろ旧暦時代に太陽暦を学んでいた天文家は占い師以上の仕事が出来た
日食の日を間違ったということで改暦になるぐらいだ
二十四節気もそうである
太陽が一番南下する冬至の日を基準に1年を時間的に24等分したものが二十四節気であり、太陽の位置(地球の傾き)を示すものでもある
二十四節気の1年は太陽暦の1年そのものである

ただ旧暦で言えばは毎年違う日になる
旧暦をたたえるために「二十四節気は旧暦の賜物、旧暦は季節感があっていい・・」などと言い出す
確かに二十四節気(立春・雨水・啓蟄・春分・・・・)は旧暦時代からある
それこそが旧暦が太陽太陰暦と言われる所以である
当初から太陽暦のみであれば、二十四節気は不要だった
月日だけで行けば旧暦では季節感が毎年ずれるから、二十四節気を使って季節感を補っているわけである
そんなものだからなおさら二十四節気(太陽暦)が必要だった
太陰太陽暦(旧暦)を太陽暦で暮らす工夫だったのだから当たり前のことなのだけど・・

この項続く
鯵庵(3.22)




[PR]
by ajiankyoto | 2017-03-22 09:24 | | Comments(0)