白河院政

b0355451_07203551.jpg
白河帝は堀川帝に帝位を譲って上皇白河院となった
堀河帝(73代)は白河院の第二皇子である
母は藤原賢子、藤原師実(もろざね)の養女(道長の孫)である
8歳で即位、摂政は師実、白河院は堀川帝の外祖父師実(もろざね)を重く用いた
師実の跡を継いで関白になった師通(もろみち)は成人した堀川帝をよく補佐しよく政務を取り仕切った
が、剛直な師通は悪瘡を患い38歳で急死した

跡を継いだ忠実(ただざね)はまだ22歳の若さで、地位も権大納言で関白の力がなかった
堀川帝は賢帝であったが、和歌や管弦を好みながら病弱であり29歳で崩御した(1109)
堀川帝の後は皇子鳥羽帝であったが、5歳で即位することとなった
堀河帝の摂政は若き忠実であった

必然的に、治天の君白河院の政治への関与が始まる訳である
忠実は執着心を持った人で、摂関体制と家領(荘園)の維持に執拗だった
院の養女だった藤原璋子(待賢門院)と長男忠通との縁組も断り、娘の入内についても白河院の意思に従わなかった
白河院の怒りをかった忠実は関白を辞し宇治へ退いたが、摂関家は院との対立を深めた
それが白河院と摂関家との関係であった
院が巨大な政治権力を把握し官僚や武士などを従えた
平正盛や源義家などの有力武家が台頭してくる
飢饉が続き世情は極めて不安定であったし、当時関東でも西国でも兵乱が起こっていた
権力者はまた自分の往生のためだけに巨大な寺が建てた

(追記)白河帝は鴨川の東、白河(今の岡崎)に法勝寺を建てた(1076)
白河は白河院の院政の地となった
そこには巨大な寺院が並んだ、白河院が法勝寺に建てた80メートルの塔である
それからも京都は大洪水や大火が続いた
鯵庵(30.6.30)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-30 07:59 | 崇徳院 | Comments(0)

後三条院


b0355451_08475400.jpg
第71代後三条院は後朱雀帝(69)を父とし、三条帝(67)の皇女禎子内親王(陽明門院)を母する
後三条帝は位について間もなく第一皇子(白河帝)が生まれ皇太子にした
白河帝の母は藤原氏道長の孫茂子であった
が、三条帝の皇子小一条院の孫源基子の間に出来た第二皇子(実仁親王)・第三皇子(輔仁親王・三の宮)と順に皇位を伝えたいと思っていた
後三条天皇はそのため在位4年で自ら退位し、上皇となられた(1072)
72代の帝は白河帝、白河帝の皇太子に第二皇子実仁親王とした

摂関家の勢いに負けずの事績のあった帝であった
大江匡房や源師房等の学識優秀な官僚を用いたが、それには寿命が短かった
上皇になった翌年早くも亡くなった(1073)加えて、その後皇太子が実仁親王が病死

皇嗣の決定権は白河帝に移っており、白河帝は自らの皇子(堀川帝を)を皇太子とした
しかも、即日に位を譲って上皇となった(1086)
堀河帝(73)に皇子(鳥羽帝)が生まれることによって白河院の血筋が皇位を継承できる
後三条院や白河院の院政と言われるが最初は皇位継承の確認が目的であった
三の宮輔仁親王の子有仁親王は源の姓をもらって臣籍に下りた
皇位を継げなかった後三条の皇子三の宮は阿弥陀如来の手に五色の糸を結びそれを持って念仏とともに往生したといわれる(1119)
白河院にとっても父帝の意思にそむくことになるのだが、異母弟に皇位を譲る訳にはいかなかった??
・・としたらやむを得ないことである
自分に力のあるうちに譲りたいものに譲ってしまわなければならない
それが白河院の明確な意思であるとしてもそう不思議なことでもない

世は末法の時代に入っていた
釈迦が入滅して2千年、それが先代後冷泉天皇の時代(1053)になる
釈迦の教えも、行をする人もなく、悟りもない
以後人間の精神が堕落する
修養も意味なく、努力しても無駄で、動物のように本能のまま憎しみあい果てしなく闘争、地獄の世界がこの世にあらわれるとする観念である
当時それが人の心を暗くしていた、現に既存の有力寺院の僧兵たちが暴れまわっていた時代だったのである
仏教の教えの一つである末法思想がいまさら庶民の生活に直接入って来たわけではない
権力者にとっては戦略眼として必要だったかもしれない
朝廷にも武力が必要だったし、荘園の領有を守るためにも武力が必要であった
我が国の末法は暴力の時代に入ったというのが分かりやすいのかもしれない
それが政治にあらわれたのが保元の乱である
崇徳院シリーズその5です
空也上人(903-972)の立像(六波羅蜜寺)のスケッチです
鯵庵(30.6.28)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-28 08:18 | 崇徳院 | Comments(0)

b0355451_07051851.jpg
東山安井の金比羅さんはもっぱら“悪縁切り”を売りにしていた
アベックが知らずに参ったあとすぐに別れることになったと言う苦情が来る(?)くらいの効き目あり、なんてなことが京都案内の本の定番フレーズ
訪れてみるとこのごろは「悪縁を切り良縁を結ぶ」とも書いてある
せっかくのご利益、「悪縁切り」パワー一本で行ったほうがいいような気がする
良縁を結ぶくらいの平凡なご利益なら昔は町内のおばさんでも出来た
それでなくとも隣は京都市中の唯一の昔からのホテル街、京都の人はたいてい一度や二度はお世話になっている
良縁結びのご利益はそちらで、切れなくなったら隣の安井の金比羅さんへという設定です

悪縁は良縁の成れの果て、良縁を結ぶということは悪縁の種を作っていることになる
神様に代わって言うと、縁は早い目に「結ぶ」ということ、「結ぶ」ということはほどきやすくということだ
そういうことか、ほどけなくなったものが悪縁、ほどけなくなったら切るしかないという訳です
そんなこと小生の野良作業用ロープワークの本には当たり前のように書いてある、ただ切ればそのロープは二度と使えません
二度と使えなくてもいいから切ってしまってくれと言うのが願いなら聞いてやってほしい
神社の元の祭神は崇徳上皇(崇徳院)、怨念の神様です
崇徳上皇を怨念の別格本山とするのは京都の人の気持ち、この神社にすがる人も多い
神仏分離後安井神社と言う、昔から金比羅権現を祀ってきたので安井の金毘羅さんという

悪縁は男と女だけでない、上司と部下、経営者と雇い人様々である
親と子もだろうか?
″結婚するまで私を苦しめた母親〇〇〇子を絶対に許さない、死ぬまで苦しんで苦しんで苦しんで苦しんでください、今日で親子関係は終わりです、もう二度と来世も出会いたくない、私を苦しめた分以上に苦しい人生を送ってください、さようなら(原文のママ”)
親子は自分で結んだ縁ではない、でも親子の縁が切れたらと思う人も多い
悲しいけどこれは切ってやってほしい、と思わせられる絵馬があった
こんな親をやっていませんか、そんな人が来るべきです
写真は祇園安井の曖昧宿
鯵庵(29.9.15改)


[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-26 07:59 | 崇徳院 | Comments(0)

白峯神社の二つの顔

b0355451_21103587.jpg
例によって白峯神社にも中学生の修学旅行のグループがタクシーの運転手やボランティアガイドの案内でお参りに来ている
白峯神社は神社自ら「スポーツの守護神」と名乗っているのでそのご利益を期待しているのだろう
今出川通、堀川を東へ少しである、この社地は公家の飛鳥井家の邸宅があったところらしい
飛鳥井家と言うのは蹴鞠の宗家だったのでその蹴鞠の神様(精大明神)をもお祀りしている所以でサッカー、バレーボール、野球とかの球技、果てはそれが拡大してスポーツ全般という拡大を見せているわけである
幾分ご利益も誇大広告気味であるが、由緒と言うのは誇大と同義だから仕方がない
だからこそ、日本代表やJリーグの必勝祈願のボールなどが収められている
だからこそ、中学生もクラブ活動などで球(たま)を触っていると寄りなさいと言われるのだろう

元の地主に気を使っているのが白峯神社のご祭神である
主祭神は鳥羽帝の弟一皇子で75代崇徳帝である
保元の乱(1156)で皇位継承の争いで後白河天皇側に大敗し、讃岐に流され無念うちに没した
恨みの対象は同母弟後白河帝とその一党と京の都である
後白河院は今様(当時の歌謡曲のようなもの?)が死ぬほど好きであった
後白河院政は源平・鎌倉時代までの時代を作り出す強大なものであったことを考えれば、
和歌でしか秀でることのなかった崇徳院にとっては勝ち目のない争いだった
この話で避けて通れないのが崇徳院は74代鳥羽院の子でなく72代白河院の子であるという話
当時からそう言われていたとある
そのことが藤原氏と源氏と平家を4つ巴で戦った時代のきっかけを作っただけかもしれない

明治帝が父帝考明帝の意思として遠く讃岐で白峯大権現として祀られていた崇徳院の霊魂を慶応4年(明治元年・1868)の新しい京都に迎え守り神白峯宮とされたのである
だが、皆その頃から東京へ行ってしまったのでは讃岐も京都もさほど差のない話である
官幣大社とした、明治帝のお気持ちはまだ京都にあった
それからちょうど150年である
時代が進んで、いつ頃から本殿にボールを飾るようになったのか知らないが、蹴鞠の奉納はともかくとしてスポーツの神様ばかりがもてたのではまたまた崇徳院の怨念が爆発しそうな気がする
崇徳院としてみれば悪いけどサッカー少年やバレー女子ばかりでは浮かばれない
今も四国八十八カ所八十一番の白峯寺で白峯大権現として祀られている
京都の人もそうでない人も是非ともそちらでも参ってほしい

崇徳院その2です
鯵庵(28.6.3)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-23 19:46 | 崇徳院 | Comments(0)

御堂関白の浄土信仰

b0355451_19391854.jpg
長兄関白道隆(953-995)は酒のせいで短命であった
末弟御堂関白藤原道長(966-1027)は長寿であった
それでも病気がちだったと言われ、晩年浄土思想に傾いてきた
栄華を自らの一統で独占していたのだから当然ともいえる

道長によって創建された最大級の寺院が法成寺(ほうじょうじ)である
東京極通(今の寺町通りくらい)の東側に建てられた
これを御堂と言い、御堂関白の名の由来である
道長は晩年に出家した
最初無量寿院と号したが、1022年法成寺と改めた
道長の浄土信仰のための寺である

一口で言えば浄土信仰は阿弥陀仏の西方極楽世界を信じることである
極楽に往生をすることを言う
既に985年源信によって「往生要集」がまとめられ、地獄や極楽の存在が明らかにされた
道長はこの寺の9体の阿弥陀如来の手と自らの手を糸で引いて西方浄土を願いながら往生したという
本堂は鴨川を前にして極楽浄土を具現するような建物であった
道長の息子頼通(992-1074)が造営した宇治の平等院にその思想が引き継がれている
そんな巨大な寺を建てなければ往生出来なかったのが貴族の浄土思想だった

藤原北家道長の一統の栄華を誇った豪壮な寺も鎌倉時代になって荒廃した
今は(上京区荒神口通寺町通東入ル北側)に法成寺址の小さな碑が残ってるだけである
不思議なことではない、京都は滅んだものが百倍している街である
鯵庵(29.10.6)



[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-21 22:00 | 崇徳院 | Comments(0)

京都一の大酒飲み

b0355451_08213913.jpg
京都の大酒飲みで且つ酒で失敗したのは藤原の道隆(995没)だと小生は思っている
道隆は摂政関白藤原兼家の長男、父の後を継いで関白に、あの巨大な藤原氏の氏の長者である
だが、歴史に出てくるほどの酒好きである
関白を勤めて数年、42才で若死にした
死ぬ間際まで酒を手放さなかったというほど、1000年も前の現代人である
娘は一条天皇の皇后、枕の草紙の清少納言が仕えた藤原の定子である
道隆は容貌・立ち居振る舞いに優れ、かつ気の広い自由人であったとされているが、悲しいかな好きなだけ酒を飲める身分であったこと
この道隆の弟が三男通兼・末弟五男道長である
道長の娘が一条天皇の皇后彰子である、この彰子に仕えたのが紫式部や和泉式部などの宮廷の女官女房である
教科書でご存知のようにこの後の藤原氏はこの御堂関白と言われる末弟道長と道長の子孫に収斂されていくことになる
結局、長兄道隆の一統は末弟に支えられることなくその斜陽の一途をたどる
道長は70うん才まで生き、娘彰子も80うん才まで生きた
最後は寿命が繁栄を決定づけるのである
道隆が容貌端正のまま摂政関白を務めて長生きしていれば・・歴史は思い切り違っていただろう
そのかわり軟弱なだらだらした屁にもならない恋愛小説を紫式部ではなく清少納言が書いていたかもしれない
道長が酒嫌いだったというのではないが、我が世の春を迎える道長である
それがその後の1000年も公家の家の陽当たりが違う訳である
酒で家が滅ぶということだけを捕まえてみれば、都であった京都にはありふれたことなのかもしれない
京都の歴史の中で庶民の生き方の大きな屈折点になったのはこの道長の天下と応仁の乱だという歴史研究家が小生好きである
摂政関白でも酒で家を滅ぼすこともあると思えば、俄然歴史は面白いものになってくる
写真はヤモリ、酒好き我が家の守り神
今回からシリーズで「崇徳院」始めます
鯵庵(28.5.24)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-21 19:32 | 崇徳院 | Comments(0)

b0355451_20304360.jpg
ハンゲショウ(半夏生)と言う植物がある、こちらはドクダミ科の多年草、日の当たる湿地を好む
特色は葉の表面が真っ白に変化することである
したがって半化粧などと言われたりする、カタシログサと言われたもする
ドクダミに似た匂いもするが生薬としては用いない
花は穂のような花序、夏至を過ぎる頃から花をつけ葉の表面が白くなる。ということで、
名前がハンゲショウ(半夏生)として名が通ることになった
建仁寺(けんにんじ)の塔頭(たっちゅう)ではこの時期に合わせていつもは拝観できない庭を有料で公開するのが定着してきた
大勢の観光客と言うことだが、が、路地小生まだ、調査が出来ていない
それとハンゲショウには悪いけれど・・この花を主役に見立てて見るにはもう少し悟りか仏心が要るような気がする

それでも半夏生を見てみたいという人は
嵯峨の大覚寺に行けば大沢池の口のあたりにハンゲショウのほぼ自然な清楚な姿を見ることが出来る
池の傍を散策しながら見るのに丁度いい
もっとという人には山科の勧修寺を勧めることにしている
夏至の頃からは雨が多くなる
青一色のアジサイは見事だし、氷室の池のスイレンと一緒に群生するハンゲショウを見ることが出来る
時々ウシガエルの大きな鳴き声が聞こえる
小雨降るのがいい、梅雨なればこその風景である
拝観料はいるが、植物園で見るよりも自然である(手間をかけている言う意味)
そういうところが拝観料を取るお寺のいいとこだと思う
花の季節が終わりかけると、時々ハンゲショウの苗を分けてくれたりする
仏と一緒に花を見ることだ出来るのを花の寺と言うべし
鯵庵(30.6.20)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-20 08:52 | 都市 | Comments(2)

ハンゲ生ず

カラスビシャクという植物がある
サトイモ科ハンゲ属になる
山地の畑の近くに多いので雑草に分類される
蛇が長い舌を出してこちらを見ているような形が珍しい
ザゼンソウやミズバショウの仲間でもある
実は薬草である、名前を半夏(ハンゲ)と言う
二十四節気夏至(げし)の末候(七十二候)に〝半夏(はんげ)生ず″というのがこれである
また、暦の中の雑節(暦要項に上げられたもの)の一つに半夏生(はんげしょう)と言うのがある
太陽黄径100度の日であり、夏至(太陽黄径90度)から11日目を言う
そういうことで七十二候の〝半夏生ず″と雑節〝半夏生″は重なる
今年(2018)は7月2日にあたる
梅雨の最中だったり、中休みだったりする
この項、半夏生の勧修寺(大岩街道)に続く
鯵庵(30.6.20)
b0355451_08464669.jpg

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-20 08:51 | | Comments(0)

アニメ「サザエさん」の主役はマスオさんである、と言うと一応異論が出る
いや波平だという人もいるし、やっぱりカツオだという人もいる
サザエは所詮狂言回しである、だから、そんなに大した女には作っていない
新しい家族のあり方として”妻の家族と同居する”というパターンを作った
そういう風潮を先取りしたのがアニメ番組としての成功の基だと思っている
大阪育ちのマスオさんが一度も大阪弁を語らない
もちろん、博多育ちの波平さんやサザエも博多弁を語らない
東京に出てきた途端に東京に帰化している
徹底的に家族平和を求める家族を描くようになったのはアニメのスポンサー東芝の戦略であった
数十年も前に始った長谷川町子女史の「サザエさん」という風俗(風刺も)漫画は朝日新聞の販売促進であった
女性原理で家庭を作っていくとこうなりますということが受けた訳である
b0355451_08073900.jpg
家でも会社でも戦わない論理は平和主義の女性原理から来たものである
日本の女性は昔からそんなこと折込済みだったのだ
男どもは甘えて威張ってればいいのに、急に理解のあるようなことを言う
そんな男の相手をすることは日本女性にとって物足らないことなのに、気の利いた女性は決して言わない
その役をしているのがマスオさんである
ただ、マスオさんは磯野家ではない、磯野家の平和には貢献するが、それでは大阪人フグ田家の明日が見えない
ただ、家でもう一人の母親みたいな男の背中ばかり見せられたタラちゃんは不幸である
かくして男性原理は廃れ、男も女も女性原理的平和主義と平等主義で生きていくことになる

ならばと言うことで波平さんを前時代のがんこ親父に作ろうとしている
が、作中、波平さん自体が出来が悪く軟弱である
会社でやったことのない頑固おやじを家族にやらしてもらうことこそ軟弱の極まりである
フネさんは絶対に主役にならないことを信条としている
だから、家庭調和と言うのです
そのかわり日本女性はこんなものでいいのです、とばかり言っている
が、小生は悲しい、それでは親を超えられるいい女性が育たないのだ

言いかえれば白物家電の世界です
日本の技術史では、洗濯機も冷蔵庫も必要に応じて出来て来たことを強調しているが、電化製品を家庭に普及させるのは別の戦略がいる
家族は家電製品の進歩に合わせて進化していきましょうねと言っている
東芝ゆえではない、全ての国民がそのことに慣らされた
電機メーカー東芝は日本唯一の原子力メーカーでもあった
原子力メーカーと原作の持っている風刺と言うものが両方とも消えてしまった気がするのだが・・アニメに対しては言い過ぎだろう
都市伝説の一つにマスオさんの浮気の相手は〇〇アワビという若い女性らしい
そんな話がテレビに出てきたら面白いね
♪そう、はじめて自分を生きる・・(吾亦紅から)
そこまでは期待できないけど・・
東芝がスポンサーを下りてどう変わるかが興味深いのも事実だ
鯵庵(2018.6.10②)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-19 17:30 | 家族 | Comments(0)

b0355451_17031594.jpg
故人が生きていたということは理解できる
でも、そもそも、家族こそが一番故人のことを知っていない
それを知っている人の話を聞くなら、それはそれで人を偲ぶことは出来る
ひょっといたらお通夜の意味はそんなところにあったのかもしれない
それでも人の一生は長すぎる
10年も20年も病気してたら、おかしくなって家族に迷惑かけたことだけ人しか思い出せない
とても皆が言うほど厳しかった人とはとても思えない<・・なんてことになる
サラリーマンだって金貸しだって仕事の成果は評価されるが仕事の癖は正しく評価されることはない
そういう癖の悪さがあると葬儀の参列者の一つの楽しみになることもある
が、昔ばなしは要らないと言われるかもしれない

葬儀は誰のためにあるのかと言えば、残された者のためにあった時代もある
喪主の社会的地位が葬儀を作る
それでいいのだが、時に参列者が困ることもある訳である
自分の親がどんな親だったのか説明できない
テレビドラマのように単純でない、しかしドラマほど複雑でもない
笑い話だけどただの女好きだったと言われるほど単純な生き方をした人は存在しない
家族葬ではもはやそれも必要ない
だから親は単に親である、子は単に子である
家族が集まって遺品整理の話ばかりしておけばいい
それは世の常、凡人も別に困るほどのことではない
死人に個性を感じるのはやはり家族だけかもしれない

人の人生は毀誉褒貶である
世の中(現世)というものはでは人間がみんな集まって出来るだけ都合よいように作ったものである
従って、世間は右と左、上と下、白と黒、・・本物と偽物、正と邪、・・似たものばかりで自分と他人の区別も分からない
警察だって裁判所だって裁けないことが多すぎる
世間のことを世間が裁くのが世間たるゆえんであるどっちみち地獄へ行くのは一人だ
そもそも地獄は現世の資産や地位を認めてくれない、極端に公平な世界だ
閻魔だけが評価する?誰もが通らなければならないのが地獄の門である

絶対の地獄の掟である
その時こそ言いたいことを言えばいい、現世での嘘は通じない
地獄でこそ始めて裁かれ、また地獄で始めて救われる人もいるだろう
そのことを知っているものだけが人生の英雄である
死後のことは天に任せばいいし、自分の身は閻魔に任せるしかない
先に亡くなった分だけ仏に近づける?
せめて年とってから罪はしたくないよな、ご同輩
b0355451_08265837.jpg
今回で吾亦紅シリーズを一応終える
18編に付き合ってくれた人およびその家族の老前・老中・老後・往生・後生に少しでも幸あれと祈る
鯵庵(30.6.17)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-17 20:13 | 家族 | Comments(0)