b0355451_09562044.jpg
早咲き種のソメイヨシノが花見の中心になるまでは、
そう、昔はやはりモモの方がサクラより早く咲いた
春は桃から始まった
岡山の友達は桃の花の満開を投稿した
桃の節句は健康と厄除けを祈るもの、上巳(じょうし)節句と言った
一方、丹波に帰ったチームのどんこ氏から餅が届いた
餡餅やらよもぎ餅やらである
もちろん孫娘に送ってやるためである
実は4月の雛祭りだという

雛祭りは節句だから3月3日と決まってる、が
どんこ氏の里では〝月遅れ″で行事をする
草餅も雛飾りで言えば菱餅にあたる
太陽暦(新暦)になって3月3日では寒いし、花もない
ちょうど一月遅らすと、桃もサクラも咲く
4月の始め二十四節気の〝清明″の頃だから、子供は春休みだし一番都合の良いタイミング
ということで〝月遅れ″で祈り、祝う、のが合理的だということ

旧暦の時の風習は太陽暦になって、ほぼ大きくは1ヶ月のズレが出ている
雛祭りもところによっては旧暦でするところもある
ただ、現代は雛飾りはほぼ新暦(太陽暦)の3月3日に固まってしまった
例えば5月5日の端午の節も新暦で5月5日のままである、その方が要は一番気候のいい時
七夕は新暦では梅雨の真っ最中、一方仙台では月遅れの8月7日にやるのが有名だ
月遅れの最大の事例がお盆、お盆は7月15日、これも月遅れ8月15日でほぼ全国定着している

そんな自由な都合のいい換算が日常である
日本人の季節感や風俗・風習というものは自然の知恵があって成立しているものである
年中行事として定着するにはそれなりの合理性が要る
暦というのは暮らしやすさが命
ただ今年の3月からの気温上昇は少し違和感がある
本当は今が一番いい季節なのだ
だからスプリングという
鯵庵(30.4.5)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-04-04 19:24 | | Comments(0)

知識と経験、あとは勇気

「官僚という言葉」に続く
b0355451_08571938.jpg
斟酌(しんしゃく)や忖度(そんたく)は日本社会の美徳であるが、
平たく言えばゴマすりのことである
しかしそれでも、世間では当たり前のことである
給料もらってて、上役にゴマもすれん奴はいつまでたっても平(ひら)である
貴乃花がそれを身をもって示してくれたという人もいる
それは身から出たサビというのが一番近いが・・
一方、貴乃花を平に落としたその勝利感が今後の組織の方向をまた変えるだろう

所詮、相撲興行ではあるが、
相撲興行に不必要な100人もの年寄親方が相撲というものを分かりにくくしている
今回のことで理事会も評議員会も変な自信を持ってしまった
忖度されることに慣れた政治家を見るようである
忖度好きの政治家は力のある組織に近づいてくるものだが・・
こちらから政治に近づいてはいけない
忖度好きの政治家は忖度されることだけが好きなのだ

脇にそれるが・・サラリーマン社会では社長の奥様に気に入ってもらうのも作戦の一つである
馬を射よ・・作戦で、それで上手くいっった先輩も多い
社長は高潔な人だけど
社長の足らないところや出来ないところをカバーできるような奥様に
気に入ってもらうことは十分な動機になり得る
ひょっとしたらそれ自体が社長の戦術かもしれない

どの世界でも"人が好きな人"は色々な表現方法を持っている
政治家は期待に応えて高潔であるべきでる
政治家に仕える公務員は何よりも自分の仕事を好きでなければならない
仕事を汚すことなく仕事するということだろう
政治家や公務員が他の誰よりも自分だけが好きだという人では困る
日本の組織社会は親が子を思うように他人を思う気持ちをずっと育んできた
忖度を自分のためにしたのでは忖度ではない
改めて国語辞典を読み返す必要がある
今回はそのあたりのスタートが違ったようだ

政治家と官僚、官僚と行政組織、役人であることと公務員であること
公務員であることとサラリーマンであることも
心の根ざすところが違って当たり前である
政治家がどこまで行っても政治家なら
公務員もまたどこまで行っても公務員であってほしい、と・・・
やはり公務員流サラリーマン道は「知識と経験」と、あとは「勇気」なのだ
やはりそこに帰らねばならない・・
と、長たらしい月並みなコメントを書いていたのでは鯵庵らしくない?
世間は押しなべて月並みか???鯵庵(30.4.3)


[PR]
# by ajiankyoto | 2018-04-02 21:39 | おとこ編 | Comments(0)

サクラ切る人


b0355451_10204801.jpg
今年のサクラは3月中に満開になってしまって予定が狂った人もいるかもしれない
特にソメイヨシノは葉が出てくる前に満開になる
その瞬間の短さが日本の春の景色を作っている
日本列島、北に向かってサクラを追いかけていく人もいる
ソメイヨシノは近世に作り出された園芸品種である
挿し木・接ぎ木でしか増えないクローンだから、極めて老化が早い
寿命は60~70年と言われる
このサクラも今精一杯咲いているのだろーな、とは思ってはいた
近所の工場のフェンス際に数本の大木があった
そこまでは去年の春の話である

その後のある日造園屋のトラックとクレーンがやってきたというわけだ
毎年の剪定かと思いきや、その古いサクラの大木を切ってしまったものだから景色がすっかり変わってしまった
もちろん今年の花見は出来ない
何でサクラを切ったの・・その事情を聞きに新しい役員さんが工場の守衛長さんに面会した
ところが、予想もしない話を聞いて帰ってきた
以前の自治会の役員の一人の方が、その会社に"しつこく”苦情を言っていたようだ
花は一時、それ以外の年間は結構手間がかかるし何かと不十分なことがありますと会社の守衛さんも平身低頭していたらしいが
ついに自治会の要望として会社に相談したのかもしれない・・
確かに散る花びらや消毒や落ち葉にすらきっちり苦情を言いたい人もいるようだ
が、町内の住民も何も知らなかったことも少し不思議だ

公共施設にサクラを植えるのを嫌うという話を聞いたこともある
互いにそれほど迷惑だったということはないのに・・民間会社だから苦情があればこの際と言うことになったのだろうか
近所の住民の花見に開放してくれと言われてるのがいやだったのかもしれない
結局は、寿命が来たソメイヨシノの老木を切ることを決めるなんて会社にとって簡単なことだったのだろう

サクラと言えばソメイヨシノとばかり思っている人も多い
もうサクラも終わったね、と言うがほとんどのサクラの種類はこれからなのである
戦後復興から70年、盛りの最後のソメイヨシノが日本中にある
近所の工場はもうソメイヨシノを植えないだろう
いつの間にか大きな会社になってしまった
同じように大きくなったソメイヨシノなのだが、もはや老木はこの工場のシンボルにはならない
それだけではなくすっかり周りが住宅になってしまっている
今度は郊外に引っ越しを考えているかもしれない

ここにきてソメイヨシノは世代交代が上手く行かない例かもしれない
鯵庵(30.4.1)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-04-01 10:22 | 都市 | Comments(1)

b0355451_17374383.jpg
中央官庁に数年在籍しただけなのに・・この頃のテレビでは元"官僚"などと言っているが
官僚と言う限りは本省の課長・部長・局長クラスの人を言う
日本語的には官吏というべきだ
その官吏でも中央の課長以上になれば民間会社の社長位の仕事をしている
政治の出来る官吏(官僚)だ
ただし、いわゆる甲種合格のキャリアだと言っても20代・30代はまだ中央では小僧扱いだった筈
自分の周りでも知り得ないことの方が多い

下世話では上司の顔色を見て仕事をするのが正しいサラリーマン道だ
上司の顔色を見るだけでも十年やそこらの修行が要るものだ
その上で少ない部下の信頼を得ていくにはさらに十年はかかる
そんなことするよりはと、組合運動に走ったり(?)
そうでなくとも誰に何んといわれようと融通を利かせないという人がいた
そういう斟酌(しんしゃく)や忖度(そんたく)をしない猛者がいなくなって話が分かりにくくなった

財務省の忖度(そんたく)事件で一気に国家公務員の地位が落ちた
・・と、嘆いている人も多いのではないか
公務員は政治に携わっているが政治家ではない、ただのサラリーマンなのだ
政治家は事務に携わってはいけない
だから、誰が大臣になっても公務員は勤まる
官僚も事務に携わってはいけない
政治家を使って仕事をしていくのだ

その後ろには巨大な役人の組織があった
それが日本の官僚機構だというが・・正しくは何世紀も続いている日本の行政組織だ
官僚機構を動かしているのは政治家だと思っているのも間違いだし
ましてや官僚だと思うのも根本的な間違いなのだ
(以下、続く)
鯵庵(30.3.31)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-03-31 06:00 | おとこ編 | Comments(0)



女紅場(にょこうば)という学校に続く

実は京都を東京に置き換えても同じことなのだ
大阪であっても金沢であっても神戸であっても同じことなのだ
京都だけが・・とは思わない
文化と言う限りそれぞれ風土が違い気風が違って当たり前である
京文化というのは古風な公家や社寺の文化でも芸術や芸能文化などではない
古都であっただけを売りにするようなこととは概ね無関係である
どんどんどんどん新しい血が入ってくるのが都であった

京女といわれる限りは既に精神的自立を果たした女性を言う
それも働く女だという
働くことによってしか得られないもの多くある
働き者が得ることのできる内面の強さ、芯の強さが特徴である
都市の中でしか得られないものもある
それゆえ京女の歴史は新しく古いのだと言う
都市の持つ最大のものである

室町時代に栄えた都市にはそれぞれの女性が育った
そうゆう格好で戦国時代へ突入していく
歴史を遡れば京女のその原型は室町時代の京都にあると言う
それと同じように戦国時代は各地・各国に都が出来た訳である
それを、現代の京女(スーパー講師)が語ると説得力がある
鯵庵(30.3.29)



[PR]
# by ajiankyoto | 2018-03-29 20:27 | おなご編 | Comments(0)

二足歩行が美人を作る

b0355451_08305902.jpg
美人は出来るだけ飾らない方がいいと思う
体の線がいいことが第一だ、
特に臀部の形は神様のサマである
二足直立歩行は、美しい線形を描いてる、それ自体が美である
胸は乙女の如く腰は母の如しであってほしい
神の様に微笑んで欲しい、少なくとも美人は嫌な顔をしないで欲しい
悪態は顔が歪むよ
ついでに、沢山は喋らない方がいいと思うけど、喋れない馬鹿だと困る
短い目のフレーズでため息のような台詞を吐いて欲しい
標準語でないほうがいいな


美人などと言われるより、喋りたいと言われるなら、それも願うところ
その時は話の脈絡が途切れない範囲で大いに語って欲しい
美人の言葉は玉のようだと言われる所以を知りたい
特に二人きりの世界では艶々しく語って欲しい
男への恨みでも、介護のことでも、老後の夢のことだって構わない
貴女のことで私しか知らないことが出来たら、それが嬉しい

そんな時は神様でないほうがいいな
私にしか語ったことがないことを語るときは合図をして欲しい
茶々を入れずに黙って聞くことにする
そうすれば私は貴女に嫌われなくてすむ
好もしい美人には好かれたい・・
という、夢を見た

鯵庵(30.3.28)



[PR]
# by ajiankyoto | 2018-03-28 09:26 | 女紋 | Comments(0)

b0355451_20541187.jpg
京女(きょうおんな)といえば小生は〝京都で生きていくと自分で決めた女性″と定義している
だから東京生まれながらこちらのカルチャーのスーパー講師である女史も典型的な京女でもある
しかも、たまたまとはいえ・・学校は京女(きょうじょ)だから・・
京都で何代になるとか京都で生まれたかは条件ではない
京都という町はそういう町なのだ
京都で生きていくということは、京都で暮らし京都で働くことである

京都を愛する気持ちをバックボーンにして働く気持ちだという文化なのだ
田舎(ごめんやで、ちょっとこんな表現許してや)の高校を出て芸者に憧れて、
しかもそれなりのつてがあって京都へ来て舞妓になる
自分の体一つで、時に勉強して時に泣きながら・・
花街の女は芯が京都なのである、今でもそうである
明治の昔、ご一新の世に女工場というのがあった
遊女も舞妓も芸妓も、芸事も習うが勉強もし
やがて手に職をつけて出来ればそれなりに身を浮かせる道でもあった
都の遊郭にはそういう芸事学校が設置された

その昔は、人身売買と言ってもいい世界でもあった
女紅場(にょこうば、京都ではこちらを使う)は京都のゆえのものであった
女子教育に限って言えば極めて先進的であった
かの会津の新島八重が戊辰(ぼしん)の戦争で会津が負けてなお京都で女子教育に奮闘した
と、言えば何となくわかってくれるかもしれない
最初に手掛けたのが女紅場であった
当時のキリスト教的博愛主義だったかもしれないが、そう言うことが似合う都市だったのだろう
日本の女学校について・・講師のは話はまだ続く
鯵庵(30.3.26)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-03-26 20:59 | おなご編 | Comments(0)

(前項に続く)
だからと言って都の中心通り、「朱雀(すざく)」では振りかぶりすぎる
「千本七条」でもいいが、千本通りとしてはすでにJR線路がかぶってしまって道がない
七条通にまたがって出来るので「七条」もいいが、それでははるか鴨川を超えてある京阪電車の駅に紛らわしい


b0355451_08310178.jpg
「大操車場跡」では地域の発展を大阻害してきた歴史が思い出される
が、それなら逆に梅小路地区への罪滅ぼしと考えるべきである
そんなことをなど考えあわせば梅小路公園で定着した「梅小路」がイメージに近い
罪滅ぼしはまだこれからのことだ
所詮、大阪の梅田貨物駅跡の大開発とは力の入れ方が違うのは仕方がない

歴史的に言って丹波口が一番正しい
がしかし隣の駅が丹波口を使ってしまった
二つ変えるならこちらが丹波口で現丹波口が新丹波口である
しかし、それでは後先が逆になる
駅名としては分かり易さと地域の発展が祈念されているものである
新駅効果としてもう一度七条商店街が勢い取り戻した姿を見たい
四条の錦市場はもはや市民が入れないところになった
それはそれでいいが・・
新駅の西には京都市民が市民生活のための市場と商店街の姿が以前にはあった
駅名も商店街も「七条丹波口」にしたらどうか・・?
もちろんこれは小生の勝手な意見である
開業は平成31年の春らしい
それまでには決定するだろう

いかに京都市やJRが観光地だけのミーハーな観光営業をすすめようとも
京都市民には歴史的地名に関しては譲れないものがある
街づくりは暮らしのためであるところからはずれないでほしい、念じたところである
鯵庵(30.3.24)




[PR]
# by ajiankyoto | 2018-03-24 10:30 | 都市 | Comments(0)

b0355451_08143385.jpg
梅小路(うめがこうじ)というのも平安京時代の名でもある
上から七条大路・塩小路・八条坊門小路・梅が小路・八条大路となる
JR東海道線はほぼこの平安京の梅が小路に沿って走っている
またJR嵯峨野線は平安京の朱雀大路を南北に走っている
京都駅から大阪や嵯峨に向かうこの線路の根本のところが明治には七条村梅小路と言っていたが・・
国鉄はここに線路だけでなく東海道線梅小路貨物駅を作った
国鉄が膨大な土地を取得してこの地区の発展を長く阻害してきた
確かに今は半分以上も精算して市役所は大きな市民公園梅小路公園を作った
それでもまだこの地区の東西南北を隔てる巨大な鉄道空間が残っている
だからこそここに苦もなく鉄道博物館が出来るわけである

ところがまたここに嵯峨野線の新駅ができる
新駅と新駅の駅名はその町の発展を左右する
駅名の取り合いになる、しかし決めるのはJRである
もともと「丹波口」も「島原」も歴史を知らないミーハーには意味が分からない
歴史を戻れば平安京の朱雀通り、七条には都の迎賓館である・鴻臚館(こうろかん)などが営まれた土地
平安時代は平家一門の館もあったというが・・
七条の商店街が復活するとこまで行けるのだろうか
(この項続く)
鯵庵(30.3.23)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-03-23 09:51 | 都市 | Comments(0)

包茎って何??

b0355451_21071566.jpg
鯵庵のブログの下に勝手な宣伝が載っている
小生には小生向きの公告になる
いやらしいことを妄想しそれを書いてばかりだからその手の忖度(そんたく)広告が乗っかってくるのである
広告としてはそれでないと効果がない
具体的には「55歳から深刻化する?包茎問題」というのもう頻繁に出る
広告主はもちろんその筋の真面目なクリニックだけど
何でいまさら55歳から???何でいまさらと思ったわけである

気になったついでに開いてみると
➀年取ったら包茎が進むとあった・・そらそこらじゅうが皺(しわ)だらけになるのだからしゃないのとちゃう、ほっとけ
②今からでも遅くない・・高いやろ、やってもいいけど正直今更もったいない
③介護で初めて気づいた親父の包茎・・娘や孫には見られたくない、当たり前じゃ・・・だが、それでうちの家内が恥をかくというなら、やってみるか

こんなことブログに書くかと思われるけど・・③がなければ書かなかった
年寄りは金を持っている、そして使い道に困っている
さりとて人のために金は使わない
そのくせまだ現役思考、内々の野心がある・・
それがまた世間が見ている年寄り像だとも言えるのではないか
と、感じた訳である

男と女のことなら、老後といえども万が一のこともあるだろう
それだけではない、もっと言えば高齢同士と言えども女性への思いやりかもしれない
こういうのを洗練された騎士道(昔はプレイボーイもしくわ好色爺と言われた)というのだろうね
いつかおむつをするようになっても騎士道は必要である?
確かに息子や嫁や娘にあるいは孫に"長い人生が包茎だった"のはばれたくない・・?!
当たり前じゃ、自分でも包茎の子孫と言われたら生きていくのが嫌になる
場合によっては孫が、いじめの対象になる

ただ、統計的には包茎の子孫は我が国人口の約9割に当たる
美容整形の医者がそのことに気づいたわけである
包茎手術は割がいいともいえる
そう思えばこういうささやき(鼻につく)広告も意外と効果があるかもしれない
小生の見聞き学識では人間が進化したカッパは皆包茎である?
それは本当は優性遺伝なのである
鯵庵(30.3.21)

[PR]
# by ajiankyoto | 2018-03-21 21:21 | 家族 | Comments(0)