知識と経験、あとは勇気

「官僚という言葉」に続く
b0355451_08571938.jpg
斟酌(しんしゃく)や忖度(そんたく)は日本社会の美徳であるが、
平たく言えばゴマすりのことである
しかしそれでも、世間では当たり前のことである
給料もらってて、上役にゴマもすれん奴はいつまでたっても平(ひら)である
貴乃花がそれを身をもって示してくれたという人もいる
それは身から出たサビというのが一番近いが・・
一方、貴乃花を平に落としたその勝利感が今後の組織の方向をまた変えるだろう

所詮、相撲興行ではあるが、
相撲興行に不必要な100人もの年寄親方が相撲というものを分かりにくくしている
今回のことで理事会も評議員会も変な自信を持ってしまった
忖度されることに慣れた政治家を見るようである
忖度好きの政治家は力のある組織に近づいてくるものだが・・
こちらから政治に近づいてはいけない
忖度好きの政治家は忖度されることだけが好きなのだ

脇にそれるが・・サラリーマン社会では社長の奥様に気に入ってもらうのも作戦の一つである
馬を射よ・・作戦で、それで上手くいっった先輩も多い
社長は高潔な人だけど
社長の足らないところや出来ないところをカバーできるような奥様に
気に入ってもらうことは十分な動機になり得る
ひょっとしたらそれ自体が社長の戦術かもしれない

どの世界でも"人が好きな人"は色々な表現方法を持っている
政治家は期待に応えて高潔であるべきでる
政治家に仕える公務員は何よりも自分の仕事を好きでなければならない
仕事を汚すことなく仕事するということだろう
政治家や公務員が他の誰よりも自分だけが好きだという人では困る
日本の組織社会は親が子を思うように他人を思う気持ちをずっと育んできた
忖度を自分のためにしたのでは忖度ではない
改めて国語辞典を読み返す必要がある
今回はそのあたりのスタートが違ったようだ

政治家と官僚、官僚と行政組織、役人であることと公務員であること
公務員であることとサラリーマンであることも
心の根ざすところが違って当たり前である
政治家がどこまで行っても政治家なら
公務員もまたどこまで行っても公務員であってほしい、と・・・
やはり公務員流サラリーマン道は「知識と経験」と、あとは「勇気」なのだ
やはりそこに帰らねばならない・・
と、長たらしい月並みなコメントを書いていたのでは鯵庵らしくない?
世間は押しなべて月並みか???鯵庵(30.4.3)


[PR]
by ajiankyoto | 2018-04-02 21:39 | おとこ編 | Comments(0)

b0355451_17374383.jpg
中央官庁に数年在籍しただけなのに・・この頃のテレビでは元"官僚"などと言っているが
官僚と言う限りは本省の課長・部長・局長クラスの人を言う
日本語的には官吏というべきだ
その官吏でも中央の課長以上になれば民間会社の社長位の仕事をしている
政治の出来る官吏(官僚)だ
ただし、いわゆる甲種合格のキャリアだと言っても20代・30代はまだ中央では小僧扱いだった筈
自分の周りでも知り得ないことの方が多い

下世話では上司の顔色を見て仕事をするのが正しいサラリーマン道だ
上司の顔色を見るだけでも十年やそこらの修行が要るものだ
その上で少ない部下の信頼を得ていくにはさらに十年はかかる
そんなことするよりはと、組合運動に走ったり(?)
そうでなくとも誰に何んといわれようと融通を利かせないという人がいた
そういう斟酌(しんしゃく)や忖度(そんたく)をしない猛者がいなくなって話が分かりにくくなった

財務省の忖度(そんたく)事件で一気に国家公務員の地位が落ちた
・・と、嘆いている人も多いのではないか
公務員は政治に携わっているが政治家ではない、ただのサラリーマンなのだ
政治家は事務に携わってはいけない
だから、誰が大臣になっても公務員は勤まる
官僚も事務に携わってはいけない
政治家を使って仕事をしていくのだ

その後ろには巨大な役人の組織があった
それが日本の官僚機構だというが・・正しくは何世紀も続いている日本の行政組織だ
官僚機構を動かしているのは政治家だと思っているのも間違いだし
ましてや官僚だと思うのも根本的な間違いなのだ
(以下、続く)
鯵庵(30.3.31)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-03-31 06:00 | おとこ編 | Comments(0)

老ネズミ男の妄想

b0355451_08265167.jpg
病気や薬の副作用で出る妄想はやはり病気の所為である
が、それはわかっていたとしても家族にとっては重大事になる
波があることも医者から聞かされているが波の高い低いは家族でもわからない
妄想はおとぎ話は違う
おとぎ話は最初から架空の話だと分かっているが
幻聴や幻覚は現実なのだ

心にも耳にあるような三半規管みたいなものがあるのではないか
その心の平衡感覚が狂い出すのではないだろうか?
心は握りこぶし二つを合わせたものだというけれど
それが離れたからといって倍になる訳ではない
小生は医学の知識もないし、心理学の素養もない
なんとなく気づくことがある

妄想はあらぬことを考えてるのではないのだ
妄想というのはその人の本心なのだ
もともと本心というのはいつも固い殻を被っている
そう訓練されたというのが正しいのではないか
妄想の始まりは人が信じられなくなることだ
自分だけが可愛くなる
求めているものは(下世話に言うと)色と金なのだ
あとは子孫を残す本能かもしれない
それもこれも人に獲られたくないのだ

本心とは逆の顔をして生きてきたことが壊れるのだ
その皮が壊れたりして本心がむき出しになる
あるいは心が壊れて本能がそのまま出た状態が妄想なのだ
幻聴・幻覚というけれど本人には幻聴・幻覚でないことが問題なのだ
年とって病気になることの怖さがそこにある
病気になってぼろが出る??のである
小生のその正体が根っからのスケベーなネズミ男であったのがばれるのだ
鯵庵(30.3.3)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-03-03 15:49 | 地蔵菩薩 | Comments(1)

ネズミ男の妄想

b0355451_19594410.jpg

ねずみ男の不幸はねずみ男でない男を理解できなかったことだ
それが不幸だと最後まで分からなかったことが本当の不幸だった
男の99%はねずみ男と同じ性格である

妄想しているだけのことだったらただの怠け者
それを整理して自分のものに出来るようになれば人生にとって大きな宝物になるはずだ
だから、最初は妄想・・

一方、年寄にとっては、妄想も健康にはいい
ただ、薬が上手く合わなくて妄想が生じるのは悲劇だ
本人の罪ではないが、医学的には大きな治験を得られる
せめて幻覚や妄想を制御できる医学であってほしいと思ったりする


(それにしてもこのブログ簡素でいいのだが、システム設計が悪いのか容量が足らないのか・・いつまでたっても何度改良しなおしても不都合だね・・)
とアンケートに応えました
最終不調だと言う仲間が多い、ストレスの少ないブログサイトがありましたら教えてください
鯵庵(7.18)

素うどんの会

[PR]
by ajiankyoto | 2017-07-19 06:00 | おとこ編 | Comments(0)