源義経ゆかりの地の一つが神泉苑
もちろん当時の神泉苑は御所の南に隣接する広大な禁苑
二条から三条に及ぶ
後白河法皇の時代、平家を瀬戸の海に沈め滅ぼした後の義経が容姿端麗の静(しずか)を初めて見た場所という
この神聖なところで法皇の命により雨乞いの舞を舞う白拍子が静
時の都の英雄が義経
この時、静を見初めたというわけであるが
現代の芸能ニュース並みの話である
であるが、義経は政治家、静は芸能人、元来スキャンダルの要素を含んでいる
室町時代に書かれた伝説的英雄物語「義経記(ぎけいき)」による

白拍子は歌舞の一種
今様(いまよう)など歌いながら舞った
「平家物語」で妓王や仏御前、静の母磯の禅師なども白拍子である
当時の白拍子は神に仕えた巫女(みこ)が起源だという
諸国を漂泊し、人の集まるところで歌や舞を見せ、かつ侍(はべ)るという
極めて自然なことだと思う
それを傀儡(くぐつ)と言っていたが、歴史的には平安期特に院政の頃都市(都)に定住することになる
白拍子はその中で芸に秀でたものが、当時台頭しだした武士の支持を得て貴族社会にも浸透しだしていった
そのことによって表社会に出、かつ職業的になっていった
倒錯的な趣味であり、決して庶民の愛したものではない、貴族を相手にした芸能であった
都でしか暮らせない女としての京女の代表的ルーツでもある
白拍子は遊女である、しかし、職業的であるということは、見識が高いということでもあった
白拍子はおおむね下げ髪で立烏帽子(たてえぼし)を被り白い小袖に緋色の長袴(ながばかま)をつける
白巻きの太刀を帯び男装で今様(いまよう・当時の流行歌みたいなもの、即興で歌うことが多い)を歌い舞う
その美貌と才能で法皇や貴族まで、また武士の棟梁など最上級な階級の者たちに愛されるようになった
それは現代と同じように芸能というものの花の部分であった
白拍子と言われて名の残るものはそれこそスーパー芸能人であった

室町から桃山期の芸能に詳しい宮川講師によれば、
男装の巫女であれば今の世でもよだれが出る
室町時代の初めまで〝あるき白拍子″と呼ばれるものによって、その白拍子の舞は続いていたと言う
それが傀儡(くぐつ)の女なことを言ってるのだと思う
面白いことは、白拍子はその後の近世の遊女のルーツであるとともに、
その舞は猿楽や能やひいては歌舞伎などの舞踊のルーツでもあるという二面性を持っているという
公卿・僧侶や武士でなかったら場合によっては読み書きもできなかった時代にあっては、
舞踊や音楽は重要な表現手段であり、言葉は教養であった
宮川講師の念押しによれば、「芸能は身分社会においてもっとも有効な才能であった」と言う
鯵庵(30.5.13)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-05-13 20:53 | 都市 | Comments(0)



女紅場(にょこうば)という学校に続く

実は京都を東京に置き換えても同じことなのだ
大阪であっても金沢であっても神戸であっても同じことなのだ
京都だけが・・とは思わない
文化と言う限りそれぞれ風土が違い気風が違って当たり前である
京文化というのは古風な公家や社寺の文化でも芸術や芸能文化などではない
古都であっただけを売りにするようなこととは概ね無関係である
どんどんどんどん新しい血が入ってくるのが都であった

京女といわれる限りは既に精神的自立を果たした女性を言う
それも働く女だという
働くことによってしか得られないもの多くある
働き者が得ることのできる内面の強さ、芯の強さが特徴である
都市の中でしか得られないものもある
それゆえ京女の歴史は新しく古いのだと言う
都市の持つ最大のものである

室町時代に栄えた都市にはそれぞれの女性が育った
そうゆう格好で戦国時代へ突入していく
歴史を遡れば京女のその原型は室町時代の京都にあると言う
それと同じように戦国時代は各地・各国に都が出来た訳である
それを、現代の京女(スーパー講師)が語ると説得力がある
鯵庵(30.3.29)



[PR]
by ajiankyoto | 2018-03-29 20:27 | おなご編 | Comments(0)

二足歩行が美人を作る

b0355451_08305902.jpg
美人は出来るだけ飾らない方がいいと思う
体の線がいいことが第一だ、
特に臀部の形は神様のサマである
二足直立歩行は、美しい線形を描いてる、それ自体が美である
胸は乙女の如く腰は母の如しであってほしい
神の様に微笑んで欲しい、少なくとも美人は嫌な顔をしないで欲しい
悪態は顔が歪むよ
ついでに、沢山は喋らない方がいいと思うけど、喋れない馬鹿だと困る
短い目のフレーズでため息のような台詞を吐いて欲しい
標準語でないほうがいいな


美人などと言われるより、喋りたいと言われるなら、それも願うところ
その時は話の脈絡が途切れない範囲で大いに語って欲しい
美人の言葉は玉のようだと言われる所以を知りたい
特に二人きりの世界では艶々しく語って欲しい
男への恨みでも、介護のことでも、老後の夢のことだって構わない
貴女のことで私しか知らないことが出来たら、それが嬉しい

そんな時は神様でないほうがいいな
私にしか語ったことがないことを語るときは合図をして欲しい
茶々を入れずに黙って聞くことにする
そうすれば私は貴女に嫌われなくてすむ
好もしい美人には好かれたい・・
という、夢を見た

鯵庵(30.3.28)



[PR]
by ajiankyoto | 2018-03-28 19:44 | 女紋 | Comments(0)

b0355451_20541187.jpg
京女(きょうおんな)といえば小生は〝京都で生きていくと自分で決めた女性″と定義している
だから東京生まれながらこちらのカルチャーのスーパー講師である女史も典型的な京女でもある
しかも、たまたまとはいえ・・学校は京女(きょうじょ)だから・・
京都で何代になるとか京都で生まれたかは条件ではない
京都という町はそういう町なのだ
京都で生きていくということは、京都で暮らし京都で働くことである

京都を愛する気持ちをバックボーンにして働く気持ちだという文化なのだ
田舎(ごめんやで、ちょっとこんな表現許してや)の高校を出て芸者に憧れて、
しかもそれなりのつてがあって京都へ来て舞妓になる
自分の体一つで、時に勉強して時に泣きながら・・
花街の女は芯が京都なのである、今でもそうである
明治の昔、ご一新の世に女工場というのがあった
遊女も舞妓も芸妓も、芸事も習うが勉強もし
やがて手に職をつけて出来ればそれなりに身を浮かせる道でもあった
都の遊郭にはそういう芸事学校が設置された

その昔は、人身売買と言ってもいい世界でもあった
女紅場(にょこうば、京都ではこちらを使う)は京都のゆえのものであった
女子教育に限って言えば極めて先進的であった
かの会津の新島八重が戊辰(ぼしん)の戦争で会津が負けてなお京都で女子教育に奮闘した
と、言えば何となくわかってくれるかもしれない
最初に手掛けたのが女紅場であった
当時のキリスト教的博愛主義だったかもしれないが、そう言うことが似合う都市だったのだろう
日本の女学校について・・講師のは話はまだ続く
鯵庵(30.3.26)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-03-26 20:59 | おなご編 | Comments(0)

東山七条を東山に上がれば豊国廟(とよくにまたはほうこくびょう)・新日吉神宮(いまひえじんぐう)であるが、実は「京都女子大学」の大キャンパスも
京都女子大学はもともとは明治32年(1899)仏教徒のための女学校・顕道女学校に始まる
時は高等女学校令や私立学校令公布の時に始まる
明治5年(1872)の最初の女学校京都女紅場より27年の後である
それでも京都でもっとも歴史ある私立女学校である

明治43年(1910)の京都高等女学校(西本願寺婦人連合経営)に
大正3年(1914)堀川五条にあった学校を現在地(今熊野)に移転
昭和24年(1949)新制の京都女子大学となる
親鸞の体現した〝無我伝承″を言うが、女子大生にもそれは理解できるものではなさそう
京女(きょうおんな)でなく〝きょうじょ″と読まなければならない
ここが女坂といわれるわけ
b0355451_08413893.jpg
七条通の京都国立博物館前を京都女学院に向かって走るバス
女坂を下ったり上ったり七条通から真っ赤なバスが走る
プリンセスというものだから〝京女(きょうじょ)″のスクールバスかと思いきや実は一般路線バス
「プリンセスラインは公共の交通機関です」って書いてあるから市バスの路線かなと思ったが、京都急行バス㈱という大阪に本社のある会社が運営する路線バスであった
京都駅八条口や四条河原町から専ら京都女子大学までの路線を運用している
路線バスながら京女を目指しているので、停留所が少なくゆえに急行路線であるわけ
もちろん路線バスだから誰でも乗れる
と言いながら、おかげで〝京女″はプリンセスの冠をかぶった
鯵庵(29.12.20)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-12-20 08:00 | 路線バス | Comments(0)

b0355451_08553267.jpg
「京都で生きる」で書いたMさん、ブログを始めてからしばらくたつ
小生も機会あるごとに目を通している
仕事や暮らしの日常の中に、街や人を見る女性の目が光っていて、参考になる
東京のサラリーマン男性と一緒になって子供と一緒に大阪転勤についてきて、おかげ(?)で大阪で離婚
両親のいる東京に帰るかと思いきや大阪の社宅を出るついでに京都で仕事を見つけた
今は、京都で大学生と高校生の子供二人を育てている
小学校から京都の私立に通っていた長女が気丈にも「お父さんがいなくとも京都でならやっていける」と言った
それなら自分も二人の子供と暮らしていけると思った、と言う

京都人になろうと思ったら思い切れたと言う、不思議な力を持った人だ
自然の黒髪もさることながら、きれいな標準語に周りの誰も気づかない
溶け込むように目立たない
もちろん旅行者みたいな東京育ちのアクも嫌味もない
教養の都で培った教養は腐らない?京都も昔はそんな香り高い人を育てていた町だったんだろうと思った
その一方で都の修羅場を引き受けてくれているのが東京である
元のご亭主はこちらでの仕事も上手く行かずに修羅場の東京へ帰って行った、ということらしい・・

街というのは人を受け入れてくれるところのことである
逆に言えば受け入れの下手なのが田舎だともいえる
人生の節目に住むところを選べるということはそう何度もあることではない
その中で都市の持っているイメージは重要だろう
ただ、自分に本当に自分にあうのだろうか、それは分からない

MさんとMさんの娘さんが京都を選んだのは、京都に通学していただけのことかもしれない
新しい暮らしの場所が必要だっただけのことのかもしれない
そんなときに、東京も大阪も、温かく受け入れてくれるいい街だ
しかし、同じ都市でも京都は京都の方から寄ってきてくれる街だ
街には、向こうから近づいてきてくれる街というのがある
というようなことが書いてあった
人は街をさまよっている
ただ、花を求めてさまよってるのではない
人生の転機にこそあいたいそんな街が沢山ある国が豊かなのだろう
鯵庵(4.8)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-04-08 08:23 | 都市 | Comments(0)

b0355451_08552283.jpg
12月の上賀茂神社は空が青くても時雨れる、そんなところだ
天秤棒に重しをぶら下げてテコの原理でつける樽が置いてあった
「京の上賀茂すぐき倶楽部」とある、すぐきの株を葉とともに樽に漬けるためだ
その後、室に入れて保温し乳酸発酵(にゅうさんはっこう)させる、独特の色合いと味になる
葉も刻んで食す、カブは半月状に薄めに切って食す
京都の漬物はその野菜の特徴を活かしたこったものが多い
漬物文化の、それがまたお正月前の時期にちょうど出回る訳である

昔は上賀茂の農家の女性が街中に売りに来ていたらしい
トラックで市内に店を出しているのがよくあったが、それも今はないかもしれない
真空パックしたものなら市内の大きな漬物屋でならたいてい手に入る
生の新しい上賀茂のものは意外と高い
大体目方で売っているので注意、100gで400円程度、一つで中ぐらいのものなら大体2000円以上はする、大きなものは高いから半分に切ったものが多い気がする

このすぐき、絵を見ていただいた通り、カブである、カブの変種である
カブは中央アジアから中国を経て我が国に伝わってきたとも言うが、奈良時代にはあったようだ
アブラナ科は交雑が盛んにおこなわれるので、江戸時代には多くの種類のカブが各地で作られた
今は日本列島東西合わせて80数種生産されているようである
滋賀県の日野菜や赤かぶ、京都の聖護院かぶらもその一つである
このスグキナもその一つである、が、ほとんどすぐき漬けに利用される
300年前くらいに上賀茂の社家のみで栽培・加工されていたされたという
近代に入って上賀茂の農家でスグキナの種と乳酸発酵の加工の工夫が引き継がれてきた

11月、12月になると一面スグキの畑であるが、それでも多くのスグキが畑に残される
春になればスグキの菜の花の花盛りでもある、種を取るためである
だから、上賀茂の農家では他のアブラナ科の野菜を育てないという
農家それぞれが自分の家のすぐきの優良な種を守っていっているとあった
それが伝統漬物である所以である
しかも、その上賀茂の漬物の発酵菌からスーパーな乳酸菌が発見された
京都の女性の美しさはこれだったのかと言われた??
たかが漬物と言う勿れ・・
すぐき菜もすぐき漬けも京都生まれ、すぐき発酵の乳酸菌「ラブレ」も京都上賀茂の空気の生まれである
少し昔、健康な京都の女性に代わって吉永小百合がテレビコマーシャルをやっていた筈だが・・
すぐきだけで冷酒2合はいける鯵庵(12.16)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-12-16 17:49 | 野菜主義 | Comments(4)

京都の本は京都で売れる

b0355451_20564928.jpg
京都の本屋には京都の本が一杯です
春はお花見特集、夏は祇園祭、初冬の紅葉まで毎月特集です
お寺は時期に合わせて特別公開、神社でもライトアップやコンサートも開かれます
が、雑誌の出版に合わせて予定を決めなければならないのはお寺さんでも手に負えないところもある
この時期になれば、グルメ系も増えてくる
その点、クリスマスやお正月にやってくる女性の観光グループの増を狙った企画に見えます
お正月前にも一度大きな波が来ます、年中行楽シーズン
ところが意外にも京都の本も京都特集も京都で京都の女性に売れるみたいです
キャッチフェーズは京都に浸りたい

実はこの時期京都観光に一番のせられてるのは京都の人みたいです
たとえ、恋人同士でなくとも何かと京都知識は必要
皆が知ってることは知っとかなくちゃ、本を買って何処へ行こうか一夜漬け
何が美味しいのか、並んでる店は何処か
本をもって店に並んだのでは旅行者に間違われるよ
昔から宿題は教科書より虎の巻の方が役に立った・・・

後は本当に京都の女になること
急がなくてもいいです、熟女になるまでになれたらでそれでいいです
それには教科書もないし、虎の巻きもない
京女(きょうおんな)とは京都で働いて京都で暮らしていこうと固く決めた人のことですから
冬の京都は寒いよそれでも一日体験コースでは京女にはなれません
写真は尼の下駄
鯵庵(12.1)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-12-01 08:12 | 都市 | Comments(0)


b0355451_17203199.jpg
時代祭の京都の女についてもう一人語りたい
江戸時代婦人列のことだ
この行列で受けるのは幕末14代将軍家茂に嫁いだ考明天皇の異母妹和宮とややこ踊りの出雲の阿国ぐらいである
歴史(政治史)を知る人にとっては知らない方が不思議な女たちだ

この列には往時の都の庶民が出演するのだから、地味である、簡単に言えば良く分からない
京都の人も知る人が少ないのが、お梶(かぢ)と孫の玉蘭(ぎょくらん)である
お梶というのは5代将軍綱吉の元禄の時代に祇園社(八坂神社)の南門近くに茶店を構えていた
恐らくぼちぼち流行り出したお茶屋であろうか、だが、少女の時から歌をよくやるとして名があった

梶も14、15才で江戸に下ったといわれる
旗本某家の養女になったと指摘する研究家もいる
ただ、嫁いだ先を離縁になり、京都に帰ってきてお茶屋の主に戻ったのではないか
お梶の歌才は際立っていた、全国から歌人や風流人がお梶の歌を訪ねてくる
お梶の出自は不明となっているが、先の研究者はお梶の父は公卿の正親町(おうぎまち)家と推測している
お梶の生活と歌の後ろ盾であった可能性がある
それぐらいの血筋と素養と手ほどきとがなければあれほどの才能は発揮できるはずがないと考えるのが自然である
独身の茶屋の主と言うこと自体が仮の姿だったのだろう
それは歌人としての仮の姿であったろうが、死ぬまで京でこの祇園で生き抜くという本物の京女の形が出来つつあるころの話でもある

今はお梶のことだけしか語る間がないが、そのお茶屋を継いだお梶の養女が百合である
百合は母に負けず歌をよくしたが、祇園に隠棲していた徳山某と一緒になり町を産んだ
徳山某が江戸の徳山家を継ぐことになり身を引いてその後一人で娘の町を育てた
町こそ稀代の貧乏画家池の大雅と一緒になった玉蘭(ぎょくらん)のことである
当時の三人の女の生き方を説くには歌や絵画やに知識不足である
女3代これだけの才女が続いたということがテーマである

ただ、それが、時代祭の行列にふさわしいかどうかが小生にもわからない
時代はイコール歴史ではないし、歴史はイコール政治史でもない
身分いやしきと言われた祇園の茶屋の主が皇女和宮と一緒に行列する違和感はどうしてもなくならない
この列の特色でもある、どうしても解説がいる
ひょっとしたら、お茶屋が建ち始めた祇園の界隈にもこれほどの文化人がおったことを言いたいのかもしれない
時代祭は市民奉仕である、もう少し市民に説明しなければ梶や玉蘭を演ずる人はどんな歩き方をしたらいいのだろうか?と戸惑う筈だ
見物する人は、艶やかな巴を探していると行き過ぎる、江戸時代の都の庶民お梶も見て欲しい
時代祭の行列は10月22日だ、あなたがどう楽しもうとあなたの勝手だ
写真はフジバカマ
鯵庵(28.10.20)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-20 07:41 | おなご編 | Comments(0)

「巴は京女」に続く

義仲がいなければ都に来ることもない女だった
戦(いくさ)に連れていくための妾と言われるが、女武者でもある
馬乗りは得意だったかもしれないが、当時武芸というものはまだ出来ていない
闘争心のままに長刀を振り回すだけの女である
庶人が知る歴史は「物語」でしかない
荒削りの男のために精一杯武器を持った一人の女へのはなむけだろうと思う
最期を共にするはずが義仲に見限られた巴は鎧を脱いで落ち延びた
その後の巴のことは物語の外の話である

実はそこらからが能「巴」が始まるが、そのことを語る力は小生にない
亡霊になって義仲を慕うのも巴かもしれない
近江の粟津「義仲寺」にある義仲の墓の傍にある巴塚は見逃す人が多い
でも歴史に現れるのはこの都落ちの瞬間だけだ
平家物語の中でだけ輝く女武者だ
女を通し、かつ、それでも最後一人で戦っても討死しなかった巴の強さゆえの哀しさが京都人の涙を誘う
義仲と最後を一緒しなかったこの女を張った強く誇らしげな姿こそが哀れである
それは誰でも持てるものではない美しさだ
勝ち負けを超えた、善悪を超えた自分をはっきり主張している
それが京女の根性である?

平安時代婦人列ももちろん市民奉仕である
が、市民と言っても京都の花街や地域女性連合会がこれにあたる
行列に続く紫式部や・清少納言・小野小町というのも同じではある
しかしながら、鎧をつけて白馬にまたがって背筋を伸ばすことは気合の入ったプロの芸妓でも難しい
これが出来ると京女の代表と胸をはることができるらしい?
来年の時代祭のポスターになれる
生きるということは芝居気が必要だと思わされるのだが・・
鯵庵(28.10.13)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-10-13 08:15 | おなご編 | Comments(0)