タグ:保元・平治物語 ( 8 ) タグの人気記事

歌の崇徳院

主役は崇徳上皇と左大臣藤原頼長の筈だった
武士では源為義、平忠正がついた
都がここに定められてもう260年、平安時代は政治的に極めて安定した時代だった
が、ここにきて敵味方に分かれて天下を争う事態に至った
兄崇徳院は同母(待賢門院)弟、後白河が帝位についたとき
「文にあらず武にもあらず」と後白河の器量について言った
皇位の継承などと言うのはあり得るべきでは人ではない
また、本当にそうであった、弟は道楽者なのだ

その道楽者後白河天皇には藤原信西入道がついていた
切れ者官僚である
合戦のことは武士に、と言って清盛や義朝に任せた
鴨川を挟んでの布陣だった
崇徳院の臨時御所白川御殿は夜討ちにあって火をかけられた
崇徳院側は摂政関白家の左大臣藤原頼長が学識に自信あり戦のことまで差配した
源氏の長者為義といかな勇猛な為朝でも相手の夜討ちに敗走した
しかし、この時の主役は為義の八男鎮西八郎(ちんぜいはちろう)為朝であった
保元元年(1156)7月の一晩のことだった  
この事件を見る限り、政権は武力で決まるということが明らかになった

白河御殿を逃げ出した崇徳院は行くところもなく、仁和寺の同母弟の法親王をすがった
だがしかし、摂関家を二分して、武士を二分して戦ったこの戦いの相手も同母弟後白河であった
許されるものと思うのは間違いであった
讃岐に流されることになる
おおよそ8年後都と弟後白河院への怨念を抱いたまま世を去った
新院と言われてからも十何年も歌の道を探究してきた
崇徳院にとって帝と言うものはそう言うものであった
約100年を経て選ばれた歌集(小倉百人一首)に恋の歌をとどめることになる
白河(1086)・鳥羽(1129)という院政は後白河(1159~1197)によって引き継がれることになる
我々は歴史の結果をを知っているが、現実に生きているものについては生きるか死ぬかの選択だけだった
生きたものもまた選択の試練に合う
つい何代かは歌が上手いことが帝位にも政治にも必要だったかもしれないが・・
土地の支配には実力が必要になってきていた
これを武士の台頭という・・・・
写真は白峯神宮にて
鯵庵(30.7.13②)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-13 11:11 | 崇徳院 | Comments(0)

鳥羽離宮の崇徳院

b0355451_08163677.jpg
崇徳院は74代の帝鳥羽院の第一皇子、72代の帝白河院の曾孫になる
しかしながら、実は白河院の子ではないかと言われていたことが歴史書物にも記されている
仮に、そうであったとすれば父であるはずの鳥羽上皇にすれば叔父にあたる
父鳥羽上皇に位を譲られ5歳で即位75代の帝となる
時は院政、その創始者である白河院の時代だったのだ
だが、白河院崩御、鳥羽院が治天の君となると立場が逆転する
76代は3歳の鳥羽院の第九皇子近衛帝に譲らなければならなかった

白河とは都の東、白河(今の岡崎)を言う、鳥羽とは都の南、鳥羽をいう
それぞれ、そこに自らの拠点を築いて院の都としたわけである
帝の名は諡名(おくりな)である、そのことにちなんで諡されているわけである
政令が専ら治天の君である院庁で行われたのを院政というのは教科書の通りだ
鳥羽の離宮の時代である、白河院が手をつけ鳥羽院が引き継いだ
都移りしたようだといわれ、王家、関白以下の朝臣、武士たち皆こぞって鳥羽の院に仕えた

崇徳徳はも鳥羽離宮田中殿にいたし、幼き近衛帝も皆ここにいた
その幼き近衛帝により皇統はも一度鳥羽に戻った
朝廷は安定を取り戻し近衛帝に弟頼長と兄忠通ともに皇后・中宮として娘を入内させた
先の帝崇徳院は新院と言われたが、鳥羽院が生きている間に浮かばれることはなかった
歌の道で時を生きていた

ところが鳥羽院最愛のその近衛帝が在位15年、17歳で亡くなった
近衛帝を継いだのは鳥羽院の第4皇子77代後白河帝であった
近衛帝の異母兄で、崇徳院の同母弟だった
待賢門院はもうこの世の人ではない
またしても美福門院が鳥羽院にささやいた
後白河は既に30歳に達しており皇統を継ぐということでは今まで埒外だった
後白河の皇子(二条天皇)の中継ぎだった
皇子は美福門院に育てられた猶子であった
美福門院と関白忠通の共同の陰謀だった

当時も異常事態と言われたが、実はそれがこれからの歴史の主役の登場だったのである
それでもまだ事件は起こらなかった<
崇徳院シリーズ
鯵庵(30.7.11②)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-11 15:42 | 崇徳院 | Comments(0)

鳥羽離宮跡の安楽寿院


b0355451_09082873.jpg
強大な天皇家の権力と財が院政を支える時代だった
武士もまた院に靡いて、番犬のような役割を果たしていた
白河・鳥羽と祖父と孫で続いた院政は朝廷政治の実権を掌握していた
院政は自分の子に帝位を譲って初めて成立している
鳥羽院が崇徳帝が自分の子ではないことを知っている?
自分の子でない崇徳院の皇子を帝位につかす筈はなかった
鳥羽院の残された皇子は後白河であった
鳥羽院、後白河を帝位につけてすぐに亡くなった

鳥羽院4歳で即位してから50年、祖父にあたる白河院が亡くなってからも27年
崇徳・近衛・後白河と3帝に渡って皇家と朝廷の実権を握ってきた
鳥羽院は藤原忠実(たださね)を復権させた
摂関家の権力争いも加わった
跡継ぎ問題は今始まった話ではないが、その争いに番犬である武士の武力を使ってしまった
武士が実力を蓄え台頭する時代になってきた
もちろん歴史の教科書の通りであるがそれは我々の特権である

鳥羽離宮跡は今は残されたものが少ない
今まだ発掘調査は続くが、残念ながら古都の歴史観光的価値はない
竹田駅から西へ向かえばいい、国道と高速道路の輻輳するところである
田園風景に囲まれて今は京都一のラブホテル街になっている
城南宮を含んでこのあたり一帯が鳥羽離宮跡である
油小路の大通りに面して白河天皇成菩提院陵、大通りの東側の安楽寿院に隣接して鳥羽天皇安楽寿陵、二層の立派な塔は近衛天皇安楽寿院南陵である
田園風景の中に権力の割には密やかな鳥羽院政の遺跡と御陵が残されている
ここから、武士の時代が始まるという見方をすれば歴史の勉強も面白くなってくる
鯵庵(30.7.10②)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-10 09:10 | 崇徳院 | Comments(0)

後三条院


b0355451_08475400.jpg
第71代後三条院は後朱雀帝(69)を父とし、三条帝(67)の皇女禎子内親王(陽明門院)を母する
後三条帝は位について間もなく第一皇子(白河帝)が生まれ皇太子にした
白河帝の母は藤原氏道長の孫茂子であった
が、三条帝の皇子小一条院の孫源基子の間に出来た第二皇子(実仁親王)・第三皇子(輔仁親王・三の宮)と順に皇位を伝えたいと思っていた
後三条天皇はそのため在位4年で自ら退位し、上皇となられた(1072)
72代の帝は白河帝、白河帝の皇太子に第二皇子実仁親王とした

摂関家の勢いに負けずの事績のあった帝であった
大江匡房や源師房等の学識優秀な官僚を用いたが、それには寿命が短かった
上皇になった翌年早くも亡くなった(1073)加えて、その後皇太子が実仁親王が病死

皇嗣の決定権は白河帝に移っており、白河帝は自らの皇子(堀川帝を)を皇太子とした
しかも、即日に位を譲って上皇となった(1086)
堀河帝(73)に皇子(鳥羽帝)が生まれることによって白河院の血筋が皇位を継承できる
後三条院や白河院の院政と言われるが最初は皇位継承の確認が目的であった
三の宮輔仁親王の子有仁親王は源の姓をもらって臣籍に下りた
皇位を継げなかった後三条の皇子三の宮は阿弥陀如来の手に五色の糸を結びそれを持って念仏とともに往生したといわれる(1119)
白河院にとっても父帝の意思にそむくことになるのだが、異母弟に皇位を譲る訳にはいかなかった??
・・としたらやむを得ないことである
自分に力のあるうちに譲りたいものに譲ってしまわなければならない
それが白河院の明確な意思であるとしてもそう不思議なことでもない

世は末法の時代に入っていた
釈迦が入滅して2千年、それが先代後冷泉天皇の時代(1053)になる
釈迦の教えも、行をする人もなく、悟りもない
以後人間の精神が堕落する
修養も意味なく、努力しても無駄で、動物のように本能のまま憎しみあい果てしなく闘争、地獄の世界がこの世にあらわれるとする観念である
当時それが人の心を暗くしていた、現に既存の有力寺院の僧兵たちが暴れまわっていた時代だったのである
仏教の教えの一つである末法思想がいまさら庶民の生活に直接入って来たわけではない
権力者にとっては戦略眼として必要だったかもしれない
朝廷にも武力が必要だったし、荘園の領有を守るためにも武力が必要であった
我が国の末法は暴力の時代に入ったというのが分かりやすいのかもしれない
それが政治にあらわれたのが保元の乱である
崇徳院シリーズその5です
空也上人(903-972)の立像(六波羅蜜寺)のスケッチです
鯵庵(30.6.28)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-28 08:18 | 崇徳院 | Comments(0)

白峯神社の二つの顔

b0355451_21103587.jpg
例によって白峯神社にも中学生の修学旅行のグループがタクシーの運転手やボランティアガイドの案内でお参りに来ている
白峯神社は神社自ら「スポーツの守護神」と名乗っているのでそのご利益を期待しているのだろう
今出川通、堀川を東へ少しである、この社地は公家の飛鳥井家の邸宅があったところらしい
飛鳥井家と言うのは蹴鞠の宗家だったのでその蹴鞠の神様(精大明神)をもお祀りしている所以でサッカー、バレーボール、野球とかの球技、果てはそれが拡大してスポーツ全般という拡大を見せているわけである
幾分ご利益も誇大広告気味であるが、由緒と言うのは誇大と同義だから仕方がない
だからこそ、日本代表やJリーグの必勝祈願のボールなどが収められている
だからこそ、中学生もクラブ活動などで球(たま)を触っていると寄りなさいと言われるのだろう

元の地主に気を使っているのが白峯神社のご祭神である
主祭神は鳥羽帝の弟一皇子で75代崇徳帝である
保元の乱(1156)で皇位継承の争いで後白河天皇側に大敗し、讃岐に流され無念うちに没した
恨みの対象は同母弟後白河帝とその一党と京の都である
後白河院は今様(当時の歌謡曲のようなもの?)が死ぬほど好きであった
後白河院政は源平・鎌倉時代までの時代を作り出す強大なものであったことを考えれば、
和歌でしか秀でることのなかった崇徳院にとっては勝ち目のない争いだった
この話で避けて通れないのが崇徳院は74代鳥羽院の子でなく72代白河院の子であるという話
当時からそう言われていたとある
そのことが藤原氏と源氏と平家を4つ巴で戦った時代のきっかけを作っただけかもしれない

明治帝が父帝考明帝の意思として遠く讃岐で白峯大権現として祀られていた崇徳院の霊魂を慶応4年(明治元年・1868)の新しい京都に迎え守り神白峯宮とされたのである
だが、皆その頃から東京へ行ってしまったのでは讃岐も京都もさほど差のない話である
官幣大社とした、明治帝のお気持ちはまだ京都にあった
それからちょうど150年である
時代が進んで、いつ頃から本殿にボールを飾るようになったのか知らないが、蹴鞠の奉納はともかくとしてスポーツの神様ばかりがもてたのではまたまた崇徳院の怨念が爆発しそうな気がする
崇徳院としてみれば悪いけどサッカー少年やバレー女子ばかりでは浮かばれない
今も四国八十八カ所八十一番の白峯寺で白峯大権現として祀られている
京都の人もそうでない人も是非ともそちらでも参ってほしい

崇徳院その2です
鯵庵(28.6.3)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-23 19:46 | 崇徳院 | Comments(0)

義朝と為朝

b0355451_20261235.jpg
保元の物語に言う
左大臣藤原の頼長、その兄摂政忠通、ともに近衛帝に養女を妃とする
藤原氏の氏の長者は年長の忠通(54)であったが、忠通の父は頼長(31)に譲れという
近衛帝は幼年に即位するも御年17才でおかくれになる
その後が近衛帝の異母兄の後白河帝(29)となる
先帝新院崇徳院(37)の同母弟である
崇徳院は新院と言われるが近衛帝の時代には鳥羽院政の時代
そもそもご譲位が鳥羽院のご意思であった
近衛帝の次は、ご自身に戻すかご自身の皇子を御位につけたいと思召された
その願いが叶わぬと思っているときに鳥羽院がお隠れになった
既に、鳥羽院御殿には源義朝(33)などが警護に当たっていたという

頼長は崇徳院のご不満に同情したか、崇徳院の臨時の御所白川殿に参じ合体
ここに保元の乱が始まる
しきりに兵を集めるに、六条判官源為義(60)、義朝を除く自身の子息たちを引き連れて新院に参集
為義の八男鎮西八郎為朝(17)、鴨川河原に面した西側の表門を守る
兄義朝と弟為朝、白河殿の夜討ちに名乗りあう
兄は天皇の命を蒙ると言い、弟は院宣を承っているという
兄は父に弓し、弟は兄に弓す
さすがに弟為朝、兄に射殺すには忍びず、兄に向って鏑矢(かぶらや)で驚かす
その強弓に驚いた兄は白河殿に火をかける戦術を進言することになる
この白河殿に火をかけられたことによりこの戦いは一気に決した
この年、鳥羽院が亡くなったのが7月2日、この戦いの日が7月11日のことである

義朝と為朝、この兄弟、年の差もあり、母も違えば、育ったところも違うことでもあり
おそらく一緒にいたこともなかっただろう
為朝に従う騎馬武者もほぼ討ち死にした
余りにもあっけないことでもあった
が、乱の後の処断は我が国始まって以来の厳しいものだった
戦いは武士がするものであるという後白河天皇側の戦略が成功したことになる
その官僚、藤原信西入道の政治が平治の乱を招くこととなる
白河は、白河院の院政の始まりの地
この時まだ壮大な寺院や伽藍や軒を連ねていた
白河殿(白河北殿)と言われ、皇女の住まいでもあった

現在の平安神宮の西、東大路丸太町の西、京都大学の熊野寮があるあたりだとされる
熊野寮にクマが出るのは不思議ではないかもしれないが、去年イノシシが出た
これを、為朝の魂だと言った人は京大生にはいなかった
イノシシを見ても当たり前???寮生というのはまだ田舎者??だから仕方がない
鯵庵(30.5.1)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-05-01 20:23 | 崇徳院 | Comments(0)

鎮西八郎為朝の勇気


b0355451_12445331.jpg
少年雑誌は昔月刊だった、2~3紙あったように思う
風邪をひいて休んだら雑誌を買ってもらえた
どれだったか覚えていないが「源の為朝(ためとも)」というのが記憶に残っている
為朝は為義(ためよし)の八男、京を追われ阿蘇地方で暴れていたから鎮西(ちんぜい)八郎という
何んと身長が2メートルを超える、しかも弓の名手で左腕がはるかに長かったという
傍若無人な性格だったが父には従順なところがあった

そのため保元の乱で兄義朝(よしとも)と戦った
義朝は父に弓し、為朝は兄に弓を引いた
物語によれば、兄を射殺す機会に弓を射なかった
義朝は崇徳院(すとくいん)の白河の仮御所に火を放った
後白河帝・清盛・義朝側の勝利であった
崇徳院は同母弟後白河によって讃岐に流された
乱の後、父為義は義朝に切られ、為朝は筋を切られ伊豆大島に流された

伊豆大島を従え再び暴れた為朝も後白河院の追討を受けて自害して果てたとある
平家全盛の頃である
この時、為朝は洋上琉球に逃れ、初代の琉球王となったと、琉球の歴史では記されている
・・様々な伝説にも登場する
義経と同じようである

京都堀川今出川の白峯神社はこの時(保元の乱)に敗けた崇徳院の魂を祀っている
考明天皇のご意思を明治天皇がついでかなった神社である
その傍らの供緒社(とものをしゃ)はこの時崇徳院に従った為義・為朝父子を祀ったものである
武道・弓道の上達にご利益あり?
崇徳院が同母弟後白河に敗れただけでなく、藤原氏も平家も源氏も家を二分して戦わざるを得なかった
そんな時代の武者というものがどんなものであったか
個人の武術というものが意識された時代だったのかもしれない
為朝の弓が義朝に向かって矢を放てば、あるいは乱の結末は大きく違っていただろう
しかし、それでは武力ではなく暴力になってしまう
少年雑誌に為朝が登場していたのは少年が憧れるに値する勇気だったということだろう
鯵庵(30.4.16)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-04-16 17:38 | 崇徳院 | Comments(0)

鳥羽地蔵と文覚上人

b0355451_21482249.jpg
平安京の朱雀大路の羅城門からほぼ真南に下る街道が鳥羽道である
今なら、九条通りから新千本通にあたると思っていい
この鳥羽の街道沿いにあるのが京都六地蔵の一つで鳥羽地蔵といわれる地蔵尊である
平安時代に地獄と行き来したと言われる公卿の小野篁(たかむら)が、地獄で地蔵菩薩が地獄に落ちて苦しんでいる人の救済にあたっている姿を見て帰り、人々に知らしめるため六体の地蔵菩薩を彫った
平安時代も後期になって後白河上皇が平清盛や西光法師に命じて六つの街道の出入り口に六角の地蔵堂を建て安置したとされている
ここの寺伝によればあの文覚上人の開基であるという
保元・平治の乱のあの時代のことである
文覚上人とは、平家物語の主役の一人でもある、院の北面の武士だった遠藤盛遠(もりとう)のことである
鳥羽の地は白河・鳥羽と続く院政の中心地、豪壮な鳥羽離宮が営まれていた
この寺には自分が横恋慕で殺した袈裟御前の首塚があるとされている
盛遠と袈裟御前は実はいとこなのである、袈裟の母にせまった、ええ方法ではあるが、そもそも横恋慕は大変に迷惑なことである
袈裟御前によって自分の罪の重さを教えられた盛遠はこの事件で出家した
袈裟の母も、袈裟の夫もみな出家した、地獄の恋の行く末である
出家したぐらいで罪が無くなる訳ではない、出家しただけでは救われなかった盛遠は地獄で地蔵に教えられたのだろう、だからこそ気迫のある法師になったのだろう・・生きながらのこんな地獄を救えるのは地蔵菩薩だけである
京都市が建てた寺の表札には「悲恋の物語」とあるが、せめて「悲劇の物語」とすべきである
また、近くには恋塚寺もある、横恋慕は恋なのか?
それとも今なら警察沙汰か
文覚はどう見ても骨太な武士だった、やがて頼朝に挙兵を促し空海の神護寺を再興するだけの政僧になる
すっかり地蔵菩薩の話が文覚の話になってしまったが、ここの地蔵はそう覚える方が早い
やはり、文覚だって隠棲してしまったのでは歴史に残らなかったはずだ
写真はヤマアジサイ
鯵庵(28.6.12)


[PR]
by ajiankyoto | 2016-06-12 07:14 | 地蔵菩薩 | Comments(0)