歌の崇徳院

主役は崇徳上皇と左大臣藤原頼長の筈だった
武士では源為義、平忠正がついた
都がここに定められてもう260年、平安時代は政治的に極めて安定した時代だった
が、ここにきて敵味方に分かれて天下を争う事態に至った
兄崇徳院は同母(待賢門院)弟、後白河が帝位についたとき
「文にあらず武にもあらず」と後白河の器量について言った
皇位の継承などと言うのはあり得るべきでは人ではない
また、本当にそうであった、弟は道楽者なのだ

その道楽者後白河天皇には藤原信西入道がついていた
切れ者官僚である
合戦のことは武士に、と言って清盛や義朝に任せた
鴨川を挟んでの布陣だった
崇徳院の臨時御所白川御殿は夜討ちにあって火をかけられた
崇徳院側は摂政関白家の左大臣藤原頼長が学識に自信あり戦のことまで差配した
源氏の長者為義といかな勇猛な為朝でも相手の夜討ちに敗走した
しかし、この時の主役は為義の八男鎮西八郎(ちんぜいはちろう)為朝であった
保元元年(1156)7月の一晩のことだった  
この事件を見る限り、政権は武力で決まるということが明らかになった

白河御殿を逃げ出した崇徳院は行くところもなく、仁和寺の同母弟の法親王をすがった
だがしかし、摂関家を二分して、武士を二分して戦ったこの戦いの相手も同母弟後白河であった
許されるものと思うのは間違いであった
讃岐に流されることになる
おおよそ8年後都と弟後白河院への怨念を抱いたまま世を去った
新院と言われてからも十何年も歌の道を探究してきた
崇徳院にとって帝と言うものはそう言うものであった
約100年を経て選ばれた歌集(小倉百人一首)に恋の歌をとどめることになる
白河(1086)・鳥羽(1129)という院政は後白河(1159~1197)によって引き継がれることになる
我々は歴史の結果をを知っているが、現実に生きているものについては生きるか死ぬかの選択だけだった
生きたものもまた選択の試練に合う
つい何代かは歌が上手いことが帝位にも政治にも必要だったかもしれないが・・
土地の支配には実力が必要になってきていた
これを武士の台頭という・・・・
写真は白峯神宮にて
鯵庵(30.7.13②)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-13 11:11 | 崇徳院 | Comments(0)

鳥羽離宮の崇徳院

b0355451_08163677.jpg
崇徳院は74代の帝鳥羽院の第一皇子、72代の帝白河院の曾孫になる
しかしながら、実は白河院の子ではないかと言われていたことが歴史書物にも記されている
仮に、そうであったとすれば父であるはずの鳥羽上皇にすれば叔父にあたる
父鳥羽上皇に位を譲られ5歳で即位75代の帝となる
時は院政、その創始者である白河院の時代だったのだ
だが、白河院崩御、鳥羽院が治天の君となると立場が逆転する
76代は3歳の鳥羽院の第九皇子近衛帝に譲らなければならなかった

白河とは都の東、白河(今の岡崎)を言う、鳥羽とは都の南、鳥羽をいう
それぞれ、そこに自らの拠点を築いて院の都としたわけである
帝の名は諡名(おくりな)である、そのことにちなんで諡されているわけである
政令が専ら治天の君である院庁で行われたのを院政というのは教科書の通りだ
鳥羽の離宮の時代である、白河院が手をつけ鳥羽院が引き継いだ
都移りしたようだといわれ、王家、関白以下の朝臣、武士たち皆こぞって鳥羽の院に仕えた

崇徳徳はも鳥羽離宮田中殿にいたし、幼き近衛帝も皆ここにいた
その幼き近衛帝により皇統はも一度鳥羽に戻った
朝廷は安定を取り戻し近衛帝に弟頼長と兄忠通ともに皇后・中宮として娘を入内させた
先の帝崇徳院は新院と言われたが、鳥羽院が生きている間に浮かばれることはなかった
歌の道で時を生きていた

ところが鳥羽院最愛のその近衛帝が在位15年、17歳で亡くなった
近衛帝を継いだのは鳥羽院の第4皇子77代後白河帝であった
近衛帝の異母兄で、崇徳院の同母弟だった
待賢門院はもうこの世の人ではない
またしても美福門院が鳥羽院にささやいた
後白河は既に30歳に達しており皇統を継ぐということでは今まで埒外だった
後白河の皇子(二条天皇)の中継ぎだった
皇子は美福門院に育てられた猶子であった
美福門院と関白忠通の共同の陰謀だった

当時も異常事態と言われたが、実はそれがこれからの歴史の主役の登場だったのである
それでもまだ事件は起こらなかった<
崇徳院シリーズ
鯵庵(30.7.11②)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-11 15:42 | 崇徳院 | Comments(0)

鳥羽離宮跡の安楽寿院


b0355451_09082873.jpg
強大な天皇家の権力と財が院政を支える時代だった
武士もまた院に靡いて、番犬のような役割を果たしていた
白河・鳥羽と祖父と孫で続いた院政は朝廷政治の実権を掌握していた
院政は自分の子に帝位を譲って初めて成立している
鳥羽院が崇徳帝が自分の子ではないことを知っている?
自分の子でない崇徳院の皇子を帝位につかす筈はなかった
鳥羽院の残された皇子は後白河であった
鳥羽院、後白河を帝位につけてすぐに亡くなった

鳥羽院4歳で即位してから50年、祖父にあたる白河院が亡くなってからも27年
崇徳・近衛・後白河と3帝に渡って皇家と朝廷の実権を握ってきた
鳥羽院は藤原忠実(たださね)を復権させた
摂関家の権力争いも加わった
跡継ぎ問題は今始まった話ではないが、その争いに番犬である武士の武力を使ってしまった
武士が実力を蓄え台頭する時代になってきた
もちろん歴史の教科書の通りであるがそれは我々の特権である

鳥羽離宮跡は今は残されたものが少ない
今まだ発掘調査は続くが、残念ながら古都の歴史観光的価値はない
竹田駅から西へ向かえばいい、国道と高速道路の輻輳するところである
田園風景に囲まれて今は京都一のラブホテル街になっている
城南宮を含んでこのあたり一帯が鳥羽離宮跡である
油小路の大通りに面して白河天皇成菩提院陵、大通りの東側の安楽寿院に隣接して鳥羽天皇安楽寿陵、二層の立派な塔は近衛天皇安楽寿院南陵である
田園風景の中に権力の割には密やかな鳥羽院政の遺跡と御陵が残されている
ここから、武士の時代が始まるという見方をすれば歴史の勉強も面白くなってくる
鯵庵(30.7.10②)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-10 09:10 | 崇徳院 | Comments(0)

b0355451_19455665.jpg
美福門院と言う極めて高貴な女性の内面を研究することは歴史研究ではない
しかし、日本の歴史は政治史である限り
その政治の中に登場して、その地位にいて政治の向かう方向なりに関与することが出来たとしたら明らかに歴史になる
歴史を動かすことのできた女性には大きく二とおりある
一つは国を守った女性である、例えば新羅討伐に向かった神功皇后のように・・
また、一つは"いわゆる傾国の美女"である
傾国とは国を傾けるほどの・・ということだ

日本史の物語の中では例えば日野富子や北条政子などがあげられる
その先駆けをなした
この美福門院は女性としての持ち技だけで上り詰めた人である
あらかじめ言うといわゆる悪女である
悪女と言っても明確な定義がある訳ではない
絶対権力者に絡むことよって多くの悲劇を作り出した
困ったことにそういう性癖の女性は古代から現代までいくらでもいる
人を不幸にしたり、家を傾けたり・・だが、帝の母ということになれば別のことなのだ
女性は仏になれない?女性が成仏するためには5つの差しさわり(五障)があると経典にもある
どうしてもそういうことを思い出させる女性である

こちらの方が説明しやすいかもしれない
殺生石というのがある
能や芝居やお伽草子などにも出てくる
昔、中国に金色の九つの尾を持った狐がいた
皇帝を虜にしていたが、正体を見破られ逃れて日本に渡ってきた
日本では玉藻前という美女に変身して時の鳥羽上皇の寵愛を受けた
が、陰陽師阿部某に見破られて東の方那須の原に逃げたという
その後上皇は武士に退治を命じたが、この時妖怪狐は石に化けた

それがまだ悪霊となって悪さをするので殺生石と名付けられた
時の僧、玄翁(げんのう)は錫杖でたたいて割った
これで悪霊はやっと成仏することが出来た
この石のかけらで地蔵菩薩を刻んだ
時を経て・・その一体が京都の真如堂の鎌倉菩薩として伝わる
真如堂にも伝わる伝説である
能や芝居でこの妖怪女狐玉藻前というのが美福門院得子であるとささやかれているわけである
狐にとっては明らかな冤罪であるが、玉藻の前の発想は明らかに美福門院である

この伝説の中では寵愛をした方の罪はここでは言っていない・・・
崇徳院シリーズその11
鯵庵(30.7.9)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-09 09:36 | 崇徳院 | Comments(0)

崇徳院の母(後)


b0355451_08053300.jpg
白河院がなくなって鳥羽院が治天の君となって廷臣を統率
白河院の後ろ盾を失った崇徳帝の人生が暗転する
それは、待賢門院璋子も同じことだった
鳥羽院は璋子に変わって美福門院(びふくもんいん・とくこ)を寵愛し、やがてその3歳の皇子に帝位を譲らせた、それが近衛帝である
権勢を失った待賢門院は西ノ京、双ヶ岡(ならびがおか)の寺に入って落飾する
それが法金剛院の再建につながる
数年を経ずして40余歳で亡くなった

その後10年の後、近衛帝が17歳で崩御することで歴史がまた動き出した
鳥羽院は最後に、後白河を帝位につけて崩御する
母は待賢門院である
院は崇徳院、帝は後白河、母を同じくする兄弟が並び立ったのである
崇徳は自らの皇子を帝位につかせたかったが、鳥羽院はそれだけは許さなかった
崇徳院は院政の継続も期待したが、弟後白河はすでに壮年
父(鳥羽帝)は最後まで自分の子として認めなかった
母が同じでも・・父系の系統から言えば遠い、その疑念をはらしようがなかった
帝位は時の絶対権力者鳥羽院の血筋でなければならなかったとすれば当然のことだったのかもしれない
この後、すぐに始まるのが保元の乱である

崇徳院は弟後白河対して「文なく武なく・・」と帝位に相応しくないと明らかに苦々しく思っていた節がある
その「・・武なく・・」と評した後白河帝に、一日の闘いで負けてしまうことになる
物語を読み、歴史の流れを知る我々には分かることだった
崇徳院には分らなかったのは仕方がない
待賢門院は兄弟が闘う悲劇を見ることはなかった
10年前に亡くなった待賢門院は知らなかった方がいいのかもしれない
待賢門院はまた絶大な院政に名を留める後白河の母でもある

待賢門院は法金剛院の五位山の背中、花園西陵に鳥羽の皇后璋子として眠る
法金剛院、今は花園駅の前、関西花の寺、蓮の花咲く時期には境内が一杯になる
璋子が生きたのは今から900年も前の話である
絵は法金剛院に残された待賢門院
鯵庵(30.7.8)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-08 07:42 | 崇徳院 | Comments(0)

崇徳院の母(中)

b0355451_21264548.jpg

その璋子が7才の時に実父公実を失う
そんなことから白河院の手元で育てれることとなった
我が愛読の頼山陽の「日本外史」(平氏)に記述がある
『鳥羽の太子、禅(ゆずり)を受く。これを崇徳帝となす。帝の母璋子、幼にして白河法皇に養る。これを鍾愛(しょうあい)し、長ずるに及んで衰えず。頗(すこぶ)る物議に渡る。鳥羽ここを以って子視せず。戯れにこれを目して叔父児(おじご)と言う。・・・』
とある
鍾愛とは、"しょうあい"とよむ
深く愛すること、とりわけて大事にすることと辞書にある
問題は、長ずるに及んで衰えずとあることにある
璋子は"たまたま"絶世の美女に育ったことも重大な原因である
絶大な権力の下での話である
しかも鍾愛なのである
この、日本外史の記述は鳥羽帝の后になってからも続いていたことを暗に指摘している
帝王は庶民の道徳と反対のこともに徳の一つなのである

同じような疑いを持たれたのが平清盛である
清盛は祇園女御とは別で白河院に仕えた女房の腹だとされる
種は白河法皇である?
確かに清盛は忠盛の正室の子ではなかった
それでも異例の出世は後ろ盾の白河院の存在があると言われれば説得力はある
白河院のご落胤であるというのなら、それは忠盛や清盛には間尺に合う話だろう

璋子が白河院の養女として、いとこ鳥羽帝に入内したのは1117年12月(旧)である
1119年5月(旧)に第一皇子(崇徳帝)が誕生した
タイミングとしてはめでたい経過である
彰子は満年令19歳の若く健康な母体であった
だが彰子は鳥羽帝よりも3歳年上であった
鳥羽帝は1103年2月(旧)の生まれであり、満年齢16才3か月で皇子が誕生した、としたらなんとなく具合が悪いところもある
そんな具合の悪さがあとに尾を引いたともいえる

白河院の極めて近いところ、手元(?)で二人の英雄男児が誕生した
一人は平清盛であり崇徳院であった
ひょっとすると父を同じくする兄弟であったかもしれないのである・・・?
しかし、一方の英雄崇徳院はそのことゆえに悲痛な運命をたどることになるのである
後の世の歴史はこういう表現も可能である
それが正史とは別に語り物になっていく
それを物語ともいう
この項藤原璋子まだ続く
鯵庵(30.7.6)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-06 21:27 | 崇徳院 | Comments(0)

崇徳院の母(前)

藤原氏の一族で閑院流というのがある
藤原氏は不比等の子の時に兄弟の血筋を区別して南家・北家・式家・京家に分かれた
二男前房(ふささき)の血筋を北家とよんでいる
その嫡流藤原師輔の子が兼家で、その子が道隆、道長である
兼家の弟が公季(きんすえ)である
その公季(きんすえ)の流れを閑院流とよんでいる
公季は道長の叔父である、公季の子は道長のいとこにあたる
閑院流の閑院は彼の先祖北家の繁栄を築いた冬嗣の邸宅のことを言っていた
里内裏にも使われた
宗家道長一統の繁栄を手助けしてきた

b0355451_11041013.jpg
3代目公成の娘茂子(しげこ)は後三条帝の后であり、白河帝の生母である
公季から4代目の実季(さねすえ)の娘苡子(いし)は堀河帝の后であり鳥羽帝の生母である
苡子の兄、5代目の公実の娘が璋子(しょうし・たまこ/1101-1145)である
鳥羽帝と璋子はいとこなのである
璋子の兄は、太政大臣実行である
実力者白河院あるいはその孫鳥羽院の外祖父はともに摂関家でなくてこの閑院流という藤原氏なのである
図を見るていただければわかるように、それがそのままもう一人の実力者後白河に続いていくのである

ついでながら、実行はこの後、三条を名乗る
同じく弟たちもそれぞれ西園寺・徳大寺を名乗る
閑院流と言われるこの一統も明治維新まで多くの公卿を出してきた
摂関家に次ぐ家格である
明治維新の時に三条実美が太政大臣に任じられたのはこの家格ゆえのことでもあった
藤原璋子続く
鯵庵(30.7.5)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-05 09:24 | 崇徳院 | Comments(0)

頼長の登場

b0355451_15050460.jpg
5歳で即位したした鳥羽帝も21歳で白河帝の養女藤原璋子(待賢門院)との第一皇子崇徳帝に帝位を譲らされた
崇徳帝は白河院と養女藤原璋子(待賢門院)の子であるというのが当時の周知であり、それであれば鳥羽の叔父となる
その叔父に帝位を譲るというのは鳥羽には耐えがたきことであったかもしれない
長子が家を継いでいくということは我が国の家の継承の最大の規律でもあった
ただ、この時は若き鳥羽にも祖父白河院に対抗するべく力はなかった
白河院の時代は40年の長きに渡ったが白河院が亡くなって、今度は孫の鳥羽院が院政を始める(1123)

帝は崇徳帝であった、その時摂政は忠通であった
鳥羽院は白河院政をひっくり返すような施策を進める
宇治に引退していた太閤忠実を宮廷に復帰させるなどとした
ワンマン鳥羽院とともに家領の整理拡大を図ることとなった
ただ、忠実と嫡男関白忠通とは白河院の時からの確執があった
忠実は執着心が強い、忠通は今まだ子もなく和歌を得意とする
忠実はそんな忠通に摂関家の再興再建を託すには物足りなさがあった

三男の頼長は天才的な学才であり果断な実行力を期待されていた
頼長には立派な男子(忠実の孫)がいた
忠実は忠通の権を頼長に譲らそうと、頼長を忠通の養子にした
やがて、やがてである
崇徳が新院となって近衛帝の時代に左大臣になる
近衛帝の内覧の地位に達す
氏の長者も頼長に継がした
院は鳥羽院と新院崇徳院、院が二人並び立つ時代に
太閤忠実と内覧左大臣頼長、に対して関白忠通が対抗する構図になった
摂関家は当時全国に150もの荘園を持っていた
天皇家に匹敵する勢力であり多くの武士も抱えていた
単なる兄弟げんかではなくなってくる
兄弟というものが闘うのは何のためだろうか
これから多くの親子兄弟が覇権をかけて命を奪い合う時代に入る
それを末法というのかもしれない
崇徳院シリーズ7です
鯵庵(30.6.3)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-07-03 15:05 | 崇徳院 | Comments(0)

白河院政

b0355451_07203551.jpg
白河帝は堀川帝に帝位を譲って上皇白河院となった
堀河帝(73代)は白河院の第二皇子である
母は藤原賢子、藤原師実(もろざね)の養女(道長の孫)である
8歳で即位、摂政は師実、白河院は堀川帝の外祖父師実(もろざね)を重く用いた
師実の跡を継いで関白になった師通(もろみち)は成人した堀川帝をよく補佐しよく政務を取り仕切った
が、剛直な師通は悪瘡を患い38歳で急死した

跡を継いだ忠実(ただざね)はまだ22歳の若さで、地位も権大納言で関白の力がなかった
堀川帝は賢帝であったが、和歌や管弦を好みながら病弱であり29歳で崩御した(1109)
堀川帝の後は皇子鳥羽帝であったが、5歳で即位することとなった
堀河帝の摂政は若き忠実であった

必然的に、治天の君白河院の政治への関与が始まる訳である
忠実は執着心を持った人で、摂関体制と家領(荘園)の維持に執拗だった
院の養女だった藤原璋子(待賢門院)と長男忠通との縁組も断り、娘の入内についても白河院の意思に従わなかった
白河院の怒りをかった忠実は関白を辞し宇治へ退いたが、摂関家は院との対立を深めた
それが白河院と摂関家との関係であった
院が巨大な政治権力を把握し官僚や武士などを従えた
平正盛や源義家などの有力武家が台頭してくる
飢饉が続き世情は極めて不安定であったし、当時関東でも西国でも兵乱が起こっていた
権力者はまた自分の往生のためだけに巨大な寺が建てた

(追記)白河帝は鴨川の東、白河(今の岡崎)に法勝寺を建てた(1076)
白河は白河院の院政の地となった
そこには巨大な寺院が並んだ、白河院が法勝寺に建てた80メートルの塔である
それからも京都は大洪水や大火が続いた
鯵庵(30.6.30)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-30 07:59 | 崇徳院 | Comments(0)

b0355451_07051851.jpg
東山安井の金比羅さんはもっぱら“悪縁切り”を売りにしていた
アベックが知らずに参ったあとすぐに別れることになったと言う苦情が来る(?)くらいの効き目あり、なんてなことが京都案内の本の定番フレーズ
訪れてみるとこのごろは「悪縁を切り良縁を結ぶ」とも書いてある
せっかくのご利益、「悪縁切り」パワー一本で行ったほうがいいような気がする
良縁を結ぶくらいの平凡なご利益なら昔は町内のおばさんでも出来た
それでなくとも隣は京都市中の唯一の昔からのホテル街、京都の人はたいてい一度や二度はお世話になっている
良縁結びのご利益はそちらで、切れなくなったら隣の安井の金比羅さんへという設定です

悪縁は良縁の成れの果て、良縁を結ぶということは悪縁の種を作っていることになる
神様に代わって言うと、縁は早い目に「結ぶ」ということ、「結ぶ」ということはほどきやすくということだ
そういうことか、ほどけなくなったものが悪縁、ほどけなくなったら切るしかないという訳です
そんなこと小生の野良作業用ロープワークの本には当たり前のように書いてある、ただ切ればそのロープは二度と使えません
二度と使えなくてもいいから切ってしまってくれと言うのが願いなら聞いてやってほしい
神社の元の祭神は崇徳上皇(崇徳院)、怨念の神様です
崇徳上皇を怨念の別格本山とするのは京都の人の気持ち、この神社にすがる人も多い
神仏分離後安井神社と言う、昔から金比羅権現を祀ってきたので安井の金毘羅さんという

悪縁は男と女だけでない、上司と部下、経営者と雇い人様々である
親と子もだろうか?
″結婚するまで私を苦しめた母親〇〇〇子を絶対に許さない、死ぬまで苦しんで苦しんで苦しんで苦しんでください、今日で親子関係は終わりです、もう二度と来世も出会いたくない、私を苦しめた分以上に苦しい人生を送ってください、さようなら(原文のママ”)
親子は自分で結んだ縁ではない、でも親子の縁が切れたらと思う人も多い
悲しいけどこれは切ってやってほしい、と思わせられる絵馬があった
こんな親をやっていませんか、そんな人が来るべきです
写真は祇園安井の曖昧宿
鯵庵(29.9.15改)


[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-26 07:59 | 崇徳院 | Comments(0)