b0355451_17031594.jpg
故人が生きていたということは理解できる
でも、そもそも、家族こそが一番故人のことを知っていない
それを知っている人の話を聞くなら、それはそれで人を偲ぶことは出来る
ひょっといたらお通夜の意味はそんなところにあったのかもしれない
それでも人の一生は長すぎる
10年も20年も病気してたら、おかしくなって家族に迷惑かけたことだけ人しか思い出せない
とても皆が言うほど厳しかった人とはとても思えない<・・なんてことになる
サラリーマンだって金貸しだって仕事の成果は評価されるが仕事の癖は正しく評価されることはない
そういう癖の悪さがあると葬儀の参列者の一つの楽しみになることもある
が、昔ばなしは要らないと言われるかもしれない

葬儀は誰のためにあるのかと言えば、残された者のためにあった時代もある
喪主の社会的地位が葬儀を作る
それでいいのだが、時に参列者が困ることもある訳である
自分の親がどんな親だったのか説明できない
テレビドラマのように単純でない、しかしドラマほど複雑でもない
笑い話だけどただの女好きだったと言われるほど単純な生き方をした人は存在しない
家族葬ではもはやそれも必要ない
だから親は単に親である、子は単に子である
家族が集まって遺品整理の話ばかりしておけばいい
それは世の常、凡人も別に困るほどのことではない
死人に個性を感じるのはやはり家族だけかもしれない

人の人生は毀誉褒貶である
世の中(現世)というものはでは人間がみんな集まって出来るだけ都合よいように作ったものである
従って、世間は右と左、上と下、白と黒、・・本物と偽物、正と邪、・・似たものばかりで自分と他人の区別も分からない
警察だって裁判所だって裁けないことが多すぎる
世間のことを世間が裁くのが世間たるゆえんであるどっちみち地獄へ行くのは一人だ
そもそも地獄は現世の資産や地位を認めてくれない、極端に公平な世界だ
閻魔だけが評価する?誰もが通らなければならないのが地獄の門である

絶対の地獄の掟である
その時こそ言いたいことを言えばいい、現世での嘘は通じない
地獄でこそ始めて裁かれ、また地獄で始めて救われる人もいるだろう
そのことを知っているものだけが人生の英雄である
死後のことは天に任せばいいし、自分の身は閻魔に任せるしかない
先に亡くなった分だけ仏に近づける?
せめて年とってから罪はしたくないよな、ご同輩
b0355451_08265837.jpg
今回で吾亦紅シリーズを一応終える
18編に付き合ってくれた人およびその家族の老前・老中・老後・往生・後生に少しでも幸あれと祈る
鯵庵(30.6.17)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-06-17 20:13 | 家族 | Comments(0)

花もまだ残ってる

b0355451_18165926.jpg
3年前に大従兄弟が亡くなったことは書いた
従兄弟でも20歳近く年齢差があった
大阪の名門獣医専門学校に学んで〇〇県庁に勤務する獣医だった
獣医の仕事というのはほぼ役所に限られていた
馬や牛が家で飼われていた時代の話である
家畜というのは子も産むし病気にもなるのである
50年以上も時代を遡れば家畜の生死に自分らの生活がかかっているのである
農業や養豚の人には慕われはしたが、家族は県内転々と転勤ばかりであった
何よりも公務員としての自覚があって初めて勤まる仕事だった

獣医の仕事はこの数十年の変遷の大きな仕事の一つである
馬や牛から豚になり、犬・猫になりネズミからカメやワニにまで移っていく
動物園なら人間以外の動物は全て獣医の世話になる
なすすべがない鳥インフルも獣医の仕事なのだ
一方、今時はペット病院で衛生的な手術台で不妊手術などで荒稼ぎしているのも獣医だ

四国の獣医学校の認可で政治がもめた
四国では獣医が不足だというし全国の獣医の団体は余っているという
そんなこんなでも、小生はたくましい公務員獣医が育ってほしいと思うが
おそらく入学生が夢見ているのはペット病院の経営だろう
家畜というものが死語になってしまっているのだから仕方がないともいえる

公務員生活というのは極端に地味である
大従兄弟夫婦の庭の整理をして少しは手助けしたつもりだが、いまその庭に主はいない
家族の決定で公務員獣医の妻は施設に入った
人は働いて家族を作る、そしていく分かのものを蓄える
その蓄えをこれからの人生で消費していく
それでもそれはある程度幸せなことでもある
同じ子供を育てるためでも人の為になったのが良かったと言う
結局売りに出してるその家の庭に地植えにしたクレマチスの花が残された
家が無くなってもまだ人生終わった訳ではない
水をやる人がいなくなっただけだ
鯵庵(30.5.3)



[PR]
by ajiankyoto | 2018-05-03 18:29 | 家族 | Comments(1)

包茎って何??

b0355451_21071566.jpg
鯵庵のブログの下に勝手な宣伝が載っている
小生には小生向きの公告になる
いやらしいことを妄想しそれを書いてばかりだからその手の忖度(そんたく)広告が乗っかってくるのである
広告としてはそれでないと効果がない
具体的には「55歳から深刻化する?包茎問題」というのもう頻繁に出る
広告主はもちろんその筋の真面目なクリニックだけど
何でいまさら55歳から???何でいまさらと思ったわけである

気になったついでに開いてみると
➀年取ったら包茎が進むとあった・・そらそこらじゅうが皺(しわ)だらけになるのだからしゃないのとちゃう、ほっとけ
②今からでも遅くない・・高いやろ、やってもいいけど正直今更もったいない
③介護で初めて気づいた親父の包茎・・娘や孫には見られたくない、当たり前じゃ・・・だが、それでうちの家内が恥をかくというなら、やってみるか

こんなことブログに書くかと思われるけど・・③がなければ書かなかった
年寄りは金を持っている、そして使い道に困っている
さりとて人のために金は使わない
そのくせまだ現役思考、内々の野心がある・・
それがまた世間が見ている年寄り像だとも言えるのではないか
と、感じた訳である

男と女のことなら、老後といえども万が一のこともあるだろう
それだけではない、もっと言えば高齢同士と言えども女性への思いやりかもしれない
こういうのを洗練された騎士道(昔はプレイボーイもしくわ好色爺と言われた)というのだろうね
いつかおむつをするようになっても騎士道は必要である?
確かに息子や嫁や娘にあるいは孫に"長い人生が包茎だった"のはばれたくない・・?!
当たり前じゃ、自分でも包茎の子孫と言われたら生きていくのが嫌になる
場合によっては孫が、いじめの対象になる

ただ、統計的には包茎の子孫は我が国人口の約9割に当たる
美容整形の医者がそのことに気づいたわけである
包茎手術は割がいいともいえる
そう思えばこういうささやき(鼻につく)広告も意外と効果があるかもしれない
小生の見聞き学識では人間が進化したカッパは皆包茎である?
それは本当は優性遺伝なのである
鯵庵(30.3.21)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-03-21 21:21 | 家族 | Comments(0)

地獄の仏か矢田地蔵

b0355451_21284607.jpg
京都寺町の矢田地蔵で白い蝋燭に火をつける
こんなかすかな火で煩悩や罪が燃えるものではないだろう
人間一生の間になす悪行はどれほどの数になるのだろうか
そうでなくとも善を成したつもりが自分の意に反して地獄に堕ちる人も多い
地獄の裁きは自分の意識したことない悪行をも裁くことであろう
この世と違って閻魔の裁きは公平であるということである
それが本当の地獄の救いである

この寺の縁起などによれば・・
実母を殺す・・悪の報いで地獄に堕ちたが・・・
地獄に地蔵がおり、地蔵菩薩に懺悔して地獄から救い出された
昔、高僧が地獄で生身の地蔵に会って見てきたその姿が矢田地蔵である
矢田地蔵の信仰は地獄に仏の話である
親を見殺しにするなら殺したと同じである

この寺の名は矢田寺である、奈良の矢田寺と同じである
地蔵は菩薩の中でももっともスーパーな仏である
無限の空間の中どこにでも存在する
しかし、地獄の淵に生身でいてくれるとしたら他の仏とは違う
地蔵は亡者の身代わりに地獄の責め苦を受けてくれてるのだからなおさらだ
この炎は、地獄の灼熱でなくも悪行にも見えるし病気にも見える
その点寺町商店街の喧騒の中でそう目立たなくてお参りが出来る

自分が生きている限りどうせ大小何らかの罪を成しているものである
真理の目を持つ閻魔や地蔵を騙せるものではない
怖ければ早い目に地獄の地蔵菩薩と縁を結んでおこうというのだ
さりとて、今のうちの懺悔したからとて救われるものではない
閻魔の裁きが下ってからである
ということは一度地獄に行ってからのこととなる・・
小生だけではない・・みなさん
鯵庵(30.1.29)

[PR]
by ajiankyoto | 2018-01-31 07:17 | 地蔵菩薩 | Comments(0)

祇王と仏御前(前)

b0355451_20394007.jpg
平家物語巻第一「祇王」による
「萌え出ずるも枯るるも同じ野辺の草 いずれか秋にあわで果つべき」
祇王(ぎおう)が西八条の清盛の館を下がる(去る)時の歌である
正直なところと言えば新しく自分代わって寵を受けることになった佛御前(ほとけごぜ)への妬みだと思う
「佛もむかしは凡夫なり 我らもついに佛なり いずれも佛性具せる身を へだつるのみこそかなしけれ」
と清盛と佛御前の前で舞った
強烈な嫌みだったけど、結果は二度目の憂き恥(うきはじ)だった
祇王二十一歳尼になる、妹妓女十九歳、母四十五歳ともに髪を剃り、
"一向専修(いっこうせんじゅう)に念仏(ねんぶつ)して後世(ごせ)を願うこと哀れなり"とある
栄華を手に入れた人ゆえの恥である、憂き恥だった

ところが
「娑婆(しゃば)の栄華(えいが)は夢の夢、楽しみ栄えて何かせん・・、」
仏御前は語る
この度、地獄に沈んだら、輪廻転生とは言えど未来永劫浮かび上がる事難かるべし、一旦の栄華を誇って後生のことを忘れた生き方の哀しさに気づいて・・哀しくてと
既に尼の姿になって自分が蹴落とした祇王の前に現れた
ともに念仏して、一つ蓮の上の身となりたい・・苔の上にても念仏し往生(おうじょう)の素懐(そかい)を遂げたいと思う
それを祇王が受け入れるわけである
・・
大河ドラマ的ではなく歴史は再現フィルム的に見るべきである
大事件なのである
時の太政大臣清盛の寵愛の白拍子が、栄華の頂点にある芸能人が、一瞬にして何もかもほって蹴落とした女とともに念仏一途の生き方に帰依するのである
僧(ほぼ公務員)の修行をしなくとも、髪を落として念仏三昧の人生はおくれるのである
往時、女人は宗教の埒外であった
だから、女人でも往生できるというもう一つ大事なことを物語の最初に言ったのである
かくして、平家物語は「往生」という当時(鎌倉時代)最新の宗教観によって構成されることになる
写真は祇王寺にて
(この項続く)
鯵庵(9.23)



[PR]
by ajiankyoto | 2017-09-23 20:45 | 往生 | Comments(0)

49日の迷い

b0355451_19585050.jpg
あの世などあり得ないと言うことは簡単である
その通りかもしれないが、それでは皆、救われない
あの世もあってほしいと思う人も多いだろう
あの世を見て来た人が少ないのだから仕方がないが・・
日常そんなことばかり考えているわけにはいかない

今、生きているのを今生という
死後生まれ変わるのを後生という
人が死んで次の生を受けるまでの49日間を中陰という
その間、ことである
安心してはいけない・・生前の善悪はまだ定まっていない
善悪のまだ定まってない者は7日ごとに転生し、7度の49日を経て必ず他所に生まれる説かれてる
悪趣に行く者も、仏の導きにより善所に生まれることを念じて法事を務めるのである
古くから一般庶民にも広がった死後感である

ひょっとすればその間が地獄で閻魔大王に生前の罪を裁かれている時期かもしれない
地獄とは、死者の国であり、六道輪廻(ろくどうりんね)の国でもある
しかし、やがて、ともかくも地獄の「おつとめ」は終わる
人を裁くという閻魔大王は日に三度も灼熱の溶銅を飲んで悶絶するという
地獄で最も苦しんでいるのが実は閻魔大王である
閻魔の裁きは人の悪業の消滅を助けるものである
だからこそ、閻魔は裁きを終えると姿を変えて地蔵菩薩として人々を慰める・・
という

悪行をなした人がそのまま極楽へ行けるとすればそれはやはり不都合だろう
それでも、いずれ仏になれるのならそれは救いになる
悪行は正しく裁くものがあって初めて悪業となる
善をなしてきたとばかり思っていると意外なところで閻魔に暴かれるかもしれない
そういう人の方が多いからこその閻魔様である
だから、仏の導きにより善所に生まれることを念じて法事を務めるのである
してやれることはそれしかない
鯵庵(6.3)

[PR]
by ajiankyoto | 2017-06-03 09:00 | 家族 | Comments(1)

JR奈良線のルート


b0355451_08121835.jpg
JR奈良線の複線化プロジェクトが動き出したようだ
このたびの計画では京都から約20キロ(城陽駅まで)区間の複線化工事にかかる
京都駅から宇治駅まで14.9キロm、狭軌である、それがやっと(平成35年完成予定)複線で運行できるようになるようだ
京都・奈良間には近鉄京都線も走っている、近鉄は標準軌・複線である
近鉄は伊勢志摩まで特急も走っており、奈良までもはるかに便利である
今頃の複線化ではJRは相当に出遅れている
この便利な近鉄電車がJRに勝てないのが二つある
以前記事にした伏見稲荷大社ともう一つ宇治の観光だ
京都観光の二つの大きなスポットに駅がない、ルートの都合である

奈良時代からの東海道・北陸道・山陰道に出るための道はかならずこの宇治の地を通らなければならない
この街道が奈良街道(京街道)であり、JR奈良線がほぼ並行して走っている
宇治市は今の行政区域では京都市の伏見区の南に隣接する
宇治の地は平安時代早くから藤原家や貴族の別荘地
平安時代後期(1052)には関白藤原頼道が平等院を建立する

瀬田川沿いの道で滋賀県大津市にも隣接する
そもそもこの宇治川は近江一国の水を集めた琵琶湖の唯一の出口
山間を浸食して流れてきた川が山城盆地にはじめて出てきたところが宇治である
しかもここより下流は山城湖の名残、道も無き大沼沢巨椋池(おぐらいけ)であった
現在の宇治市の行政区域の西半分は巨椋池と言うことになる
風光明媚ということは水の世界、川と湖の世界

末法思想時代には特に極楽も水があっての世界
平等院は必然的に川と湖の境に設けられたのである
明治になって巨椋池の干拓が進み新しい町が出来ていく
それより先に巨椋池を避けて往古の街道沿いに線路が建設された
奈良線は奈良鉄道会社によって建設され、関西鉄道会社を経て明治40年国有化された
もちろん最初から蒸気機関車の走る鉄道であり、特長は狭軌(1067ミリ)である
ただ、近鉄や京阪と違って日本の鉄道軸(JR)につながっている
写真はコスモス
鯵庵(28.9.14)

[PR]
by ajiankyoto | 2016-09-14 08:21 | 都市 | Comments(0)